Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

20141203_大学図書館職員短期研修 最近3ヵ年 傾向と対策 反省と自戒 2015

平成26年12月3日(水) 18:00-19:30 大学図書館職員短期研修参加報告会(北海道大学附属図書館大会議室)での発表スライドです。

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

20141203_大学図書館職員短期研修 最近3ヵ年 傾向と対策 反省と自戒 2015

  1. 1. 平成26年12月3日(水) 大学図書館職員短期研修参加報告会 大学図書館職員短期研修 最近3ヵ年 傾向と対策 反省と自戒 2015 室蘭工業大学図書・学術情報事務室 学術情報ユニット千葉浩之
  2. 2. はじめに1/13 アーネスト・ホースト(K-1ファイター) I am a 4-time(s) champion! - K-1 GRAND PRIX ’97, - K-1 GRAND PRIX ’99 - K-1 WORLD GP 2000, - K-1 WORLD GP 2002 © Paulblank - http://www.postproduktie.nl/bekend.htm 千葉浩之(北海道大学→ 室蘭工業大学) I am a 3-time JUKOUSHA! - 平成24年度大学図書館職員短期研修(東京) 修了 - 平成26年度大学図書館職員短期研修(京都) 講師+聴講 - 平成26年度大学図書館職員短期研修(東京) 講師+聴講 短期研修を3回も見て得た「気づき」を 反省と自戒を込めて!私自身はよい受講者ではなかった(^^;)
  3. 3. 3つのサプライズ―平成26年度東京大学会場2/13 1. アレな先輩が講師 ×その道の第一人者 ○海外研修経験者のひとり 2. 錚々たる面々との飲み会 3. か行で固まる北大組 個性が輝いていました! - きりこみ隊長→ 積極性 - きれきれの質問→ 分析力 - かんじのよさ→ 人望 「まるでかまいたちのよう」 ―後輩を妖怪にたとえる アレな先輩σ(^^;) ©手塚治虫『BLACK JACK』「通り魔」
  4. 4. 短期研修のねらいと内容3/13 ねらい - 図書館業務の基礎知識・最新知識の修得 - 業務の推進・改善に関する主体性の確立 → 大学図書館の活動の活性化! http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/ 内容 - 講義 - グループ討議 - つながりづくり 明示されていないが、e-learningではないのだから……
  5. 5. 研修で得られるものは取り組み方次第4/13 講義 質問を前提 役割を担う アイディア提供 声掛け 飲み会参加 グループ討議 つながり づくり なんとなく ぼんやり 傍観者的態度 もじもじ おひとりさま 修了修了 たしなめて くれるひとは いません
  6. 6. 研修は4日間だけ5/13 如何によい状態で臨むか? - 体:元気(×疲労困憊、×風邪、×怪我) - 心:打ち解けた、開かれた状態 - 頭:多少なりとも予備知識のある状態 ヒントになりそうなもの - 受講要領 - 過去の講義資料 http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/result.html - 前向きな先輩の話(北大は毎年誰かしら受講) - このスライド? σ(^^;)
  7. 7. 研修前―1. 講義6/13 講師はその道の第一人者! 直接質問できる機会は、ふだんはまずない しかし予備知識ゼロから質問するのは難しい テーマと講師(所属)は分かっている - CiNii Articles - SlideShare - JAIRO(機関リポジトリ) - researchmap - 新聞データベース - SNS
  8. 8. 研修前―2. グループ討議7/13 議題は大学図書館が将来的に直面しうるもの さまざまな機関からの受講者で班を構成する 自分の立場に囚われない、柔軟な発想が必要 テーマ、メンバー(所属、発言要旨)は既知 - メンバーの大学の状況を認識する ‐ 規模の違い - 設置主体の違い - 人事制度の違い(例:経理→教務→図書) - 国内外、館種を問わず テーマに沿った先行事例の調査
  9. 9. 研修前―3. つながりづくり8/13 受講者は数年後に大活躍が予想される人材 既に優れた業績を挙げているひとも? 道外の図書館職員と仲良くなれる機会は稀 受講者の名前、所属は分かっている - Google - Yahoo!のリアルタイム検索で 「大学図書館職員短期研修」 - 狭い業界。実は知り合いの知り合い? - 講師と同様、何か業績を公開している? - 逆に、自分の業績を公開しておくと捗る?
  10. 10. 研修中9/13 面倒を見てくれるひとはいない 様子見している時間もない しなければならないこと(義務)でもなく してはいけないこと(禁止)でもないこと →× してもしなくてもどうでもいいこと ○ 各人の取り組み方に委ねられていること ※京都大学会場組の積極性 毎晩何かしらの飲み会があり、平均すると ひとり1回以上は非公式な飲み会に参加
  11. 11. 研修後10/13 実は研修後に得られるものもある そしてじっくり考える時間もある - 講師に御礼(感想付き)を出す 【衝撃事実?】講師は配付資料にメアドを書くようお願いされている! 【さらに衝撃】こんなアレな私にすら数件来た! σ(^^;) 裏話や助言、励ましの返信がきっとあるでしょう - 成果をかたちにする(レポート、プレゼン) 報告会を企画するのはとてもよい。さすが! - 海外研修をリアルに考える 国立大学図書館協会海外派遣事業の応募資格を獲得 この「チケット」の有効期限は45歳で切れてしまう http://www.janul.jp/j/operations/overseas/
  12. 12. まとめ11/13 長いキャリアで一度しかない機会 広義の「情報リテラシー」を発揮してみる! 抽象的な目標 情報の収集 情報の分析 願望実現の準備 最低ライン 修了証の獲得 与えられている情報 受講要領 願望 集められる情報 禁止 遅刻 どちらでもない=委ねられている 義務 毎朝押印 具体策 行動→ 得たものを次につないでいく
  13. 13. 私の場合―短期研修の講師()を引き受けて12/13 抽象的な目標 情報の収集 情報の分析 願望実現の準備 行動 最低ライン 45分海外研修の話をする 与えられている情報 カリキュラム 願望 寝ないでほしい、海外研修を身近に感じてほしい、 図書館見学や受講者たちとの交流もしたい 集められる情報 前任者の話(楽しいのが一番)、受講時の記憶 どちらでもない=委ねられている (1) プレゼンの質・楽しさ →スキルアップに利用したい →海外派遣事業のついでにうちのFBも宣伝 (2) 45分以外の時間の使い道 →図書館見学、飲み会参加 義務 時間厳守 禁止 ドタキャン 義務も禁止も実は あまりなかった(^^;) 具体策 (1) 受講者の立場(最終日で疲労蓄積、グループ討議報告でそわそわ)で作る。 体験談なのでひととなりを出す。失敗も含めて楽しそうなエピソードはす べて使う。クイズを出してみる。スマホでFBに「いいね!」させる。 (2) お世話になっている方たちに、さらにつてを頼む(^^;) 見学時には意見を 言えるように勉強しておく。 行動→ 得たものを次につないでいく 引き受けてよかった、楽しい仕事(^^)
  14. 14. おわりに―研修に限らず、仕事を楽しく(^^) 13/13 抽象的な目標 情報の収集 情報の分析 願望実現の準備 最低ライン願望 与えられている情報 事務分掌、マニュアル 集められる情報 前任者の本音、他館の動向、学生・教職員のニーズ 禁止どちらでもない=委ねられている 義務 具体策 提案+行動→ 得たものを次につないでいく E-Mail: chiba@mmm.muroran-it.ac.jp Facebook: chiba.hiroyuki.x ※こんな話をしたうえでFacebookのアカウントを紹介したら、 友達づくりが捗るかなあ。ともかくよろしくお願いします(^^) ※表紙は「赤本」をモチーフにしました。大学入試の傾向と対策といえば教学社の「赤本」ですよね!(怒られないと思うけど一応(^^;))

×