Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
はじめてのアジャイルのその後
ーシン・サービス立ち上げ、スクラムぽくなってきたー
Apr/13/2017 at Agile Japan 2017
Reina Otsuka
New Service Development Supervisory ...
2
自己紹介
3
大塚 怜奈
Otsuka Reina
 楽天株式会社
 2010年に新卒で入社
 Webアプリケーションエンジニア
 チームコンダクター
 プロダクトオーナーはじめました
Background
2010. Arp.
2016. May.
Rakuten入社
- 0からのソフトウェア開発
2013. Mar. キレイドナビリリース
- はじめての0から立ち上げ
2015. May. エンジニアリーダー
- 9人チー...
Background
2010. Arp.
2016. May.
Rakuten入社
- 0からのソフトウェア開発
2013. Mar. キレイドナビリリース
- はじめての0から立ち上げ
2015. May. エンジニアリーダー
- 9人チー...
Background
2010. Arp.
2016. May.
Rakuten入社
- 0からのソフトウェア開発
2013. Mar. キレイドナビリリース
- はじめての0から立ち上げ
2015. May. エンジニアリーダー
- 9人チー...
Wellness And Healthcare Team
7
男性
女性
20代
30代
40代新卒
中途
未婚
既婚
Partner
Proper
前衛的 保守的
Engineer
Product Owner
Project Leader
卒...
8
Wellness And Healthcare Team
• アジャイルの手法を使って、
ちょっとだけチームが改善された
強いチームをつくる
Story of Wellness And Healthcare Team
9
https://www.slideshare.net/leinaotsuka/agile-in-2016
• アジャイル何それ?のチーム
• 改善
• Mornin...
Today’s story
2010. Arp.
2016. May.
Rakuten入社
- 0からのソフトウェア開発
2013. Mar. キレイドナビリリース
- はじめての0から立ち上げ
2015. May. エンジニアリーダー
- 9...
11
4月5日
Ragri(ラグリ)
オープン
Today’s Story
12
迫る現実
手探り
ベンダー開発
新しいチーム
新しいビジネス
0からの立ち上げ
リモートでのコミュニケーション
リリース直前のどんでん返し
Face to face の大切さ
開発プロセス大改造
ベンダーとsp...
Today’s Story
13
今日のお話
Today’s Story
14
ウォーターフォールからスクラムへ
しなやかなチームをつくる
Attention
15
• アジャイル, アジャイルな話ではあ
りません
• 特効薬の話ではありません
• アジャイルの手法を使って、改善
された一例です
Team
16
Business Owner
Farmers
Business Unit
Development Unit
UX & Design Unit
ME
Ragri Story
17
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
18
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
19
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
20
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
21
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
22
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
23
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
24
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
25
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える
2016. Oct.
Ragri 社内リリース
...
Ragri Story
26
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep.
2016. Oct.
QA & Security Audit
Ragri 社...
Team
27
Business Owner
Farmers
Business Unit
Development Unit
UX & Design Unit
ME
Ragri Story
28
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep.
2016. Oct.
QA & Security Audit
Ragri 社...
Ragri Story
29
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep.
2016. Oct.
QA & Security Audit
Ragri 社...
Ragri Story
30
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep.
2016. Oct.
QA & Security Audit
Ragri 社...
Ragri Story
31
2016. May.
2016. Nov.
Project Start
2016. July. 仕様策定&設計開始
2016. Sep.
2016. Oct.
QA & Security Audit
Ragri 社...
32
Retrospective
33
• 参加者
• Business Owner
• Business Unit
• UX & Design Unit
• Development Unit
• 目的
• Project Startからいままでの
...
Retrospective
34
• Business Owner /
Business Unit / UX &
Design Unit /
Development Unit それ
ぞれの視点で振り返り
Business Owner’s wants
35
• ほしかった機能がない
• 実物を触ってみないと
わからない
• もっと開発スピードを
あげたい
36
どうする?
Agile Coach
37
38
スクラムを
導入してみては?
Word of Agile Coach
Business Owner’s wants
39
• ほしかった機能がない
• 実物を触ってみないと
わからない
• もっと開発スピードを
あげたい
• 次月に開発するものの
優先度を一緒に決める
• Demo日を決めて、一
緒に確認する
•...
Team
40
Business Owner
Farmers
Business Unit
Development Unit
UX & Design Unit
ME
41
どうやって実現する?
3 Steps for changing
42
1. Business Unit / UX & Design Unit /
Development Unit でアジャイル講習
2. 開発チームみんなでスクラムワーク
ショップ
3. プロセス大改...
3 Steps for changing
43
1. Business Unit / UX & Design Unit /
Development Unit でアジャイル講習
2. 開発チームみんなでスクラムワーク
ショップ
3. プロセス大改...
Step 1 : Small Lecture of Agile
44
https://www.slideshare.net/kawaguti/jikkan-kudo
• 参加者
• Business Owner
• Business Unit
...
Step 1 : Small Lecture of Agile
45
https://www.slideshare.net/kawaguti/jikkan-kudo
Step 1 : Small Lecture of Agile
46
https://www.slideshare.net/kawaguti/jikkan-kudo
https://speakerdeck.com/kawaguti/jikkan...
47
Business Owner
Business Unit
Development Unit
UX & Design Unit
ME
開発の進め方が、実感を
もって理解できた!
この進め方を試したい!
開発について、
ちょっと理解
できた
...
3 Steps for changing
48
1. Business Unit / UX & Design Unit /
Development Unit でアジャイル講習
2. 開発チームみんなでスクラムワーク
ショップ
3. プロセス大改...
49
Development Unit
ME
Step 2 : Scrum workshop with members
• 参加者
• Project Leader
• Product Owner
• Developer
• Tester
• ...
Step 2 : Scrum workshop with members
50
Planning
Sprint
Retrospective
のスクラムを実感
• ストーリーポイント
での見積もり
• ROIに基づいた優先
順位決め
• DONE...
51
Step 2 : Scrum workshop with members
• チームで進めることを実感できた
• 実績に基づいての見積もり方法が
わかった
• 優先順位の高いものからタスクを
行っていくことの重要性を理解で
きた
• Re...
3 Steps for changing
52
1. Business Unit / UX & Design Unit /
Development Unit でアジャイル講習
2. 開発チームみんなでスクラムワーク
ショップ
3. プロセス大改...
Step 3 : Changing planning way
53
• プロダクトバックロ
グとして、要件を
カードに書く
• カードに書ける大き
さの要件に砕く
• 定常作業もカードに
書き出す
チケット番号
チケット内容
54
Step 3 : Changing planning way
• リアルを使って、要
件をビジネスオー
ナーと合意する
Step 3 : Changing planning way
55
• ストーリーポイント
で見積もる
Step 3 : Changing planning way
56
• 1ヶ月に開発チームが消化
できそうなストーリーポイ
ントを決める
• ビジネスオーナーと一緒に、
優先順位を決める
• 2ヶ月分のタスクの優先順
位を決めておく
• リリー...
Step 3 : Changing planning way
57
• ボードに並べて、
Sprintの準備OK
58
れっつ、すたーと
Sprint
2017 February
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 1 2
5...
Sprint way
60
1. Morning Stand Up MTG
2. Kanban
3. DEMO
4. KPT
Sprint way
61
1. Morning Stand Up MTG
2. Kanban
3. DEMO
4. KPT
Morning Stand Up MTG
62
それぞれの
• 昨日やったこと
• 今日やること
• 困っていること
Morning Stand Up MTG
63
それぞれの
• 昨日やったこと
• 今日やること
• 困っていること
毎日進捗確認
ゴールの設定
リスクの共有
Morning Stand Up MTG
64
• タスクを共有することでチーム
全体の進捗をメンバーが意識す
るようになった
• リスクのキャッチアップがはや
くなった
Sprint way
65
1. Morning Stand Up MTG
2. Kanban
3. DEMO
4. KPT
Kanban
66
67
Kanban
67
Backlog
Kanban
68
Backlog
Sprint 10days
Kanban
69
Backlog
Sprint 10days
Doi
ng
Kanban
70
Backlog
Sprint 10days
Doi
ng
DO
NE
Kanban
71
Backlog
Sprint 10days
Doi
ng
DO
NE
Today
タスクがカードが
残っていたら計画から遅延
Kanban
72
• タスクを見える化することで
チーム全員でタスクの消化に取
り組む雰囲気ができた
• チーム外メンバーにも実施内容
が見えるようになった
• タスクの入れ替えが柔軟になっ
た
Sprint way
73
1. Morning Stand Up MTG
2. Kanban
3. DEMO
4. KPT
DEMO
74
• 画面遷移を見える化
• Wireframeを実機で確認
• 実際に動きを
見ながら確認
DEMO
75
• 仕様に関する認識違いが減った
• 仕様の合意を取りやすくなった
• プロダクトの全体や遷移を把握
しやすくなった
Sprint way
76
1. Morning Stand Up MTG
2. Kanban
3. DEMO
4. KPT
KPT
77
• KPT
振り返りの為のフレームワーク。
Keepでは、「良かった事」を
Problemでは、「改善点」をそ
れをもとに、
Tryでは、Problemに対する「改
善案」をあげいく
KPT
78
Keep Problem
4つのTryを策定
KPT
79
February March
Total
1st 2nd 1st 2nd
Keep - 23 23
Problem - 34 34
Try - 4 4
Look back February
80
• 開発チームの進捗が見える化された
• チーム全体で進めている感がでてき
た
• 柔軟にタスクの入れ替えができるよ
うになった
• 認識違いが減った
Storypoints
81
0
30
60
90
February March
Storypoint Planned
2017 March
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 28 30...
Sprint way
83
1. Morning Stand Up MTG
2. Kanban
3. DEMO
4. KPT
Morning Stand Up MTG
84
それぞれの
• 昨日やったこと
• 今日やること
• 困っていること
毎日進捗確認
ゴールの設定
リスクの共有
Kanban
85
Backlog
Sprint 10days
Doi
ng
DO
NE
Today
タスクがカードが
残っていたら計画から遅延
Next Sprint
DEMO
86
KPT
87
February March
Total
1st 2nd 1st 2nd
Keep - 23 25 24 72
Problem - 34 24 27 85
Try - 4 4 3 11
11歩前進できた!
Look back March
88
• チーム全体で進めている感が
でてきた
• 認識違いが減った
• 柔軟にタスクの入れ替えがで
きるようになった
• 突発に対応できるようになっ
た
• システム改善の時間が確保で
きるようになった
Storypoints
89
0
30
60
90
February March
Storypoint Planned
Look back
90
 Ragriチームの一体感がでてきた
 認識のずれが減ってきた
 柔軟にタスクの対応ができるように
なった
 対応できるストーリー
ポイントが増えた
 月2回の計画リリースが
できた
91
2ヶ月で
改善された!!
Today’s Story
92
ウォーターフォールからスクラムへ
しなやかなチームに
Today’s Story
93
これから
94
よりよいサービスを
創るために
さらなる改善を
Today’s Story
95
お知らせ
96
https://corp.rakuten.co.jp/careers/engineering/
WE'RE HIRING
Ragri(ラグリ)を一緒に
創っていってくれる方を
募集しております!
ぜひ、ご連絡ください。
97
ご清聴、ありがとうございました!
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

はじめてのアジャイルのその後 ーシン・サービス立ち上げ、スクラムぽくなってきたー

602 Aufrufe

Veröffentlicht am

2017/04/13 Agile Japan 2017 講演資料

Veröffentlicht in: Leadership & Management
  • DOWNLOAD THAT BOOKS/FILE INTO AVAILABLE FORMAT - (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Manga, Memoir, Music, Science, Science Fiction, Self Help, History, Horror, Humor And Comedy, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance,
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ,Download or read Ebooks here ... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • (Unlimited)....ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ................ accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • -- DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT -- ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... (Unlimited)
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • -- DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT -- ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... (Unlimited)
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

はじめてのアジャイルのその後 ーシン・サービス立ち上げ、スクラムぽくなってきたー

  1. 1. はじめてのアジャイルのその後 ーシン・サービス立ち上げ、スクラムぽくなってきたー Apr/13/2017 at Agile Japan 2017 Reina Otsuka New Service Development Supervisory Department, Rakuten, Inc. https://agriculture.rakuten.co.jp/
  2. 2. 2 自己紹介
  3. 3. 3 大塚 怜奈 Otsuka Reina  楽天株式会社  2010年に新卒で入社  Webアプリケーションエンジニア  チームコンダクター  プロダクトオーナーはじめました
  4. 4. Background 2010. Arp. 2016. May. Rakuten入社 - 0からのソフトウェア開発 2013. Mar. キレイドナビリリース - はじめての0から立ち上げ 2015. May. エンジニアリーダー - 9人チームのリーダーに 2016. Apr. RaCareリリース -リーダーとして立ち上げ 新サービスカンパニーに異動 -新たなチーム構築 2017. Mar. Ragri リリース -新たなチームでサービスの立ち上げ
  5. 5. Background 2010. Arp. 2016. May. Rakuten入社 - 0からのソフトウェア開発 2013. Mar. キレイドナビリリース - はじめての0から立ち上げ 2015. May. エンジニアリーダー - 9人チームのリーダーに 2016. Apr. RaCareリリース -リーダーとして立ち上げ 新サービスカンパニーに異動 -新たなチーム構築 2017. Mar. Ragri リリース -新たなチームでサービスの立ち上げ Wellness And Healthcare Team Ragri Team
  6. 6. Background 2010. Arp. 2016. May. Rakuten入社 - 0からのソフトウェア開発 2013. Mar. キレイドナビリリース - はじめての0から立ち上げ 2015. May. エンジニアリーダー - 9人チームのリーダーに 2016. Apr. RaCareリリース -リーダーとして立ち上げ 新サービスカンパニーに異動 -新たなチーム構築 2017. Mar. Ragri リリース -新たなチームでサービスの立ち上げ Wellness And Healthcare Team
  7. 7. Wellness And Healthcare Team 7 男性 女性 20代 30代 40代新卒 中途 未婚 既婚 Partner Proper 前衛的 保守的 Engineer Product Owner Project Leader 卒業 新加入
  8. 8. 8 Wellness And Healthcare Team • アジャイルの手法を使って、 ちょっとだけチームが改善された 強いチームをつくる
  9. 9. Story of Wellness And Healthcare Team 9 https://www.slideshare.net/leinaotsuka/agile-in-2016 • アジャイル何それ?のチーム • 改善 • Morning Stand Up MTG • Kanban • KPT • Scrumへの挑戦 • 改善を楽しめるチームへ
  10. 10. Today’s story 2010. Arp. 2016. May. Rakuten入社 - 0からのソフトウェア開発 2013. Mar. キレイドナビリリース - はじめての0から立ち上げ 2015. May. エンジニアリーダー - 9人チームのリーダーに 2016. Apr. RaCareリリース -リーダーとして立ち上げ 新サービスカンパニーに異動 -新たなチーム構築 2017. Mar. Ragri リリース -新たなチームでサービスの立ち上げ Ragri Team
  11. 11. 11 4月5日 Ragri(ラグリ) オープン
  12. 12. Today’s Story 12 迫る現実 手探り ベンダー開発 新しいチーム 新しいビジネス 0からの立ち上げ リモートでのコミュニケーション リリース直前のどんでん返し Face to face の大切さ 開発プロセス大改造 ベンダーとsprintをまわしていく
  13. 13. Today’s Story 13 今日のお話
  14. 14. Today’s Story 14 ウォーターフォールからスクラムへ しなやかなチームをつくる
  15. 15. Attention 15 • アジャイル, アジャイルな話ではあ りません • 特効薬の話ではありません • アジャイルの手法を使って、改善 された一例です
  16. 16. Team 16 Business Owner Farmers Business Unit Development Unit UX & Design Unit ME
  17. 17. Ragri Story 17 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 QA & Security Audit
  18. 18. Ragri Story 18 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 QA & Security Audit リーンに 開発したいな!
  19. 19. Ragri Story 19 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 QA & Security Audit 要件定義
  20. 20. Ragri Story 20 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 QA & Security Audit え、機能が盛り盛り
  21. 21. Ragri Story 21 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 QA & Security Audit 開発対象 機能一覧の合意
  22. 22. Ragri Story 22 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 人がいない! ベンダー策定 QA & Security Audit
  23. 23. Ragri Story 23 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 仕様書/WF/ デザインのレビュー QA & Security Audit
  24. 24. Ragri Story 24 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 開発スタート QA & Security Audit
  25. 25. Ragri Story 25 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 開発メンバーどんどん増える 2016. Oct. Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 あれ、 ウォーターフォー ルっぽい QA & Security Audit
  26. 26. Ragri Story 26 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 2016. Oct. QA & Security Audit Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 メンバーどんどん 増える 開発メンバーどんどん増える
  27. 27. Team 27 Business Owner Farmers Business Unit Development Unit UX & Design Unit ME
  28. 28. Ragri Story 28 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 2016. Oct. QA & Security Audit Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 内部テスト開始 開発メンバーどんどん増える
  29. 29. Ragri Story 29 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 2016. Oct. QA & Security Audit Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 リリースまで もう少し! 開発メンバーどんどん増える
  30. 30. Ragri Story 30 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 2016. Oct. QA & Security Audit Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 やっとこ 社内リリース 開発メンバーどんどん増える
  31. 31. Ragri Story 31 2016. May. 2016. Nov. Project Start 2016. July. 仕様策定&設計開始 2016. Sep. 2016. Oct. QA & Security Audit Ragri 社内リリース 2016. Dec. Ragri 社外リリース延期! 2017. Jan. Ragri 社内フルリリース 2016. Aug. 開発開始 延期!!! 開発メンバーどんどん増える
  32. 32. 32
  33. 33. Retrospective 33 • 参加者 • Business Owner • Business Unit • UX & Design Unit • Development Unit • 目的 • Project Startからいままでの 振り返り • 今後のプロセス改善を検討
  34. 34. Retrospective 34 • Business Owner / Business Unit / UX & Design Unit / Development Unit それ ぞれの視点で振り返り
  35. 35. Business Owner’s wants 35 • ほしかった機能がない • 実物を触ってみないと わからない • もっと開発スピードを あげたい
  36. 36. 36 どうする?
  37. 37. Agile Coach 37
  38. 38. 38 スクラムを 導入してみては? Word of Agile Coach
  39. 39. Business Owner’s wants 39 • ほしかった機能がない • 実物を触ってみないと わからない • もっと開発スピードを あげたい • 次月に開発するものの 優先度を一緒に決める • Demo日を決めて、一 緒に確認する • 2週間のSprintで進めて、 リリースできるものか らリリースする
  40. 40. Team 40 Business Owner Farmers Business Unit Development Unit UX & Design Unit ME
  41. 41. 41 どうやって実現する?
  42. 42. 3 Steps for changing 42 1. Business Unit / UX & Design Unit / Development Unit でアジャイル講習 2. 開発チームみんなでスクラムワーク ショップ 3. プロセス大改造プラン
  43. 43. 3 Steps for changing 43 1. Business Unit / UX & Design Unit / Development Unit でアジャイル講習 2. 開発チームみんなでスクラムワーク ショップ 3. プロセス大改造プラン
  44. 44. Step 1 : Small Lecture of Agile 44 https://www.slideshare.net/kawaguti/jikkan-kudo • 参加者 • Business Owner • Business Unit • UX & Design Unit • Development Unit • 目的 • アジャイルとは何かの共通認識 をもつ • 今後のプロセス改善を導入する
  45. 45. Step 1 : Small Lecture of Agile 45 https://www.slideshare.net/kawaguti/jikkan-kudo
  46. 46. Step 1 : Small Lecture of Agile 46 https://www.slideshare.net/kawaguti/jikkan-kudo https://speakerdeck.com/kawaguti/jikkan-kudo 要件は小さく砕く 分類する 優先度決める
  47. 47. 47 Business Owner Business Unit Development Unit UX & Design Unit ME 開発の進め方が、実感を もって理解できた! この進め方を試したい! 開発について、 ちょっと理解 できた アジャイルについて、 イメージができた! Step 1 : Small Lecture of Agile
  48. 48. 3 Steps for changing 48 1. Business Unit / UX & Design Unit / Development Unit でアジャイル講習 2. 開発チームみんなでスクラムワーク ショップ 3. プロセス大改造プラン
  49. 49. 49 Development Unit ME Step 2 : Scrum workshop with members • 参加者 • Project Leader • Product Owner • Developer • Tester • 目的 • スクラムプロセスを実感して もらう • 実施内容 • レゴを使ったスクラムシュミ レーションワークショップ
  50. 50. Step 2 : Scrum workshop with members 50 Planning Sprint Retrospective のスクラムを実感 • ストーリーポイント での見積もり • ROIに基づいた優先 順位決め • DONEの定義
  51. 51. 51 Step 2 : Scrum workshop with members • チームで進めることを実感できた • 実績に基づいての見積もり方法が わかった • 優先順位の高いものからタスクを 行っていくことの重要性を理解で きた • Retrospectiveを行うことで改善さ れることを体験できた
  52. 52. 3 Steps for changing 52 1. Business Unit / UX & Design Unit / Development Unit でアジャイル講習 2. 開発チームみんなでスクラムワーク ショップ 3. プロセス大改造プラン
  53. 53. Step 3 : Changing planning way 53 • プロダクトバックロ グとして、要件を カードに書く • カードに書ける大き さの要件に砕く • 定常作業もカードに 書き出す チケット番号 チケット内容
  54. 54. 54 Step 3 : Changing planning way • リアルを使って、要 件をビジネスオー ナーと合意する
  55. 55. Step 3 : Changing planning way 55 • ストーリーポイント で見積もる
  56. 56. Step 3 : Changing planning way 56 • 1ヶ月に開発チームが消化 できそうなストーリーポイ ントを決める • ビジネスオーナーと一緒に、 優先順位を決める • 2ヶ月分のタスクの優先順 位を決めておく • リリース作業等の定常作業 分も見積もる
  57. 57. Step 3 : Changing planning way 57 • ボードに並べて、 Sprintの準備OK
  58. 58. 58 れっつ、すたーと Sprint
  59. 59. 2017 February Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 1 2 59 Release Release DEMO KPT
  60. 60. Sprint way 60 1. Morning Stand Up MTG 2. Kanban 3. DEMO 4. KPT
  61. 61. Sprint way 61 1. Morning Stand Up MTG 2. Kanban 3. DEMO 4. KPT
  62. 62. Morning Stand Up MTG 62 それぞれの • 昨日やったこと • 今日やること • 困っていること
  63. 63. Morning Stand Up MTG 63 それぞれの • 昨日やったこと • 今日やること • 困っていること 毎日進捗確認 ゴールの設定 リスクの共有
  64. 64. Morning Stand Up MTG 64 • タスクを共有することでチーム 全体の進捗をメンバーが意識す るようになった • リスクのキャッチアップがはや くなった
  65. 65. Sprint way 65 1. Morning Stand Up MTG 2. Kanban 3. DEMO 4. KPT
  66. 66. Kanban 66
  67. 67. 67 Kanban 67 Backlog
  68. 68. Kanban 68 Backlog Sprint 10days
  69. 69. Kanban 69 Backlog Sprint 10days Doi ng
  70. 70. Kanban 70 Backlog Sprint 10days Doi ng DO NE
  71. 71. Kanban 71 Backlog Sprint 10days Doi ng DO NE Today タスクがカードが 残っていたら計画から遅延
  72. 72. Kanban 72 • タスクを見える化することで チーム全員でタスクの消化に取 り組む雰囲気ができた • チーム外メンバーにも実施内容 が見えるようになった • タスクの入れ替えが柔軟になっ た
  73. 73. Sprint way 73 1. Morning Stand Up MTG 2. Kanban 3. DEMO 4. KPT
  74. 74. DEMO 74 • 画面遷移を見える化 • Wireframeを実機で確認 • 実際に動きを 見ながら確認
  75. 75. DEMO 75 • 仕様に関する認識違いが減った • 仕様の合意を取りやすくなった • プロダクトの全体や遷移を把握 しやすくなった
  76. 76. Sprint way 76 1. Morning Stand Up MTG 2. Kanban 3. DEMO 4. KPT
  77. 77. KPT 77 • KPT 振り返りの為のフレームワーク。 Keepでは、「良かった事」を Problemでは、「改善点」をそ れをもとに、 Tryでは、Problemに対する「改 善案」をあげいく
  78. 78. KPT 78 Keep Problem 4つのTryを策定
  79. 79. KPT 79 February March Total 1st 2nd 1st 2nd Keep - 23 23 Problem - 34 34 Try - 4 4
  80. 80. Look back February 80 • 開発チームの進捗が見える化された • チーム全体で進めている感がでてき た • 柔軟にタスクの入れ替えができるよ うになった • 認識違いが減った
  81. 81. Storypoints 81 0 30 60 90 February March Storypoint Planned
  82. 82. 2017 March Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 28 30 31 82 Release Release DEMOKPT KPT
  83. 83. Sprint way 83 1. Morning Stand Up MTG 2. Kanban 3. DEMO 4. KPT
  84. 84. Morning Stand Up MTG 84 それぞれの • 昨日やったこと • 今日やること • 困っていること 毎日進捗確認 ゴールの設定 リスクの共有
  85. 85. Kanban 85 Backlog Sprint 10days Doi ng DO NE Today タスクがカードが 残っていたら計画から遅延 Next Sprint
  86. 86. DEMO 86
  87. 87. KPT 87 February March Total 1st 2nd 1st 2nd Keep - 23 25 24 72 Problem - 34 24 27 85 Try - 4 4 3 11 11歩前進できた!
  88. 88. Look back March 88 • チーム全体で進めている感が でてきた • 認識違いが減った • 柔軟にタスクの入れ替えがで きるようになった • 突発に対応できるようになっ た • システム改善の時間が確保で きるようになった
  89. 89. Storypoints 89 0 30 60 90 February March Storypoint Planned
  90. 90. Look back 90  Ragriチームの一体感がでてきた  認識のずれが減ってきた  柔軟にタスクの対応ができるように なった  対応できるストーリー ポイントが増えた  月2回の計画リリースが できた
  91. 91. 91 2ヶ月で 改善された!!
  92. 92. Today’s Story 92 ウォーターフォールからスクラムへ しなやかなチームに
  93. 93. Today’s Story 93 これから
  94. 94. 94 よりよいサービスを 創るために さらなる改善を
  95. 95. Today’s Story 95 お知らせ
  96. 96. 96 https://corp.rakuten.co.jp/careers/engineering/ WE'RE HIRING Ragri(ラグリ)を一緒に 創っていってくれる方を 募集しております! ぜひ、ご連絡ください。
  97. 97. 97 ご清聴、ありがとうございました!

×