Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
栄養10戒
食事内容の選択で病気は防げる!
1.オリーブオイルを使いましょう!
・大量のオリーブオイル(1日に大スプーン一杯ぐらい)
を食する人はコレステロール値が良い。
・血圧も安定する。
・心臓病にかかることが少なく、癌や関節炎にかかる
確率も低く、長生きしている。
・しわも予防でき...
2.全穀類を食べましょう!
・心臓病、癌、糖尿病さらに肥満や早死にを予防できる
・全穀類は、オートミール・麦・玄米・全穀パン
ポップコーン・焙煎して砕いた雑穀などである。
・繊維質や抗酸化物質、抗癌物質、コレステロール低下
物質、血管の詰まりを...
3.高脂肪質の魚を食べましょう
・ただの魚ではなく、脂肪分の多い魚を食べる
(生魚、缶詰のさけ、まぐろ、いわし、さばなど)
・高脂肪魚には、オメガ3の油を多く含む。
・オメガ3は、動脈をクリアに保ち、心臓のリズムを
維持し、脳(ボケ防止)、関節...
4.ナッツ類を食べましょう!
毎日少しの木の実(ピーカン、ナッツ、アーモンド)
あるいはピーナッツを食べることで、50%も心臓病の
危険率を低下させることができる。
調査によると、非常に大量の野菜と全穀類の食事をし、
少量のナッツ類をたべること...
5.お茶類を飲みましょう!
煎じて入れられたお茶(ティーパックでも葉でも)には
驚くべき力があり、脳溢血、心臓発作、癌、神経病の
予防になる。
紅茶でも緑茶でも同等の抗酸化効果があるが、緑茶に
はEGCGと呼ばれる大変ユニークな抗癌物質および
...
6.フルーツと野菜を食べましょう!
野菜や果物類は高血圧、心臓病、糖尿病、癌、関節炎、
脳溢血、しわ、肥満、ボケ防止など、ほとんどの
慢性病に効果がある。
研究結果によると、毎日1カップのブルーベリーが
研究対象グループの反応時間(神経など)を...
7.良い炭水化物を食べましょう!
悪い炭水化物類の食品は血糖、インシュリン値を上げ
るが、良い炭水化物の食品(低グリセミン指数の食物)
はそうではない。
研究結果から、インシュリン値が低いという事は長寿に
繋がると言われている。
乾燥豆類、レン...
8.肉類、動物性脂肪、トランス脂肪酸、
ナトリウムは避けましょう!
これらすべては健康を破壊する。
赤肉(牛肉、ベーコンなど)、特にフライにした肉類は大
腸がんに直結します。
牛乳やバター、チーズ、ソーセージ、ステーキ、鶏肉
に含まれる飽和脂肪...
9.少食を心がけましょう!
「食事の量を半分にするだけであなたの健康は確実に
向上するでしょう」とある専門家は語っている。
肥満、太り過ぎは万病のもと。
体内でより多くのカロリーを消費することで老化も早まり、
癌、心臓病、糖尿病、アルツハイマー...
10.ビタミン・ミネラルなどの補助食品を摂りましょう!
葉酸、ナイアシン、亜鉛、ビタミンB12・B6、ビタミンC、
ビタミンEといったマイクロ栄養素が欠乏すると、被爆し
たり、化学汚染されたとの同様のDNA破壊が起こったり、
発がん原因となりま...
参考文献
「癒されざる者」「明日はあるか」
著者:鈴木ベンジャミン
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

栄養10戒

食事内容の選択で病気は防げる!

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

栄養10戒

  1. 1. 栄養10戒 食事内容の選択で病気は防げる!
  2. 2. 1.オリーブオイルを使いましょう! ・大量のオリーブオイル(1日に大スプーン一杯ぐらい) を食する人はコレステロール値が良い。 ・血圧も安定する。 ・心臓病にかかることが少なく、癌や関節炎にかかる 確率も低く、長生きしている。 ・しわも予防できる。 ・一番よいオリーブオイルは「エキストラ・バージン」 さらに「コールドプレス」という搾油法でできたもの であることです。
  3. 3. 2.全穀類を食べましょう! ・心臓病、癌、糖尿病さらに肥満や早死にを予防できる ・全穀類は、オートミール・麦・玄米・全穀パン ポップコーン・焙煎して砕いた雑穀などである。 ・繊維質や抗酸化物質、抗癌物質、コレステロール低下 物質、血管の詰まりをなくす物質を含んでいる。 ・エッセンシャル・ミネラルを多く含む。 ・精製された穀物(白米・小麦)避ける。
  4. 4. 3.高脂肪質の魚を食べましょう ・ただの魚ではなく、脂肪分の多い魚を食べる (生魚、缶詰のさけ、まぐろ、いわし、さばなど) ・高脂肪魚には、オメガ3の油を多く含む。 ・オメガ3は、動脈をクリアに保ち、心臓のリズムを 維持し、脳(ボケ防止)、関節の機能を良くします。 ・週に1度でも高脂肪魚を食べると、心臓発作で死亡 する危険率が44%低下したというデータもでている。
  5. 5. 4.ナッツ類を食べましょう! 毎日少しの木の実(ピーカン、ナッツ、アーモンド) あるいはピーナッツを食べることで、50%も心臓病の 危険率を低下させることができる。 調査によると、非常に大量の野菜と全穀類の食事をし、 少量のナッツ類をたべることで、悪いコレステロール (LDL値)が1週間で低下したというデータもでています。 P-01
  6. 6. 5.お茶類を飲みましょう! 煎じて入れられたお茶(ティーパックでも葉でも)には 驚くべき力があり、脳溢血、心臓発作、癌、神経病の 予防になる。 紅茶でも緑茶でも同等の抗酸化効果があるが、緑茶に はEGCGと呼ばれる大変ユニークな抗癌物質および 脳細胞保護物質が入っているといわれる。 みどり色の着色料を用いていない、完全オーガニック であることや品物の選択に注意が必要。
  7. 7. 6.フルーツと野菜を食べましょう! 野菜や果物類は高血圧、心臓病、糖尿病、癌、関節炎、 脳溢血、しわ、肥満、ボケ防止など、ほとんどの 慢性病に効果がある。 研究結果によると、毎日1カップのブルーベリーが 研究対象グループの反応時間(神経など)を向上させ たと報告しています。 ビタミン・ミネラル、繊維質、抗酸化物質の宝庫。 特に良いのは、ベリー類、柑橘類、濃緑色野菜
  8. 8. 7.良い炭水化物を食べましょう! 悪い炭水化物類の食品は血糖、インシュリン値を上げ るが、良い炭水化物の食品(低グリセミン指数の食物) はそうではない。 研究結果から、インシュリン値が低いという事は長寿に 繋がると言われている。 乾燥豆類、レンティル、ピーナッツ、ヨーグルト、 オートミール、さくらんぼ、ブルーンなどの「よい炭水化 物」食品を食べることによって、大腸癌、心臓病、 体重増加、記憶悪化などを予防することができる。
  9. 9. 8.肉類、動物性脂肪、トランス脂肪酸、 ナトリウムは避けましょう! これらすべては健康を破壊する。 赤肉(牛肉、ベーコンなど)、特にフライにした肉類は大 腸がんに直結します。 牛乳やバター、チーズ、ソーセージ、ステーキ、鶏肉 に含まれる飽和脂肪酸は動脈がつまる原因になる。 マーガリンやスナック類、ドーナツなどに含まれるトラン ス脂肪酸も同様に動脈硬化の原因だ。 塩分の取りすぎは寿命を縮め、血圧が正常であっても 心臓病の原因を作る。 醤油や味噌に入っている塩は要注意。
  10. 10. 9.少食を心がけましょう! 「食事の量を半分にするだけであなたの健康は確実に 向上するでしょう」とある専門家は語っている。 肥満、太り過ぎは万病のもと。 体内でより多くのカロリーを消費することで老化も早まり、 癌、心臓病、糖尿病、アルツハイマーにつながる。 動物実験では、食事量を減らした場合、寿命がかなり 伸びている。
  11. 11. 10.ビタミン・ミネラルなどの補助食品を摂りましょう! 葉酸、ナイアシン、亜鉛、ビタミンB12・B6、ビタミンC、 ビタミンEといったマイクロ栄養素が欠乏すると、被爆し たり、化学汚染されたとの同様のDNA破壊が起こったり、 発がん原因となります。 これらの栄養素を少しでも補充してやることで、免疫力 は増大し、慢性病の予防、長寿に繋がる。 ビタミンの中には人間を元気にすると同時にがん細胞 を元気づける性質のビタミンもある。
  12. 12. 参考文献 「癒されざる者」「明日はあるか」 著者:鈴木ベンジャミン

×