Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

RelatedData20140213154046

  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

RelatedData20140213154046

  1. 1. 詰め合わせ 文字・画像など
  2. 2. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  3. 3. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  4. 4. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  5. 5. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  6. 6. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  7. 7. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  8. 8. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  9. 9. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  10. 10. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  11. 11. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  12. 12. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  13. 13. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  14. 14. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  15. 15. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  16. 16. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  17. 17. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  18. 18. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  19. 19. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  20. 20. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  21. 21. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  22. 22. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  23. 23. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  24. 24. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  25. 25. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  26. 26. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  27. 27. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  28. 28. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  29. 29. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  30. 30. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  31. 31. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  32. 32. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  33. 33. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  34. 34. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  35. 35. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  36. 36. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  37. 37. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  38. 38. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  39. 39. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  40. 40. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  41. 41. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  42. 42. 文…句点から句点までの一続きで表した思想や感 情のことば。 文章…文が集まったもので、ひとまとまりの内容 を表したもの。 段落…文章を内容によって分けたひとまとまりの 部分。 文節…文を意味でできるだけ小さく区切って分け たもの。 単語…文節をさらに分けた最小の単位。
  43. 43. 主語……文の中で「何(だれ)が」にあたる文 節。 述語……文の中で「どうする」「どんなだ」「何 だ」にあたる文節。 修飾語…文の中で他の文節を詳しく説明する文 節。 接続語…文の中で文や文節をつなげる文節。 独立語…文の中で他の文節とは関係なく、呼びか け・応答・感動・提示などを表す文節。
  44. 44. The materials are fed into the reactor and heated to 150℃.  (原料をリアクター〔原子炉〕に送り、 150℃ まで熱する) Lighthouses are often built on high rocks so that their lights can be seen by ships sailing far (away) from land.  ( 燈台は、はるか沖合いを通る船からもよく見えるように、ふつう、高い 岩の上に建てる) ただし、英語の受動態はすべて能動態に直さなければならないというわけではあ りません。問題は日本語として自然かどうかということで、状況に応じて判断す ることが必要です。 He was run over by a car.  (彼は車にひかれた) The general meeting of shareholders of this company will be held next week.  (当社の株主総会は来週開かれる)
  45. 45. 1. 複数を明示する必要のある場合は除き、基本的には単数に訳しておくほうが日 本語としては自然です。 2. (a) (b) (c) (d) 文の趣旨から複数に訳したほうが好ましい場合には 名詞を重ねて「~々」のように訳す people → 人々  countries → 国々  towns → 町々  villages → 村々 頭に複数を表す「諸~」などをつけて訳す peoples → 諸国民  prices → 諸物価 名詞のあとに「~ら」、「~たち」、「~がた」などをつける children → 子どもら、子どもたち  teachers → 先生がた 単位を表す語をそえて訳す some men → 幾人かの男    ten books → 本 10 冊 one hundred horses → 馬 100 頭    twenty pencils → 鉛筆 20 本
  46. 46. 12 10 8 列 1 列 2 列 3 6 4 2 0 行 1 行 2 行 3 行 4
  47. 47. 終了

    Als Erste(r) kommentieren

    Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

Aufrufe

Aufrufe insgesamt

323

Auf Slideshare

0

Aus Einbettungen

0

Anzahl der Einbettungen

1

Befehle

Downloads

1

Geteilt

0

Kommentare

0

Likes

0

×