Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

AgilePM読書会 #5

825 Aufrufe

Veröffentlicht am

Agile PM読書会 #5の発表資料です。
今回は、Integration Managementをお題に、従来のPM手法とAgilePMの違いについて考えます。

Veröffentlicht in: Bildung
  • ..............ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks ................ ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • ..............ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks ................ ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ,Download or read Ebooks here ... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

AgilePM読書会 #5

  1. 1. THE SOFTWARE PROJECT MANAGER’S BRIDGE TO AGILITY 読書会 #5 : Integration Management 株式会社エンラプト 関口匡稔, PMP, PMI-ACP, CSPO 会場提供: PMI日本支部様
  2. 2. 前回までのおさらい
  3. 3. 従来型のPMとAgilePMの違いに Traditional PM vs Agile PM • Traditional PM 1. 計画重視 2. 工数見積 3. 進捗・品質レビュー 4. 人月単価・外注 5. 失敗が許されにくい 6. ステークホルダー管理 7. チームビルディング ついてのディスカッション(#0) • Agile PM 1. 柔軟・自由度が高い 2. 成果に価値 3. (該当なし) 4. 稟議通らなそう 5. 変更を受け入れる 6. チームへの貢献 7. 自主的、自律的 A.良好な人間関係 B.見える化 E.タイムボックス
  4. 4. 12 Principles Agile Manifestoと 12 Principleに 青で囲った部分がギャップの大きいところ ついての考察 (#1)
  5. 5. PMIとAgile PMIの歴史とAgileへの取組み (#2) • 2005年、PM Network (PMIのニュースレター) にAgileの記事が掲載される。以 後もAgile関係の記事が継続的に掲載されている。 • “Reconciling Differences” 2005, April より要約抜粋 • アジャイルプロジェクトとプロジェクト管理は一見相反するように見える が、多くのソフトウェア開発者はその二つが協力する方法を見つけだして きている! • 顧客を開発に巻き込むことは、製品の顧客満足度を向上させる! • 素早く、それでいて明確な開発ペースによって、顧客は高品質で準備がと 整った製品で市場を攻めることができる。! • ストーリーを基礎としたアプローチにより、開発者は顧客を「生きた」(動 かせる)拡張の容易な開発に誘導することができる
  6. 6. Adaptive Life Cycles ( Agile ) Agileのライフサイクル (#3,4) • フラクタルな構成 Vision Product Roadmap プランに 始まり Release Release Project Retrospectives Release Retrospectives Release Planning Iteration Iteration Planning Daily Work Daily Work Iteration Retrospectives Daily Stand-up Task Completion Task Completion Update Progress Iteration Project Release Iteration Daily レトロス ペクティブ に終わる
  7. 7. Process groupとAgile プラクティスの対応付け PMBOKのプロセスグループ Initiation Monitoring & Controlling Closing 動作するソフトウェア の継続的なデリバリ 成果物、プロセス、進 の定期的なレビュー プロジェクトレトロス ペクティブ 動作するソフトウェア の継続的なデリバリ 成果物、プロセス、進 の定期的なレビュー リリースレトロスペク ティブ イテレーションデモ レビュー レトロスペクティブ タスクの記録と バーンダウンチャート の更新 Planning Executing プロジェクトキックオフ Project ビジネスケース フィージビリティ 契約 リリースロードマップ計 Release ロードマップ リリース定義 リリース計画ミーティ ング ビジョンミーティング 画 Iteration イテレーション計画ミ ーティング イテレーション計画ミ ーティング (動作する)機能の完 成までの作業 タスクボード バーンダウンチャート デイリースタンドアッ プ、完成機能の受入れ Daily Work モーニングコーヒー またはティー デイリースタンドアッ プミーティング タスクの完了までの作 業 チームによる障害の発 見
  8. 8. PartII: The Bridge - PMBOKガイドとAgileプラクティスの対応付け Chapter4: Integration Management
  9. 9. _人人人人人人人人人人_ > 突然のグループワーク <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ Global Integration training session by global integration on Flickr : http://www.flickr.com/photos/globalintegration/
  10. 10. そもそも Integration Management : 統合管理とは何か? integration by certified su on Flickr : http://www.flickr.com/photos/certified_su/229016531/
  11. 11. integrate |ˈɪn(t)əәˌɡreɪt| ORIGIN mid 17th cent.: from Latin integrat- ‘made whole,’ from the verb integrare, from integer ‘whole’ (see integer). Compare with integral and integrity. New Oxford American Dictionary
  12. 12. “Project Integration Management includes the processes and activities to identify, define, combine, unify, and coordinate the various processes and project management activities within the Project Management Process Groups” PMBOK guide 5th Edition
  13. 13. つまり、 「プロジェクトにまとまりをもたせて ばらばらにならないようにすること」
  14. 14. グループワーク • プロジェクトの中で行う「まとまりをもたせる、ばらばらにならない」活動 を書き出して下さい • 分類してディスカッションしつつ、本日のお題にうつります 5min 5min
  15. 15. 進 → Agile 管理は、Dailyミーティング と見える化(バーンダウン)へ → Agile スケジュールは、リリース計画、 イテレーションバックログへ
  16. 16. PartII: The Bridge - PMBOKガイドとAgileプラクティスの対応付け Chapter4: Integration Management
  17. 17. Integration Management • プロジェクトの全ての活動にIntegration Managementは関係してくる Initiation Integration Develop Management Project Charter Planning Develop Project Management Plan Monitoring Executing & Controlling Direct and Manage Project Work Monitor and Control Project work ! Perform Integrated Change Control Closing Close Project or Phase
  18. 18. Initiation Integration Management Develop Project Charter Planning Develop Project Management Plan Traditional PM プロジェクトの目的と根拠について、適切な関 係者から情報収集・フィードバックを得る。 プロジェクト承認に必要なビジネスケース(予 算申請)および関連ドキュメントの準備を行 う。 企業で承認されたソフトウェア開発手法を利用 する。それに沿って準備を行う。 Executing Direct and Manage Project Work Monitoring & Controlling Monitor and Control Project work ! Perform Integrated Change Control Closing Close Project or Phase Agile PM ビジョンミーティングの一部として、プロジェ クトの目的と根拠について、チームと適切な関 係者から情報収集・フィードバックを得る。 必要があれば、プロジェクト承認に必要なビジ ネスケース(予算申請)および関連ドキュメン トの準備を行う。 アジャイル開発手法を利用し、それに沿って準 備を行う。
  19. 19. Vision Meeting Agenda see youtube • 開会の挨拶 (プロジェクト支持者、スポンサー) • イントロダクション、基本原則、アジェンダのレビュー(プロジェクトマネージャー) • このミーティングの目的は何か?スコープの承認者は?私に関係することは何か?(プロジェクトマネージャーとプロダ クトオーナー) • プロジェクトに期待されていることは何か?そこに到達するためのアーキテクチャ計画はあるか?ビジョンを共有せよ! (プロダクトオーナーとアーキテクト) • 誰が協力者か?(プロジェクトマネージャー) • 質問、提案、懸念点(チーム) • エレベーターステートメント作成セッション(チーム) • 製品パッケージデザインセッション(チーム) • プロジェクトデータシートを埋めるだけの十分な情報を得られたか(チーム) • ハイレベルプロジェクトスケジュールが想定できたか(チーム) • ビジョン/プロジェクトに影響を与える課題、リスクは何か(チーム) • 最終的なエレベーターステートメント、製品パッケージ、プロジェクトデータシートはどうなったか(チーム) • チーム規約は何か?(チーム) • 閉会:コミュニケーションプラン、空のパーキングロット、アクションアイテム、ネクストステップ
  20. 20. Elevator Statement • Jim HighsmithがAgile Project Managementで提案している手法 • 2分間でプロジェクトの意図を説明するための簡潔な文章。 • 誰のために(ターゲットとする顧客) • どういう特徴の(ニーズまたは機会) チームを分けて それぞれ作成してもらう。 ! • この製品(名称)は(カテゴリ)で∼ • (ベネフィット、購入したくなるような動機付け)であり、 • ∼(主要な競合)とは異なり∼ • という製品である(競合との差異) 作成したElevator Statement を並べて議論し、ビジョン を明確にしていく
  21. 21. Design the Box • 同じくJim Highsmithが提案している手法 • 製品のパッケージを考える • 製品名やロゴ • うたい文句 • 主要機能 Design Blog Sociale - 23 June 2008 - Vitamin Packaging by Robert Ferrell E on Flickr : http://www.flickr.com/photos/27620885@N02/2603601820/
  22. 22. Initiation Integration Management Develop Project Charter Planning Develop Project Management Plan Executing Direct and Manage Project Work Monitoring & Controlling Monitor and Control Project work ! Perform Integrated Change Control Closing Close Project or Phase Traditional PM Agile PM プロジェクト管理プロセスを公式に文書化する (品質管理、コミュニケーション管理、リスク管理、 等)。 チームが選択したアジャイル方法論のフレームワー ク・ガイドラインで開始する。各イテレーションの終 了時にふり返り・改善を実施する。 ステークホルダーとのコミュニケーションの仕方につ いて公式文書化する。 アジャイル原則に従い、プロジェクトの情報は知りた い人すべてに常時公開され、調整はこれを持ち運ぶこ とで行う。 主要な管理レビューのタイミングを決定する。 各イテレーションの終わりにレビューを実施。 それ以外でも主要関係者がプロジェクトの情報を参照 するのは大歓迎。 変更管理の追跡方法、統制方法を決定し、公式文書化 する。 製品の変更はデモや計画ミーティングの際に発見さ れ、バックログに記載される。プロセスの変更はレビ ューと振り返り時に発見され、非公式な文書として記 載される。 構成管理の方法について決定し、公式文書化する。 構成管理はチーム規約の決定の中で決められ、非公式 な文書として記載される。
  23. 23. Initiation Integration Management Develop Project Charter Planning Develop Project Management Plan Traditional PM 実施を監督する。 計画に従うことを確実にする。 予定と実績を比較する。 修正のためのアクションを実施する。 プロジェクトのデータを集め、状況を報告す る。 Monitoring & Controlling Executing Direct and Manage Project Work Monitor and Control Project work ! Perform Integrated Change Control Closing Close Project or Phase Agile PM リーダーシップを発揮して、自発的・協調的な意 思決定を促す。 選択したアジャイル方法論に従い、変更への対 応能力を確保する。 イテレーションレビューミーティングをファシ リテートする。 ふりかえりミーティングをファシリテートし、 チームが適応アクションを決定する。 効果的な情報発信器をチームが作れるように、 空間と道具を用意する。デモとレビューミーテ ィングをファシリテートする。必要に応じて、 エクゼクティブサマリーを用意する。
  24. 24. Initiation Integration Management Develop Project Charter Planning Develop Project Management Plan Monitoring & Controlling Executing Direct and Manage Project Work Traditional PM Monitor and Control Project work ! Perform Integrated Change Control Closing Close Project or Phase Agile PM チームが変更管理委員会と見なされる。顧客が製品に関す 変更管理委員会を組織する。 る変更の最終決定者であり、チームがプロセスに関する変 更の最終決定者である。 変更要求を特定し、記録する。 変更要求は製品デモの際のディスカッションから生まれ る。 製品に関する変更は新たなプロダクトバックログとして記 変更要求の解決方法を決定し、記録する。 録される。プロセスに関する変更は助言やチーム規約、ふ りかえりの際のアクションアイテムとして記録される。 顧客が完了したバックログアイテムの承認責任を持つ。プ 変更要求の解決(したかどうか)を検証する。 ロジェクトマネージャーはチームに対してプロセス変更を リマインドする。 変更要求がプロジェクト中の他の領域(スコープ、スケジ ュール、リスク等)にどのような影響を及ぼすかを特定 し、記録する。 各イテレーションの最後にプランに立ち返り、必要なら修 正を行う。
  25. 25. Initiation Integration Management Develop Project Charter Planning Develop Project Management Plan Traditional PM Executing Direct and Manage Project Work Monitoring & Controlling Monitor and Control Project work ! Perform Integrated Change Control Closing Close Project or Phase Agile PM 管理上の終結(製品の準備完了、最終受入、ス タッフの開放) 管理上の終結(製品の準備完了、最終受入、ス タッフの開放) 契約の終結(契約上の実施内容と成果物) 契約の終結(契約上の実施内容と成果物) 製品の最終リリースと引き渡し 製品の最終リリースと引き渡し 学んだこと(Lessons Learned) プロジェクトふりかえり
  26. 26. コメント • 前回はP.7のようにマトリクスで整 • Scrum Masterの役割はExecutingエ 理していたのに、今回から1次元で リアなので、その他の領域は(アジャ 整理している。プロジェクトレベル ではなく、イテレーションレベルで 比較するべきなのでは。 イルプロジェクトでも)Project Managerが必要? → Part IIIに記載 があるようだ。 • 日本のSIでは、InitiationとClosingを • Information Radiatorをシステム化し 営業に任せるケースが多いように思 われる。 てしまうと、逆に見えているものが 信じられないというケースが発生し た。機械化するのはおすすめできな い。
  27. 27. 次回 Part II Chapter5: Scope Management

×