Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Open-TD: オープンサイエンス時代の社会協働研究

930 Aufrufe

Veröffentlicht am

2016年10月29日 FOSS4G 2016 NARA.KANSAI基調講演スライド

Veröffentlicht in: Wissenschaft
  • Als Erste(r) kommentieren

Open-TD: オープンサイエンス時代の社会協働研究

  1. 1. オープンサイエンス時代の社会協働研究 近 藤 康 久 FOSS4G 2016 NARA.KANSAI 基調講演1
  2. 2. 近藤康久:自己紹介 • Twitter: @yaskondo • “友引Night!!”レギュラー(2010年〜) • 出身分野は考古学 • 総合地球環境学研究所(地球研)准教授 • GIS・リモートセンシング担当 • オープンサイエンス推進担当 • コアプロジェクト予備研究(FS)「社会協働 型研究のアクター間における知識情報 ギャップの可視化と克服」責任者 • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 (NISTEP)客員研究官兼任 2
  3. 3. 今日お集まりの中に、 研究者のかたは何人います? 賀茂ナス子
  4. 4. オープンサイエンス、盛り上がってきました。 4 オープンリサーチデータ オープンアクセス シチズンサイエンス データ論文 データ引用 オープンソース オープンモデル クラウドファンディング
  5. 5. オープンサイエンスとプロボノ 政府によ る定義 • オープンアクセス • オープンデータ(特に研究データのオープン化) • 市民参加科学(シチズンサイエンス)の拡大 → オープンイノベーションの重要な基盤 第5期科学技術基本計画(2016.4-2021.3) 実態 • 「オープン」という言葉に夢/野望を託し、現状の研究 システムを変革すること(北本2016) • 「同床異夢」(北本2015) • 総論賛成・各論反対 短期的 効果 • オープンデータを用いたソーシャルイノベーションに長 じたプロボノが、社会課題解決を指向する研究に参画 しやすくなる 5
  6. 6. プロボノ:社会課題解決の新しいアクター • 法律、金融、IT、ソーシャルデザイン などの専門知識・技能をもつ個人 • 地縁はないが、社会貢献意欲が高 い。 • オープンデータを用いたソーシャル イノベーションを主導 • 要するに、みなさんのこと! Happy Life Ideathon 2015.10.3 地球研 グラフィックレコーディング MIX!! 琵琶湖
  7. 7. アクター=課題の当事者 アクター 社会的実体 知識 研究者 職業研究者 科学知 意思決定者 政府、自治体、企 業職員 政策知 ガバナンスの知 生活者 NPO職員、地域住 民 生活知 プロボノ new! (専門技能ボランティア) 弁護士、プログラ マ、社会起業家な ど 技術知 7
  8. 8. 社会との協働による課題解決型研究 Transdisciplinary Research (TD、超学際研究、超域研究とも) 地球環境問題などの社会課題を解決するための 政府・自治体・企業・NPO・地域住民など 社会の多様な当事者(ステークホルダー)との協働による • 研究の設計 (co-design) • 知識の生産 (co-production) • 成果の展開 (co-dissemination) (Mauser et al. 2013. doi:10.1016/j.cosust.2013.07.001) • 意思決定を支援する選択肢の提示 (co-leadership) が特に重要
  9. 9. 社会課題解決型研究と親和性の高い分野の例 • 健康科学 • 子ども学 • 加齢医学 • 地球環境学 • 地域計画学 など → 「臨床系」=「人と接する」学問
  10. 10. 研究者 課題当事者 社会協働研究の類型(1) 参加型研究 Participatory Research 研究成果 例:質問紙調査、アイディアソン クラウドソーシングなど 主導
  11. 11. 社会協働研究の類型(2) アクションリサーチ Action Research 研究者 課題当事者 課題解決 例:自治体からの受託研究など 研究成果 主導
  12. 12. 社会協働研究の類型(3) (狭義の)超学際研究 Transdisciplinary Research 研究者 生活者 課題解決 のための 意思決定意思決定者 “Co-x” Co-plan Co-product Co-dissemination Co-leadership 対話を通じた 相互理解 課題解決 研究成果 └ 課 題 当 事 者 ┘
  13. 13. 私の経験:オマーンの世界遺産 バート遺跡群の調査 5千年前のオアシス町と墓域 オマーン湾 ホルムズ海峡 ルブアルハリ砂漠
  14. 14. 課題当事者それぞれの利害(思惑) 課題当事者 利 害(思 惑) 外国隊 (研究者) 発掘調査をしたい。 遺産文化省 (意思決定者) ユネスコのガイドラインにしたがって、遺 跡の保存修復と史跡整備を進めたい。 地域住民 遺産文化省や外国隊が何をしているの か、きちんとした説明を受けたい。
  15. 15. まずはアクションリサーチから 日本隊 (研究者) 遺産文化省 (意思決定者) 課題解決 研究成果 デジタル文化遺産 目録の構築
  16. 16. 文化遺産目録の設計コンセプト Simple シンプルであること • IT初級者でも使える。 Sustainable 持続可能であること • 開発者がいなくなっても 使い続けられる。 Secure セキュリティーが堅牢であること • 機密情報を漏洩させない。 Kondo et al. (2016) http://doi.org/10.1108/JCHMSD-01-2016-0005
  17. 17. アクセス・メンバーシップ 0. 開発者 1. 研究チームと 遺産文化省職員 (情報の編集) 2. 他省庁・他の研究チーム (情報の閲覧) 3. 一般公開 (制限された情報の閲覧)
  18. 18. ユースケース(利用想定) Lv アクター 用 途 1 遺産文化省 (意思決定者) • 文化遺産マネジメント • 埋蔵文化財行政 • 史跡整備計画 • 教育普及(アウトリーチ) 2 研究者 • 学術研究 2 関係省庁 開発業者 • 埋蔵文化財を考慮した開発計画立案 3 地域住民 観光客 • 遺跡のことをより深く知る
  19. 19. システムとデータフロー 入力 データプロセシング 出力 確認調査 以前の調査記録 データ化 by MS Excel データベース化 by FileMaker マップ作成 by QGIS マップ公開 by Google My Maps マップ公開 by Arches 静的マップ クラウドストレージ by Dropbox データベース .jpg .kmz .pdf.jpg .pdf .csv ワーク シート .xlsx .pdf .pdf 帳票 .mdb .xlsx .jpg .kmz 動的マップ
  20. 20. 確認調査
  21. 21. 地域住民とのタウンミーティング
  22. 22. 社会協働研究の類型(3) (狭義の)超学際研究 Transdisciplinary Research 研究者 生活者 課題解決 のための 意思決定意思決定者 “Co-x” Co-plan Co-product Co-dissemination Co-leadership 対話を通じた 相互理解 課題解決 研究成果 └ 課 題 当 事 者 ┘
  23. 23. 共通点:よそさん(地縁をもたない/来ては去る) →「外部専門家」 プロボノ TDの文脈では 研究者とプロボノはよく似ている。 むしろ、研究者もプロボノに含まれるのかも。 研究者
  24. 24. 外部専門家 「ヨソの人」 研究者 プロボノ 生活者 事業者 「ウチの人」 課題解決 のための 意思決定 意思決定者 専門知 分野B 在来知 立場E 政策知 機関C 研究成果 スピンオフ 課題解決 専門知 分野A 政策知 機関D 在来知 立場F 作業仮説: 外部有識者と意思決定者の間の知識 システムの隔絶を上手に埋めること が特に重要 オープンデータ 橋渡し人材 エヴァンジェリスト トランスレーター パラ〇〇スト レジデント型研究者 データライブラリアン データコンシェルジュ
  25. 25. 外部専門家から意思決定者への知識伝達 A: プッシュ型伝達 • 外部専門家が、科学知を根拠に して課題解決のためのアクション を意思決定者に促す =「外圧をかける」 例:気候変動(IPCCレポート) • 興味のない課題には無関心 B: プル型伝達 • 意思決定者が、意思決定・合意 形成に必要な科学知を選択的に 取り上げる =「吸い取る」 • 「不都合な真実」は黙殺する 例:放射能汚染 専門知 政策知 課題解決 のための 意思決定 外部専門家 「ヨソの人」 意思決定者 「ウチの人」
  26. 26. オープンサイエンスとTDは、 構造が似ている。 共通点 1. 科学システムのゲームチェンジ(価値転換)を目指していること 2. 既存の学問領域の際(キワ)を超えていく運動であること transdisciplinary research open science
  27. 27. オープンサイエンスの本質は 「知の開放」 より正確に言うと、 「科学の知識システムの開放」
  28. 28. open science transdisciplinary research オープンサイエンスとTDは、 違うところもある。 相違点 • オープンサイエンスは科学者から社会への「押し売り」感が強い。 • TDは、科学者が他のアクターと学び合うことを重視。
  29. 29. オープンサイエンス×TD = Open-TD !!
  30. 30. Open-TDアプローチ: オープンサイエンスと社会協働研究の融合 • オープンサイエンスを「科学の知識システムの開放」と定義 する。 1. 科学の知識システムを開放することにより、新たに異分野の 職業研究者や研究者以外の専門家と協働できるようになる。 →新たな外部専門家グループの形成 2. 新たな外部専門家グループが社会課題解決の現場に入り、 意思決定者・生活者と協働して”co-x”を行う。 • 上記1・2において、異なる知識システム(人と人)の橋渡しを、 専門家が担う。←人材育成の必要あり。 • TD型の社会と学び合う研究スタイルを、オープンサイエンス の推進に取り入れる。 • これから実践!
  31. 31. まとめの一言 オープンサイエンスが切り拓く 社会協働研究の未来 社会協働研究が切り拓く オープンサイエンスの未来
  32. 32. KYOTOオープンサイエンス勉強会 (月1回程度、平日18〜19時、京都大学吉田泉殿にて)
  33. 33. ジオ系ストリーミング “友引Night!!” 今夜 ON AIR ご清聴ありがとうございました。 kondo@chikyu.ac.jp 検索キーワードは「geo tomobiki」 出演者 ゆる募

×