Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

丸の内MongoDB勉強会#20LT 2.8のストレージエンジン動かしてみました

1.540 Aufrufe

Veröffentlicht am

丸の内MongoDB勉強会20でやったLTです。中身薄いですが、2.8のストレージエンジンWiredTigerのファーストインプレッションということで。

Veröffentlicht in: Software
  • Als Erste(r) kommentieren

丸の内MongoDB勉強会#20LT 2.8のストレージエンジン動かしてみました

  1. 1. MongoDB 2.8の ストレージエンジン 動かしてみました 玉川竜司@大阪
  2. 2. MongoDB 2.8で • ストレージエンジンがプラガブルになります • 最初から入っている実装が ’WiredTiger’
  3. 3. WiredTiger • http://www.wiredtiger.com • どうも汎用的なNoSQLデータベース向けのスト レージエンジンらしい • BerkleyDB作ってた人たちが作っている様子 • 圧縮やLog-Structured Merge Treeをサポート
  4. 4. 2.8RCxを動かしてみました • 既存の2.6の環境に、2.8RCxのバイナリを展開して 上書き • /etc/init/mongod.confに起動オプション追加 • DAEMON_OPTS=“— "${DAEMON_OPTS:-"--config $CONF --storageEngine wiredtiger"} • 一応/var/lib/mongo/の下を全部消して再起動
  5. 5. 圧縮の指定 • db.createCollection("pages", {storageEngine: {wiredtiger: {configString: "block_compressor=snappy"}}})
  6. 6. まだ不安定? • RC0はまるで駄目でした。ちょっと書き込むとす ぐクラッシュ • 昨日リリースされたRC1は今のところノートラブル
  7. 7. 2.6(非圧縮)と2.8(snappy)の比較 { "ns" : "jawiki.pages", "count" : 200001, "size" : 2349235344, "avgObjSize" : 11746, "storageSize" : 2896613376, { "ns" : "jawiki.pages", "count" : 200001, "size" : 1627365341, "avgObjSize" : 8136, "storageSize" : 1105276928, "nindexes" : 1, "capped" : false, "wiredTiger" : { 2.6のstats() 2.8のstats()
  8. 8. まだ細かいところは これからさらに見ていきたいと思います。 勉強用レプリカセット環境構築キット https://bitbucket.org/tamagawa_ryuji/ mongodb_replicaset_playground_on_vagra nt

×