Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル
HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 / IBM Champion
⽻⼭ 祥樹 @storywriter
1	
2018年 6⽉1⽇(⾦)
<追補>
2	
この資料は、以下の資料の追補です。
チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル
https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui
3	
追補:
先のスライド公開から、
セミナー当⽇までの間に、
追加で考えたこと、5つ。
4	
⾃ら話しかけてくるチャットボットがいない:
既存のチャットボットで
「⾃らどんどん話しかけてくる」というのはほぼ皆無。
(有⼈チャットや、LINEの⼀⻫配信はある)
ロボットが前に⽴つだけで話しかけてくるのに対照的。
こんにちは・・・
1
5	
対話は「相⼿の時間を拘束する」:
対話は「相⼿の時間を拘束する」⾏為。
なので「その体験を良いものにする」必要が、よりある。
今の技術では、全体で複雑な体験をつくるより、
⼀瞬⼀瞬を良い体験にするほうがよい。
相⼿の時間を
拘束している
2
6	
表⽰のパターン:
表⽰のされかたは、⼤きく4種類。(例外あり)
もっと多彩さがあってもよいかもしれない。
全画⾯ サブウインドウ
(または新規ウインドウ)
ページ埋込 デバイス特化
3
7	
ゲーム業界はチャットボットのノウハウの塊:
ゲームにはチャットボットの名作がたくさんある。
「どこでもいっしょ」「シーマン」をはじめ、
ふつうのゲームも、キャラクターに感情移⼊できるよう
対話の随所に⼯夫がされている。
ゲーム業界にはノウ...
8	
いつはじめるか?:
チャットボットを導⼊することで、
社内に、AIの知識が貯まる、という効果もある。
今、はじめるか。3年後でも、間にあうのか。
5
9	
ありがとうございました。
⽻⼭ 祥樹
Twitter: @storywriter
Facebook: storywriter.jp
Facebook、ぜひ、つながってください!
⽻⼭のプレゼンのアレ が、
  スタンプになりました!
スタンプ名:ハーミィ(CSS編) 作者名:⽻⼭ 祥樹
https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja
Web・CSSネタ
全40種類
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

チャットボットのUXと、導入現場のリアル <追補>:Webmaster Camp: 企業サイトの担当者が考えておきたい、AIとUIの今。

1.589 Aufrufe

Veröffentlicht am

2018年6月1日 「Webmaster Camp: 企業サイトの担当者が考えておきたい、AIとUIの今。」でお話したスライドの追補です。

元の資料:
チャットボットのUXと、導入現場のリアル
https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui

Veröffentlicht in: Design
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

チャットボットのUXと、導入現場のリアル <追補>:Webmaster Camp: 企業サイトの担当者が考えておきたい、AIとUIの今。

  1. 1. チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 / IBM Champion ⽻⼭ 祥樹 @storywriter 1 2018年 6⽉1⽇(⾦) <追補>
  2. 2. 2 この資料は、以下の資料の追補です。 チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui
  3. 3. 3 追補: 先のスライド公開から、 セミナー当⽇までの間に、 追加で考えたこと、5つ。
  4. 4. 4 ⾃ら話しかけてくるチャットボットがいない: 既存のチャットボットで 「⾃らどんどん話しかけてくる」というのはほぼ皆無。 (有⼈チャットや、LINEの⼀⻫配信はある) ロボットが前に⽴つだけで話しかけてくるのに対照的。 こんにちは・・・ 1
  5. 5. 5 対話は「相⼿の時間を拘束する」: 対話は「相⼿の時間を拘束する」⾏為。 なので「その体験を良いものにする」必要が、よりある。 今の技術では、全体で複雑な体験をつくるより、 ⼀瞬⼀瞬を良い体験にするほうがよい。 相⼿の時間を 拘束している 2
  6. 6. 6 表⽰のパターン: 表⽰のされかたは、⼤きく4種類。(例外あり) もっと多彩さがあってもよいかもしれない。 全画⾯ サブウインドウ (または新規ウインドウ) ページ埋込 デバイス特化 3
  7. 7. 7 ゲーム業界はチャットボットのノウハウの塊: ゲームにはチャットボットの名作がたくさんある。 「どこでもいっしょ」「シーマン」をはじめ、 ふつうのゲームも、キャラクターに感情移⼊できるよう 対話の随所に⼯夫がされている。 ゲーム業界にはノウハウが集積されている。 アドベンチヤーゲームやビジュアルノベルは それ⾃体、巨⼤なチャットボットとも⾔える。 RPGも対話がつくり込まれている。 4
  8. 8. 8 いつはじめるか?: チャットボットを導⼊することで、 社内に、AIの知識が貯まる、という効果もある。 今、はじめるか。3年後でも、間にあうのか。 5
  9. 9. 9 ありがとうございました。 ⽻⼭ 祥樹 Twitter: @storywriter Facebook: storywriter.jp Facebook、ぜひ、つながってください!
  10. 10. ⽻⼭のプレゼンのアレ が、   スタンプになりました! スタンプ名:ハーミィ(CSS編) 作者名:⽻⼭ 祥樹 https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja Web・CSSネタ 全40種類

×