Anzeige
Anzeige

Más contenido relacionado

Anzeige

LibreOfficeのXMLインポート機能で OSMの更新状況を集計してみる。

  1. LibreOfficeのXMLインポート機能で OSMの更新状況を集計してみる。
  2. OpenStreetMapから任意の範囲のデータをダウンロードします。
  3. データ>XMLソース
  4. ダウンロードしたmapデータを選択して開きます。
  5. XML内のデータ構造がツリーとして表示されます。
  6. nodeを選択>インポート先セルの選択ボタンをクリック 1 2
  7. A1あたりを選択して挿入先を決定します
  8. インポートボタンをクリック
  9. データがインポートされました。 行 1 行 2 行 3 行 4 0 2 4 6 8 10 12 列 1 列 2 列 3
  10. 次にピボットテーブルで集計してみます。 月単位で集計するため、年月のみを抽出した列を作成します。 ● =MID(E2,1,4)&MID(E2,6,2) ● =MID(E2,1,4)
  11. そのままOK
  12. 右側の項目一覧から所定の項目をドラッグして配置します。
  13. 年月ごとの集計が行われました。
  14. 次にグラフ化してみます。 ピボットテーブル内にカーソルをおいた状態で挿入>グラフ
  15. いい感じにグラフ化できました。
  16. ピボットテーブルの設定次第でユーザー毎の更新数を集計することも出来ま す。
  17. ユーザーさんが沢山いるのでグラフとしては破綻気味になります。
  18. エンジョイ!
Anzeige