Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
第 4 回 エ ン ジ ニ ア の た め の プ レ ゼ ン 研 究 会
2 0 1 5 年 1 0 月 1 0 日 ( 土 )
@ z e m b u t s u
with Microsoft PowerPoint
ノ ー カ ッ ト 無 ...
3
スライド作成の裏側
‣ 考え方
「どうしてあんなスライドになった?」
‣ 技術編
事前作業編
スライド作成(PowerPoint)編
公開編
4
‣ とある勉強会にて
• 「そのスライドはどうやって作ったのですか?」
• 「その画像は…」
• 「そのアニメーションは…」
• 「その進捗バーは…」
本編より質問が多いじゃない!!
なぜ?
6
‣ 勉強会は仕事ではない、学会発表でもない
‣ 単純に読み上げるスタイルに対する疑問
• スライドを作成して、ネット上にあげるだけでよいのでは?
‣ こうあるべきスライド論に対するアンチテーゼ
なぜ、あんなスライドになるのか?
7
‣ みんなもっと自由に発表しよう!
‣ 聞くだけのセミナー形式の勉強会でいいの?
‣ あなたが知っていること・考えていることは、
たぶん、他の方は知らない。
個人的な思い
8
‣ 楽しい
作っている自分に対する動機付け and 聴講者にとっても
‣ 聴講者の層は考える必用(いわゆる TPO )
‣ 絶対NG
特定個人や団体に対する誹謗・中傷につながるもの
政治・宗教・人種・スポーツ(野球、サッカー等)に関する話題...
10
‣ シナリオを作ろう!
• 対象は誰か?
• 何を伝えるのか?
• 話の論理展開は正しいか
‣ ネタはいつ考えるべきか?
• 基本的にスライド作成後
事前作成
IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門
http://www.slid...
11
‣ リハーサルをしよう!
• 淀みなく話せるかどうか
• 話せなければ、論理破綻の可能性
‣ 落ち着いて話そう
• ライトニング・トークでないのなら、空白を作る
‣ 公開時は整形して公開しよう
• 情報の再利用性を高めたり、より価値を高め...
12
‣ 理系のための口頭発表術
ロバート・R・H・アンホルト、鈴木 炎 著
2008年、講談社
‣ 研究発表のためのスライドデザイン
宮野公樹 著
2013年、講談社
参考資料
14
‣ あくまでも
参考程度にどうぞ
スライド作成編
ビビッド・パワポ・オペーレーション Revision 2015
http://www.slideshare.net/zembutsu/vivid-powerpoint-
operation...
15
‣ 製作環境
‣ 画像について
‣ アスキーアートの扱い
‣ 透過処理とレイヤーの重ね合わせ
‣ マクロ
‣ ネタ
作成の裏側
16
‣ OS
Windows 7
‣ スライド作成ツール
Microsoft PowerPoint 2013
‣ 画像編集
Paint Shop Pro 4
環境
17
‣ Pixta万歳!
• 探す時間が勿体ない
• イメージ通りの
ものが大抵ある
• 検索をサポート
• ステマじゃないよ
画像について
https://pixta.jp
18
‣ 画像を貼り付ける
• テキストを貼り付けると、PDF時にずれてしまう
• 色→透明色の指定
アスキーアートの処理
19
‣ 教材URL
‣ デモ
• 配置の組み合わせ
• アニメーション設定
• 画面切り替え
あのスライドの実体
20
透過処理と整形・位置調整
30
33
‣ スライドの進捗バー
• マクロ用のスライドを呼び出し、仕上げに使用
マクロ活用
34
‣ スライド作成の最終段階で入れる
• メインになってはいけない。あくまで引き立て役
‣ ネタの引き出しは、気づいたらメモ
• 絶対忘れる
‣ 画像は気になったら直ぐに保存
• 後で探そうと思っても、見つからない
ネタ収拾について
35
何か気になる所はありますか?
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない

12.431 Aufrufe

Veröffentlicht am

http://infrapre.connpass.com/event/20313/
2015年10月10日(土)
第4回エンジニアのためのプレゼン研究会
会場:さくらインターネット ←いつも会場の御提供ありがとうございます

当日参加者の皆さんのための振り返り資料という位置付けのため、通常の資料とは異なり特に捕捉していません。ご了承願います。

Veröffentlicht in: Präsentationen & Vorträge
  • Login to see the comments

あの日見たスライドの作り方を僕達はまだ知らない

  1. 1. 第 4 回 エ ン ジ ニ ア の た め の プ レ ゼ ン 研 究 会 2 0 1 5 年 1 0 月 1 0 日 ( 土 ) @ z e m b u t s u with Microsoft PowerPoint ノ ー カ ッ ト 無 修 正 ラ イ ブ 版
  2. 2. 3 スライド作成の裏側 ‣ 考え方 「どうしてあんなスライドになった?」 ‣ 技術編 事前作業編 スライド作成(PowerPoint)編 公開編
  3. 3. 4 ‣ とある勉強会にて • 「そのスライドはどうやって作ったのですか?」 • 「その画像は…」 • 「そのアニメーションは…」 • 「その進捗バーは…」 本編より質問が多いじゃない!! なぜ?
  4. 4. 6 ‣ 勉強会は仕事ではない、学会発表でもない ‣ 単純に読み上げるスタイルに対する疑問 • スライドを作成して、ネット上にあげるだけでよいのでは? ‣ こうあるべきスライド論に対するアンチテーゼ なぜ、あんなスライドになるのか?
  5. 5. 7 ‣ みんなもっと自由に発表しよう! ‣ 聞くだけのセミナー形式の勉強会でいいの? ‣ あなたが知っていること・考えていることは、 たぶん、他の方は知らない。 個人的な思い
  6. 6. 8 ‣ 楽しい 作っている自分に対する動機付け and 聴講者にとっても ‣ 聴講者の層は考える必用(いわゆる TPO ) ‣ 絶対NG 特定個人や団体に対する誹謗・中傷につながるもの 政治・宗教・人種・スポーツ(野球、サッカー等)に関する話題 パロディについて
  7. 7. 10 ‣ シナリオを作ろう! • 対象は誰か? • 何を伝えるのか? • 話の論理展開は正しいか ‣ ネタはいつ考えるべきか? • 基本的にスライド作成後 事前作成 IT系エンジニアのためのプレゼンテーション入門 http://www.slideshare.net/zembutsu/all-we-need-is-presentation-distribution
  8. 8. 11 ‣ リハーサルをしよう! • 淀みなく話せるかどうか • 話せなければ、論理破綻の可能性 ‣ 落ち着いて話そう • ライトニング・トークでないのなら、空白を作る ‣ 公開時は整形して公開しよう • 情報の再利用性を高めたり、より価値を高めるため 公開編
  9. 9. 12 ‣ 理系のための口頭発表術 ロバート・R・H・アンホルト、鈴木 炎 著 2008年、講談社 ‣ 研究発表のためのスライドデザイン 宮野公樹 著 2013年、講談社 参考資料
  10. 10. 14 ‣ あくまでも 参考程度にどうぞ スライド作成編 ビビッド・パワポ・オペーレーション Revision 2015 http://www.slideshare.net/zembutsu/vivid-powerpoint- operation-revision-2015
  11. 11. 15 ‣ 製作環境 ‣ 画像について ‣ アスキーアートの扱い ‣ 透過処理とレイヤーの重ね合わせ ‣ マクロ ‣ ネタ 作成の裏側
  12. 12. 16 ‣ OS Windows 7 ‣ スライド作成ツール Microsoft PowerPoint 2013 ‣ 画像編集 Paint Shop Pro 4 環境
  13. 13. 17 ‣ Pixta万歳! • 探す時間が勿体ない • イメージ通りの ものが大抵ある • 検索をサポート • ステマじゃないよ 画像について https://pixta.jp
  14. 14. 18 ‣ 画像を貼り付ける • テキストを貼り付けると、PDF時にずれてしまう • 色→透明色の指定 アスキーアートの処理
  15. 15. 19 ‣ 教材URL ‣ デモ • 配置の組み合わせ • アニメーション設定 • 画面切り替え あのスライドの実体
  16. 16. 20 透過処理と整形・位置調整
  17. 17. 30
  18. 18. 33 ‣ スライドの進捗バー • マクロ用のスライドを呼び出し、仕上げに使用 マクロ活用
  19. 19. 34 ‣ スライド作成の最終段階で入れる • メインになってはいけない。あくまで引き立て役 ‣ ネタの引き出しは、気づいたらメモ • 絶対忘れる ‣ 画像は気になったら直ぐに保存 • 後で探そうと思っても、見つからない ネタ収拾について
  20. 20. 35 何か気になる所はありますか?

×