Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

アジャイルサムライ~Pythonista道場 #PyLadiesTokyo 1周年記念パーティー 2015/10/24

15.418 Aufrufe

Veröffentlicht am

#PyConJP2015 「野球Hack!~Pythonを用いたデータ分析と可視化」で実践したアジャイルサムライ、のネタです

Veröffentlicht in: Software
  • Als Erste(r) kommentieren

アジャイルサムライ~Pythonista道場 #PyLadiesTokyo 1周年記念パーティー 2015/10/24

  1. 1. Who am I ? • Shinichi Nakagawa(@shinyorke) • Recruit Sumai Company, Ltd. • Pythonでやきうの人/Agile大好き • 贔屓チーム • 北海道日本ハムファイターズ • オークランド・アスレチックス • なお、今シーズンは無事終了(無事死亡)しました\(^o^)/
  2. 2. 野球Hack~Pythonを用いたデータ分析と可視化 http://www.slideshare.net/shinyorke/hackpython-pyconjp
  3. 3. 野球Hackの反響 • 60席+立ち見&床席40人ちょっと(推定)
 →発表時の聴衆の皆さま(感謝!) • 15,049
 →slideshareのPV数 • 221
 →はてなブックマークの数
  4. 4. とても興奮している. ありがとう! ※なお、カノーさんはシアトルに来てから(ry
  5. 5. 本日のテーマ
  6. 6. アジャイルサムライ is 誰? • アジャイルソフトウェア開発の名著. 勉強会も盛んに行われている. • 「マスター・センセイ」が「熱心な弟子」にアジャイルを教えるという体で進行. • プロジェクト憲章のFramework「インセプションデッキ」を紹介している.
  7. 7. マスター・センセイ
 (ワイ) • アジャイルソフトウェア開発の名著. 勉強会も盛んに行われている. • 「マスター・センセイ」が「熱心な弟子」にアジャイルを教えるという体で進行. • プロジェクト憲章のFramework「インセプションデッキ」を紹介している. 熱心な弟子 (PyLadiesの皆さん) アジャイルサムライ is 誰?
  8. 8. notアジャイルサムライ ※「北のサムライ」小笠原道大選手お疲れ様でした!
  9. 9. 閑話休題
  10. 10. インセプションデッキ is 何? • 10コの手ごわい質問と課題から構成されるFW • 出来たインセプションデッキをメンバー及び ステークホルダーに共有する • 要するに「プロジェクト憲章」みたいなモノ
  11. 11. インセプションデッキ エレベーター ピッチ 「ご近所さん」 を探せ 期間を 見極める 何が どれだけ 必要か 我々は なぜここに いるのか? やらないこと リスト 夜も 眠れない 問題 パッケージ デザイン 解決案を 描く 何を 諦めるのか
  12. 12. インセプションデッキに チャレンジしました
  13. 13. 野球Hack×インセプションデッキ • 発表の目的・主旨・モチベーションを言語化
 →野球Hackが目指すべき価値を明確化 • 価値創造のプロセス整備
 →限られた期間・リソースでミニマムかつ
  最大の価値を創出するプロセスを作りこみ 「プロセス」を通じて「価値」を創りだす!!!
  14. 14. インセプションデッキ(作った) エレベーター ピッチ 「ご近所さん」 を探せ 期間を 見極める 何が どれだけ 必要か 我々は なぜここに いるのか? やらないこと リスト 夜も 眠れない 問題 パッケージ デザイン 解決案を 描く 何を 諦めるのか
  15. 15. ※Hattebergは野球プロダクトの仮名称、元ネタは勿論マネー・ボールですw
  16. 16. 結果はこうなりました
  17. 17. 野球Hackの反響(再掲) • 60席+立ち見&床席40人ちょっと(推定)
 →発表時の聴衆の皆さま(感謝!) • 15,049
 →slideshareのPV数 • 221
 →はてなブックマークの数
  18. 18. まとめ • 価値を創るプロセスはカンファレンス/勉強会でも有効
 聴衆の皆さま、自分にとっての価値は何か?
 をプロセスを駆使して解くといいよ! • Pythonが好き・野球が好き、だけでは価値は創れない!
 まずは想いを絵にして自問自答
 絵はインセプションデッキでも何でもいい(Lean Canvasとか) • 野球Hackは技術・プロセス・野球に本気です!
  19. 19. 余談&謝辞 • PyCon JP 2015二日目, @haru860 さん基調講演で,
 「価値を創りだすプロセス」について言及されてました.
 →http://www.slideshare.net/ssuserafaef6/pycon-jp-2015- keynote の61スライド目にて • ワイがインセプションデッキを書いたのは一ヶ月前,
 考えが一緒で何だかとても嬉しかったです(^O^) • この発表で使った「価値」「プロセス」の言い回しは
 @haru860 さんのオマージュです(感謝!).
  20. 20. オススメ本(Pythonista向け)
  21. 21. ゲームセット!!! ご清聴ありがとうございました. Shinichi Nakagawa(Twitter/Facebook/hatena:@shinyorke)

×