Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

プロジェクトマネジメントの真髄

307 Aufrufe

Veröffentlicht am

どんなプロジェクトマネジメントでも大切になる、
2つのことをまとめました。



■はたらく会議のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCpBYPhC-p34YKV1Ufr7ZBrw?view_as=subscriber

BLOG:
https://www.hatarakukaigi.com/

Veröffentlicht in: Business
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

プロジェクトマネジメントの真髄

  1. 1. copyright 2019 hataraku-kaigi プロジェクトマネジメントの真髄 汎用的なPMの基本
  2. 2. copyright 2019 hataraku-kaigi Agenda ● ゴール ● PMの目的 ● PMに必要な要素 ● 地図を描く ● 人を動かす ● フレームワーク ● まとめ 2
  3. 3. copyright 2019 hataraku-kaigi ゴール プロジェクトマネジメント(PM)の目的と、フレームワークを知ること。 3
  4. 4. copyright 2019 hataraku-kaigi PMの目的 4 QCDを達成して、プロジェクトを完了させること。 Quality 品質 Cost 費用 Delivery 納期
  5. 5. copyright 2019 hataraku-kaigi PMに必要な要素 5 地図を描くことと、人を動かすことがPMには必要。 1 地図を描く 背景・目的をはじめ、 QCDを達成するためのスケジュール、タスク、課題、リスクなどを 洗い出し明文化する。 2 人を動かす 最適なメンバーをアサインし、 役割を与え行動してもらうよう動機づけをする。
  6. 6. copyright 2019 hataraku-kaigi 地図を描く 6 PJTをゴールまで導くための要素を明文化する。 背景・目的・目標 スケジュール 体制・役割分担 タスク 課題 リスク 方針
  7. 7. copyright 2019 hataraku-kaigi 人を動かす 7 一人ではPJTは完了できない。協力関係を作り、みんなでゴールに向かう。 Cost 費用 Delivery 納期 Quality 品質
  8. 8. copyright 2019 hataraku-kaigi フレームワーク:概要 8 ①〜④の順番に考えることで、抜けもれなく考える。 ① 背景 現状課題 ② 目的 目標 ③ スコープ ④ 作業 STEP ④ 作業 STEP ④ 作業 STEP ④ 作業 STEP
  9. 9. copyright 2019 hataraku-kaigi フレームワーク:項目詳細 9 各項目は明文化して、PJT内の共通認識とすることが重要。 1 背景・現状課題 2 目的・目標 3 スコープ 項目 4 作業STEP PJT開始に至った理由や課題等の事実を記載する。 PJT完了後に達成しているであろう状態を記載する。 PJTで対象とする業務やシステム等を記載する。 内容 ゴールまでのTODOを大枠で整理・分類して記載する。
  10. 10. copyright 2019 hataraku-kaigi まとめ 10 地図に沿って、メンバーと協力しながらゴールを目指すのがPM。 1 地図を描く 背景・目的をはじめ、 QCDを達成するためのスケジュール、タスク、課題、リスクなどを 洗い出し明文化する。 2 人を動かす 最適なメンバーをアサインし、 役割を与え行動してもらうよう動機づけをする。
  11. 11. copyright 2019 hataraku-kaigi ご視聴ありがとうございました! 11

×