SlideShare ist ein Scribd-Unternehmen logo
1 von 20
データエンリッチメントを
業務に効率的に取り入れ
より的確な意思決定を実現
Precisely Japan
ご質問、コメントをお待ちしています
1. 画面左側、"ご質問を入力してください。"
の表示があるボックスに質問を入力
2. "送信" をクリック
ウェビナーの最後、Q&Aコーナーで
回答
されますので、ぜひご覧ください!
ここにご質問を記
入
データ完全性の要素
クラウドに対応し
た インフラの
近代化、 データ
サイロの排除、ビ
ジネスプロセスの
自動化
データガバナンス
と 品質をデー
タ中心プロセスに
組み込み、
正確さと一貫性を
確保
データに内在す
る位置情報を活
用し、より高度
な分析と実用的
な
洞察を実現
専門家がキュレー
ションしたデータ
セットで
コアビジネスデー
タを補完し、重要
なコンテキストを
追加して価値を高
める
シームレスでパーソ
ナライズされたオム
ニチャネルコミュニ
ケーションを
いつでも、どんなメ
ディアでも
Integrate Verify Locate Enrich Engage
3
ロケーションインテリ
ジェンスとデータエン
リッチメント
(関連データの付与)が
コンテキスト(文脈)を
提供します。
4
データ統合の重要な要素
コンテキスト(整合性)によって
より良い、より迅速な意思決定をサポート
より適切なリスク評価
保険・金融サービスのアンダー
ライティングのための住所の事
前採点
組織全体における顧客のシングル
ビュー
顧客エンゲージメントの
向上
位置情報・本人確認の精度
より良い意思決定
5
5
6
お客様のメリット
• データを簡単に消費し、信頼して
ビジネスに活用することができる
。
• リソースをデータの準備ではなく
、ビジネスプロセスに集中させる
ことができる。
• ビジネスプロセスにおける一貫し
たデータ活用。
郵送の規格が違うなど・・
• 米国の一般的な住所は、13の属性付与可能
• 世界中の300以上のアドレス属性を考慮
目的が異なれば、標準化・検証にも独自のアプローチが必
要になる
アドレスを扱うのは難
しい!
ジオコーディ
ング
メール送信機
能
デリバラビリティ
(到達精度)
運用性
パワフルな3つのコア要素
ジオアドレッシング
住所の検証、標準化、ク
レンジング、ジオコー
ディングにより、より多
くの情報に基づいた意思
決定のための貴重なコン
テキストを解き放ちます
。
数千の属性を含む専門家によ
る 精選データセットでビジ
ネスデータを強化し、より迅
速で確実な意思決定を実現し
ます。
データ
エンリッチメント
データに隠された空間的な関係
を導き出し、可視化することで
、より良い意思決定のための重
要な情報を明らかにします。
空間分析
7
7
8
正確さとコンテキストを備えたデータ統合の構築
エンタープライズデータソース エンタープライズ・ビジネス・システ
エンタープライズ
アプリケーション
BIダッシュボー
ド
アナリティクスツ
ール
精密な産業用アプ
リケーション
AI/ML
精緻なデータエンリッチメントとロケーションイン
テリジェンス
住所の検証、標準化、クレンジング、400のデータセットからなる
9000以上の属性によるデータのエンリッチにより、コンテキストを追
加することができます。
空間分析による新たな関係性の構築
あらゆるデータソースからの
データの精度とコンテキスト
を向上させ、新しい洞察を提
供します。
クエリ、ビジュアライゼーション、APIコ
ールを通じ、信頼性の高い、コンテキス
トに基づいたデータを、必要なときに必
要な場所でビジネスユーザーに提供しま
す。
CRM
請求書作成
ERP
ビジネス・インテリ
ジェンス
データウェアハウス
ワークフォースマネ
ジメント
クエリ
可視化
API
1 2 3
 アドレスの検証、
標準化、クレンジ
ング
 超高精度な位置座
標の割り当て、ま
たは緯度/経度から
住所を返す
 正確な各ロケーシ
ョンにPreciselyID
を割り当て
ジオアドレッシン
グ
 400データセット
で9000の属性付与
可能
 境界線、POI、プ
ロパティ属性、そ
の他
 ダイナミックデー
タ:人口動態や気
象の経年変化など
 付与された位置情報
に基づいて、派生的
な属性を作成し、公
開する
 距離、形状、密度な
どに基づいてデータ
を照会し、集計する
ことができます。
 ダッシュボードと地
図ベースのビジュア
ライゼーションによ
る洞察の公開
空間アナリティク
ス
データエンリッチ
メント
9
ジオアドレッシング
マスターロケーションデ
ー(MLD)、世界11カ国で
提供開始、さらに追加予
定
• 米国
• カナダ
• 英国
• アイルランド
• フランス
• ベルギー
• オランダ
• ルクセンブルク
• スウェーデン
• フィンランド
• シンガポール
• ドイツ(近日公開)
PreciselyIDをアドレス
に割り当て、Precisely
のデータエンリッチメ
ントポートフォリオか
ら属性を迅速に結合
クラウドインフラ、オ
ンプレミス、SaaSなど
、ITの構成に応じたソ
リューションの提供
250以上の国と地域に対
応するジオアドレッシン
グソリューション
最も幅広いビジネス課題
を解決
• メール送信機能
• デリバラビリティ
• サービス性
• ジオコーディング
グローバルカバレッジ 超高精度な位置情報
高速データエンリッチメン
ト
柔軟なデプロイメント
住所の自動予測入力、検証、ジオコーディングのための1つのソリューションで、
より多くの情報に基づいた意思決定のための関連するコンテキストを提供します
。
ジオアドレッシング
10
市場をリード
• パフォーマンス
• 高精度
• PreciselyIDとエンリッチメントデータを活用し
た 価値の高い意思決定の自動化・迅速化
• あらゆるプロジェクトの規模や予算に対応可能な
ソリューション
今後の計画
• Data Integrity Suite – ジオアドレッシング モ
ジュール
• MLDとPreciselyIDの国別カバー率を拡大
• 新たなビジネス課題をサポートするエンジンの継
続的な 進化
10
データエンリッチメント - グローバルな製品ポート
フォリオ
住所・物件
地図表示と分析のために、住所と
物件データを検証・確認
境界線
データエンリッチメントと領域分析
のための行政、コミュニティ、業界
固有の境界線
人口統計
人と行動をよりよく理解するため
のデモグラフィックおよび消費者
コンテクストデータ
POI
ビジネス、レジャー、地理的な
特徴を詳しく説明し、位置情報、
競争力のある情報を提供
道路
地図作成、分析、ルーティング
、ジオコーディングのためのパ
ワフルなストリートレベルデー
タ
リスク
洪水、火災、地震、気象に関する
自然災害の境界線
11
数千の属性を含む専門家がキュレーションしたデータセットにより、迅速かつ確実な意思決定が可能になりま
す。
データエンリッチメントのニーズに応えるユニークなポジ
ション
12
グローバルカバレッジのロケーションエンリッチメントデータ、400以上のデータセット
• 250以上の国・地域
• 数億のデータポイント
相互運用可能なデータセット、一貫したドキュメント、サポート付きの品質基準に沿って管理
されたデータ
例:
• プロパティグラフ
• マーケット&コミュニティリンク
動的データ(Dynamic Weather、Dynamic Demographics)によるエンリッチ機能
• 時間を次元として含むデータ
• 定期的かつ短い時間間隔(例:5分)で更新されるデータからの洞察を作成
深い専門知識によるデータ体験
• 開発、パートナーシップ、買収によるデータの追加
ユニークで永続的なIDを持つ、クラス最高のアドレスとプロパティのデータセット
• Preciselyと顧客の住所、建物、人口統計、リスクなどのデータを、ユニークで永続的な位置
識別子であるPreciselyIDを使用してリンクします。
データエンリッチ
メント
13
これから
• カバレッジの拡大により、より多くのデータセッ
トでPreciselyIDが利用可能になりました。
o 現在、米国とオーストラリアで発売中
o カナダ、フランス、イギリス、ベネルクスで近
日発売予定
o Data Integrity Suiteにおけるデータエンリッ
チメント
o 新しいデータAPIによるデータへの容易なアク
セス
o Enrichment-as-a-Service
13
14
空間分析
位置情報をあらゆるワ
ークフローに統合・共
有し、複雑な関係性を
明らかにすることで、
より多くの情報に基づ
いた意思決定を行うこ
とができます。
オープンなアーキテク
チャとスケーラブルな
ソリューションにより
、迅速かつ容易に導入
可能
クラウドインフラ、オ
ンプレミス、SaaSなど
、ITの好みに応じた配
信が可能
ロケーションインテリ
ジェンスプラットフォ
ームの業界リーダーと
して認知され、深い専
門知識により、お客様
が迅速に投資収益率(
ROI)を確認できるよ
う支援します。
データサポートに隠さ
れた新しい関係を迅速
に導き出し、明らかに
します。
• 運用プロセス
• 分析過程
• ビジネスアプリケー
ション
可視化とウェブベース
のマッピング機能によ
る迅速な情報共有で、
迅速な意思決定を実現
するセルフサービスア
プリケーションを提供
します。
新しい文脈を明らかにする 空間データ管理 柔軟なデプロイメント 業界リーダー
データに隠された空間的な関係を導き出し、可視化することで、より良い意思決定のための
重要な情報を明らかにします。
空間分析
15
市場をリード
• パフォーマンスとスケーラビリティ
• 使いやすさ
• 価値の高い意思決定の促進
• 柔軟なデプロイメント
o オンプレミス
o クラウドインフラ
o SaaS
これから
• Data Integrity Suite - 空間分析 モジュール
• SaaS提供の拡大
• 顧客が迅速にアイデアを得られるよう、動態データ
への対応を強化
15
住宅用不動産の成功に向けた位置情報の活用
サクセスストーリー
課題
• 高度なインターネット・アプリケー
ションやサービスを迅速に開発・立
ち上げるために必要なこと
• 位置情報、物件情報を自社内だけで
なく、広範囲に拡張する必要があっ
た
「社内で作成した独自のデー
タだけに頼っていては、提供
できるものが大きく制限され
てしまうことは、当初から明
らかでした。」
キット・エドワーズ
データ分析担当ディレクタ
ー
ケラーウイリアムズ
解決方法
• 空間分析機能と不動産および人
口統計データの統合
会社について
• ケラー・ウィリアムズ(KW)
は、住宅用不動産のグローバル
リーダー、テキサス州オース
ティンに本社を置くアメリカの
テクノロジーおよび国際的な不
動産フランチャイズ(2020年か
ら日本でも稼働)
• インターネットを活用した不動
産ソリューションの開発に特化
したテクノロジー企業
• KWの未来は、信頼できる超高
精度の位置情報へのアクセスに
かかっている
利点
• インターネットネイティブの新
しい不動産プラットフォームを
わずか数ヶ月で開発・展開
• 代理店および顧客は、広範かつ
正確な物件検索とプロファイリ
ングの恩恵を受けることができ
た
• データ品質とデータカテゴリー
間の一貫性により、正確で有用
な結果を提供し、エージェント
の成功と顧客の信頼をサポート
するとともに、ブランドレピュ
チャレンジ
現行モデルが不調で、拡張計画にリ
スクがあった
サイト選定を改善する 空間分析、エンリッチ
データ、コンサルティングサービス
サクセスストーリー
ソリューション
• 空間アナリティクスSpectrum Spatial
Insights、TrueView、LI API (ルーティン
グ)
• ジオアドレッシングLI API (ジオコーデ
ィング)
• 充実させる。ベースとなる人口統計、
CAMEOセグメンテーション、StreetPro
トラフィック
• 的確なコンサルティングサービス:店
舗サイト選定に関する専門知識とソリ
ューションに特化したモビリティデー
新規出店時のリスク低減
と可能性の最大化のため
に必要なこと
ビジネスバリュー
• 店舗サイト選定サインオフプロセス
の時間短縮
• Spectrum Spatial Insightsの単一の
リポジトリにすべての情報を持つ、
幅広いステークホルダーグループに
わたる単一の「真実の源(Source of
Truth)」。
• 誤った決定を避け、より良い決定を
• 各サイトのコストは100万ドルから
1,000万ドル
某英国大手食品・
飲料小売業
17
主なポイント
サクセス
複雑なビジネス上の問題を
解決するために、合理的で
スケーラブルなデータエン
リッチメントソリューショ
ンを使用して、これまで隠
れていた洞察にコンテキス
トと可視性を提供します。
課題
国際的なアドレスを使用し
た運用効率の高いプロセス
は、しばしば実現が困難で
す。正確さと 一貫性を確
保するために、Preciselyは
専門的な知識を提供します
。
パートナー
データの準備と統合には
、時間と専門知識が必要
です。最も要求の厳しい
お客様は、Preciselyを信
頼して、住所およびエン
リッチソリューションの
設計、ソース、および保
守を依頼しています。
18
Q&A
お問い合わせ先:
japan@precisely.com

Weitere ähnliche Inhalte

Ähnlich wie データエンリッチメントを業務に効率的に組み込み、より確かな意思決定を可能にする方法

Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するためにAmazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するためにAmazon Web Services Japan
 
IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!
IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!
IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!Precisely
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」Cybozucommunity
 
Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)
Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)
Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)Takeshi Fukuhara
 
Splunk でIBM i データからインサイトを紐解く
Splunk でIBM i データからインサイトを紐解くSplunk でIBM i データからインサイトを紐解く
Splunk でIBM i データからインサイトを紐解くPrecisely
 
なぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platform
なぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platformなぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platform
なぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower PlatformTaiki Yoshida
 
データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...
データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...
データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...NTT DATA Technology & Innovation
 
顧客データに隠された洞察を解き放つには
顧客データに隠された洞察を解き放つには 顧客データに隠された洞察を解き放つには
顧客データに隠された洞察を解き放つには Precisely
 
MSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRM
MSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRMMSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRM
MSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRMkumo2010
 
DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...
DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...
DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...Google Cloud Platform - Japan
 
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~正善 大島
 
[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)
[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)
[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)Insight Technology, Inc.
 
Accelerate Migration to the Cloud using Data Virtualization
Accelerate Migration to the Cloud using Data VirtualizationAccelerate Migration to the Cloud using Data Virtualization
Accelerate Migration to the Cloud using Data VirtualizationDenodo
 
【KSKアナリティクス】製品・サービス案内
【KSKアナリティクス】製品・サービス案内【KSKアナリティクス】製品・サービス案内
【KSKアナリティクス】製品・サービス案内KSK Analytics Inc.
 
For Power BI Beginners
For Power BI BeginnersFor Power BI Beginners
For Power BI BeginnersTomoyuki Oota
 
JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...
JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...
JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...MPN Japan
 
Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」
Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」 Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」
Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」 Tsuyoshi Hirayama
 
市場動向並びに弊社製品の今後の展望について
市場動向並びに弊社製品の今後の展望について市場動向並びに弊社製品の今後の展望について
市場動向並びに弊社製品の今後の展望についてKen Azuma
 

Ähnlich wie データエンリッチメントを業務に効率的に組み込み、より確かな意思決定を可能にする方法 (20)

Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するためにAmazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
Amazon Game Tech Night #24 KPIダッシュボードを最速で用意するために
 
IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!
IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!
IBMメインフレームデータのオープンシステム活用の様々な課題をPrecisely Connectが解決!
 
Billing robo
Billing roboBilling robo
Billing robo
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」
 
Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)
Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)
Part 4: Power Platform 概説 (製造リファレンス・アーキテクチャ勉強会)
 
Splunk でIBM i データからインサイトを紐解く
Splunk でIBM i データからインサイトを紐解くSplunk でIBM i データからインサイトを紐解く
Splunk でIBM i データからインサイトを紐解く
 
なぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platform
なぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platformなぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platform
なぜ今なのか?非開発者でも開発者でも、これから始めるPower Platform
 
データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...
データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...
データ活用を俊敏に進めるためのDataOps実践方法とその高度化のためのナレッジグラフ活用の取り組み(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 ...
 
顧客データに隠された洞察を解き放つには
顧客データに隠された洞察を解き放つには 顧客データに隠された洞察を解き放つには
顧客データに隠された洞察を解き放つには
 
MSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRM
MSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRMMSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRM
MSC 2010 T5-7 事例とデモで徹底解説! マイクロソフトのクラウド CRM
 
DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...
DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...
DeNA のデータ活用を支える BigQuery データの民主化とガバナンス強化の軌跡 | Google Cloud INSIDE Games & App...
 
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか? ~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
 
[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)
[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)
[INSIGHT OUT 2011] C23 「RDBMS」はコモディティーかする?クラウド環境に対応する実装とは(Goto)
 
Accelerate Migration to the Cloud using Data Virtualization
Accelerate Migration to the Cloud using Data VirtualizationAccelerate Migration to the Cloud using Data Virtualization
Accelerate Migration to the Cloud using Data Virtualization
 
【KSKアナリティクス】製品・サービス案内
【KSKアナリティクス】製品・サービス案内【KSKアナリティクス】製品・サービス案内
【KSKアナリティクス】製品・サービス案内
 
For Power BI Beginners
For Power BI BeginnersFor Power BI Beginners
For Power BI Beginners
 
JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...
JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...
JPC2018[F2]Microsoft がビジネスアプリ分野に投資するワケ ~Microsoft Dynamics 365 と Power Platfo...
 
Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」
Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」 Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」
Cloud Festa 2021 Winter 「デザイナー、データサイエンティスト、 クラウドエンジニア、で実現する共創の世界」
 
Ext js 20100526
Ext js 20100526Ext js 20100526
Ext js 20100526
 
市場動向並びに弊社製品の今後の展望について
市場動向並びに弊社製品の今後の展望について市場動向並びに弊社製品の今後の展望について
市場動向並びに弊社製品の今後の展望について
 

Mehr von Precisely

Unlocking the Potential of the Cloud for IBM Power Systems
Unlocking the Potential of the Cloud for IBM Power SystemsUnlocking the Potential of the Cloud for IBM Power Systems
Unlocking the Potential of the Cloud for IBM Power SystemsPrecisely
 
Crucial Considerations for AI-ready Data.pdf
Crucial Considerations for AI-ready Data.pdfCrucial Considerations for AI-ready Data.pdf
Crucial Considerations for AI-ready Data.pdfPrecisely
 
Hyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdf
Hyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdfHyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdf
Hyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdfPrecisely
 
Justifying Capacity Managment Webinar 4/10
Justifying Capacity Managment Webinar 4/10Justifying Capacity Managment Webinar 4/10
Justifying Capacity Managment Webinar 4/10Precisely
 
Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...
Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...
Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...Precisely
 
Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...
Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...
Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...Precisely
 
Testjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3f
Testjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3fTestjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3f
Testjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3fPrecisely
 
Data Innovation Summit: Data Integrity Trends
Data Innovation Summit: Data Integrity TrendsData Innovation Summit: Data Integrity Trends
Data Innovation Summit: Data Integrity TrendsPrecisely
 
AI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity Webinar
AI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity WebinarAI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity Webinar
AI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity WebinarPrecisely
 
Optimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAP
Optimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAPOptimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAP
Optimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAPPrecisely
 
SAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige Investitionen
SAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige InvestitionenSAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige Investitionen
SAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige InvestitionenPrecisely
 
Automatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIs
Automatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIsAutomatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIs
Automatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIsPrecisely
 
Moving IBM i Applications to the Cloud with AWS and Precisely
Moving IBM i Applications to the Cloud with AWS and PreciselyMoving IBM i Applications to the Cloud with AWS and Precisely
Moving IBM i Applications to the Cloud with AWS and PreciselyPrecisely
 
Effective Security Monitoring for IBM i: What You Need to Know
Effective Security Monitoring for IBM i: What You Need to KnowEffective Security Monitoring for IBM i: What You Need to Know
Effective Security Monitoring for IBM i: What You Need to KnowPrecisely
 
Automate Your Master Data Processes for Shared Service Center Excellence
Automate Your Master Data Processes for Shared Service Center ExcellenceAutomate Your Master Data Processes for Shared Service Center Excellence
Automate Your Master Data Processes for Shared Service Center ExcellencePrecisely
 
5 Keys to Improved IT Operation Management
5 Keys to Improved IT Operation Management5 Keys to Improved IT Operation Management
5 Keys to Improved IT Operation ManagementPrecisely
 
Unlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter Tomorrow
Unlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter TomorrowUnlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter Tomorrow
Unlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter TomorrowPrecisely
 
Navigating Cloud Trends in 2024 Webinar Deck
Navigating Cloud Trends in 2024 Webinar DeckNavigating Cloud Trends in 2024 Webinar Deck
Navigating Cloud Trends in 2024 Webinar DeckPrecisely
 
Mainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak Performance
Mainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak PerformanceMainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak Performance
Mainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak PerformancePrecisely
 
Preventing Downtime with Better IT Operations Management
Preventing Downtime with Better IT Operations ManagementPreventing Downtime with Better IT Operations Management
Preventing Downtime with Better IT Operations ManagementPrecisely
 

Mehr von Precisely (20)

Unlocking the Potential of the Cloud for IBM Power Systems
Unlocking the Potential of the Cloud for IBM Power SystemsUnlocking the Potential of the Cloud for IBM Power Systems
Unlocking the Potential of the Cloud for IBM Power Systems
 
Crucial Considerations for AI-ready Data.pdf
Crucial Considerations for AI-ready Data.pdfCrucial Considerations for AI-ready Data.pdf
Crucial Considerations for AI-ready Data.pdf
 
Hyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdf
Hyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdfHyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdf
Hyperautomation and AI/ML: A Strategy for Digital Transformation Success.pdf
 
Justifying Capacity Managment Webinar 4/10
Justifying Capacity Managment Webinar 4/10Justifying Capacity Managment Webinar 4/10
Justifying Capacity Managment Webinar 4/10
 
Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...
Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...
Automate Studio Training: Materials Maintenance Tips for Efficiency and Ease ...
 
Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...
Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...
Leveraging Mainframe Data in Near Real Time to Unleash Innovation With Cloud:...
 
Testjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3f
Testjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3fTestjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3f
Testjrjnejrvnorno4rno3nrfnfjnrfnournfou3nfou3f
 
Data Innovation Summit: Data Integrity Trends
Data Innovation Summit: Data Integrity TrendsData Innovation Summit: Data Integrity Trends
Data Innovation Summit: Data Integrity Trends
 
AI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity Webinar
AI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity WebinarAI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity Webinar
AI You Can Trust - Ensuring Success with Data Integrity Webinar
 
Optimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAP
Optimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAPOptimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAP
Optimisez la fonction financière en automatisant vos processus SAP
 
SAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige Investitionen
SAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige InvestitionenSAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige Investitionen
SAPS/4HANA Migration - Transformation-Management + nachhaltige Investitionen
 
Automatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIs
Automatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIsAutomatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIs
Automatisierte SAP Prozesse mit Hilfe von APIs
 
Moving IBM i Applications to the Cloud with AWS and Precisely
Moving IBM i Applications to the Cloud with AWS and PreciselyMoving IBM i Applications to the Cloud with AWS and Precisely
Moving IBM i Applications to the Cloud with AWS and Precisely
 
Effective Security Monitoring for IBM i: What You Need to Know
Effective Security Monitoring for IBM i: What You Need to KnowEffective Security Monitoring for IBM i: What You Need to Know
Effective Security Monitoring for IBM i: What You Need to Know
 
Automate Your Master Data Processes for Shared Service Center Excellence
Automate Your Master Data Processes for Shared Service Center ExcellenceAutomate Your Master Data Processes for Shared Service Center Excellence
Automate Your Master Data Processes for Shared Service Center Excellence
 
5 Keys to Improved IT Operation Management
5 Keys to Improved IT Operation Management5 Keys to Improved IT Operation Management
5 Keys to Improved IT Operation Management
 
Unlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter Tomorrow
Unlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter TomorrowUnlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter Tomorrow
Unlock Efficiency With Your Address Data Today For a Smarter Tomorrow
 
Navigating Cloud Trends in 2024 Webinar Deck
Navigating Cloud Trends in 2024 Webinar DeckNavigating Cloud Trends in 2024 Webinar Deck
Navigating Cloud Trends in 2024 Webinar Deck
 
Mainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak Performance
Mainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak PerformanceMainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak Performance
Mainframe Sort Operations: Gaining the Insights You Need for Peak Performance
 
Preventing Downtime with Better IT Operations Management
Preventing Downtime with Better IT Operations ManagementPreventing Downtime with Better IT Operations Management
Preventing Downtime with Better IT Operations Management
 

データエンリッチメントを業務に効率的に組み込み、より確かな意思決定を可能にする方法

Hinweis der Redaktion

  1. 皆様こんにちは。  本日はウェビナー「データエンリッチメントを 業務に効率的に取り入れ より的確な意思決定を実現」にご参加いただきまして誠にありがとうございます。  このウェビナーでは、グローバルデータと海外のケーススタディを中心にご説明させていただきます。  ウェビナーを始める前に、Webinarの画面の使用方法についてご説明いたします。
  2. 画面の「質問をする」のボタンをクリックすると、質問内容と名前を入力する画面が表示されます。  お名前をとご質問やコメントを入力し、送信のアイコンを押してください。 みなさまの声をお待ちしております。   こちらからいただきましたご質問には、ウェビナー最後のQ&Aで可能な限りお答えさせていただきます。  ウェビナー中にご回答できなかった場合には、弊社の営業より後日ご連絡させていただきます。   本日のウェビナーはマーケティングコーディネーターの小牧が進行させていただきます。  またQ&Aでは、プリサイスリージャパン営業本部、担当部長のパムンガスと、セールスエンジニア、ロケーションインテリジェンスコンサルタントの槌屋がご質問にお答えさせていただきます。  それでは本日のウェビナーに進んでいきましょう。
  3. 最初に、弊社Preciselyの考えるデータ完全性の核となる5つの要素をご紹介します。    一つ目は「データ統合(Integrate)」です。 様々なサイロにあるデータにアクセスし、その垣根を取り払うことでお客様をサポートします。  最終的には部門を超えたビジネスプロセスを構築し、さらに大きな価値を生み出せるようにします。    第二は、「データ検証(Verify)」です。 お客様の基幹システムにデータガバナンスとデータクオリティを構築することで、データが目的に適っていることを確認し、 第三と第四が、このセッションで取り扱う「位置情報(Locate)」と「関連データの付与(Enrich)」です。    私たちは、ロケーション・インテリジェンスの観点から、お客様がデータの力を最大限活用できるよう支援しています。 位置情報データとは、 アドレスを始めとした何らかの位置情報を持つすべてのデータです。 このデータから実行可能なアイデアを引き出し、より良いビジネス上の意思決定ができるよう、サポートします。 「関連データの付与(Enrich)」とは、お客様のデータに対して関連のある外部の情報を付与しデータを強化することを意味します。  外部ソースを導入することで、他の方法では得られないアイデアを提供することができ、そして最適に使用できるようにします。   そして最後の5つ目は、「エンゲージ」です。 これは、 さまざまな情報を備えたデータを、ユーザーごとに最適なビューで閲覧することです。 全体像や関係性の把握が容易になり、よりシームレスにお客様とコミュニケーションを可能にします。     これがデータ完全性の基盤となる5つの要素です。
  4. ここからは、位置情報と関連データの付加についてさらに掘り下げていきましょう。  前のスライドにあるように、位置情報と関連データの付与は「データ完全性」の一部となって、お客様がデータの文脈を理解できるようにしてくれます。   それにはデータが目的を達成することができることを保証する「データ検証」が必要になります。   エンリッチメントやコンテキストという言葉はちょっと聞きなれない言葉かもしれません。 エンリッチ、エンリッチメント とは「強化」を意味します。ここで言う データエンリッチメントとは:   現在あるデータに新たな情報を付与しデータを更に豊かに強化=つまり、エンリッチすることを示します。   また、コンテキストとは「文脈」を意味します。 たとえば、レストラン情報を例に考えてみると、住所、電話番号、営業時間などの基本的な店舗情報に 1)お店への経路、交通手段 2)時間ごとの混雑状況 3)実際に行ったことのある人のレビューコメント   などを付与することができます。このようなコンテキスト=つまり有効な文脈を付与することによって、 データが強化され、利用者にとっての大きな価値を創出し、決断に重要な情報を提供することが できるようになります。    このようなデータ統合のそれぞれの要素を確実にすることによって、これまで位置情報を理解し、利用することに課題があったお客様にも新しいアイデアとデータセットを提供することが可能になります。
  5. 私たちのミッションは、様々な「価値」を提供することにあります。 その中には、保険・金融業界の多くの企業にとって重要な価値も含まれています。  ビジネスのリスクをよりよく理解すれば、より優れた洞察を生み出すことが可能になります。   顧客が直面するリスクを定量化できれば、そのリスクに最も適切な価格を設定できるようになります。  顧客にとって最適な価格というだけでなく、自社にとっても優れた価値を生み出す価格です。 顧客エンゲージメントを改善し、顧客のビューを組織を通じて単一のものにすれば、そのビューから新しい製品、または最高の価値を生み出すサービスを確立することができ、さらにはそのサービスを個々の顧客に合わせてカスタマイズすることもできます。  私たちが事業を展開するあらゆる業種において、お客様はより多くの情報を、より深い知見を通じてビジネス上の意思決定を行うことを望んでいます。   位置情報や付加データがこれまで望み得なかった知見をもたらし、新しい市場への参入や新製品・サービスの投入、価格の最適化を助長できることが期待できます。             
  6. 数枚前のスライドでご紹介した通り、私たちの大きな基盤は、住所と、住所情報を扱うことにあります。  ご経験がある方もいらっしゃると思いますが、住所というのはとても複雑です。  アメリカの例を見てみると、アメリカの住所は平均で13種類の属性があり、この属性はユースケースの種類と関連しています。  これは世界を含めるとより複雑になり、属性の数は300以上になります。世界中のお客様がビジネスを展開している国々での合計です。    弊社のお客様の中には、配送を扱っているお客様が多数いらっしゃいます。  封筒を目的地に届ける、また、他のお客様は、製品パッケージを顧客に配達します。  特に、お客様へ直接配達をおこなう企業は、デリバビリティ=到達の精度に大きな関心を寄せています。   封筒を郵便受けに入れるのと、実際に荷物を届けるのとでは往々にして大きな違いがあります。そのため2つの異なるユースケースをサポートする必要があります。    さらに、運用性 という概念があります。  ここで言う運用性とは、利用者の要求に応じてサービスを提供し、かつ、与えられた条件下で特定の許容範囲のサービスを、要求される期間提供し続ける能力を意味します。    例えば、ある製品やサービスが、送付先の顧客に到達できるのか、また許容されるコストの範囲内で到達できるのか?といった課題です。  ジオコーディングの概念をもとに、さまざまなユースケースを構築することができます。  緯度と経度を決めればすべてが完了するような単純なものではありません。   その前提は、良質なデータの上に構築されているか、その場所を正確に特定できるかということが非常に重要になってきます。 
  7. このような課題に対して弊社では基礎となる3つのパワフルな要素として    ・ジオアドレッシング  ・データエンリッチメント  ・空間分析    に重点を置いています。   このロケーション・インテリジェンスとデータエンリッチ、すなわちを関連データを使って有効な文脈を付与すること についてここからもっと詳しく説明してゆきます。     
  8. はじめに全体像を説明するため、弊社が提供するロケーションインテリジェンスを使用したデータ統合の概要的な構造を見てみましょう。   私たちのお客様にとって、どのビジネス・システムからもデータを引き出せるようにすることは非常に重要です。  そのために弊社ではサードパーティーと協業をおこなったり、当社でシステムを開発しています。  スライドの左側には、お客様が使っているビジネス・システムの例が示されています。   Preciselyでは住所の検証、標準化とクレンジングに重要な焦点を当てています。  極めて正確な位置情報は、的確な位置座標を生成するのに役立ち、多くのユースケースに適合します。  私たちが「Precisely ID」と呼んでいるものを割り当てると、ロケーションインテリジェンスと関連データ付与の際に生まれるギャップを埋めることができます。  また、お客様独自の顧客IDにPrecisely IDを紐付ければ、次のステップを簡素化することができます。     お客様の目的は、付加情報で自分たちのデータを充実させることです。   Precisely IDは、お客様のデータに付与されてとして機能します。  アメリカで管理する9000を超える属性、400もの属性データセットの統合も非常にシンプルに対応できるようになり、データセットに潜在する知見と、お客様が持っているデータを統合することが可能になります。    先述いたしましたように 、静的なデータにも非常に大きな価値がある一方で、動的なデータという概念もあり、これもとても重要です。 技術革新が進むにつれて、お客様は人口動態に強い関心を持つようになっています。 私たちはこういったデータをお客様が分析に利用できるよう、人口動態の蓄積にも膨大な尽力をつくしてきました。 そして現在、弊社ではDynamic demogrphics などの動的な人口データの提供も行っています。 これまでの空間分析の 3 つのカテゴリは、蓄積したデータから派生した情報を整理し、公開するためのものでした。   お客様のデータを可視化するために、さまざまなクエリを利用することもできますが、それだけではありません。 視覚化したデータをインタラクティブに操作することによって、さらに新しい知見を得ることができます。 多くの人々は視覚からも学びます。そのため、データを効率的に処理することはもちろんですが、データを操作しながら質問をすることは非常に重要です。    最後にスライドの右側ですが、私たちはこの一連の機能を、さまざまな形で提供しています。 あるケースでは可視化、あるケースではAPI、エンタープライズビジネスシステムへのクエリ、AIや機械学習など、さまざまな形で提供し、お客様とその意思決定プロセスを支援しています。                
  9. これまで私たちは、250もの国や地域で、郵便や荷物の配達の可能性、 運用性、 ジオコーディングにおいてグローバルなソリューションを提供することに重点を置いてきました。   ジオアドレッシングとは、住所に関連する3つのプロセス(住所の検証、ジオコーディング、ユニークで永続的な識別子(PreciselyID)の作成)の弊社独自の組み合わせです。ジオアドレッシング機能により、最初にビジネスデータ内の住所が検証され、標準化され、最大限の精度でクリーニングされることを保証します。  次に、超高精度のジオコードまたは位置(緯度/経度)を関連付け、多くの場合、建物レベルで、国内のアドレス可能な各位置にPreciselyIDを割り当てます。    住所データが正確で、適切に更新・正規化されており、それに関連するジオコードからなるデータセットを作成することは、企業が直面するデータの課題の中でも最も困難なものの 1 つであり、これはビジネスプロセスの改善に取り組む際には欠かせないステップです。    弊社では、マスターロケーションデータ(MLD)というこのジオアドレッシング機能の基礎となる参照データの改良にかなりの時間を費やしてきました。  これは私達が持つ業界トップのリファレンス・データで支えられた技術です。米国とカナダで始まり、現在、11カ国で利用可能です。  現在も対応可能地域を急速に拡大しています。 さらに、Precisely IDの概念に基づき、ユニークな 識別子をお客様の個々の顧客レコードに割り当て、それを結合することができます。 データセットと一緒に使うことでお客様は、より早く目標を実現することが可能になります。    私たちは、お客様やパートナーの皆様が必要とするテクノロジーを、その利用方法や目的に沿って提供することを常に考えています。そのため、私たちのソリューションは オンプレミス型ソフトウェア、SaaS、ハイブリッド・クラウドなど、チャネルに応じたさまざまな形態で利用可能です。
  10. 私たちのジオアドレッシング・テクノロジーは、非常に高いパフォーマンスと正確性を持っています。 Precisley IDと付加データセットをお客様のデータに与し、システムや予算に応じて最適な形でそれを提供します。 このようにして私たちのジオアドレッシングはお客様のプロセスを自動化し、加速します。    今後私たちは、ジオアドレッシングモジュールを新製品のData Integrity Suiteに統合してゆく予定です。 日本ではData Integrity Suiteは本年度の第4四半期にリリース予定です。 また、現在11カ国で提供しているマスターロケーションデータとその付加情報データセット 、およびPrecisely IDも拡張を続けます。   そしてさらに多様なユースケースをサポートするために、基礎となるエンジンも継続的に進化させてゆく予定です。   
  11. 先ほど「コンテキスト」という単語に対して、これを日本語で言い換えると「文脈」というような意味合いになりますとお伝えしましたが、 私たちがどのようにデータに「文脈」を付与し、お客様に提供しているかをここでお話しします。    私たちはまず、住所のジオコード結果 をクリーニングし、検証します。 正しい場所に到達できて始めて、その場所のコンテキストを提供することができます。 その場所を理解し、建物を理解し、区画を理解し、物件の属性を理解することが可能になります。 さらに、その場所の属する地域が理解できます。行政界、郵便番号、学区、選挙区、浸水リスクなどのさまざまな境界などです。 そして、その地域に住んでいる人たち、人口統計、購買力・志向、ライフスタイルグループ、未来統計について分析が可能になります。    人々だけでなく、私たちはビジネスについての地点情報も提供します。 その場所のビジネスやその他の施設、その場所に来た人、居住している人、勤務している人 、そして、その街路の整合性 も提供します。 街路の属性や、そのアクセス性を理解することは、本当に重要です。    さらに災害情報も網羅しています。 その場所が晒される可能性のあるさまざまなリスク、山火事や激しい天候、洪水、台風、地震予測などです。    お客様にとってさらに大きな価値となっているのは、私たちが多様な付加情報データを明確に定義し、相互に結びつけ、一貫した品質基準で取り扱っていることです。 Precisely IDと住所を、建物、物件の属性、ビジネスなどと結びつけ、その背後にある複雑な関係性をお客様が理解し、価値を引き出すことにつながってゆきます。 
  12. 私たちが多様な付加情報データを明確に定義し、相互に結びつけ、一貫した品質基準で取り扱っていることはお客様にとってさらに大きな価値となっています。 「プロパティグラフ」という製品によって私たちはPrecisely IDと住所を、建物、物件の属性、ビジネスなどと結びつけることができます。これは、その背後にある複雑な関係性をお客様が理解し、価値を引き出すことにつながってゆきます。    さらに私たちは、「マーケット& コミュニティリンク」という製品で、付加情報データを人口や境界情報と結びつけ、Precisely IDによって街やその区分を理解できるようになりました。 つまり、時系列を追ってダイナミックに変化するデータです。    これまでの1日、1週間、1年といった単位―例えば、郵政省の郵便番号の更新は半年おきですが、そよりもはるかに頻繁に、たとえば5分おきに更新されるデータから、これまでとは質の異なる知見を得ることができます。   その背後には、住所と不動産のデータセットをリンクさせ、さらにPrecisely IDに紐付ける私たちの独自技術があります。 これは弊社が長い時間をかけて社内開発、パートナーシップや買収などさまざまな方法で、深い知識を社内に蓄積し、他にはない非常にユニーク社内技術です。
  13. 今後の開発予定ですが、すでに触れたように、まずPrecisely IDの拡張を推進していきます。 これはジオアドレッシングと付加情報データ、双方の有効性を向上させる最も重要な要素です。 このユニークで正確なIDを、現在のアメリカとオーストラリアに加え、カナダ、フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクに拡大していきます。 日本は年内に整備開始の予定となっています。   また、Precisely IDと付加情報ポートフォリオの結びつけに加え、データへのアクセスを容易にするために、新しいAPIを開発しています。  また、Data Integrity Suiteの一部として、サービスとしての付加情報を提供します。 Data Integrity Suiteの中で住所を取り扱う際に すぐに、さまざまな付加情報データと結びつけられるようになります。    また、いくつかの使用例にも触れたいと思います。空間分析についてもう少し詳しくお話します。
  14. 空間分析・Spatial Analysis とは、お客様が持つ空間情報を分析し、そこから知見を引き出すPreciselyの一連の技術を包括した呼び名です。  バックオフィス、業務プロセス、ビジネスアプリケーションだけでなく、MapInfo Proのようなデスクトップアプリとしても動作します。 そして、その情報をウェブベースの視覚化などを通して企業全体で共有したり、その情報を他のデータサイエンスシステムに戻して統合したりできます。    お客様が独自に作成した空間情報と、Preciselyやその他の企業からライセンスされた空間情報の双方 をバックオフィスシステムに取り込んで統合し、知見を引き出すことができます。 またこれらの技術は、オンプレミス、クラウド、またはそれらのハイブリッドなどさまざまなシステムに展開することができます。    ここ数年、喜ばしいことにPrecisleyはForestersのロケーション・インテリジェンス分野の主要なリーダーの一人として認識されています。  お客様が、位置情報から知見を素早く獲得し、高いROIを得られるようにするために弊社はこれからも、この分野に全力を投入してゆきます。     
  15. これから、異なる2つの領域についての事例 をご紹介します。ジオアドレッシングと同じように、空間分析においても、お客様の求める通りのパフォーマンスとスケーラビリティを提供することは非常に重要です。次の 2 つの事例 では、企業の内部データと外部からライセンスされたデータの双方を組み合わせ、複雑な処理をおこなったうえで、経営判断の材料として提供しています。   経営判断には時間制限がありますから、データもその制限に合わせて提供しなければなりません。また、空間情報の専門知識を持たない経営陣でもすぐに理解し、経営判断に役立てられるよう、見せ方を工夫することが不可欠です。       このように、私たちが最も重要視しているのは、意思決定プロセスを支援することです。一つ一つの意思決定の金銭的な重さは業界や状況によって差があるとはいえ、重要であることに変わりありません。弊社では、お客様が望む方法でテクノロジーを展開し、お客様が望む形でその成果を提供することを第一に考えています。    今後の予定についてですが、Data Integerity Suiteの一部として空間分析モジュールを提供していきます。 データ品質、データガバナンス、データ統合といった各モジュールは個別で使用することも、全てまとめて使用することもできるようなライセンス形態になっています。 そのアウトプットをAPIを介して既存のシステムに統合することもできます。すでにご存じのお客様もおられるかと思いますが、私たちはSAAS製品もいくつか展開しています。これを拡大し、Data Integrity Suiteの一部として統合します。    また動態データの提供も拡大してゆく予定です。リアルタイムでの知見を必要としているお客様のために、移動データを処理しそこから知見をテクノロジーの開発に引き続き注力してゆきます。    最後に事例をいくつかご紹介させていただきます。
  16. 最初の事例のご紹介です。   ケラー・ウィリアムズという企業はテキサス州オースティンに本社を置くアメリカのテクノロジーおよび国際的な大手不動産フランチャイズです。2020年から日本でも稼働しています。 この事例を見ると、多くのお客様が弊社製品を必要とされるのはなぜかということがよく分かります。   スライド左側の「社内のデータを使うだけでは、自分たちが求める答えを得られないということ。サードパーティーの分析ツールとデータを見る必要があった。」というエドワーズ氏のコメントのように弊社内のデータと付加情報エータの、双方が必要なのです。そして、弊社Preciselyはそのデータと共に分析ソリューションを提供することができます。    ケラー・ウィリアムズは、市場をより広範に理解できるようになり、また、より早く市場にリーチできるようになりました 。これは、グローバルに商品展開を行っている彼らにとっての、もう1つの目標でした。 そのためには彼らは、アプリやサービスを本当にすばやく立ち上げなければなりませんでしたが、Preciselyのソフトウェアと付加情報データセットを利用して必要なデータの品質、速度を確保し、時流を捉えることができました。 弊社Preciselyの協力によって、空間分析、不動産、人口統計データ、グローバルな境界データが統合され、一貫性のある、正確な方法で提供できるようになりました。    契約を締結してから7週間後くらいに、イギリスでもケラー・ウィリアムズの看板広告が出現しました。 このように、彼らの海外進出を支援できたことは、私たちにとって素晴らしい事例になりました。     
  17. 2つ目は、イギリスの大手食品・飲料チェーン店のケースです。 この2年半の間、小売業者は本当に難しい問題に直面してきました。   誰も家を出られなくなった世の中で、どうやったら新規出店に気づいてもらえるのか、また出店のリスクを可能なかぎり減らすと同時に、それから得られる利益を最大化するという相反する条件を満たすために悪戦苦闘していました。    それまで彼らが出店計画に使っていたモデルは明らかに能力不足で、その結果、店舗サイト選択と店舗の拡大により大きなリスクが生じていました。   Preciselyの製品を使うことによって、店舗選択の決定の際にかかる時間を短縮できるようになりました。    また、弊社ソリューションを使用して閲覧するデータが「信頼できる唯一の情報源(Single source of truth)」として機能し、社内の誰もがデータとそこから導き出された知見にアクセスできるようになりました。結果として、1千万ドルもの費用がかかる出店において、より適切な判断をすることができるようになりました。  この成果は、弊社のとジオアドレッシング、および付加情報を導入することで導き出されました。  その中で、特に重要な役割を果たしたのが弊社コンサルティング・チームです。 正確な知識に基き、より適切な判断をくだせる優れたモデルを提供しました。 このモデルの根底にある最大の要素 は人口動態です。 ダイナミックな人の移動を分析する仕組みを作り上げました。このソリューションは現在、他の多くのお客様にもご利用いただいています。
  18. さてここまで、Preciselyが提供する位置情報と付加情報製品の価値について、事例を通してご紹介してきました。 最も重要なのは、お客さまが課題に取り組むのを支援することです。 住所の管理ひとつ取っても、住所の表記はイギリスとアメリカでは住所が違いますし、ペルーとベリーズでもそうですし、他の国でも同様です。   しかしどの国であっても、私たちの最大の目標は、お客様が信頼と自信を持って、その課題に取り組むことができるようにすることです。 また、お客様の大部分の方々が 、今日もウェビナーに参加してくださっていると思いますが―パートナーとして私たちがすべきことは、お客様が弊社への投資から最大限の成果を引き出せるようにし、最終的に一緒に成功することが、私たちにとって最も重要なことなのです。    お客様が複雑なビジネス上の問題に直面したときも自信を持って良い判断が下せるように、お客様の成功に貢献するのが、私たちの最大の願いです。
  19. それではこれよりQ&Aに入らせていただきます。パムンガスさん、槌屋さん、宜しくお願い致します。