Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
武蔵国分寺公園クリニック 名郷直樹
自己紹介
 1986年 自治医大卒
 同年 名古屋第二赤十字病院研修医
 1988年 作手村国保診療所
 1992年 自治医大地域医療学
 1995年 作手村国保診療所
 2003年 社)地域医療振興協会
東京北社会保険病院臨床研修...
現象とコトバ
これは何ですか?
 まずは個人で
 隣同士話し合ってください
 これを漢字を知らない人が見たら?
 色を表しているとヒントを告げたら?
赤
養老孟司のパクリですけど
コトバの威力と弱点
 コトバを優先するもの
 「あか」と言う
 現象を優先するもの
 「くろ」と言う
 どちらが広い共通概念か?
 「あか」は漢字を知っている人にしかわからない
がん
 コトバとしての「がん」
 現象としての「がん」
 2つの違いについて
 個人個人で
 隣同士で
高血圧
 コトバとしての「高血圧」
 現象としての「高血圧」
 2つの違いについて
 個人個人で
 隣同士で
コレステロール
 コトバとしての「コレステロール」
 現象としての「コレステロール」
 2つの違いについて
 個人個人で
 隣同士で
コトバと現象のギャップ
 構造主義医療のメインテーマ
 コトバと現象のギャップを明らかにする
構造主義医療の枠組み
実体 現象 コトバ
私
GAP GAP
存在か、認識か
 がんは「存在」なのか、「認識」なのか
 高血圧は?
 コレステロールは?
境界はどこか?
 がんとがんでないものの境界
 高血圧と正常血圧の境界
 高コレステロールと正常コレステロールの境界
境界が明瞭だとすれば
脳卒中を起こさない人の血圧分布
脳卒中を起こす人の血圧分布
高血圧は存在する
境界が不明瞭だとすると
脳卒中を起こさない人の血圧分布
脳卒中を起こす人の血圧分布
高血圧は存在しない
高血圧は存在しない
 高血圧は認識できるのみ
 判断する側の問題である
 判断する側、つまりそれぞれの「私」の問題
がんではどうか?
 個人個人で
 隣同士で
境界が明瞭だとすれば
病理医ががんでないと診断
病理医ががんと診断
がんは存在する
時間の経過で見ると
 経過はいろいろ
 同じステージでも
「高血圧」も「がん」も存在しない
 認識があるだけ
 時間軸を考慮しなければ意見の一致をみるが
 時間がたつとざまざまな異質なものの集まりだとわかる
 病気は存在しない
 病気の認識があるだけ
 時間経過で見るといろいろ
 とても...
構造主義医療の枠組み
実体 現象 コトバ
私
GAP GAP
構造主義科学論では
 時を含まない名によって指示される同一性は実在しない
 時を含まない名によって指示される同一性は「コトバ」である
 プレパラートで診断された「がん」は実在せず、概念だけがある
 時間を含む現象としての「がん」とは何か...
時間と同一性
がんの診断と時間
 がんは一時点の情報で診断される
 時間を含まない診断
 個別の違いを無視して同一性を担保する
 その後がんは時間とともに変化する
 時間を含む診断の必要性
 個別の時間の中で観察する
「世情」 by 中島みゆき
 世の中はいつも変っているから、頑固者だけが悲しい思いをする
 変わらないものを何かにたとえて、そのたび崩れちゃ、そいつのせい
にする
 シュプレヒコールの波、通り過ぎていく、変わらない夢を流れに求め
て
 ...
構造主義医療と世情
 世の中は変なる現象なので、不変を求めるものは悲しい思いをする
 不変の同一性を概念化して、うまくいかないと、概念が間違っている
と言い出す
 コトバの波が通り過ぎていく、不変の夢を、変なる現象の中に求めて
 時間を...
もう少し説明しよう
 医学に限らず科学は、変なる現象を、不変の同一性で記述しようとす
るが、そこには限界がある
 不変の同一性の概念化の限界にぶつかって、それは概念化が間違って
いたせいだという。
 コトバの波は圧倒的で、現象より概念が実...
「世情」とがんの定義
 がんはいつも変っているから、最初のがんの診断にこだわると悲しい
思いをする
 がんと診断したのに、進行もせず、死にも至らないと、がんの診断が
間違っていたのだという
 世の中にがんは死ぬという情報があふれているが、...
時間を含む現象としてのがん
がんの過剰診断
 過剰診断が生じる背景
 がんの定義が時間を含まない同一性を優先する
 変なる現象としてのがんを見失っている
ブラックジャックに学ぶ過剰医療
乳がん検診で
 早期がんが増えるだけ
神経芽細胞種で
 たくさん見つかったが死亡率は変わらない
Cancer Causes and
Control, 1998, 9, pp. 631
発見数
死亡
時間を含まない同一性の限界
 病名は時間を含まない同一性で、対応する実体なしに議論ができる
 しかし、実体から離れて議論しているということは肝に銘じるべき
 現実は
 時間を含まず、予後を示していないにもかかわらず
 概念だけが独り歩...
自然言語と学術用語
構造主義医療に基づく新しい疾患定義
 時間を含まない定義と含む定義
 学術用語と自然言語
 これらを上手に使い分けて患者に説明する
健診で見つかった早期乳がんの説明
 時間を含む、変なる現象としての乳がんを定義しよう
 個人個人で
 隣同士で
 実際に患者に説明するとどうなるだろう
こんな感じ?
 検診後の精密検査で乳がんと診断されました
 放置したとしてもこのがんが10年後20年後のあなたの生死を決めてい
ない可能性も高いと思われます
 乳がんの大部分は進行が遅く、早期がんから進行がんになるまでに数
十年を要する場...
薬剤師向けの本ですが
 構造主義医療
 初の専門書
 池田清彦先生推薦
筑摩選書
 一般書ではこれ
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

構造主義医療の挑戦2017

1.701 Aufrufe

Veröffentlicht am

今年も「構造主義医療の挑戦」やりました。

Veröffentlicht in: Gesundheit & Medizin
  • Als Erste(r) kommentieren

構造主義医療の挑戦2017

  1. 1. 武蔵国分寺公園クリニック 名郷直樹
  2. 2. 自己紹介  1986年 自治医大卒  同年 名古屋第二赤十字病院研修医  1988年 作手村国保診療所  1992年 自治医大地域医療学  1995年 作手村国保診療所  2003年 社)地域医療振興協会 東京北社会保険病院臨床研修センター  2011年 武蔵国分寺公園クリニック  専門領域 構造主義医療
  3. 3. 現象とコトバ
  4. 4. これは何ですか?  まずは個人で  隣同士話し合ってください  これを漢字を知らない人が見たら?  色を表しているとヒントを告げたら? 赤 養老孟司のパクリですけど
  5. 5. コトバの威力と弱点  コトバを優先するもの  「あか」と言う  現象を優先するもの  「くろ」と言う  どちらが広い共通概念か?  「あか」は漢字を知っている人にしかわからない
  6. 6. がん  コトバとしての「がん」  現象としての「がん」  2つの違いについて  個人個人で  隣同士で
  7. 7. 高血圧  コトバとしての「高血圧」  現象としての「高血圧」  2つの違いについて  個人個人で  隣同士で
  8. 8. コレステロール  コトバとしての「コレステロール」  現象としての「コレステロール」  2つの違いについて  個人個人で  隣同士で
  9. 9. コトバと現象のギャップ  構造主義医療のメインテーマ  コトバと現象のギャップを明らかにする
  10. 10. 構造主義医療の枠組み 実体 現象 コトバ 私 GAP GAP
  11. 11. 存在か、認識か  がんは「存在」なのか、「認識」なのか  高血圧は?  コレステロールは?
  12. 12. 境界はどこか?  がんとがんでないものの境界  高血圧と正常血圧の境界  高コレステロールと正常コレステロールの境界
  13. 13. 境界が明瞭だとすれば 脳卒中を起こさない人の血圧分布 脳卒中を起こす人の血圧分布 高血圧は存在する
  14. 14. 境界が不明瞭だとすると 脳卒中を起こさない人の血圧分布 脳卒中を起こす人の血圧分布 高血圧は存在しない
  15. 15. 高血圧は存在しない  高血圧は認識できるのみ  判断する側の問題である  判断する側、つまりそれぞれの「私」の問題
  16. 16. がんではどうか?  個人個人で  隣同士で
  17. 17. 境界が明瞭だとすれば 病理医ががんでないと診断 病理医ががんと診断 がんは存在する
  18. 18. 時間の経過で見ると  経過はいろいろ  同じステージでも
  19. 19. 「高血圧」も「がん」も存在しない  認識があるだけ  時間軸を考慮しなければ意見の一致をみるが  時間がたつとざまざまな異質なものの集まりだとわかる  病気は存在しない  病気の認識があるだけ  時間経過で見るといろいろ  とても一つの病名では表しきれない
  20. 20. 構造主義医療の枠組み 実体 現象 コトバ 私 GAP GAP
  21. 21. 構造主義科学論では  時を含まない名によって指示される同一性は実在しない  時を含まない名によって指示される同一性は「コトバ」である  プレパラートで診断された「がん」は実在せず、概念だけがある  時間を含む現象としての「がん」とは何か  時間を含む現象としての「がん」の再定義
  22. 22. 時間と同一性
  23. 23. がんの診断と時間  がんは一時点の情報で診断される  時間を含まない診断  個別の違いを無視して同一性を担保する  その後がんは時間とともに変化する  時間を含む診断の必要性  個別の時間の中で観察する
  24. 24. 「世情」 by 中島みゆき  世の中はいつも変っているから、頑固者だけが悲しい思いをする  変わらないものを何かにたとえて、そのたび崩れちゃ、そいつのせい にする  シュプレヒコールの波、通り過ぎていく、変わらない夢を流れに求め て  時の流れを止めて、変わらない夢を見たがる者たちと戦うため
  25. 25. 構造主義医療と世情  世の中は変なる現象なので、不変を求めるものは悲しい思いをする  不変の同一性を概念化して、うまくいかないと、概念が間違っている と言い出す  コトバの波が通り過ぎていく、不変の夢を、変なる現象の中に求めて  時間を抜いた同一性を概念化して、実体に迫ったというような人と戦 うため
  26. 26. もう少し説明しよう  医学に限らず科学は、変なる現象を、不変の同一性で記述しようとす るが、そこには限界がある  不変の同一性の概念化の限界にぶつかって、それは概念化が間違って いたせいだという。  コトバの波は圧倒的で、現象より概念が実体だと思ってしまう  不変の同一性も、変なる現象の中に見出すしかない  変なる現象を見ずに不変の同一性ばかりを見る者との戦いこそが、医 学の営みである
  27. 27. 「世情」とがんの定義  がんはいつも変っているから、最初のがんの診断にこだわると悲しい 思いをする  がんと診断したのに、進行もせず、死にも至らないと、がんの診断が 間違っていたのだという  世の中にがんは死ぬという情報があふれているが、がんの定義は時間 の流れにこそ求めなくてはいけない  時の流れを止めて、不変のがんの診断をしたがる者たちと戦うため
  28. 28. 時間を含む現象としてのがん
  29. 29. がんの過剰診断  過剰診断が生じる背景  がんの定義が時間を含まない同一性を優先する  変なる現象としてのがんを見失っている
  30. 30. ブラックジャックに学ぶ過剰医療
  31. 31. 乳がん検診で  早期がんが増えるだけ
  32. 32. 神経芽細胞種で  たくさん見つかったが死亡率は変わらない Cancer Causes and Control, 1998, 9, pp. 631 発見数 死亡
  33. 33. 時間を含まない同一性の限界  病名は時間を含まない同一性で、対応する実体なしに議論ができる  しかし、実体から離れて議論しているということは肝に銘じるべき  現実は  時間を含まず、予後を示していないにもかかわらず  概念だけが独り歩きして  あたかも時間も含む同一性を表すかのように伝わっていく  すべてのがんが時間とともに進行して死に至らしめるかのように
  34. 34. 自然言語と学術用語
  35. 35. 構造主義医療に基づく新しい疾患定義  時間を含まない定義と含む定義  学術用語と自然言語  これらを上手に使い分けて患者に説明する
  36. 36. 健診で見つかった早期乳がんの説明  時間を含む、変なる現象としての乳がんを定義しよう  個人個人で  隣同士で  実際に患者に説明するとどうなるだろう
  37. 37. こんな感じ?  検診後の精密検査で乳がんと診断されました  放置したとしてもこのがんが10年後20年後のあなたの生死を決めてい ない可能性も高いと思われます  乳がんの大部分は進行が遅く、早期がんから進行がんになるまでに数 十年を要する場合が多いからです  もちろんがんが進行して5年後にはなくなっている可能性もあります  乳がんには効果が確かめられている多くの治療があり、その進行をあ る程度食い止めることができます  考える時間は十分にありますから、あわてず相談しながら決めていき ましょう
  38. 38. 薬剤師向けの本ですが  構造主義医療  初の専門書  池田清彦先生推薦
  39. 39. 筑摩選書  一般書ではこれ

×