Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
Azureもくもく会@東京
のいままでとこれからと
2020年9月26日
AZURE ROCK STAR COMMUNITY DAY #1 - HELLO WORLD!
自己紹介
・名前 : 木下 裕之
・HN:kingkino
・SNS Twitter:@kingkinoko FaceBookやってます
・Azure暦:9年
・MCSE : Cloud Platform and Infrastructure ...
Azureもくもく会@東京の紹介
2016年7月に立ち上げてから、今年で活動5年目になります。
月に一回の開催をベースに活動しています。
現在はオンラインで活動中です。
東京の東側で活動しているAzureに関する作業をもくもく行う会です。
勉強...
こういう人に向いてます
・イベントや他の勉強でインプットした情報を試す機会
がない
・技術本の積読や技術動画の未視聴が多くて消化したい
・時間を決めて集中して作業をしたい
・Azureのことで相談したいけど相談相手がいない
・一人で自習すると集...
コミュニティ立ち上げの経緯
2016年当時、大小のさまざまな勉強会コミュニティが発足
Xamarin自習会や、C#・ASP.NETもくもく会などに参加し始める
その他の勉強会にも参加しはじめて徐々にモチベーションが高まる
当時、東京にAzure...
コンセプト(立ち上げ時の理想)
私が20代後半の頃に参加
したかった勉強会
コンセプト(現在:オフラインの理想)
家と職場のちょうど中間くらい
の雰囲気や環境で作業ができる
勉強会
コンセプト(現在:オンラインの理想)
図書館の自習室のような静寂さ
と休憩時のふとした会話がおり
あう勉強会
参加募集について
第一回目はDoorKeeperで募集を行いました。
参加募集について
第二回目からConnpassにて集客をし始めて今に至ります
開催場所について
第一回目 ~ 第九回目までは茅場町にあるコワーキングスペースCo-Edoさんで
開催していました
開催場所について
第十回目から品川のマイクロソフト社のセミナールームを利用させてもらって
ます
開催場所について
今はオンラインで活動しています、早くオフラインでも活動再開したいです
最低開催人数(ここでクエッション)
※第4回は私含め2名で実施しました
最大開催人数(ここでクエッション)
※第22回は私含め33名で実施しました
キャンセル含めると45名の方の受付がありました
活動について(セミナールーム駆動、セミナールームA・B・CD・VIP)
活動について(アンケート駆動)
「成果を発表するような機会もあればより良いと思いました」
→ 成果発表LT枠を追加して対応
「テーブル毎に軽く自己紹介などができると、参加者同士の相談や議論も弾むと思います」
→ 最初に自己紹介と今日やることをマ...
活動について(おかし駆動)
2017年 2018年 2019年
活動について(ノベルティ駆動)
1・2周年記念にTシャツを作成 ステッカーを作成(在庫切れ)
活動について(技術同人誌駆動)
技術書典6 技術書典8(オンライン)
活動について(技術同人誌駆動)
一緒に執筆したい人を
募集中です
活動で大切にしていること
おもてなしの心
貴重な土曜日の半日を使って勉強しに参加しているのだから、できる限りよい環境を用意して
「参加してくれてありがとう」「開催してくれてありがとう」であり続けるように心がけてます
今後の目標
・オフラインだけでなくオンラインも定期的に実施する
オフラインとオンラインの開催バランスを調整していこうと思いますいまはオンラ
インがメインですが、オフラインが復活した時のことも考慮して開催のバランスを
検討する
・参加者がインプッ...
次回予告
https://azure-moku2.connpass.com/event/189784/
Sie haben dieses Dokument abgeschlossen.
Lade die Datei herunter und lese sie offline.
Nächste SlideShare
What to Upload to SlideShare
Weiter
Nächste SlideShare
What to Upload to SlideShare
Weiter
Herunterladen, um offline zu lesen und im Vollbildmodus anzuzeigen.

Teilen

Azureもくもく会@東京のいままでとこれからと

Herunterladen, um offline zu lesen

Azureもくもく会@東京のコミュニティ紹介です

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen
  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

Azureもくもく会@東京のいままでとこれからと

  1. 1. Azureもくもく会@東京 のいままでとこれからと 2020年9月26日 AZURE ROCK STAR COMMUNITY DAY #1 - HELLO WORLD!
  2. 2. 自己紹介 ・名前 : 木下 裕之 ・HN:kingkino ・SNS Twitter:@kingkinoko FaceBookやってます ・Azure暦:9年 ・MCSE : Cloud Platform and Infrastructure 2017 ・Azureもくもく会主催 ・Microsoft MVP for Microsoft Azure 2017~
  3. 3. Azureもくもく会@東京の紹介 2016年7月に立ち上げてから、今年で活動5年目になります。 月に一回の開催をベースに活動しています。 現在はオンラインで活動中です。 東京の東側で活動しているAzureに関する作業をもくもく行う会です。 勉強会やセミナーは沢山ありますが、そこで得た知識を深堀する機会ってないと思い ます。 後でやろうと思って詰んでいる知識をもくもく会で深堀してみませんか? 基本的に自分が興味のあるサービスについてもくもく作業をします。 時には参加者と 情報共有してみたり、解らないことがあったら相談してりできる場所です。 一人で家で勉強しているとついつい他の事に気を取られてしまい集中できない人に うってつけの会です。
  4. 4. こういう人に向いてます ・イベントや他の勉強でインプットした情報を試す機会 がない ・技術本の積読や技術動画の未視聴が多くて消化したい ・時間を決めて集中して作業をしたい ・Azureのことで相談したいけど相談相手がいない ・一人で自習すると集中力が継続しない
  5. 5. コミュニティ立ち上げの経緯 2016年当時、大小のさまざまな勉強会コミュニティが発足 Xamarin自習会や、C#・ASP.NETもくもく会などに参加し始める その他の勉強会にも参加しはじめて徐々にモチベーションが高まる 当時、東京にAzure主体のもくもく会が存在しなかったため立ち上げを決意 「誰かがやるのを待つのではなく、自分でやってみよう」 2016年7月に「Azureもくもく会@東京」を立ち上げて 同月30日に第一回目を開催に至る ちなみに当時は信州や北陸でAzureもくもく会は開催されていた
  6. 6. コンセプト(立ち上げ時の理想) 私が20代後半の頃に参加 したかった勉強会
  7. 7. コンセプト(現在:オフラインの理想) 家と職場のちょうど中間くらい の雰囲気や環境で作業ができる 勉強会
  8. 8. コンセプト(現在:オンラインの理想) 図書館の自習室のような静寂さ と休憩時のふとした会話がおり あう勉強会
  9. 9. 参加募集について 第一回目はDoorKeeperで募集を行いました。
  10. 10. 参加募集について 第二回目からConnpassにて集客をし始めて今に至ります
  11. 11. 開催場所について 第一回目 ~ 第九回目までは茅場町にあるコワーキングスペースCo-Edoさんで 開催していました
  12. 12. 開催場所について 第十回目から品川のマイクロソフト社のセミナールームを利用させてもらって ます
  13. 13. 開催場所について 今はオンラインで活動しています、早くオフラインでも活動再開したいです
  14. 14. 最低開催人数(ここでクエッション) ※第4回は私含め2名で実施しました
  15. 15. 最大開催人数(ここでクエッション) ※第22回は私含め33名で実施しました キャンセル含めると45名の方の受付がありました
  16. 16. 活動について(セミナールーム駆動、セミナールームA・B・CD・VIP)
  17. 17. 活動について(アンケート駆動) 「成果を発表するような機会もあればより良いと思いました」 → 成果発表LT枠を追加して対応 「テーブル毎に軽く自己紹介などができると、参加者同士の相談や議論も弾むと思います」 → 最初に自己紹介と今日やることをマイクをまわして一言づつもらうようにして対応 「一人一分でもよいので得られ知見を共有できればよかったと思っています」 → Slackに今日やることとやったことを任意に書き込めるチャンネルを作成して対応 「スクリーン勿体無い(ブルーのままだと) その点では寂しかった。」 → YouTubeで「Build」や「Azure Friday」等のコンテンツを再生するようにして対応 ※ヒーリング目的で焚火の動画を流していたら「斬新ですね」というアンケートを頂いたので取りやめ 「意見交換するタイミングを作ってもらえると嬉しいです。」 → 懇親会を開催することで対応(ただし、お酒の席となるので十分な対応ではない)
  18. 18. 活動について(おかし駆動) 2017年 2018年 2019年
  19. 19. 活動について(ノベルティ駆動) 1・2周年記念にTシャツを作成 ステッカーを作成(在庫切れ)
  20. 20. 活動について(技術同人誌駆動) 技術書典6 技術書典8(オンライン)
  21. 21. 活動について(技術同人誌駆動) 一緒に執筆したい人を 募集中です
  22. 22. 活動で大切にしていること おもてなしの心 貴重な土曜日の半日を使って勉強しに参加しているのだから、できる限りよい環境を用意して 「参加してくれてありがとう」「開催してくれてありがとう」であり続けるように心がけてます
  23. 23. 今後の目標 ・オフラインだけでなくオンラインも定期的に実施する オフラインとオンラインの開催バランスを調整していこうと思いますいまはオンラ インがメインですが、オフラインが復活した時のことも考慮して開催のバランスを 検討する ・参加者がインプットだけではなくアウトプットもできるようにする インプットだけがもくもくの目的ではないので、ブログを書いたりMS DocsのTypo にPRを送る等の小さく簡単なことでいいので成果を残せる施策を検討する ・「もくもく」だけでなく「がやがや」も取り入れていく 活動の中で雑談や会話を気兼ねなくできるように検討する
  24. 24. 次回予告 https://azure-moku2.connpass.com/event/189784/

Azureもくもく会@東京のコミュニティ紹介です

Aufrufe

Aufrufe insgesamt

503

Auf Slideshare

0

Aus Einbettungen

0

Anzahl der Einbettungen

144

Befehle

Downloads

1

Geteilt

0

Kommentare

0

Likes

0

×