Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

201805 のの会@関数Talk 2nd

208 Aufrufe

Veröffentlicht am

201805 のの会@関数Talk 2nd

Notes/Dominoの@関数を取り上げながら、調べたこと、経験したことを雑談してゆこうと思います。
第2回は @IsNewDoc・@WindowTitle・@Now について

Veröffentlicht in: Software
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

201805 のの会@関数Talk 2nd

  1. 1. -notes knows community- 2018/05/09 ネオアクシス株式会社 阿部覚 (tw:) @abesat
  2. 2. 前回=初回の「おためし篇」では、 どんな関数を扱うかは@Randomです、 と申しました。 とはいえ、何か取り上げ方の物差しがないと、 節操がなさそうな ネタ切れもおきそうな予感がしていますが、 現時点では、今回も@Randomです。(汗)
  3. 3. の雑談
  4. 4. IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ つまりは 「新規作成中の文書かどうか」を 表す関数ですね つまりは 「新規作成中の文書かどうか」を 表す関数ですね
  5. 5. ヘルプでの用例は いずれもウィンドウタイトル式ですが ヘルプでの用例は いずれもウィンドウタイトル式ですが
  6. 6. 私がとくに @IsNewDocの使用をおすすめしたいのは たとえば 「作成時の計算結果」フィールドです。 私がとくに @IsNewDocの使用をおすすめしたいのは たとえば 「作成時の計算結果」フィールドです。
  7. 7. IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ 「作成時の計算結果」?「作成時の計算結果」? そもそも作成時しか動かないのに @IsNewDocで 「作成時かどうか」を みる意味があるの?
  8. 8. 問題は、そのフィールドが 既存アプリケーションに あとから改修で追加されたもので ある場合です。 問題は、そのフィールドが 既存アプリケーションに あとから改修で追加されたもので ある場合です。
  9. 9. (例)今までなかったけど、今度から 文書作成者の現所属部署も表示することにしよう! (例)今までなかったけど、今度から 文書作成者の現所属部署も表示することにしよう! 作成者の所属を自動で出すような式が この部分にあるとお考え下さい 後から追加した作成時の計算結果 古い文書には、もともと入ってない所属は 新たに計算・表示しないようにします。 古い文書には、もともと入ってない所属は 新たに計算・表示しないようにします。
  10. 10. IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ ヘルプには、便宜上こう書かれていますが 作成時の計算結果は、正確には 「フィールドが初めて生成された場合に計算を実行」 するものと考え、既存アプリに追加する場合には 注意してください。 編集可能フィールドを後から追加する場合も 「デフォルトの式」や「入力の確認」で @IsNewDocによるチェックが意味を持ちます。
  11. 11. の雑談
  12. 12. IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ 要するに、これを返す関数ですね!要するに、これを返す関数ですね!
  13. 13. 私が云いたいこと: @DbTitleは、 使えるところでは積極的に使いましょう 私が云いたいこと: @DbTitleは、 使えるところでは積極的に使いましょう 私がよく使う箇所 ・ウィンドウタイトルの式 ・ナビゲーション 私がよく使う箇所 ・ウィンドウタイトルの式 ・ナビゲーション
  14. 14. と、いうのは、 古くからNotes/Dominoを使用している 環境では こういう残念なアプリを時々見かけるからです。 と、いうのは、 古くからNotes/Dominoを使用している 環境では こういう残念なアプリを時々見かけるからです。 オモテの名前と 中の名前が違うよ! オモテの名前と 中の名前が違うよ!
  15. 15. 原因は: ナビゲーション上のページでは ”××チーム掲示板”を値で指定していた 後から利用者がDBプロパティ上で タイトルだけ変更 原因は: ナビゲーション上のページでは ”××チーム掲示板”を値で指定していた 後から利用者がDBプロパティ上で タイトルだけ変更
  16. 16. こんな状況を予防するためにも 設計内で「アプリの名前」を指定する箇所では 直接アプリ名を書くよりも なるだけ@DbTitleをご活用ください。
  17. 17. @Nowは、現在の日時を返す関数ですが Notes/Domino 6から パラメータが追加になっています。
  18. 18. IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ
  19. 19. パラメータを使うと、 サーバーの時間を返すことができます。 パラメータを使わなければ、 セットされるのはローカルコンピュータ、 つまりは手元のパソコンの時間です。 (できれば逆にしてほしかった…)
  20. 20. よく考えると日付を返す3つの関数には このパラメータはありません。 昨日を返す @Yesterday 今日を返す @Today 明日を返す @Tomorrow それぞれのヘルプにはこんなことが書かれています。 IBMさんのヘルプIBMさんのヘルプ
  21. 21. したがって、もし 昨日・今日・明日の値を どうしてもサーバーから取得したい場合は (PCの時間を不正に変更して文書の時間をごまかす いたずらを断固防止したい場合は) @Nowを代わりに使った式を組み立てる必要が ありそうです。 その式についてはまたの機会に…
  22. 22. ということで、今回も ありがとうございました!

×