Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Umds(20101217)

1.512 Aufrufe

Veröffentlicht am

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

Umds(20101217)

  1. 1. プロデュースとは何か-企画・設計の思考と実践 流通科学大学「経営情報特別講義」 日時:2010年12月17日(金) 会場:流通科学大学 岡本真アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 1 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  2. 2. 自己紹介お話させていただく人間について 2 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  3. 3. 自己紹介-岡本真(おかもと・まこと) 現在:  アカデミック・リソース・ガイド株式会社  代表取締役/プロデューサー  ACADEMIC RESOURCE GUIDE編集長  兼任  京都大学 情報学研究科 非常勤研究員  国立情報学研究所 産学連携研究員  東京大学 工学系研究科 総合研究機構 研究員  早稲田大学 ITバイオマイニング研究所 客員研究員  大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師  関西学院大学 文学部 非常勤講師 過去:  国際基督教大学卒業(1997年)  教育雑誌編集者等を経て、  1999年~2009年、ヤフー株式会社に在籍  Yahoo!知恵袋、Yahoo!検索ランキング等の企画・設計・運用 3 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  4. 4. 参考:自分のバックグランド 出版 学問を 2年 1997年~1999年 生かす社会 へ 自分 知識 ウェブ 情報 10年 11年 1998年~ 1999年~2009年 4 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  5. 5. [参考] ACADEMIC RESOURCE GUIDE 1998年7月創刊、週刊、4800部、無料 「インターネットの学術利用」がテーマ 約150人の執筆者、約400回の発行 5 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  6. 6. [参考] アカデミック・リソース・ガイド株式会社 創業:  2009年9月30日 前史:  1998年7月11日創刊のメールマガジン “ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)” ビジョン:  「学問を生かす社会へ」 体制:  役員1名+インターン3名 http://www.arg.ne.jp/ 6 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
  7. 7. [参考] ARGの事業内容1. インターネットサービスの企画、開発、運用2. インターネット活用の研修、コンサルティング3. ウェブ技術に関わる産官学連携のコンサル ティング、仲介4. 地域社会の活性化に関わるコンサルティング5. 前各号に附帯する執筆、出版、講演、講義6. 前各号に附帯する一切の事業 7 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  8. 8. 今日の話のねらいオンライン、オフラインを問わず、 「ものごと」をプロデュースする 知識と経験について 理解を深めていただく 8 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  9. 9. “プロデュース”の世界へ 2つの事例から1. Yahoo!知恵袋2. L-1グランプリ 9 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  10. 10. 事例1. Yahoo!知恵袋大規模ウェブコミュニティーのプロデュース 2004年~2007年 10 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  11. 11. Yahoo!知恵袋というサービス 11 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  12. 12. Yahoo!知恵袋における質問・回答例 ワード上で、ダイエーの故・中内功氏の「功」の 正しい字を出す方法を教えてください。 お尋ねの字はVistaのMS(P)明朝・MS(P)ゴシッ ク、メイリオに収められていて、Word、Excelな どで使えます。……。 http://yj.pn/mJ85YH 12 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  13. 13. Yahoo!知恵袋の特徴-最後発サービスからの逆転 出典:ネットレイティングス 13 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  14. 14. Yahoo!知恵袋の企画意図と設計1. 問題の把握  検索エンジンの限界2. 解決(成功)のイメージ  あらゆる疑問の解決3. 仕組みの構想  柔軟な対案  古典的なコミュニティー  大胆な翻案  実態に即したローカライズ 明確な成功  明確な方針  ビジョン、ミッションの策定 イメージ 14 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  15. 15. [参考] Yahoo!知恵袋の企画意図と設計1. 学術研究の知見の取り込み  國領二郎:「顧客間インタラクション」研究  山岸俊男:「社会的ジレンマ」研究  黒木玄:「匿名」研究2. 社会・文化的背景の考慮  質問する文化、質問できる社会  質問するインセンティブデザイン  質問への貢献度付与  良回答 < 回答有3. Vision/Goal設定  「幻なくば、民滅ぶ」(箴言) 参考:  「質量転化の法則」 Naverアドバイザリーボード第4回 15 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  16. 16. 事例2. L-1グランプリ 若手図書館関係者を発掘する プラットフォームのプロデュース 2010年~ 16 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  17. 17. L-1グランプリというイベント 名称:  L-1グランプリ2010 -若手ライブラリアンのためのワークショップ式登竜門 目的:  「今後、図書館業界で活動していく上で欠かせないリーダーシップやファ シリテーション、アジェンダ設定やビジョン提示、パブリックスピーキング の能力と経験を養うことを目指」す。 日時:  2010年11月25日(木) 主催:  図書館総合展運営委員会 共催:  図書館振興財団 http://www.toshokanshinko.or.jp/senden/ 協力:  アカデミック・リソース・ガイド株式会社 17 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  18. 18. L-1グランプリの内容 課題  抜擢人事で館長になったとき-次代に示すビジョンと プラン  あなたは抜擢人事で図書館長に就任することになりました。 明日は就任初日です。関係者に対して館長としてのビジョ ンとプランを示す必要があります。その際のプレゼンテー ションを作成し、発表してください。 出場  7チーム(各5名)  「リーダーを含む過半数のチームメンバーは、40歳以下」  「職業、図書館勤務経験の有無は、一切不問」  「組織や文化を超えた幅広いネットワークで結ばれたチー ムの出場を期待」 18 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  19. 19. L-1グランプリの内容 構成:  第1部(10:30~12:00)  課題発表、インタビュー、チーム討議、ライトニングトーク(各3分)  第2部(13:00~15:00)  自由時間  第3部(15:30~17:00)  最終プレゼンテーション(各8分)、審査 審査:  5名の審査員が各20万円を所持・投票  伊勢真一(映画監督)、くすのきしげのり(作家)、小城武彦(丸善株 式会社代表取締役社長)、橋本大也(データセクション株式会社取締 役会長)、寶槻泰伸(株式会社ワイズポケット代表取締役社長) 結果:  40万円獲得チームがグランプリ 19 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  20. 20. L-1グランプリの企画意図と設計1. 問題の把握  若手のプレゼンテーション機会の不足2. 解決(成功)のイメージ  ヒト・コト・カネの獲得3. 仕組みの構想  ヒトの獲得:チーム編成  コトの獲得:課題の提示(ビジョンとプラン)  カネの獲得:総額100万円の賞金 20 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  21. 21. [参考] L-1グランプリの企画意図と設計1. 極秘の進行  課題、審査員の公表方法  課題:当日第1部開始直後  審査員:当日第3部開始直後2. 過剰な説明の排除  尋ねられない限り、先んじて教えないという方針  与えられた状態からの脱却3. 「自由」の設定  第2部の3~4時間  USTREAM(ネット中継)の向こうの50人 21 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  22. 22. 再掲:今日の話のねらい オンライン、オフラインを問わず、 「ものごと」をプロデュースする 知識と経験について 理解を深めていただく 22 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  23. 23. 「ものごと」をプロデュースする上での基本 問題(現状)の把握 解決(成功)のイメージ 仕組みの構想(企画・設計) 23 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  24. 24. これからのプロデューサーの歩むべき道 • 例:単独のWebサービス個別 • 例:一つのサークル活動 • 例:共通・共有の連携ネットワーク全体 • 例:全サークルが利用できる基金 24 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  25. 25. 補論(1)-私的・職業生活の送り方#1 Yahoo! ARG JAPAN 25 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  26. 26. 補論(1)-私的・職業生活の送り方#2 Yahoo! ARG JAPAN 26 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  27. 27. 補論(1)-私的・職業生活の送り方#3 ARG Library 27 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  28. 28. 補論(2)-私的・学生時代の使い方#1 学問 遊び 資格 バイト 就職 28 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  29. 29. 補論(2)-私的・学生時代の使い方#2 学問 遊び 資格 バイト 就職 29 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp
  30. 30. ご清聴に感謝 続きは質疑で 岡本真アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー 30 Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved. arg.ne.jp

×