Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

コイルのスパイスモデル

1.431 Aufrufe

Veröffentlicht am

コイルのスパイスモデル

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

コイルのスパイスモデル

  1. 1. Doc no WJINDU001 10 Feb 2004 デバイスモデル インダクタ 株式会社ビー・テクノロジー Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  2. 2. Doc no WJINDU001 10 Feb 2004ご依頼の方法について お客様に準備して頂くものは以下の 1 点です。① インダクタのサンプルを 3 個対象となるインダクタを 3 個準備して下さい。計測をする際に予備として準備して頂きます。また、3 個準備出来ない場合はご相談下さい。お客様より準備して頂いた後にデバイスモデリングを実施致します。当社からお客様にご提供する納品物は以下の通りです。① デバイスモデル(スパイスモデル)② デバイスモデリング・レポート③ 回路図シンボル⇒インダクタは等価回路モデルです。よって、回路図シンボルもご提供 致します。注意) 周波数特性を表現したデバイスモデルをご提供致します。周波数特性は、100Hz から100MHz までのインピーダンスを測定致します。お客様のお使いになる周波数帯域範囲を限定するほど、解析精度は向上致します。次ページ以降にデバイスモデリング・レポートの一部を掲載致します。 Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.
  3. 3. Doc no WJINDU001 10 Feb 2004Circuit simulation result Frequency (Hz) |Z| (ohm):Measurement |Z| (ohm):Circuit Simulation 100 4.46085 4.479 1K 4.49595 4.5114 10K 7.04924 7.0345 100K 54.3958 54.437 1M 545.052 549.122 10M 27.899k 25.688k 100M 406.9 451.751 FSRF (Hz):Measurement FSRF (Hz):Circuit Simulation 9.078129M 9.1201M Copyright (C) 2004 Bee Technologies Inc.

×