Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige

Hier ansehen

1 von 9 Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (20)

Anzeige

Ähnlich wie DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか (20)

Weitere von Etsuji Nakai (20)

Anzeige

Aktuellste (20)

DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか

  1. 1. DevOpsにおける組織に固有の事情を どのように整理するべきか レッドハット株式会社 中井悦司 / Etsuji Nakai Senior Solution Architect and Cloud Evangelist v1.0 2016/06/20
  2. 2. 2 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか 話の背景  Kubernetes Meeup Tokyo #1 でこんな話をしました・・・ http://www.slideshare.net/enakai/exploring-the-philosophy-behind-dockerkubernetesopenshift
  3. 3. 3 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか 話の背景  その中で、「ロールと人のマッピングの難しさ」について触れました。 http://www.slideshare.net/enakai/exploring-the-philosophy-behind-dockerkubernetesopenshift
  4. 4. 4 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか どういうことかというと  Docker / Kubernetes を利用すると – 開発側ですべての環境を作り上げてイメージ化できる! – インフラ側はアプリに依存しない基盤整備に集中できる! と言ってはいるものの・・・
  5. 5. 5 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか DevOpsに関する相談で聞こえてくる声 自主規制
  6. 6. 6 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか こういう話を整理するのに必要な観点 ツール/プロセス ソフトウェア アーキテクチャー ロールと人のマッピング プロセス上定義されるロールに どのように「人」を割り当てるべきか 個々の開発者/チームの責任範囲と サービスの粒度をどのように マッチングさせるか
  7. 7. 7 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか こういう話を整理するのに必要な観点 ツール/プロセス ソフトウェア アーキテクチャー ロールと人のマッピング プロセス上定義されるロールに どのように「人」を割り当てるべきか 個々の開発者/チームの責任範囲と サービスの粒度をどのように マッチングさせるか 一般論で語りやすい世界 一般論で語れない世界
  8. 8. 8 DevOpsにおける組織に固有の事情をどのように整理するべきか まとめ 一般論で語れない世界をもっと 語り合えるようになるといいですよね!
  9. 9. EMPOWER PEOPLE, EMPOWER ENTERPRISE, OPEN INNOVATION.

×