Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

2012ー1 TENTOプレゼン資料

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Wird geladen in …3
×

Hier ansehen

1 von 11 Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (20)

Anzeige

Ähnlich wie 2012ー1 TENTOプレゼン資料 (20)

Anzeige

2012ー1 TENTOプレゼン資料

  1. 1. 子どものためのICT/プログラミングスクール 2011年4月からのあゆみ TENTO 代表 草野 真一 (2012年1月、筑波大学におけるプレゼン資料) 1
  2. 2. とは? • 小学4年~中学生対象のICT/プログラミングスクール • 2011年4月にスタート • 2時間程度の講座を毎週開催 • 子どもを対象に定期的にICT/プログラミング講座を行う 機関は日本ではじめて(現在もほかにはない) 2
  3. 3. 以前の状況(現況) • 子どもがプログラミングに接する機会は、ワ ークショップ形式のイベントに限られていた • 学校のパソコン授業やパソコンスクールの子 ども部門ではMicrosoft Officeを学習 ほんとにそれで いいんだろうか? 3
  4. 4. 海外の状況 • アメリカ、欧州、インド、韓国などには子ども が定期的にICT機器にふれ、学習する機関が ある • インドでは小学卒業時、一定のプログラミング 技術が備わっている • 日本には「プログラミングとはなにか」を伝え る場所すらない! →ないならつくればいい!!!
  5. 5. カリキュラム 1 HTML ・覚えれば自分の力で即座に発表できる ・自分がおこなった操作に対してフィードバッ クがすぐさま得られる(トライ&エラーの習慣) ・ソースの概念が自然に理解できる ・Javascript(最初の言語)への移行がスムーズ
  6. 6. 2 インターネットやシステムにたいする理解 ・ コンピュータのしくみ (CPU、メモリ、ハードディスク) ・ネットワークのしくみ (IPアドレスとクライアント/サーバ) ・ソーシャルメディアとはなにか? (チュニジアの革命の事例の紹介) プリントなどを用意し、自分で答えを検索
  7. 7. の今後 • Javascriptでブラウザ上のゲームを完成 • 「自分のプログラム」を考える (以上、3月のカンファレンスで発表) • Javaとオブジェクト指向の理解 • Androidアプリの作成 彼らが求めるかぎり 提供したいと考えています!
  8. 8. の方法 • 大人むけのプログラミング・メソッドは参考に しかならない • とにかくたのしい/おもしろいが重要 →TENTO独自の方法の確立 2012年6月、Rutles社より 「12歳からのHTML5/Javascript」 出版予定
  9. 9. の目標 デザイン型人材の育成 • 野村総研が2011年に提出した「求められる人材像」 • スーツ(ビジネスパーソン)とギーク(エンジニア)が活 躍する場を提供、イノベーションを起こす (例) しかし野村総研は スティーブ・ジョブズ(Apple) … デザイン型の育成は難しい と正直に マーク・ザッカーバーグ(Facebook) 認めているのであった…! ラリー・ペイジ(Google) 9
  10. 10. デザイン型人材は…… • ICTとプログラミングを十分に使いこなす知識 をもち、その応用を考える • 発想力をもち、それを語るスキル(言語化能 力)に長けている • コミュニケーション・スキル • プレゼンテーション・スキル • エンジニアの進化型 10
  11. 11. 展開 寺子屋モデル こどもたちが学習する場所である 「寺」を借り、講師と機材が移動する 2012年は東京で講座開催 方法論は6月発売の書物とともに 全国にシェアしていきたい

×