Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

201806 のの会@関数Talk 3rd

167 Aufrufe

Veröffentlicht am

Notes/Dominoの@関数を取り上げながら、調べたこと、経験したことを雑談してゆこうと思います。
第3回は @IsMember & @IsNotMember・@UserName・@Text について

Veröffentlicht in: Software
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

201806 のの会@関数Talk 3rd

  1. 1. -notes knows community- 2018/06/07 ネオアクシス株式会社 阿部覚 (tw:) @abesat @関数Talk 第3回 公開版
  2. 2. たしか前回、こんな関数のリクエストを 頂いていたと思うので こちらから…
  3. 3. @IsMember @IsNotMemberの 雑談
  4. 4. 指定した要素が別の文字列リストに 「含まれているか」を見る関数ですが リクエストの背景は 「わかりづらい」「混乱しやすい」とい うことだったと思います。 とくに複数メンバーを チェックする時の、この2つの区別… !@IsMember(~ @IsNotMember (~
  5. 5. 検証するにあたって、 こんな複数値のグループとメンバーを 想定 ※サザエ マスオ タラオは、 フグ田家なのでいったんリスト外
  6. 6. こんなボタンを用意 怒られるかもしれませんが、タマは苗字がないので やはりisonoke には含めてません @IsMemberは メンバーに限定
  7. 7. !で内容をひっくり返しただけのこちらも 結果は同様 @IsMemberは メンバーに限定
  8. 8. 対して、@IsNotMemberでは 結果が変わります メンバーが含まれてると 成立しないようです。
  9. 9. ここで、まとめてしまうと、 それぞれ 以下のことをチェックする場合に 使える、と、いえそうです。
  10. 10. @UserName の雑談
  11. 11. ※公開版での補足※ 「@UserNameの雑談」では あるQ&Aサイトでのやり取りをネタに話を展開していたのですが 著作権等を考慮するとそのままQ&Aサイトの画面を公開できないため、 該当スライドのページを省かせていただき、要点部分主体となります。
  12. 12. ここでは、リクエストにあった @UserName(1)に触れたいのですが IBMさんのヘルプ 関数のヘルプを見ただけでは ぴんと来ないかも
  13. 13. ユーザーIDは、 現在(9.x)のメニューで云えば、 「ファイル - セキュリティ -ユーザーセキュリティ」で確認 こんな状態のときは @UserName(1) は とれません
  14. 14. じゃぁどんな条件なら @UserName(1)で別名がつくの? は システム管理のお話になります。 その会社のNotes/Domino環境で、 R5以降でサポートされている 「別名の命名機能」が使用されているの が条件です。
  15. 15. R4.x以前からNotesを使っていて ベンダー製の「漢字アドレス帳」 しか使ってこなかった会社 外資系やグローバル企業で、 そもそも日本語の別名なんて 環境に準備してない会社 では、 @UserName(1)は無関係なことが 多いです…
  16. 16. さて、 1回の雑談ではちょっと手に余るような、 バリエーションが多い関数が いくつかあります。 それらについては、部分的に取り上げて お話しようと思います。 したがって、次の@関数については (このシリーズが続くなら) またお話させていただくことが あるかもしれません:
  17. 17. @Text の雑談
  18. 18. 今回ネタにするのは、 @Textの中でも こちらのケースです IBMさんのヘルプ Notes/Domino開発者なら 使ったことのない人の方が 少ない関数だと思いますが
  19. 19. つまり @Text(@Today) や @Text(@Now) などで 日付や時刻を文字として返すたぐい
  20. 20. IBMさんのヘルプ 「構成要素」の指定で 表示要素を限定することも こんなのもあるのかー
  21. 21. こうした、 「日時を文字にする@Text」は • 編集可能フィールド • 計算結果フィールド • 作成時の計算結果フィールド • ビューの列式 などで
  22. 22. 使わないでください!
  23. 23. なぜかといえば… ヒントはそういえば、ヘルプの中にも IBMさんのヘルプ 日付が古くて2桁なのは置いとくとして 例では年(93)が先頭ではない 月/日/年という順序
  24. 24. たとえば@Text(@Today) (引数なし) の戻り値は 2018/06/07 とは限りません 言語環境によって 06/07/2018 や 07/06/2018 があり得ます
  25. 25. 使用している端末の 設定によって左右…
  26. 26. グローバル化に 全く縁がない環境でない限り、 @Text(日付) で保存されるフィールドで こんなことが起きえます。
  27. 27. 私はこんな感じの 「日付順ビュー」を見たことがあります 12/30/2010 12/30/2005 12/25/2011 : 11/10/2009 09/05/2008 @Text化した日付で並べたビューですが そのDBが海外のサーバーに 複製された結果、こうなっていました… ご注意ください♪ 列の式:
  28. 28. ということで、今回も ありがとうございました!

×