Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

ワーカーハピネス (Management 3.0)

267 Aufrufe

Veröffentlicht am

働く人の幸せ(Worker Happiness)は、従業員のエンゲージメントを高めます。もしくは従業員のエンゲージメントが幸せを生み出すのでしょうか?
どちらが先になるのかはそれほど重要ではありません。
重要なのは、働く人の幸せを増やし、従業員のエンゲージメントを高めると、生産性、革新性、さらには収益性も向上するということなのです。
Management 3.0では「Worker Happiness」のモジュールの中で、幸せに仕事をする秘訣として「幸福の12ステップ」を掲げています。

Veröffentlicht in: Leadership & Management
  • Als Erste(r) kommentieren

ワーカーハピネス (Management 3.0)

  1. 1. ワーカーハピネス © Happy Melly version 1.03 management30.com
  2. 2. Energize People (人々に活力を与える): 人は組織の中で最も重要な部分であり マネジャーは人々を積極的かつ創造的で モチベーションを保つために できる限りの努力をしなければなりません。 1
  3. 3. 働く人々の生産性を どのように 上げられるでしょうか? 人々が自分の仕事で もっと幸せになるには どうしたら 良いでしょうか?
  4. 4. エンゲージされた ハッピーな従業員は 自分から物事を 発起できます。 私はここで25年 働いていますが、 これまで仕事がこんなに 楽しいとは知りませんでした。 source: Happy Melly, “I’ve Been Working Here for 25 Years…” http://bit.ly/1hZIEh4
  5. 5. 残念ながら、働く人のエンゲージメントレベルが 低いのは世界共通です。 source: Gallup, “Worldwide, 13% of Employees Are Engaged at Work” http://bit.ly/1PBuaDn 積極的にエンゲージしている 積極的にエンゲージしていない
  6. 6. しかし、従業員の満足度レベルがとても高いのも 世界共通です。 source: Lifehack, “Fascinating Facts about Job Satisfaction and Motivation All Over the World” http://bit.ly/1FNj09k とても満足している 不満
  7. 7. エンゲージメントは おそらくハピネスと満足度と 相関関係があります。 どのような相関関係でしょうか? source: Forbes, “The Difference Between Happiness and Engagement at Work” http://onforb.es/1yiSEvS source: DecisionWise, “Job Satisfaction vs. Employee Engagement” http://bit.ly/1FBcsYP エンゲージメントが ハピネスを 引き起こすのでしょうか? それとも、ハピネスが エンゲージメントを 引き起こすのでしょうか?
  8. 8. ハピネスを育む (個人に焦点を当てる) エンゲージメントを育む (相互間に焦点を当てる) それは問題ではありません。実は両方必要です…
  9. 9. • ハピネスへの12 ステップ • 幸福度指数 • ハピネスドア • など… • 1on 1 • チームビルディング • ピアコーチング • など… ハピネスを育む (個人に焦点を当てる) エンゲージメントを育む (相互間に焦点を当てる) それは問題ではありません。実は両方必要です…
  10. 10. 今回はハピネスに焦点を 当てて、 エンゲージメントは 別の機会にしましょう。
  11. 11. もう1つ疑問があります: 成功は幸福につながるか、 または、 幸福は成功につながるか?
  12. 12. 両方かもしれません… “幸せは「成功に先行する」のであり、 単なる「成功の結果」ではない。” ショーン・エイカー 『幸福優位7つの法則』 “社員の満足度と企業パフォーマンスの 関係を調査し、原因と結果を確かめよう とした。はたして結果は? [...] 社員の満足度にあたえた影響は、 その逆よりも大きかった。” フィル・ローゼンワイグ 『なぜビジネス書は間違うのか』
  13. 13. また、幸福は結果だけでなく、考え方です。 “外的な環境だけではなく、 幸福に影響を与えうる内的な環境も たくさんあるということだ。 そのことが理解できたら、 あなたの意志で幸福度をコントロール してみよう。 外的な環境を変えたいと決心し 本気で努力したら、今よりも幸せな 状態が末永く続くことだろう。” マーティン・セリグマン『世界でひとつだけの幸せ』
  14. 14. 幸福は目標ではなく、道である。 “これは、「進歩の原理」と 呼ぶことができるだろう。 快楽は、目標を達成することからよりも、 目標に向かって前進することによって 訪れる。” ジョナサン・ハイト『しあわせ仮説』
  15. 15. そして、 ハピネスと幸福が結びつくのは 特殊なケースです。 “富の生産が自分を幸せにすると 信じ込ませないかぎり、 経済の繁栄と成長は望めない。” ダニエル・ギルバート 『明日の幸せを科学する』
  16. 16. 言い換えれば… ワーカーハピネスは複雑です! エンゲージメント 満足 ハピネス(幸福) 進歩 モチベーション 喜び 成功 生産性 業績
  17. 17. 複雑さにもかかわらず、 単純な事実として… ハッピーな従業員は 生産性が12%増加する ことが分かりました。 source: ScienceDaily, “We Work Harder When We Are Happy, New Study Shows” http://bit.ly/OV0HZP
  18. 18. Management 3.0 www.management30.com/events/
  19. 19. 最近、仕事で 誰かがより幸せになるように 何かしましたか?
  20. 20. (科学的に裏付けされた)幸福の12 ステップ 感謝 与える 手助け 体にいい食事 運動 休息 体験 ハイキング (自然と触れ合う) 瞑想 交流 目標 笑顔
  21. 21. 誰かに感謝し、 そして毎日、同僚に対して 感謝の心を持ちます。
  22. 22. 誰かにギフトを与えたり、 周りの人も与えられる ようにします。
  23. 23. 困っている人を助けたり、 同僚が助け合える環境を 作ります。
  24. 24. よく食べ、体にとって健康的で良いものを みんなが摂れるようにします。
  25. 25. 定期的に運動し、 みんなが自分の体を ケアできるようにし ます。
  26. 26. 十分に休息し、 睡眠をとり、 同僚が心をリフレッシュ できるようにします。
  27. 27. 新しいことを体験したり、試してみたり、 あらゆる試みができるようにします。
  28. 28. 屋外をハイキングし、 自然を楽しみ、 人々がオフィスや街から 脱け出せるようにします。
  29. 29. 瞑想し、 心を満たす(マインド フルネスの)習慣を 取り入れます。
  30. 30. 交流し、 他の人と関係を深め、 同僚同士がつながりを 作りやすくします。
  31. 31. ゴールを目指し、みんなが自分の目的を持ち、 それを実現できるようにします。
  32. 32. できるだけ笑顔で、ユーモアを忘れず、 楽しい活動を通して同僚を励まします。
  33. 33. 幸福度指数 楽しい方法で測定することによって、 幸福自体を創り出すことができます。 source: 7oas7er’s sliced thoughts, “Scaling the Happiness Index” http://bit.ly/1GCgyVP
  34. 34. ハピネスドア ミーティングやイベント、 ワークショップなどで 速いフィードバックを もらい、 ハピネスを生み出します。 source: Management 3.0, “Happiness Door Increases Employee Engagement” http://bit.ly/1CGHw7l
  35. 35. Management 3.0 www.management30.com/events/
  36. 36. マーティン・セリグマン 『世界でひとつだけの幸せ』 http://amzn.asia/d/4WRH9hi ショーン・エイカー 『幸福優位7つの法則』 http://amzn.asia/d/itHyzz1 ジョナサン・ハイト 『しあわせ仮説』 http://amzn.asia/d/3h3aSAJ ダニエル・ギルバート 『明日の幸せを科学する』 http://amzn.asia/d/bMl4TjO トニー・シェイ 『ザッポス伝説』 http://amzn.asia/d/fIztZlG 参考文献
  37. 37. info@management30.com

×