Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

リーン・スタートアップは「コーチ」を育成すれば加速する

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige

Hier ansehen

1 von 13 Anzeige

リーン・スタートアップは「コーチ」を育成すれば加速する

Herunterladen, um offline zu lesen

プロジェクトには「プロジェクト・マネージャー」、アジャイルには「スクラム・マスター」の存在が成果を大きく左右するように、リーン・スタートアップの実践には、リーン・スタートアップ・プロセスのマネジメントに専念する指導者の存在が、最終的にはビジネスの成果へ到達する最短ルートになります。プロセス・アプローチの効果をぜひ体験して下さい

プロジェクトには「プロジェクト・マネージャー」、アジャイルには「スクラム・マスター」の存在が成果を大きく左右するように、リーン・スタートアップの実践には、リーン・スタートアップ・プロセスのマネジメントに専念する指導者の存在が、最終的にはビジネスの成果へ到達する最短ルートになります。プロセス・アプローチの効果をぜひ体験して下さい

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (20)

Ähnlich wie リーン・スタートアップは「コーチ」を育成すれば加速する (20)

Anzeige

Weitere von Lean Startup Japan LLC (16)

Aktuellste (20)

Anzeige

リーン・スタートアップは「コーチ」を育成すれば加速する

  1. 1. リーン・スタートアップ S級コーチ育成プログラム 社内コーチ・指導者の育成が 企業イノベーションを加速する “The Authentic Lean Approach” READ MORE リーン・スタートアップ・コーチ育成プログラム Lean Startup Best Practice in 10 Years Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved.
  2. 2. About US Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. "Lean Startup Japan”はプロセス・コンサルティング会 社です。セミナー・研修会社ではありません。 弊社代表は国際標準規格(ISO)の審査員をはじめ、 Project Management(PMP), ITILといった資格を保持 したプロセス・アプローチを熟知したシニア・コンサル タントです。海外やメディアで話題になっている技法 を、実際の導⼊成果を検証せずに提供するのではなく、 クライアント企業の抱える課題を的確に捉え、確実に成 果につながる解決策をオリジナルデザインしています。
  3. 3. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. “Entrepreneurship is management” これは、書籍「リーン・スタートアップ」で著者エリック・リースが「リーン・スタートアップの5原則」のひとつとして⽰した⾔葉です。書籍の⽇本語版出版にあ たり、この⾔葉は「起業とはマネジメントである」と訳されました。しかし、この「マネジメント」という⾔葉は⽇本では「管理」と理解されることが多いのです が、「起業」という極端に不安定な環境におけるビジネス設計の本質を理解した上では、この⾔葉は下部イメージのように訳されるほうが、著者のメッセージを的確 に捉えています。起業の成否はビジネス・アイディアと情熱に⼤きく依存すると信じられ、⾃由の象徴であるTシャツに短パン+サンダルで闊歩するエンジニアが称賛 されるシリコンバレーのベンチャーシーンで「いやいや、⾃由な働き⽅と⾶躍したアイディアだけじゃダメだ。ベンチャーを成功させるには、アイディアを実現まで継 続することができる『経営』の知識こそ必要なんだ」と唱えたリーン・スタートアップというメッセージは、その概念が紹介された2008年当時、あからさまな違和感 や嫌悪感を⽰されたそうです。そのメッセージから早10年。ベンチャー、新規事業、イノベーションを実現する「経営」は確⽴できたのでしょうか。 「起業とは『経営』である」
  4. 4. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. マネジメントの重要性 世界で初めて「プロジェクトマネジメント」という概念が誕⽣したのは、開拓時代アメリカの⼤陸横断鉄道建 設だと⾔われています。以来、製品開発、ソフトウェア開発、さらには宇宙計画に⾄るまで、様々な「困難」 への挑戦にはマネジメント・システムの確⽴がその成否を分かつようになりました。 「プロジェクト・マネジメント」「スクラム・マスター」「トヨタ⽣産⽅式」「TOC」「TQM」「PERT」 「CPM」「SCM」。世界中のビジネスの進化は、マネジメント・システムの進化でもあるのです。 新規事業開発・イノベーション創造の分野で「マネジメント・システムの確⽴⼿法」が存在しないのは、企業 にとっても⼈類にとっても損失に他なりません。
  5. 5. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. レジェンドとプロセス 後に「伝説」となるプロダクトが誕⽣する背景には、その誕⽣を⽀える「経営」と「プロセス」が存在しま す。歴史に名を残してきた数々の企業は、画期的な製品アイディアより、そのアイディアを実現可能にする 「システム」を開発してきました。戦後の⽇本が世界を驚かせる成⻑を遂げたのも、世界に先駆けたマネジメ ント・システムの開発を実現したからであることは⾔うまでもありません。 「Appleの伝説的なマウスは、⾰新的な経営とIDEOのデザイン思考から誕⽣しました」
  6. 6. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. 世界レベルへのロードマップを他業種に学ぶ 1980年代まで、⽇本のサッカーは世界はおろか、アジアでも決して強豪国とは⾔えない存在でした。国内の 競技⼈⼝も少なく、将来はプロアスリートとしてのキャリアを望むことはできないため、多くの才能が野球な ど他のスポーツに⼈材を奪われていました。こうした状況を覆すべく、1990年代に⼊り「Jリーグ」を発⾜。 それまで趣味の世界でしかなかったサッカーを、プロアスリートとしてキャリア設計できる道筋を描き、多く のスター候補をサッカーの世界に招き⼊れる下地を築きます。そして同時期に、将来の成⻑が期待される若き アスリートの才能を最⼤限に引き出すべく、⽇本サッカーの成⻑を⽀える「監督・コーチ」のレベルを世界標 準まで引き上げ、さらに⽇本⼈の独⾃性を強みにするための「指導者向けライセンス制度」を全⾯的に刷新し ます。こうした「構造改⾰」を積み重ねた結果、⽇本サッカーはアジアにとどまらず、世界に通⽤するチー ム・プレーヤーの育成を実現したのです。 プロ化 指導者・⽀援者 への教育 才能の 発掘と育成 + +
  7. 7. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. 指導者の育成は中⻑期的な競争⼒へとつながる 代表チーム強化 ユース育成 指導者養成 普及 短期的課題 中期的課題 ⻑期的課題 代表チーム ユース育成 指導者養成 普及 ⽇本サッカー協会の「三位⼀体+普及」シナリオ 課題と解決⼿段の関係性 結果を残すための構造改⾰を迫られていた⽇本サッカーは、間近に開催される各種⼤会で良い成績を残すという「短期的課題」への取り組みと、才 能に溢れた⼦どもたちへのサッカーの普及と、こうした才能を着実に育成するための環境整備という「中⻑期的課題」への取り組みを明確に分離 し、決して短期的な試合の結果に左右されることなく、強固なエコシステムの構築に専念します。その⻑期に渡る構造改⾰により、15才以下の若年 層を中⼼に、スポーツの競技⼈⼝は野球を超える存在にまで成⻑したのです。 企業経営にも、会計年度ごとにキャッシュを稼ぎ出す決算数値と、⻑期的に企業が繁栄を確⽴する仕組みへの投資の両⽴が要求されます。単年度の ビジネスで増収増益を図ることも⼤切ですが、それを⾼確率で実現する「仕組み」の開発も疎かには出来ません。新規事業・イノベーションを産み 出すプロセスのクオリティと、実際に⽣み出されたビジネスの収益・成果は、いわば「原因と結果」の関係にありますが、企業にとっての課題とい う観点では、業績が短期課題であるのに対して、指導者育成を軸にした「仕組み」の強化は中⻑期的な課題であり、本来は明確に分離して対応すべ き課題です。国際⼤会における⽇本代表チームの勝敗という短期的な⽬標の結果によって、指導者育成の⽅針が修正されることがあったとしても、 指導者育成そのものを⽌めてしまうことはありません。このふたつは異なる課題なのです。 注:図版2点とも⽇本サッカー協会作成資料を元に弊社で作成
  8. 8. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. イノベーションへのロードマップ 良質な作物は、良い⼟壌と優れた⽣産者か ら産まれます。まず畑を耕しましょう。そ して⽣産者を育てましょう。そこに種を蒔 くのが楽しみになるはずです
  9. 9. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. コーチ育成 研修・認定 プロセス設計 ビジョン設計 事業開発 チーム招集 新規事業開発 スタート To the Frontier イノベーションまでは⻑い道のりですが、終わりのない旅ではありません。多くの才能とチャンスが絶え間な く巡ってくる企業体質を形成する「グランド・デザイン」が形成できれば、あとはその機会を継続的に、そし て積極的に求めていくだけです。企業環境整備という、とても「⻑い近道」を築きましょう
  10. 10. リーン・プロセス設計 ビジョン・コンセプト 権限・資源 ビジネス&⼈事評価 ビジネス&⼈事評価報告 プロセス成果報告 ビジネスモデル設計 マーケット探索 プロセスとビジョン・コンセプトをアップデート ビジネスモデル開発チームリーン・スタートアップ・コーチステークホルダー プロセス・コーチ評価 学びの共有 ビジネス進捗報告 ビジネスモデルをアップデート全体⽅針をアップデート マーケット・潜在顧客 Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. リーン・スタートアップ・コーチの2⼤ミッション ①ビジネスモデル設計チームを  マーケットに専念させる ②経営者から、短期的課題としての業績(ビジネスモデル設計)ではなく  中⻑期的課題の解決として新規事業開発プロセス設計を引き受ける
  11. 11. リーン・プロセス デザイン リーン・スタートアップ・コーチ ハンドブック Vol. リーン・スタートアップ・コーチ ハンドブック Vol. ビジョン・コンセプト デザイン アグリーメント デザイン リーン・スタートアップ・コーチ ハンドブック Vol. ファシリテーション デザイン リーン・スタートアップ・コーチ ハンドブック Vol.3 リーン・スタートアップ・コーチ ハンドブック Vol.5 メトリクス・デザイン Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. 5つの理論と10カリキュラム 新規事業開発・イノベーションを実現する「プロセス」をデザインするためには、プロセス⼯学の基礎知識に 加え、組織の潜在能⼒を最⼤限に引き出す⼼理学や社会学、そしてグローバル環境の変化を的確に察知する 「学習システム」の構築が必要です。これら広範囲の学問体系をすべてマスターするには、よほど効率的に学 習を重ねても数年に及ぶ時間が必要です。しかし、弊社プログラムは、これらの知識体系の中から新規事業開 発とイノベーション創造に必要な要素だけを抽出した、短期間で優秀なコーチを育成できる効果的なカリキュ ラムを設計しました。この知識体系(Body of Knowledge)と育成プログラムは、⻑期にわたる貴社の競争 ⼒の源泉となるのです。
  12. 12. 講義名 内容 企業の新規事業と ベンチャーの新規事業 書籍やネットから新規事業開発に関するノウハウを⼿に⼊れようとすると、その⼤多数は「ベンチャー企業」もしくは⽐較的⼩さな企業・組織で培われたセオリーやメソッドを⼿にすることにな ります。メンバー構成やミッション、そして何より事業開発に対するコミットメントがまったく異なる組織のノウハウは、数千、数万⼈規模の企業でも本当に役⽴つのでしょうか? リーン・ス タートアップ・コーチというポジションが、⼤きな組織でどのようなミッションを担うのか、⼤企業における新規事業開発の実像をもとに学習します。 完全版 「リーン・スタートアップ」 新規事業開発に携わる⼈であれば必ず聞いたことがある「リーン・スタートアップ」。しかし、「仮説検証」や「MVP」といったキーワードを軸に、その概要を聞いたことがあるというひとは⼤ 勢いますが、その本質的な理論を正確に理解している⼈はとても少ないのが実状です。WEBの記事で分かりやすく解説された内容は理解できたけど、正直、書籍は少々難解だったという⼈も少な くありません。ここでもう⼀度、リーン・スタートアップを正しく学び直すことによって、提唱者たちがどのような困難と向き合うためにこの理論が誕⽣したかを振り返ります。 プロセスアプローチとは プロセス・デザインとコントロール リーン・スタートアップとは「プロセス・アプローチ」です。ベンチャー・新規事業開発という極度に不安定で不確かなチャレンジを、情熱やひらめきといった「爆発⼒はあるが、更に不確かな エネルギー」に依存するのではなく、「正しい知識と⾏動、そして状況判断と決断」というサイクルのマネジメントによって、より「確か」なものにしていこうという考え⽅です。プロセスの設 計とコントロール⼿法は、プロジェクトマネジメントなど数多くの場⾯で活⽤されているすでに確⽴された知識なので、その原理原則を⼀度理解してしまえば、様々なチャレンジに応⽤出来るよ うになります。社内でリーン・スタートアップ・プロセスのデザイナーとして活躍するための基礎知識を学びます。 ビジネスの種類と形態 商品形態と換⾦⼿段の組合せ 企業が提供する「商品」が、明確に⽬に⾒えるものに限られていた時代はすでに終わりを告げました。今や企業が提供する商品の⼤半は「サービス」という⽬に⾒えないものにシフトしたことに より、提供する価値を「換⾦」する⼿段はますます多様化しています。マーケットがどのような価値提供形態に対してどのような⽀出⼿段であれば許容するかは、もはや無限の組合せになったの です。インターネットとソフトウェアの融合により、ますます複雑化する「ビジネス」の実態を理解します。 企業経営と新規事業開発 投資回収と経営指標 企業は社会に対して「商品」という価値を提供しますが、それと同時に「雇⽤機会」や「納税」といった、ビジネス以外の価値も社会に提供しています。松下幸之助いわく「企業は社会の公器」 なのです。このような存在の組織体において、新規事業開発とはどのような意味を持つのでしょうか。歴史を振り返っても、新規事業に失敗して消滅した企業は数知れず、逆に、存続が危ぶまれて いた企業が新規事業によって息を吹き返すこともあります。企業における新規事業の必要性とリスクについて、経営の視点から理解を深めます。 リーンの源流と本質 「ムダ」の原因とコントロール リーン・スタートアップの「リーン」とは、製造⼯程から⼀切のムダを取り除こうとするトヨタ⽣産⽅式の「ジャスト・イン・タイム」の理念を受け継ぐものです。このトヨタ⽣産⽅式や TOC(制約理論)が⽬指す「全体最適化」の考え⽅を、新規事業開発にも適⽤したのがリーン・スタートアップの起源です。製品・商品というものは「購⼊」されることが確実であればコストを かけて製造すべきだが、売れる⾒込みが何も検証されていない時点で投⼊されるコスト(お⾦・時間・労⼒など)はすべてムダであるという基本的概念と、アイディアをどのように実現していく のか、その理論と⼿段を学びます。 価値創造と利益回収 マネジメントとファシリテーション 企業内における「働く」という⾏為には、⼤きく分けて2つの種類があります。ひとつは何もないところから新たに「価値」を産み出すという仕事。そしてもうひとつは、その価値を収益・利益 に変える仕事で、前者はいわゆる「ゼロ・イチ」、後者は「イチ・ジュウ」「イチ・ヒャク」などと呼ばれます。この両者は密接な関係にあるものなので本来であれば「連続性」を持って取り組 まれることが理想なのですが、多くの組織では、これらを専⾨部署に分ける傾向にあります。これは、このふたつの「働く」に対する評価基準が、ほぼ正反対になるからです。「価値創造」とい う、失敗を許容すべき「仕事」のマネジメントを学びます。 学習システムの構築 能動的・受動的:計画性と偶発性 新規事業開発・イノベーションとは、企業にとって未知の「ニーズ」に対して、新たな価値を創造し、提供する⼀連の流れを意味します。この流れをムダなくスムーズに⾏えるかどうかは、組織が 備える「学習システム」が適切に機能するかで決まります。まったく新規参⼊の分野でも素早く第⼀⼈者レベルの理解まで到達するチームもいれば、たっぷり時間をかけても「偏重」した知識し か持ちえないチームに分かれるのには、明確な理由があるのです。デザイン会社の「IDEO」が駆使する「デザイン思考」のように、どんな未知の分野であったとしても、他社よりいち早く学習で きる「システム」があれば、組織のイノベーション能⼒は⾶躍的に向上します。 ビジネスモデル研究 イノベーション研究の本質 新規事業開発やイノベーションにおける「アイディア」にはもはや価値がないと⾔われています。実現することのないアイディアは単なる空想に過ぎず、実現に向かって⾏動を起こすことのほう が、より重視されています。しかし、実際に世界を変えてきた数々のイノベーションは、それぞれ、過去の常識では考えも及ばなかった斬新なアイディアが組み込まれており、恩恵を受ける⼈達 は、そのアイディアに魅了されているのも事実です。実は、ビジネスモデル研究・イノベーション研究の重要なポイントは、アイディアの内容だけでなく、その成⽴過程を解き明かすことなので す。 導⼊プロセスの基本型 「変化」という困難の乗り越え⽅ 既存事業の衰退や、下請け中⼼の事業展開から脱出するためには、これまで⼿がけてこなかった新たなビジネスを産み出す必要があります。しかし、それを実現するためには、いままでの社内 「常識」の⼤半を覆し、まったく新しい働き⽅や評価基準を受け⼊れる必要があります。今までの経験値はリセットされる可能性が⾼いのです。新しい組織に⽣まれ変わるには、新しい組織のデ ザインが重要なのはもちろんですが、古い組織から新しい組織に「どのように変化していくか」をデザインすることはもっと重要です。新旧の⽂化が混じり合う、転換期独⾃の設計を学びます。 研修カリキュラム Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved.
  13. 13. Copyright (C) 2019 Lean Startup Japan LLC All Rights Reserved. Contact US イノベーションを実現するまでの道すじは、弊社でデザインした研修プログラムと、クライアント企業の抱え る課題に応じてカスタマイズされる導⼊ロードマップのデザインで構成されます。これらをどのような規模 感・スピード感で実現するのが適切であるかは、まず最初に私たちが貴社を正しく理解する必要があるので す。お話をぜひお聞かせください。出来なかったことが実現する世界へ、最初の⼀歩を踏み出しましょう info@leanstartupjapan.co.jp http://coach.leanstartupjapan.co.jp/contact/

×