Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

今後のRedmineコミュニティの方向性について #redmineT

2018/11/10 第15回勉強会 - redmine.tokyo
https://redmine.tokyo/versions/32

第15回東京Redmine勉強会の感想~Redmineの2つの顔が相異なる2つのユーザ層を生み出している #redmineT: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/15redmineredmin.html

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

今後のRedmineコミュニティの方向性について #redmineT

  1. 1. 今後のRedmineコミュニティの 方向性について 2018/11/10 あきぴー copyright2017 akipii@redmine.tokyo 1
  2. 2. 自己紹介 • ハンドルネーム:@akipii • 東京Redmine、Redmine大阪スタッフ • 出版した著書 • 「Redmineによるタスクマネジメント実践技法」 (with 阪井さん) • 「チケット駆動開発」 (with 阪井さん) • 「Redmine超入門」(with redmine.tokyoスタッフ) • 「Redmine 実践ガイド」 (with (株)アジャイルウェア) Copyright2017 akipii@XPJUG関西 2
  3. 3. 今日のお話 • Redmineコミュニティを今後、どんな方向に発展させ るべきか? • 1スタッフとしての意⾒です copyright2017 akipii@redmine.tokyo 3
  4. 4. Redmineの2つの顔 copyright2017 akipii@redmine.tokyo 4 プロジェクト管理の 実験ツール OSSのプロジェクト管理 の開発基盤 表の顔 裏の顔 ・ソフトウェア⼯学の理論を実験できる メトリクス収集集計基盤 /開発プロセスの運用基盤 ・ガントチャート、EVM、リソース管理、 かんばん、バーンダウンチャート等実現可能 ・Agile開発もWF型開発も運用可能 ・汎用的なプロジェクト管理ツールの 開発基盤 ・機能のカスタマイズが容易 ・プラグインによる機能追加が容易 ・外部システムとの接続I/Fが豊富 Ruby開発者 (プラグイン開発者等) プロジェクトマネージャ、 PMO、品質保証部門
  5. 5. Redmineの面白さ • アジャイルでもウォーターフォールでも両方上手く適用できる • 特に、RedmineはWF型開発に特に向いている(?) • 自分たちの組織に合わせてカスタマイズできる • プラグインで機能拡張しやすい • 最先端のソフトウェア工学やプロジェクト管理手法を実験で きる • プログラマでもプロジェクト管理を疑似体験できる • ボトムアップで業務を改善していこうとする動機づけを強化 してくれる • 日本人はボトムアップの改善が得意な特性を持つ • 柔軟なRedmineは日本人に向いていると思う copyright2017 akipii@redmine.tokyo 5
  6. 6. 日本のRedmineコミュニティ • Redmine大阪 • 勉強会の発端は2011年6月 • かおらべさんのつぶやきが発端 • RxTStudyで発足して改名 • 17回実施 • redmine.tokyo • 勉強会の発端は2011年8月 • 熱心なRedmineユーザ8人が集まった • コミッタの@marutosijpさんも来られた • 品川Redmineで発足して改名 • 15回実施 copyright2017 akipii@redmine.tokyo 6
  7. 7. 参加している人たち • SIのプロジェクトリーダー • 品質保証部門やPMO • インフラ管理者 • 製造業のPM など • おっさんのマネージャ層が多い? • プラグイン開発者が割と多い(川端さん談) • 最近、⼥性層が増えてる copyright2017 akipii@redmine.tokyo 7
  8. 8. プラグイン開発者は貴重な存在 • @akiko_pusuさん、@tkusukawaさん、 @haru_iidaさん、@two_packさん、 @onozatyさん、@naitohさん 他多数 ⇒日本人の開発者が多いのが特徴 • プラグイン開発者やパッチ提供者は利用ユーザにとっ て重要な人達 • Redmineの機能強化につながる • ユーザのニーズを吸い取ってくれる • ユーザの不満を解消してくれる copyright2017 akipii@redmine.tokyo 8 皆でプラグイン開発者やパッチ提供者を応援しよう!
  9. 9. 今後のRedmineコミュニティの方向性 • Redmineコミュニティの参加者の多様化を図る • Redmineのエコシステムを作る copyright2017 akipii@redmine.tokyo 9
  10. 10. コミュニティ参加者の多様化 • マネージャ層とRuby開発者が有意義に議論できる 場を提供したい • Redmineの新機能や新たな運用方法などの、化学反 応やシナジー効果を提供する場を構築したい copyright2017 akipii@redmine.tokyo 10 Ruby開発者 (プラグイン開発者等) プロジェクト・マネージャ プロジェクト管理の 実験ツール OSSのプロジェクト管理 の開発基盤
  11. 11. Redmineコミュニティの理想形 • コミッタ、利用ユーザ、ベンダーが有意義に議論できる場を 提供したい • ベンダーもコミュニティを支援するステークホルダーの一人とみなす copyright2017 akipii@redmine.tokyo 11 利用ユーザ (プロジェクト・マネージャ等) Ruby開発者 (プラグイン開発者等) Redmineコミッタ Redmineベンダー ベンダーも コミュニティを支援する ステークホルダーの一人 Redmineコミュニティ
  12. 12. Redmineのエコシステム • LinuxやRubyと同じように、永続的なオープンソース・ソフ トウェアとして確⽴したい • Redmineのユーザは世界中にいる • しかし、RedmineのコミッタはJPLを含めて3人しかいない • そのためにコミュニティを今後も盛り上げていきたい copyright2017 akipii@redmine.tokyo 12 Redmineコミッタ 利用ユーザ (プロジェクト・マネージャ等) Ruby開発者 CI 配布 ・ ・ ・・ ・ フィードバック・パッチ貢献
  13. 13. 個人的な思い • いつか、JPLを日本に呼びたいな copyright2017 akipii@redmine.tokyo 13
  14. 14. copyright2014 akipii@XPJUG関西 14 皆でRedmine コミュニティを 盛り上げましょう
  15. 15. copyright2014 akipii@XPJUG関西 15 Redmineを 永続的なOSSとして 確⽴したい

×