Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
認知症アクションガイドブックから
「つながるアクション」の作り方
黒川容輔:臨床福祉専門学校
岡田誠:認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
角野孝一:認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
- PART-3 -
アクションガイドブック作成後の活動と今後
1. 本人の声を中心におくワークショップの実施(DFJS, 川崎市)
2. 川崎市キャラバンメイト年次総会でのアンケート結果
3. 本人にとっての価値の4象限:2017年度厚労省老健事業
4. タイプの...
1. 本人の声を中心におくワークショップの実施
 フィッシュボールとは
 サークル型に座席を配置し、中央の3-5人が、周囲を気にせず自由に対話
をするワークショップの手法の一つ
 2018年9月に川崎市で2回実施
 認知症フレンドリージ...
2. 川崎市キャラバンメイト年次総会でのアンケート結果
 参加者の声
 当事者目線の重要性を改めて
認識しました。
 視野が広がり、心あらたに。
 お二人とも認知症を受け入れる
だけでなく、知ってもらおうと活
動されていて尊敬します。
...
3. 本人にとっての価値の4象限
領域Aの広がりによって、他の領域にも質的な変化が生まれる
領域 B 領域 A
領域 C 領域 D
社会への貢献
社会からの支援
認知症で
あるなしに
関わらず
認知症で
あるからこそ
本人
領
域
社会との関係...
4. 活動のタイプが異なる3つの市の比較 (I)
それぞれの市の段階に応じて、活動の中身は異なっている
町田市 横須賀市 川崎市
領域Aの進展
◎世界的にみてもユニークな動
きが進展(本人会議/女子会/
DAYS BLG!/企業連携)
○本人の...
4. 活動のタイプが異なる3つの市の比較 (II)
特長と目標は市によって異なるため、それぞれの観点で指標化する
http://www.glocom.ac.jp/project/dementia/320平成27年度老健事業
基準
評価・アンカー...
5. 今後について
領域Aのために、知恵を寄せる活動をさらに進めていきたい
 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)として
 「認知症アクションガイドブックプロジェクト」 は「旅のことばプロジェク
ト」 「図書館プロジェクト」...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

認知症ケア学会:認知症アクションガイドブックに関する発表資料 (part.3部分)

865 Aufrufe

Veröffentlicht am

第20回 日本認知症ケア学会 大会 @ 国立京都国際会館
自主企画 1:09:00-10:20
【自主企画タイトル】
『認知症アクションガイドブックから「つながるアクション」の作り方』
【発表メンバー】
黒川 容輔(臨床福祉専門学校言語聴覚療法学科)
岡田 誠(認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ)
角野 孝一(認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ)
【本データ】
PART:3 「アクションガイドブック作成後の活動と今後」部分

Veröffentlicht in: Gesundheitswesen
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

認知症ケア学会:認知症アクションガイドブックに関する発表資料 (part.3部分)

  1. 1. 認知症アクションガイドブックから 「つながるアクション」の作り方 黒川容輔:臨床福祉専門学校 岡田誠:認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ 角野孝一:認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ - PART-3 -
  2. 2. アクションガイドブック作成後の活動と今後 1. 本人の声を中心におくワークショップの実施(DFJS, 川崎市) 2. 川崎市キャラバンメイト年次総会でのアンケート結果 3. 本人にとっての価値の4象限:2017年度厚労省老健事業 4. タイプの異なる3つの市の比較:町田市・横須賀市・川崎市 5. 今後について PART 3のアウトライン
  3. 3. 1. 本人の声を中心におくワークショップの実施  フィッシュボールとは  サークル型に座席を配置し、中央の3-5人が、周囲を気にせず自由に対話 をするワークショップの手法の一つ  2018年9月に川崎市で2回実施  認知症フレンドリージャパン・サミット 2018 (DFJS 2018)  町田市・多摩市・新宿区から3名の方に90分間お話いただく  川崎市認知症キャラバン・メイト連絡協議会 平成30年度総会  基調講演「認知症当事者の方々の思いと取組み」で90分、町田市・多摩市の 方に途中休憩をはさんで90分間お話いただく フィッシュボール形式で、本人の声を丁寧に聞いてみる http://www.dementia-friendly-japan.jp/認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)
  4. 4. 2. 川崎市キャラバンメイト年次総会でのアンケート結果  参加者の声  当事者目線の重要性を改めて 認識しました。  視野が広がり、心あらたに。  お二人とも認知症を受け入れる だけでなく、知ってもらおうと活 動されていて尊敬します。  当事者の方から直接話を伺うこ とができ、私自身が認知症の方 に偏見を持っていたと感じた。  前向きな言葉の力…伝えていき たい。  多くのキャラバンメイトの方や認 知症サポーターの方々にも聞 いて欲しい内容でした。 伝える人にも、十分に本人の声は届いていないかもしれない 川崎市認知症キャラバンメイト総会 基調講演アンケート集計結果 https://www.facebook.com/notes/975887629265369/
  5. 5. 3. 本人にとっての価値の4象限 領域Aの広がりによって、他の領域にも質的な変化が生まれる 領域 B 領域 A 領域 C 領域 D 社会への貢献 社会からの支援 認知症で あるなしに 関わらず 認知症で あるからこそ 本人 領 域 社会との関係 認知症の有無 領域としてのアクション のイメージ 社会との関わり の 傾向 構成比のイメージと 相互の関係 A 社会への貢献 認知症で あるからこそ Dementia Activistとしての 講演・執筆・提案・研究活動を 介した社会への能動的な働きかけ 社会への参画 社会への参加 B 社会への貢献 認知症であるなしに かかわらず 洗車、農業、木工作業所での作 業・運営企画・営業活動など、仕事 を介した社会参画・社会参加 C 社会からの支援 認知症であるなしに かかわらず コーラス・卓球・旅行などの活動を 介した社会との関わり D 社会からの支援 認知症で あるからこそ フォーマル・インフォーマル サービスの利用による 社会からの支援 1 10 100 Roll- down Roll- up 可 能 性 の 共 有 動 機 の 変 化 http://www.glocom.ac.jp/news/3468平成29年度老健事業
  6. 6. 4. 活動のタイプが異なる3つの市の比較 (I) それぞれの市の段階に応じて、活動の中身は異なっている 町田市 横須賀市 川崎市 領域Aの進展 ◎世界的にみてもユニークな動 きが進展(本人会議/女子会/ DAYS BLG!/企業連携) ○本人の声を活動に生かし始 めている (認知症フレンドリー 三浦半島ベースキャンプ) △本人の声から出発する活動の 萌芽が生まれている(仲間の 会) 面としての広がり ◎市内の点を市内の面に変える 試み(町田Dサミット) ○近隣地域へはそれぞれが点で 応援 ○市内の点が集まり始めてい る(RUN伴ほか) ◎横須賀に閉じずに近隣全体 を意識 ○市民側の点としてのユニーク な活動は豊富 ○点を面に変える試みの萌芽が 行政側に生まれている 市民と行政の関わり ◎市民と行政が協調。 ◎行政は積極的に市民の活動を 支援している ○点を中心とする草の根的広 がり △行政はまだフォローにみえ る ○市民と行政のそれぞれが活動 ◎行政としてユニークな活動 (認知症アクションガイドブッ ク/ブランドムービー) 町田Dカフェ 認知症フレンドリー 三浦半島 ベースキャンプ Colors 麻生区ガイドマップ
  7. 7. 4. 活動のタイプが異なる3つの市の比較 (II) 特長と目標は市によって異なるため、それぞれの観点で指標化する http://www.glocom.ac.jp/project/dementia/320平成27年度老健事業 基準 評価・アンカーポイント 1 2 3 4 5 ○○○○○○ 1 ○○○○○ - ○○○○ - ○○○○ - ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ 2 ○○○○○ - ○○○○ - ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○ ○○○○○○○○ ○○○○○○○○ ○○○○ 3 4 ○○○○○○ 1 ○○○○○ - ○○○○ - ○○○○ ○○○○○○ 「まちの人の参加度」等、認知症にやさしいという ことに関する取り組みをカテゴライズしていく 「当事者の声をきいているか」等、様々な 項目があるはず 「自治会」「商店街」「学校」等のサブ カテゴリーを記述していく 具体的なアクションのレベルを記 述していく まちによって特色は違う。そのま ちの特色を高めるための設計を 支援するツール
  8. 8. 5. 今後について 領域Aのために、知恵を寄せる活動をさらに進めていきたい  認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)として  「認知症アクションガイドブックプロジェクト」 は「旅のことばプロジェク ト」 「図書館プロジェクト」 「交通プロジェクト」と同様、領域Aに向けた仕 掛け。今後も、新たなチャレンジを生み出すこれまでにないプロジェクトを。  「認知症フレンドリージャパン・サミット」(DFJS)はそのための知恵を寄せる インキュベーター(保育器)。知恵を寄せる仕掛けはもっと必要。 DFJS 2019 京都橘大にて 8月30日~9月1日 Making an Impact Together (日本語版)

×