Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
Windows Server vNext、 仮想化(Hyper-V) の向上点 
gloops 村嶋修一 
Microsoft MVP for Hyper-V
自己紹介 
•MURA/村嶋修一 
•千葉県松戸市在住 
•Windows系インフラ担当@ gloops 
•MS MVP for Hyper-V 
•http://www.vwnet.jp 
•mura@vwnet.jp 
2
こんな本書きました 
3
Agenda 
•Hyper-V検証環境構築のツボ 
•Windows Server Technical PreviewHyper-Vの向上点 
•VM構成ファイル 
•VM移行 
•統合サービス 
•LinuxのSecure bootサポート...
お約束なお断り 
•Windows Server Technical PreviewはWindows Updateで更新 される評価版 
•Previewなので、今後の機能追加/変更/削除があります 本日のデモと同じ操作が出来るとは限りません ...
6
検証環境の作り方 
•物理マシンにインストールするのも良いのですが... 
•配布VHDをbootmenuへ組み込む 
•容量可変40GBVHD 
•VMにTechnical PreviewをインストールしてsysprepVHDXをboot m...
Boot menuへの組み込み 
•$Menu = "Windows Server Technical Preview" 
•$VHDPath= “C:¥VHD¥wstp.vhdx" 
•if(Test-Path $VHDPath){ 
•$O...
Product key 
•JGNV3-YDJ66-HJMJP-KVRXG-PDGDHor Skip 
9
VHD bootの取り外し 
•msconfig 
•vhdxの削除 
10
SLAT 
•Windows Server 2012 R2 : SLAT 推奨 
•Technical Preview Hyper-V : SLAT 必須 
•Intel Core2 Quad とか Intel Xeon E5405とか ......
12
VM構成ファイル 
•2012 R2 Hyper-V までのVM 構成はXML 
•Technical PreviewからのVM 構成はバイナリー 
•パフォーマンス向上(に効果があるらしい) 
•新しい拡張子.VMCX and .VMRS 
...
VM移行 
•Windows Server 2012 R2 Hyper-V VM がそのまま稼働 
•ローリングクラスターアップグレード 
•移動 
•インポート 
•VM構成のアップグレード 
•Update-VMConfigurationV...
Technical Preview既知のBug 
•VM構成をアップグレードすると、VM起動不能 
•Gen2環境でセキュアブートが機能しないbugあり 
•回避方法 
•Set-VMFirmware“VM Name” -SecureBootT...
統合サービス 
•2012 R2 Hyper-Vまでは、ISOイメージ 
•Technical PreviewはWindows Update 
http://1drv.ms/1zgHoLU 
16
インストールされている統合セットアップのバージョン確認すると... 
•(Get-Item C:¥Windows¥System32¥drivers¥vmbus.sys).VersionInfo.FileVersion 
環境 
バージョン 
2...
LinuxのSecure bootサポート 
•Ubntu 14.04 以降 
•SUSE Linux Enterprise Server 12以降 
•Set-VMFirmware“VM Name” -SecureBootTemplateMi...
プロダクションチェックポイント 
•VSSを使用したバックアップと同様のチェックポイント 
•SQL Serverやファイルサーバーでのチェックポイントが有効 
http://1drv.ms/1zgHzH7 
19
NIC識別 
•仮想NIC名をVMから確認可能 
•Add-VMNetworkAdapter-VMName“VM Name” -SwitchName“SwitchName” -Name “Virtual NIC Name” Set-VMNetw...
ホットアド/リムーブNIC 
•VM稼働状態でのNIC 追加/削除が可能 
http://1drv.ms/1zgHJhD 
21
ホットアド/リムーブメモリー 
•動的メモリーを使用していないVMのメモリーを稼働中に 追加/削減 
http://1drv.ms/1zgHNOu 
22
Hyper-V マネージャー 
• WinRM 
• 資格情報指定 
• Windows Server 2012 / 2012 R2 サポート 
http://1drv.ms/1zgHB1C 
23
RemoteFXvGPU 
•OpenGL 4.4 サポート 
•OpenCL1.1 サポート 
•VRAMサイズ指定 
http://1drv.ms/1zgHSBA 
24
RemoteFXvGPU要件 
•Host: Windows Server Technical Preview(RDVH) 
•Guest: Windows 10 Enterprise(Gen 1) 
•GPU: RemoteFX対応GPU が...
RemoteFX対応GPU 
Rank 
nVIDIA 
AMD 
Best 
NVIDIA Grid 
1. Grid K1 
2. Grid K2 
AMD FireProseries 
1. AMD FireProS10000 
2. A...
まとめ 
•Hyper-V検証環境構築のツボ 
•配布VHDをboot menuへ組み込む 
•VMにTechnical PreviewをインストールしてsysprepVHDXをboot memuへ組み込む 
•SLAT必須 
27
まとめ 
•Windows Server Technical PreviewHyper-Vの向上点 
•VM移行 
–Windows Server 2012 R2 VM がそのまま稼働するのでローリングアップデート可能 
–コマンドレットでVM...
まとめ 
•Windows Server Technical PreviewHyper-Vの向上点 
•NIC識別 
–仮想NIC名をVM内で認識 
•ホットアド/リムーブNIC 
–VM 稼働状態でNIC の追加/削除が可能 
•ホットアド/...
まとめ 
•Hyper-V マネージャー 
–Windows Server 2012/2012 R2 サポート 
–資格情報指定 
•RemoteFXvGPU 
–OpenGL 4.4、OpenCL1.1サポート 
–Windows 10 En...
Q & A 
31
Thank You! 
32
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

Windows Server vNext、仮想化 (Hyper-V) の向上点

Windows Server Technical Preview Hyper-V の新機能紹介
ショートリンクはデモ ビデオのリンクです

  • Als Erste(r) kommentieren

Windows Server vNext、仮想化 (Hyper-V) の向上点

  1. 1. Windows Server vNext、 仮想化(Hyper-V) の向上点 gloops 村嶋修一 Microsoft MVP for Hyper-V
  2. 2. 自己紹介 •MURA/村嶋修一 •千葉県松戸市在住 •Windows系インフラ担当@ gloops •MS MVP for Hyper-V •http://www.vwnet.jp •mura@vwnet.jp 2
  3. 3. こんな本書きました 3
  4. 4. Agenda •Hyper-V検証環境構築のツボ •Windows Server Technical PreviewHyper-Vの向上点 •VM構成ファイル •VM移行 •統合サービス •LinuxのSecure bootサポート •プロダクションチェックポイント •NIC識別 •ホットアド/リムーブNIC •ホットアド/リムーブメモリー •Hyper-V マネージャー •RemoteFXvGPU 4
  5. 5. お約束なお断り •Windows Server Technical PreviewはWindows Updateで更新 される評価版 •Previewなので、今後の機能追加/変更/削除があります 本日のデモと同じ操作が出来るとは限りません •プレビュー版なのでバグは御愛嬌って事で 5
  6. 6. 6
  7. 7. 検証環境の作り方 •物理マシンにインストールするのも良いのですが... •配布VHDをbootmenuへ組み込む •容量可変40GBVHD •VMにTechnical PreviewをインストールしてsysprepVHDXをboot memuへ組み込む •16GB以上のVHDX 7
  8. 8. Boot menuへの組み込み •$Menu = "Windows Server Technical Preview" •$VHDPath= “C:¥VHD¥wstp.vhdx" •if(Test-Path $VHDPath){ •$Output = bcdedit/copy `{current`} /d "$Menu" | Out-String •$Output = $Output -split " " •$GUID = $Output[1] •$Drive = Split-Path $VHDPath-Qualifier •$File = Split-Path $VHDPath-noQualifier •bcdedit/set $GUID device vhd=`[$Drive`]$File •bcdedit/set $GUID osdevicevhd=`[$Drive`]$File •bcdedit/set $GUID detecthalon •} •else{ •echo "$VHDPathnot found" •} 8
  9. 9. Product key •JGNV3-YDJ66-HJMJP-KVRXG-PDGDHor Skip 9
  10. 10. VHD bootの取り外し •msconfig •vhdxの削除 10
  11. 11. SLAT •Windows Server 2012 R2 : SLAT 推奨 •Technical Preview Hyper-V : SLAT 必須 •Intel Core2 Quad とか Intel Xeon E5405とか ... orz 11
  12. 12. 12
  13. 13. VM構成ファイル •2012 R2 Hyper-V までのVM 構成はXML •Technical PreviewからのVM 構成はバイナリー •パフォーマンス向上(に効果があるらしい) •新しい拡張子.VMCX and .VMRS http://1drv.ms/1zgH5k8 13
  14. 14. VM移行 •Windows Server 2012 R2 Hyper-V VM がそのまま稼働 •ローリングクラスターアップグレード •移動 •インポート •VM構成のアップグレード •Update-VMConfigurationVersion http://1drv.ms/1zgHgft 14
  15. 15. Technical Preview既知のBug •VM構成をアップグレードすると、VM起動不能 •Gen2環境でセキュアブートが機能しないbugあり •回避方法 •Set-VMFirmware“VM Name” -SecureBootTemplateMicrosoftWindows http://1drv.ms/1zgHaEv 15
  16. 16. 統合サービス •2012 R2 Hyper-Vまでは、ISOイメージ •Technical PreviewはWindows Update http://1drv.ms/1zgHoLU 16
  17. 17. インストールされている統合セットアップのバージョン確認すると... •(Get-Item C:¥Windows¥System32¥drivers¥vmbus.sys).VersionInfo.FileVersion 環境 バージョン 2012R2 Hyper-V 上のWindows 8.1 6.3.9600.16384 Technical Preview Hyper-V 上のWindows 8.1 6.3.9600.17388 Technical Preview Hyper-V 上のWindows 10 6.4.9879.0 17
  18. 18. LinuxのSecure bootサポート •Ubntu 14.04 以降 •SUSE Linux Enterprise Server 12以降 •Set-VMFirmware“VM Name” -SecureBootTemplateMicrosoftUEFICertificateAuthority http://1drv.ms/1zgHtPD 18
  19. 19. プロダクションチェックポイント •VSSを使用したバックアップと同様のチェックポイント •SQL Serverやファイルサーバーでのチェックポイントが有効 http://1drv.ms/1zgHzH7 19
  20. 20. NIC識別 •仮想NIC名をVMから確認可能 •Add-VMNetworkAdapter-VMName“VM Name” -SwitchName“SwitchName” -Name “Virtual NIC Name” Set-VMNetworkAdapter-VMName“VM Name” -DeviceNamingOn •Get-NetAdapterAdvancedProperty| ?{ $_.DisplayName-eq“Hyper-V Network Adapter Name”} | select Name , Displayvalue http://1drv.ms/1zgHwuK 20
  21. 21. ホットアド/リムーブNIC •VM稼働状態でのNIC 追加/削除が可能 http://1drv.ms/1zgHJhD 21
  22. 22. ホットアド/リムーブメモリー •動的メモリーを使用していないVMのメモリーを稼働中に 追加/削減 http://1drv.ms/1zgHNOu 22
  23. 23. Hyper-V マネージャー • WinRM • 資格情報指定 • Windows Server 2012 / 2012 R2 サポート http://1drv.ms/1zgHB1C 23
  24. 24. RemoteFXvGPU •OpenGL 4.4 サポート •OpenCL1.1 サポート •VRAMサイズ指定 http://1drv.ms/1zgHSBA 24
  25. 25. RemoteFXvGPU要件 •Host: Windows Server Technical Preview(RDVH) •Guest: Windows 10 Enterprise(Gen 1) •GPU: RemoteFX対応GPU がホストに搭載されている http://blogs.msdn.com/b/rds/archive/2014/11/05/remotefx-vgpu-updates-in-windows-server-next.aspx 25
  26. 26. RemoteFX対応GPU Rank nVIDIA AMD Best NVIDIA Grid 1. Grid K1 2. Grid K2 AMD FireProseries 1. AMD FireProS10000 2. AMD FireProS9000 3. AMD FireProS7000 Better NVIDIA Quadro 1. Quadro K6000 2. Quadro K5000 AMD FireProseries 1. AMD FireProV9800P 2. ATI FireProV9800 Good AMD FireProseries 1. ATI FirePro™ V8800 2. ATI FirePro™ V7800 3. AMD FirePro™ V7800P 4. ATI FirePro™ V5800 http://blogs.msdn.com/b/rds/archive/2013/11/05/gpu-requirements-for-remotefx-on-windows-server-2012-r2.aspx 26 このデモではAMD Radeon HD 6450を使っています
  27. 27. まとめ •Hyper-V検証環境構築のツボ •配布VHDをboot menuへ組み込む •VMにTechnical PreviewをインストールしてsysprepVHDXをboot memuへ組み込む •SLAT必須 27
  28. 28. まとめ •Windows Server Technical PreviewHyper-Vの向上点 •VM移行 –Windows Server 2012 R2 VM がそのまま稼働するのでローリングアップデート可能 –コマンドレットでVM構成アップデート •統合サービス –Windows Update で提供 •プロダクションチェックポイント –バックアップと同等 –SQL、ファイルサーバーでのチェックポイントOK 28
  29. 29. まとめ •Windows Server Technical PreviewHyper-Vの向上点 •NIC識別 –仮想NIC名をVM内で認識 •ホットアド/リムーブNIC –VM 稼働状態でNIC の追加/削除が可能 •ホットアド/リムーブメモリー –容量固定VM のメモリーをVM 稼働状態で追加/削減が可能 29
  30. 30. まとめ •Hyper-V マネージャー –Windows Server 2012/2012 R2 サポート –資格情報指定 •RemoteFXvGPU –OpenGL 4.4、OpenCL1.1サポート –Windows 10 Enterprise Gen 1 –HOSTにRemoteFXvGPU対応GPU搭載 30
  31. 31. Q & A 31
  32. 32. Thank You! 32

×