Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
HCI分野の紹介と最新研究
情報科学若手の会2015
• おおた
• 4回目ぐらい
• 二日目発表(今ココ!)
「HCI分野の紹介と最新研究」
• 都内でソシャゲ作ってます
• C++と殴り合う日々
– 時代はgo言語
自己紹介
@ota42y
HCI?
今回のプレゼン
対象
情報技術には造形があるけど、HCI分野についてはよく知らない人達
目的
HCIって何?から、こういったことをやっている。
こういったことはHCI分野が重点的に調べている事ですよ。
おおよその全体像が解るようになるためのプレ...
注意点
プログラミングに関する研究は紹介しません。
(招待講演で十分紹介されたので…)
わかりやすさのために厳密にはHCI領域からずれる物もあります
HCIって何ですか?
Human–computer interaction (HCI) researches the design and use of computer
technology, focusing particularly on the interf...
Human–computer interaction (HCI) researches the design and use of computer
technology, focusing particularly on the interf...
Human–computer interaction (HCI) researches the design and use of computer
technology, focusing particularly on the interf...
Crowdsourcing, Design, Social Media, Collaboration, Privacy, User
Study, Evaluation, Mobile, 3D Printing, Ethnography, Edu...
キーワードもバラバラ
Crowdsourcing, Design, Social Media, Collaboration, Privacy, User
Study, Evaluation, Mobile, 3D Printing, Ethno...
キーワードもバラバラ
Crowdsourcing, Design, Social Media, Collaboration, Privacy, User
Study, Evaluation, Mobile, 3D Printing, Ethno...
雑にまとめると…
ようするに?
雑にまとめると…
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究する分野。
(良い物=早い、正確、楽しい、嬉しい、便利…
ようするに?
雑にまとめると…
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究する分野。
(良い物=早い、正確、楽しい、嬉しい、便利…)
必ずしも今あるコンピュータの使い方を良くするのではなく、
今コンピュータがない所でも、コンピュータを...
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
・より良いインタラクションの研究
・人間の特性等の分析
研究内容
インタラクション(交流、相互作用、関係等)
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
研究内容
インタラクション(交流、相互作用、関係等)
GUI
デジタルの情報をグラフィカルに表現する
GUI
文字だけでは表現しにくい形や色、配置などを表現できる
マウス
二次元上の位置を入力
Nicolas Villar, Shahram Izadi, Dan Rosenfeld, Hrvoje Benko, John Helmes, Jonathan Westhues, Steve Hodges, Eyal Ofek, Alex ...
Jifei Ou, Lining Yao, Daniel Tauber, Jürgen Steimle, Ryuma Niiyama, and Hiroshi Ishii. 2014. jamSheets: thin interfaces wi...
被ったので省略
Jun Rekimoto. 2012. Squama: modular visibility control of walls and
windows for programmable physical architecture...
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
今までにないインタラクションを作ることで
コンピュータがより良い物になる可能性を探る
研究内容
インタラクション(交流、...
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
研究内容
インタラクション(交流、相互作用、関係等)
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
・より良いインタラクションの研究
研究内容
インタラクション(交流、相互作用、関係等)
プログレスバー
Harrison, C., Yeo, Z., and Hudson, S. E. 2010. Faster Progress Bars: Manipulating Perceived Duration with Visual A...
タッチ
Daniel Vogel and Ravin Balakrishnan. 2010. Occlusion-aware interfaces. In Proceedings of the SIGCHI Conference on Huma...
ビデオ
Tovi Grossman, Justin Matejka & George Fitzmaurice. (2010). Chronicle: Capture, Exploration, and Playback of Document ...
ビデオシーク
Justin Matejka, Tovi Grossman & George Fitzmaurice. (2012). Swift: Reducing the Effects of Latency in Online Video ...
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
・より良いインタラクションの研究
既存のインタラクションの問題点を調査・解決
研究内容
インタラクション(交流、相互作用...
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
・より良いインタラクションの研究
研究内容
インタラクション(交流、相互作用、関係等)
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
・より良いインタラクションの研究
・人間の特性等の分析
研究内容
インタラクション(交流、相互作用、関係等)
計測手法
Button2
押しやすいのどっち?
Button1
フィッツの法則
T = a+blog2 (1+
D
W
)
a,bは定数
Button2
Button1
フィッツの法則
T = a+blog2 (1+
D
W
)
D w2
w1
a,bは定数
Button2
Button1
フィッツの法則
T = a+blog2 (1+
D
W
)
D w2
w1
a,bは定数
Button2
Button1
遠いか小さいと
時間がかかる
分析系
Motahhare Eslami, Aimee Rickman, Kristen Vaccaro, Amirhossein Aleyasen, Andy Vuong, Karrie Karahalios, Kevin Hamilton,...
Michael Massimi and Ronald M. Baecker. 2010. A death in the family: opportunities for designing technologies for the berea...
どうすれば、コンピュータが人間にとって
より良い物になるか?を研究するために…
今回話す例
・新しいインタラクションの研究
・より良いインタラクションの研究
・人間の特性等の分析
インタラクションの定量化手法を考えたり、
実生活でデジタルな物と...
• コンピュータが人間にとってより良い物にな
るためにはどうすれば良いか?を考える分野
– できなかった事を出来るようにしたり
– できることをもっと良くしたり
– コンピュータをどう扱っているのかを調べたり
• 対人に関しての知見は多くあるの...
• ヒューマンコンピュータインタラクション入門
– http://goo.gl/5YbzIA
• SIGCHI
– http://www.sigchi.org/
• ヒューマンコンピュータインタラクション研究会
– http://www.sig...
未使用スライドの山
undo/redo
Brad A. Myers, Ashley Lai, Tam Minh Le, YoungSeok Yoon, Andrew Faulring, Joel Brandt,Selective Undo Support for ...
Hinckley, K., Pierce, J., Sinclair, M., and Horvitz, E. Sensing techniques for mobile interaction. In ACM UIST 2000 Symp. ...
Capacitive Fingerprinting: Exploring User Differentiation by Sensing Electrical Properties of the Human Body October 7, 20...
ウェアラブル入力
Laput, G., Xiao, R., Chen, X., Hudson, S. and Harrison, C. 2014. Skin Buttons: Cheap, Small, Low-Power and Clicka...
センサ入力
Robert Xiao, Greg Lew, James Marsanico, Divya Hariharan, Scott Hudson, and Chris Harrison. 2014. Toffee: enabling ad...
腕制御
PossessedHand: Techniques for controlling human hands using electrical muscles stimuli, Emi Tamaki, Takashi Miyaki, Ju...
Affordance++
Pedro Lopes, Patrik Jonell, and Patrick Baudisch. 2015. Affordance++: Allowing Objects to Communicate Dynamic...
Johan Kildal, Andrés Lucero, and Marion Boberg. 2013. Twisting touch: combining deformation and touch as input within the ...
センサ入力
Harrison, C., Xiao, R., and Hudson, S.E. Acoustic Barcodes: Passive, Durable and Inexpensive Notched Identification ...
ウェアラブル入力
Harrison, C. and Hudson, S. E. 2009. Abracadabra: Wireless, High-Precision, and Unpowered Finger Input for Very S...
VR
Georg Klein and David Murray. 2007. Parallel Tracking and Mapping for Small AR Workspaces. InProceedings of the 2007 6t...
DR
Herling, J.; Broll, Wolfgang, "Advanced self-contained object removal for realizing real-time Diminished Reality in unc...
3Dプリント
3D Printed Interactive Speakers April 26, 2014
ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI) 2014
http...
Sylvain Malacria, Joey Scarr, Andy Cockburn, Carl Gutwin & Tovi Grossman. (2013).
Skillometers: Reflective Widgets that Mo...
Gilles Bailly, Antti Oulasvirta, Timo Kötzing, and Sabrina Hoppe. 2013. MenuOptimizer: interactive optimization of menu sy...
Max Pfeiffer, Tim Dünte, Stefan Schneegass, Florian Alt, and Michael Rohs. 2015. Cruise Control for Pedestrians: Controlli...
A. Torralba and W. T. Freeman. Accidental pinhole and pinspeck cameras: revealing the scene outside the picture. Proceedin...
クラウドソーシング
Daniela Retelny, Sébastien Robaszkiewicz, Alexandra To, Walter S. Lasecki, Jay Patel, Negar Rahmati, Tulsee Dosh...
KLMモデル
操作を…
K キーを押す時間
P マウスのポインティング
B ボタンを押す時間
H 手の移動時間
M 知覚にかかる時間
W(t) システムの応答時間
に分けることで作業時間を見積もる
KLMモデル
ゴミ箱に捨てるまで…
M(把握する)
P(ファイルに移動)
B(ボタンを押す)
P(ゴミ箱に移動)
B(ボタンを放す)
T=MPBPB
ヒックの法則
T = a+blog2(n+1)
n個から1個選ぶのにかかる時間
HCI分野の紹介と最新研究
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

HCI分野の紹介と最新研究

2.641 Aufrufe

Veröffentlicht am

情報科学若手の会2015の発表資料
動画を含めると容量が酷いことになるので外してあります

Veröffentlicht in: Wissenschaft
  • Als Erste(r) kommentieren

HCI分野の紹介と最新研究

  1. 1. HCI分野の紹介と最新研究 情報科学若手の会2015
  2. 2. • おおた • 4回目ぐらい • 二日目発表(今ココ!) 「HCI分野の紹介と最新研究」 • 都内でソシャゲ作ってます • C++と殴り合う日々 – 時代はgo言語 自己紹介 @ota42y
  3. 3. HCI?
  4. 4. 今回のプレゼン 対象 情報技術には造形があるけど、HCI分野についてはよく知らない人達 目的 HCIって何?から、こういったことをやっている。 こういったことはHCI分野が重点的に調べている事ですよ。 おおよその全体像が解るようになるためのプレゼン。 内容 身近な例を元に、HCI分野でどういう研究がされているか、 および最新の研究はこんなのやってるよとか
  5. 5. 注意点 プログラミングに関する研究は紹介しません。 (招待講演で十分紹介されたので…) わかりやすさのために厳密にはHCI領域からずれる物もあります
  6. 6. HCIって何ですか?
  7. 7. Human–computer interaction (HCI) researches the design and use of computer technology, focusing particularly on the interfaces between people (users) and computers. Researchers in the field of HCI both observe the ways in which humans interact with computers and design technologies that lets humans interact with computers in novel ways. https://en.wikipedia.org/wiki/Human%E2%80%93computer_interaction HCI=Human Computer Interaction HCI
  8. 8. Human–computer interaction (HCI) researches the design and use of computer technology, focusing particularly on the interfaces between people (users) and computers. Researchers in the field of HCI both observe the ways in which humans interact with computers and design technologies that lets humans interact with computers in novel ways. https://en.wikipedia.org/wiki/Human%E2%80%93computer_interaction HCI=Human Computer Interaction 人間がコンピュータを扱う方法を調査したり、 人間が新しい方法でコンピュータを扱えるようにする技術を研究する。 HCI
  9. 9. Human–computer interaction (HCI) researches the design and use of computer technology, focusing particularly on the interfaces between people (users) and computers. Researchers in the field of HCI both observe the ways in which humans interact with computers and design technologies that lets humans interact with computers in novel ways. https://en.wikipedia.org/wiki/Human%E2%80%93computer_interaction HCI=Human Computer Interaction 人間がコンピュータを扱う方法を調査したり、 人間が新しい方法でコンピュータを扱えるようにする技術を研究する。 HCI あー……(よくわかってない反応される
  10. 10. Crowdsourcing, Design, Social Media, Collaboration, Privacy, User Study, Evaluation, Mobile, 3D Printing, Ethnography, Education, Information Visualization, Accessibility, Augmented Reality, Games, Health, Personal Informatics, Sustainability, Touch, Visualization, Interaction Design, Methodology, Wearable Computing, Authentication, Behavior Change, Gamification, Gesture Recognition, Human Computation, Mobile Devices, Performance, Research Through Design, Security, Social Computing, Virtual Reality, Wearables, Wikipedia, キーワードで説明 CHI2015の論文のキーワードで、5回以上使われた物 http://www.kashyaptodi.com/chi2015/keywords
  11. 11. キーワードもバラバラ Crowdsourcing, Design, Social Media, Collaboration, Privacy, User Study, Evaluation, Mobile, 3D Printing, Ethnography, Education, Information Visualization, Accessibility, Augmented Reality, Games, Health, Personal Informatics, Sustainability, Touch, Visualization, Interaction Design, Methodology, Wearable Computing, Authentication, Behavior Change, Gamification, Gesture Recognition, Human Computation, Mobile Devices, Performance, Research Through Design, Security, Social Computing, Virtual Reality, Wearables, Wikipedia, CHI2015の論文のキーワードで、5回以上使われた物 http://www.kashyaptodi.com/chi2015/keywords
  12. 12. キーワードもバラバラ Crowdsourcing, Design, Social Media, Collaboration, Privacy, User Study, Evaluation, Mobile, 3D Printing, Ethnography, Education, Information Visualization, Accessibility, Augmented Reality, Games, Health, Personal Informatics, Sustainability, Touch, Visualization, Interaction Design, Methodology, Wearable Computing, Authentication, Behavior Change, Gamification, Gesture Recognition, Human Computation, Mobile Devices, Performance, Research Through Design, Security, Social Computing, Virtual Reality, Wearables, Wikipedia, CHI2015の論文のキーワードで、5回以上使われた物 http://www.kashyaptodi.com/chi2015/keywords ばらばらすぎてわからない…
  13. 13. 雑にまとめると… ようするに?
  14. 14. 雑にまとめると… どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究する分野。 (良い物=早い、正確、楽しい、嬉しい、便利… ようするに?
  15. 15. 雑にまとめると… どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究する分野。 (良い物=早い、正確、楽しい、嬉しい、便利…) 必ずしも今あるコンピュータの使い方を良くするのではなく、 今コンピュータがない所でも、コンピュータを使ってより良 くならないか?を考える事も範囲に含まれる ようするに?
  16. 16. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 ・より良いインタラクションの研究 ・人間の特性等の分析 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  17. 17. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  18. 18. GUI デジタルの情報をグラフィカルに表現する
  19. 19. GUI 文字だけでは表現しにくい形や色、配置などを表現できる
  20. 20. マウス 二次元上の位置を入力
  21. 21. Nicolas Villar, Shahram Izadi, Dan Rosenfeld, Hrvoje Benko, John Helmes, Jonathan Westhues, Steve Hodges, Eyal Ofek, Alex Butler, Xiang Cao, and Billy Chen, Mouse 2.0: Multi-touch meets the mouse., in Proceedings of UIST 2009, ACM Symposium on User Interface Software and Technology. p. 33-42. UIST 2009 Best Paper Award., Association for Computing Machinery, Inc., October 2009. マウス
  22. 22. Jifei Ou, Lining Yao, Daniel Tauber, Jürgen Steimle, Ryuma Niiyama, and Hiroshi Ishii. 2014. jamSheets: thin interfaces with tunable stiffness enabled by layer jamming. In Proceedings of the 8th International Conference on Tangible, Embedded and Embodied Interaction (TEI '14). ACM, New York, NY, USA, 65-72. DOI=10.1145/2540930.2540971 デバイス https://vimeo.com/73164578
  23. 23. 被ったので省略 Jun Rekimoto. 2012. Squama: modular visibility control of walls and windows for programmable physical architectures. In Proceedings of the International Working Conference on Advanced Visual Interfaces (AVI '12), Genny Tortora, Stefano Levialdi, and Maurizio Tucci (Eds.). ACM, New York, NY, USA, 168-171. DOI=10.1145/2254556.2254587 Makoto Ono, Buntarou Shizuki, and Jiro Tanaka. 2013. Touch & activate: adding interactivity to existing objects using active acoustic sensing. In Proceedings of the 26th annual ACM symposium on User interface software and technology (UIST '13). ACM, New York, NY, USA, 31-40.
  24. 24. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 今までにないインタラクションを作ることで コンピュータがより良い物になる可能性を探る 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  25. 25. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  26. 26. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 ・より良いインタラクションの研究 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  27. 27. プログレスバー Harrison, C., Yeo, Z., and Hudson, S. E. 2010. Faster Progress Bars: Manipulating Perceived Duration with Visual Augmentations. In Proceedings of the 28th Annual SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (Atlanta, Georgia, April 10 - 15, 2010). CHI '10. ACM, New York, NY. 1545-1548. http://www.chrisharrison.net/index.php/Research/ProgressBars2
  28. 28. タッチ Daniel Vogel and Ravin Balakrishnan. 2010. Occlusion-aware interfaces. In Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '10). ACM, New York, NY, USA, 263-272. http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1753365
  29. 29. ビデオ Tovi Grossman, Justin Matejka & George Fitzmaurice. (2010). Chronicle: Capture, Exploration, and Playback of Document Workflow Histories UIST 2010 Conference Proceedings: ACM Symposium on User Interface Software & Technology. pp. 143 - 152. http://www.autodeskresearch.com/projects/chronicle
  30. 30. ビデオシーク Justin Matejka, Tovi Grossman & George Fitzmaurice. (2012). Swift: Reducing the Effects of Latency in Online Video Scrubbing CHI 2012 Conference Proceedings: ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems. 10 pages. http://autodeskresearch.com/publications/videoscrub
  31. 31. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 ・より良いインタラクションの研究 既存のインタラクションの問題点を調査・解決 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  32. 32. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 ・より良いインタラクションの研究 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  33. 33. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 ・より良いインタラクションの研究 ・人間の特性等の分析 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  34. 34. 計測手法 Button2 押しやすいのどっち? Button1
  35. 35. フィッツの法則 T = a+blog2 (1+ D W ) a,bは定数 Button2 Button1
  36. 36. フィッツの法則 T = a+blog2 (1+ D W ) D w2 w1 a,bは定数 Button2 Button1
  37. 37. フィッツの法則 T = a+blog2 (1+ D W ) D w2 w1 a,bは定数 Button2 Button1 遠いか小さいと 時間がかかる
  38. 38. 分析系 Motahhare Eslami, Aimee Rickman, Kristen Vaccaro, Amirhossein Aleyasen, Andy Vuong, Karrie Karahalios, Kevin Hamilton, and Christian Sandvig. 2015. "I always assumed that I wasn't really that close to [her]": Reasoning about Invisible Algorithms in News Feeds. In Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '15). ACM, https://www.youtube.com/watch?v=XQRJI5BcLMM
  39. 39. Michael Massimi and Ronald M. Baecker. 2010. A death in the family: opportunities for designing technologies for the bereaved. In Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '10). ACM, New York, NY, USA, 1821-1830. http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1753326.1753600&coll=Portal&dl=ACM 分析系
  40. 40. どうすれば、コンピュータが人間にとって より良い物になるか?を研究するために… 今回話す例 ・新しいインタラクションの研究 ・より良いインタラクションの研究 ・人間の特性等の分析 インタラクションの定量化手法を考えたり、 実生活でデジタルな物と人間とが、 どう向き合っているかを調査したり。 研究内容 インタラクション(交流、相互作用、関係等)
  41. 41. • コンピュータが人間にとってより良い物にな るためにはどうすれば良いか?を考える分野 – できなかった事を出来るようにしたり – できることをもっと良くしたり – コンピュータをどう扱っているのかを調べたり • 対人に関しての知見は多くあるので 研究で必要になった場合は この分野を調べるとあるかも まとめ
  42. 42. • ヒューマンコンピュータインタラクション入門 – http://goo.gl/5YbzIA • SIGCHI – http://www.sigchi.org/ • ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 – http://www.sighci.jp/ 参考資料
  43. 43. 未使用スライドの山
  44. 44. undo/redo Brad A. Myers, Ashley Lai, Tam Minh Le, YoungSeok Yoon, Andrew Faulring, Joel Brandt,Selective Undo Support for Painting Applications, Proceedings CHI'2015: Human Factors in Computing Systems, Seoul, Korea, April 18-23, 2015. To appear. http://www.cs.cmu.edu/~NatProg/aquamarine.html
  45. 45. Hinckley, K., Pierce, J., Sinclair, M., and Horvitz, E. Sensing techniques for mobile interaction. In ACM UIST 2000 Symp. on User interface Software and Technology, San Diego, California, Nov. 5, 2000. pp. 91-100. UIST 2000 Best Paper Award. モバイル
  46. 46. Capacitive Fingerprinting: Exploring User Differentiation by Sensing Electrical Properties of the Human Body October 7, 2012ACM Symposium on User Interface Software and Technology (ACM UIST) 2012 タッチ入力 https://www.youtube.com/watch?v=zz37rDf0hKI
  47. 47. ウェアラブル入力 Laput, G., Xiao, R., Chen, X., Hudson, S. and Harrison, C. 2014. Skin Buttons: Cheap, Small, Low-Power and Clickable Fixed-Icon Laser Projections. In Proceedings of the 27th Annual ACM Symposium on User interface Software and Technology (Honolulu, Hawaii, October 5 - 8, 2014). UIST '14. ACM, New York, NY. 389-394. https://www.youtube.com/watch?v=OJVBuI3LFqU
  48. 48. センサ入力 Robert Xiao, Greg Lew, James Marsanico, Divya Hariharan, Scott Hudson, and Chris Harrison. 2014. Toffee: enabling ad hoc, around-device interaction with acoustic time-of-arrival correlation. In Proceedings of the 16th international conference on Human-computer interaction with mobile devices & services (MobileHCI '14). ACM, New York, NY, USA, 67-76. https://www.youtube.com/watch?v=_Edph1kb4ck
  49. 49. 腕制御 PossessedHand: Techniques for controlling human hands using electrical muscles stimuli, Emi Tamaki, Takashi Miyaki, Jun Rekimoto, CHI2011, paper http://lab.rekimoto.org/projects/possessedhand/possessedhand_j/
  50. 50. Affordance++ Pedro Lopes, Patrik Jonell, and Patrick Baudisch. 2015. Affordance++: Allowing Objects to Communicate Dynamic Use. In Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '15). ACM, New York, NY, USA, 2515-2524. https://www.youtube.com/watch?v=Gz4dphzBb6I
  51. 51. Johan Kildal, Andrés Lucero, and Marion Boberg. 2013. Twisting touch: combining deformation and touch as input within the same interaction cycle on handheld devices. In Proceedings of the 15th international conference on Human-computer interaction with mobile devices and services(MobileHCI '13). ACM, New York, NY, USA, 237-246. DOI=10.1145/2493190.2493238 http://doi.acm.org/10.1145/2493190.2493238 モバイル入力 https://www.youtube.com/watch?v=igfLkUNHDIE
  52. 52. センサ入力 Harrison, C., Xiao, R., and Hudson, S.E. Acoustic Barcodes: Passive, Durable and Inexpensive Notched Identification Tags. In Proceedings of the 25th Annual ACM Symposium on User interface Software and Technology (Cambridge, Massachusetts, October 7 - 10, 2012). UIST '12. ACM, New York, NY. 563-568. https://www.youtube.com/watch?v=NB_UoJGd5-E
  53. 53. ウェアラブル入力 Harrison, C. and Hudson, S. E. 2009. Abracadabra: Wireless, High-Precision, and Unpowered Finger Input for Very Small Mobile Devices. In Proceedings of the 22nd Annual ACM Symposium on User interface Software and Technology (Victoria, British Columbia, Canada, October 4 - 7, 2009). UIST '09. ACM, New York, NY. 121-124. https://www.youtube.com/watch?v=IEM61_ZDRyA#t=117
  54. 54. VR Georg Klein and David Murray. 2007. Parallel Tracking and Mapping for Small AR Workspaces. InProceedings of the 2007 6th IEEE and ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR '07). IEEE Computer Society, Washington, DC, USA, 1-10. DOI=10.1109/ISMAR.2007.4538852 http://dx.doi.org/10.1109/ISMAR.2007.4538852 https://www.youtube.com/watch?v=Y9HMn6bd
  55. 55. DR Herling, J.; Broll, Wolfgang, "Advanced self-contained object removal for realizing real-time Diminished Reality in unconstrained environments," Mixed and Augmented Reality (ISMAR), 2010 9th IEEE International Symposium on , vol., no., pp.207,212, 13-16 Oct. 2010 https://www.youtube.com/watch?v=FgTq-AgYlTE
  56. 56. 3Dプリント 3D Printed Interactive Speakers April 26, 2014 ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI) 2014 http://www.disneyresearch.com/project/printed-speak
  57. 57. Sylvain Malacria, Joey Scarr, Andy Cockburn, Carl Gutwin & Tovi Grossman. (2013). Skillometers: Reflective Widgets that Motivate and Help Users to Improve Performance UIST 2013 Conference Proceedings: ACM Symposium on User Interface Software & Technology. http://www.autodeskresearch.com/publications/skillometers
  58. 58. Gilles Bailly, Antti Oulasvirta, Timo Kötzing, and Sabrina Hoppe. 2013. MenuOptimizer: interactive optimization of menu systems. In Proceedings of the 26th annual ACM symposium on User interface software and technology (UIST '13). ACM, New York, NY, USA, 331-342. https://www.youtube.com/watch?v=OeLpOerrJ4M
  59. 59. Max Pfeiffer, Tim Dünte, Stefan Schneegass, Florian Alt, and Michael Rohs. 2015. Cruise Control for Pedestrians: Controlling Walking Direction using Electrical Muscle Stimulation. In Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference on Human Factors in Computing Systems(CHI '15). ACM, New York, NY, USA, 2505-2514. DOI=10.1145/2702123.2702190 http://doi.acm.org/10.1145/2702123.2702190 https://www.youtube.com/watch?v=JSfnm_HoUv4
  60. 60. A. Torralba and W. T. Freeman. Accidental pinhole and pinspeck cameras: revealing the scene outside the picture. Proceedings of 25th IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR 2012). http://people.csail.mit.edu/torralba/research/accidentalcameras/
  61. 61. クラウドソーシング Daniela Retelny, Sébastien Robaszkiewicz, Alexandra To, Walter S. Lasecki, Jay Patel, Negar Rahmati, Tulsee Doshi, Melissa Valentine, and Michael S. Bernstein. 2014. Expert crowdsourcing with flash teams. In Proceedings of the 27th annual ACM symposium on User interface software and technology (UIST '14). ACM, New York, NY, USA, 75-85.
  62. 62. KLMモデル 操作を… K キーを押す時間 P マウスのポインティング B ボタンを押す時間 H 手の移動時間 M 知覚にかかる時間 W(t) システムの応答時間 に分けることで作業時間を見積もる
  63. 63. KLMモデル ゴミ箱に捨てるまで… M(把握する) P(ファイルに移動) B(ボタンを押す) P(ゴミ箱に移動) B(ボタンを放す) T=MPBPB
  64. 64. ヒックの法則 T = a+blog2(n+1) n個から1個選ぶのにかかる時間

×