Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
調整員会議資料
現場からみた終了時評価
準備事例
2011年10月3日
『タイ国・コミュニティにおける高齢者
向け保健医療・福祉サービスの
統合型モデル形成プロジェクト
(CTOPプロジェクト)』
奥井利幸(PEA02245@nifty.com...
中間レビュー、終了時評価 の教科書
新 JICA事業評価ガイドライン 2010年6月
http://www.jica.go.jp/activities/evaluation/gui
deline/pdf/guideline.pdf
最低限の知識...
JICAの評価 の目的(さきほどの資料より)
評価の目的;
1.評価結果を事業の意思決定過程にフィードバックし、事業を改善する。
・援助戦略、JICAの援助実施方針の策定に活用する。
・評価対象事業の実施、軌道修正、協力継続の判断に活用する。
...
プロジェクト調整員から見た
中間レビュー、終了時評価 への期待
中間レビュー;
進捗状況を、客観的に判断し改善点や実施方法の助言
プロジェクト内での意見の相違などで行き詰まっている場合
は、方向性を定める
プロジェクト関係者で、「その方向性で良...
だから、
終了時評価 は
良いことの
確認
終了時評価;
プロジェクトがうまく実施されていることを確認
プロジェクト終了後に継続的に事業が実施されるよう
関係者への動機付けがなされる
他のプロジェクトへの参考・教訓となることの抽出
多くの関係者...
CTOPプロジェクトの特徴
特徴;
多岐にわたる関係機関(保健省・人間安全保障省の2省7局、
自治体、各省の地域事務所、施設や病院・保健所)
多岐にわたる関係者(本省から草の根(コミュニティリーダー、
高齢者クラブ、ボランティアなど)
大勢の関...
CTOPプロジェクト関係機関・関係者
基礎自治体
(テサバン・TAO)
保健省(5局)人間安全保障省(2局)
地域病院
総合病院
コミュニティ
病院
タンボン健康増進病院
・ヘルスセンター
保健省
県事務所
保健省
郡事務所
ガムナン
村長
...
終了時評価の期待に対する
9つの不安;
1.主要な関係者がPDMや評価方法をきちんと理解している?
2.主要な関係者がプロジェクトの理念を理解している?
3.主要な関係者の評価への積極的な関与とオーナーシップがある?
4.主要な関係者が活...
終了時評価実施における
9つの不安への対策;
1.主要な関係者がPDMや評価方法をきちんと理解している?
プロジェクトPDMおよびJICAの評価(5項目評価)の主要な関係者(≒カウンター
パート)向け勉強会の実施
(タイの公務員は勉強会は大好き...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
2.主要な関係者がプロジェクトの理念を理解している?
「わかりやすいシンプルな基本理念」の関係者間での繰り返し確認
ローカルオーナーシップ
ニーズベース統合型アプローチ
循環型マネジメント(繰...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
3.主要な関係者の評価への積極的な関与とオーナーシップがある?
キーマンへの感謝盾の進呈
自分が「選ばれたCTOPの主役との意識」
を持ってもらう
実際は「今後の貢献への期待」で進呈
よって、必...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
4.主要な関係者が活動や今後の継続性について説明できる?
「普及ビデオ」の撮影にかこつけて、
主要な関係者への「インタビュー」撮影
「CTOPの良い点」「プロジェクト終了後の活動」などを
インタビ...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
5.多岐にわたる関係機関の終了時評価への参加・協力がある?
関係機関への感謝盾(両事務次官サイン付)の進呈
多くの関係機関のうちには、正直、関係が薄い機関もある
が、きちんと形(感謝盾)で示すこと...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
6.多岐にわたる関係者の終了時評価への参加・協力がある?
関係者は300名以上、、、
感謝状(両事務次官サイン付)を進呈
プロジェクトに非協力的な人も含め、
とにかく関係する人全員に!
予想以上の...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
7.タイ側評価団員が、主体的に評価に参加してくれるだろうか?
タイ側評価団の決定は非常に重要であるが、タイ側評価団の選定はタイ側事項
ではあるが、実施機関が省・局をまたがり調整は困難(タイ側にまか...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
8.資料の取り纏めや質問票の翻訳・配布・回収が円滑にできる?
実施機関が各省、各局にまたがり、かつくの関係機関や自冶体が関係する。各
種資料(活動実績、研修実績、予算、会議実績など)は各機関がバラ...
アシスタント確保のために;
1名のアシスタントは、就職活動と平行して終了時評価準備を行ったが、
「終了時評価まではプロジェクト」を前提に就職活動をしていただいた。
(終了時評価終了直後に退職)
アルバイトを後任にして、その後の業務を実施している...
終了時評価の期待に対する
9つの不安への対策;
9.多岐にわたる関係者へ適切な質問票の配布ができる?
相手に応じて3種類の質問票を作成;
幹部向け;
忙しい幹部に質問票の記入依頼はあまり現実的でない。インタビューとする。
一般カウンターパート向...
質問票配布先を、プロジェクトやJICAに批判的な人も対象に行った。
中間レビューでは、配布先を限定したが、質問票を受けとらなかった人から相
当な不満の意が表明されたが、今回はそのような人へも配布した。結果的に
回答しなかった人もあるが「満足」の...
まとめ
本省、各地の機関、コミュニティリーダにいたるまで、非常に協力
的かつ積極的、前向きな評価への協力があった。
日本側評価団員からも、「多くの人の積極的な評価への参加が
あったことが特別印象的であった」とのコメントがあった。
うれしかったこ...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

JICAプロジェクト現場からみた終了時評価 対策と準備

JICAプロジェクト現場からみた終了時評価 対策と準備

  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

JICAプロジェクト現場からみた終了時評価 対策と準備

  1. 1. 調整員会議資料 現場からみた終了時評価 準備事例 2011年10月3日 『タイ国・コミュニティにおける高齢者 向け保健医療・福祉サービスの 統合型モデル形成プロジェクト (CTOPプロジェクト)』 奥井利幸(PEA02245@nifty.com) ※ 今回は、「どのように評価するか」との評価の中身ではなく、 「評価をどのように準備するか」の視点での発表資料です。
  2. 2. 中間レビュー、終了時評価 の教科書 新 JICA事業評価ガイドライン 2010年6月 http://www.jica.go.jp/activities/evaluation/gui deline/pdf/guideline.pdf 最低限の知識は必要でしょう。 私的には調整員としては、この2冊で、必要・十分だと思う! (他に良い本があれば請紹介!) プロジェクト評価の実践的手法 JICA事業評価ガイドライン改訂版 2004年3月
  3. 3. JICAの評価 の目的(さきほどの資料より) 評価の目的; 1.評価結果を事業の意思決定過程にフィードバックし、事業を改善する。 ・援助戦略、JICAの援助実施方針の策定に活用する。 ・評価対象事業の実施、軌道修正、協力継続の判断に活用する。 ・援助関係者・組織の学習効果を高める 2.JICA の協力事業の透明性と説明責任の向上のために広く情報を公開する。 ・事業の透明性や説明責任を確保する。 ・ JICAが行う協力の効果やプロセスにかかる情報を広く国内外に公開する。 中間レビュー の目的; 妥当性を再検証すると共に、目標達成見込み、プロジェクトの促進要因・阻害要因とその動 向等を分析する。評価結果は計画の見直しや、運営体制の改善にも活用される。 終了時評価の目的; 目標達成見込み、事業の効率性、今後の持続性の見通し等の観点から協力の実施状況を 総合的に評価し、残りの実施期間の計画を相手国政府側と策定し、プロジェクトを終了する ことの適否や協力延長等フォローアップの必要性、先方政府独自に継続する場合の留意点 の有無等を判断する。 書いていることはわかるし、 奥深いことだけど、 そういう難しい議論は今日はやめておいて、、、、
  4. 4. プロジェクト調整員から見た 中間レビュー、終了時評価 への期待 中間レビュー; 進捗状況を、客観的に判断し改善点や実施方法の助言 プロジェクト内での意見の相違などで行き詰まっている場合 は、方向性を定める プロジェクト関係者で、「その方向性で良い」との共通認識に たち活動が継続される動機付けがなされる 活動の 改善 良い点の 確認 終了時評価; プロジェクトがうまく実施されていることを確認 プロジェクト終了後に継続的に事業が実施されるよう 関係者への動機付けがなされる 他のプロジェクトへの参考・教訓となることの抽出
  5. 5. だから、 終了時評価 は 良いことの 確認 終了時評価; プロジェクトがうまく実施されていることを確認 プロジェクト終了後に継続的に事業が実施されるよう 関係者への動機付けがなされる 他のプロジェクトへの参考・教訓となることの抽出 多くの関係者・関係機関が、 積極的に終了時評価に参加し、 前向きに意見を言い、 活発な議論の上で、 プロジェクトの良い点を抽出する 機会であって欲しい
  6. 6. CTOPプロジェクトの特徴 特徴; 多岐にわたる関係機関(保健省・人間安全保障省の2省7局、 自治体、各省の地域事務所、施設や病院・保健所) 多岐にわたる関係者(本省から草の根(コミュニティリーダー、 高齢者クラブ、ボランティアなど) 大勢の関係者(300人以上) トップダウンの コントロールは 不可能 だから重要なのは; わかりやすい理念の共有 関係者のモチベーション醸成 関係者の人間関係の円滑化促進 多様な思惑 多様な意見
  7. 7. CTOPプロジェクト関係機関・関係者 基礎自治体 (テサバン・TAO) 保健省(5局)人間安全保障省(2局) 地域病院 総合病院 コミュニティ 病院 タンボン健康増進病院 ・ヘルスセンター 保健省 県事務所 保健省 郡事務所 ガムナン 村長 タンボンレベル 省レベル 県レベル 郡レベル 村レベル 人間安全保障省 県事務所 ボランティア 高齢者クラブ コミュニティリーダー 専門病院 各種センター 各種センター チェンライ コンケン ノンタブリ スラタニ の4カ所のサイト
  8. 8. 終了時評価の期待に対する 9つの不安; 1.主要な関係者がPDMや評価方法をきちんと理解している? 2.主要な関係者がプロジェクトの理念を理解している? 3.主要な関係者の評価への積極的な関与とオーナーシップがある? 4.主要な関係者が活動や今後の継続性について説明できる? 5.多岐にわたる関係機関の終了時評価への参加・協力がある? 6.多岐にわたる関係者の終了時評価への参加・協力がある? 7.タイ側評価団員が、主体的に評価に参加してくれるだろうか? 8.資料の取り纏めや質問票の翻訳・配布・回収が円滑にできる? 9.多岐にわたる関係者へ適切な質問票の配布ができる?
  9. 9. 終了時評価実施における 9つの不安への対策; 1.主要な関係者がPDMや評価方法をきちんと理解している? プロジェクトPDMおよびJICAの評価(5項目評価)の主要な関係者(≒カウンター パート)向け勉強会の実施 (タイの公務員は勉強会は大好き) 評価のための各種資料・データを提出するよう関係者にお願いしているが、 簡単には出てこない。 かといって、あおると嫌がられる。各種イベントを通じてやる気(「やらなきゃしょう がないなぁ」という気持ち)に持って行く。
  10. 10. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 2.主要な関係者がプロジェクトの理念を理解している? 「わかりやすいシンプルな基本理念」の関係者間での繰り返し確認 ローカルオーナーシップ ニーズベース統合型アプローチ 循環型マネジメント(繰り返しの重要性)
  11. 11. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 3.主要な関係者の評価への積極的な関与とオーナーシップがある? キーマンへの感謝盾の進呈 自分が「選ばれたCTOPの主役との意識」 を持ってもらう 実際は「今後の貢献への期待」で進呈 よって、必ずしも貢献していない人にも、 ↓ 効果大! 協力的でなかった人も協力的に!
  12. 12. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 4.主要な関係者が活動や今後の継続性について説明できる? 「普及ビデオ」の撮影にかこつけて、 主要な関係者への「インタビュー」撮影 「CTOPの良い点」「プロジェクト終了後の活動」などを インタビューするからと予め話す内容を考えておいてもらう。 終了時評価調査団が質問 、、、、 いやだなあ憂鬱だなあ。 となることを期待! テレビにでるかもしれない撮影、、、、 ワクワク!頑張ろう! 予想以上の効果があった! タイ人は結構みんな役者!!!
  13. 13. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 5.多岐にわたる関係機関の終了時評価への参加・協力がある? 関係機関への感謝盾(両事務次官サイン付)の進呈 多くの関係機関のうちには、正直、関係が薄い機関もある が、きちんと形(感謝盾)で示すことにより、終了時評価へ の参加を促すことを期待。 こちらも予想以上の効果があった! JICAへの感謝盾の効果は不明!(笑)
  14. 14. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 6.多岐にわたる関係者の終了時評価への参加・協力がある? 関係者は300名以上、、、 感謝状(両事務次官サイン付)を進呈 プロジェクトに非協力的な人も含め、 とにかく関係する人全員に! 予想以上の効果があった! 以前は、「CTOPは○○さんのプロジェクト=自分は関係な し」という雰囲気があったが、きちんと形(感謝状)で示すこ とにより、多くの人の積極的な参加があった! 単なる紙と印刷費でこれだけ価値があるのであ れば、乱発したくなる! (笑)
  15. 15. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 7.タイ側評価団員が、主体的に評価に参加してくれるだろうか? タイ側評価団の決定は非常に重要であるが、タイ側評価団の選定はタイ側事項 ではあるが、実施機関が省・局をまたがり調整は困難(タイ側にまかせきれない) ので最終的にかなり関与した。 核団員;予めご本人の了解を取り付け、その人にあわせた評価日程を計画 それ以外の団員;形式的でなく、実際出席し評価できる人を選考。一人一人き め細かな調整を行いながら団員を決定した。(タイにまかせると雑になりがち) TICAや有識者には、予め訪問し直接説明・出席依頼 (今回はTICAの移転と重なり、訪問しての説明はせず電話のみ) 結果;タイ側調査団が毎回の協議に積極的に参加いただいた。
  16. 16. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 8.資料の取り纏めや質問票の翻訳・配布・回収が円滑にできる? 実施機関が各省、各局にまたがり、かつくの関係機関や自冶体が関係する。各 種資料(活動実績、研修実績、予算、会議実績など)は各機関がバラバラのフォー マットで提出してくる。もちろタイ語で。 (こちでフォーマットを作成して記入をお願いしたが、分厚いファイルをドンとわた されるケースもある) よって、その資料を取り纏めることや翻訳にアシスタント(秘書)が必要。 また、各種資料の翻訳、協議の通訳・質問票の翻訳・質問票の回答の翻訳など アシスタント(秘書)への期待は大きい。一方で、プロジェクト終了前はアシスタント (秘書)が退職しがち(新しい仕事が見つかると転職するため) 優秀なアシスタントをきちんと確保することが必要
  17. 17. アシスタント確保のために; 1名のアシスタントは、就職活動と平行して終了時評価準備を行ったが、 「終了時評価まではプロジェクト」を前提に就職活動をしていただいた。 (終了時評価終了直後に退職) アルバイトを後任にして、その後の業務を実施している。 終了時評価を経験することが自分のキヤリアパスになることを説明 アシスタントでプロジェクトがまわっていること、プロジェクトに必要な人物である こと、大切に思っていることを繰り返し親身に説明 (プロジェクトで終了時評価に関わることが、自分の得になり、かつ役立ち感 (≒やりがい)も感じさせ辞めないようにする。 (それでも辞めたときの保険も兼ねて)アルバイトの雇用をする
  18. 18. 終了時評価の期待に対する 9つの不安への対策; 9.多岐にわたる関係者へ適切な質問票の配布ができる? 相手に応じて3種類の質問票を作成; 幹部向け; 忙しい幹部に質問票の記入依頼はあまり現実的でない。インタビューとする。 一般カウンターパート向け; 通常の質問票をタイ語訳して配布; コミュニティリーダー向け; たとえば、「プロジェクトの妥当性はどうですか?」などの質問はなじまない。 相手に応じた内容にする アシスタント2名、アルバイト1名体制で翻訳、配布、回収、さらに回答の翻訳を 行ない、限られた期間でなんとか配布・回収できた。 一部電話での聞き取り回答を行なった。
  19. 19. 質問票配布先を、プロジェクトやJICAに批判的な人も対象に行った。 中間レビューでは、配布先を限定したが、質問票を受けとらなかった人から相 当な不満の意が表明されたが、今回はそのような人へも配布した。結果的に 回答しなかった人もあるが「満足」の意が表明され、またプロジェクトへの協力 的になったと感じる。 反省; 質問票の回答結果は非常に参考になるものであった。物理的な作業量の 点から、特にコミュニティへの配布数はあまり多くできなかった。 予めプロジェクト活動の中で質問票の配布・回収を行っていればよかったと 思う。そうすれば、そのデータを日頃のプロジェクト活動に行かせると共に、 評価ももっと効率的に行えたと思う。
  20. 20. まとめ 本省、各地の機関、コミュニティリーダにいたるまで、非常に協力 的かつ積極的、前向きな評価への協力があった。 日本側評価団員からも、「多くの人の積極的な評価への参加が あったことが特別印象的であった」とのコメントがあった。 うれしかったこと 反省? こんな露骨にニンジン作戦をしてよいのか? 多くの関係者・関係機関が、 積極的に終了時評価に参加し、 前向きに意見を言い、 活発な議論の上で、 プロジェクトの良い点を抽出する 機会であって欲しい ほぼ、 達成!

×