Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
AO Spine Fellowship (from 1 Jan 2011 to 25 Feb 2011)岡山大学 整形外科 田中雅人Okayama University Masato Tanaka  今回,オーストラリア(アデレード)のロイヤル...
回診は週に2回、月曜と木曜に行われ、さらには木曜には研修医を中心としたスタッフからのプレゼンテーションが毎週なされていました。私も約30分間の時間で日本の脊椎事情について講演を行いました。また偶然にも千葉大学の江口先生と2週間だけ研修期間が重な...
次に印象に残った手術や症例について述べたいと思います。1.Frazer 教授の腰椎前方固定術  Frazer 教授はキモパパインの研究や数々の論文でご存じの方は多いと思います。現在も  Spine の編集委員で、学術的にも技術的にも優れた脊椎外...
3.Hall 先生の頚椎椎弓形成術 Hall 先生は以前に日本に研修に来たことがあるということで、非常に親日家でした。ま た海外の脊椎外科医には珍しく頚椎椎弓形成術を積極的に行っていました。てきぱきと したメスさばきで、プレート併用で平林法変法...
フェローの先生 脊椎のフェローは Mike と Simon の二人でしたが、研修生活をうまく乗り切るには彼らと仲良くなるのがとても重要だと痛感しました。おかげさまで親切にしてくれて、一緒に昼ご飯を食べたりもしました。彼らは1年契約ですが、身分は...
オーストラリアの人々は、貿易上の重要性もあってか多くは親日で、日本人を歓迎する雰囲気があります.病院のスタッフもとても親切で気軽に声をかけてくれました。カンガルー島、ハーンドルフ、バロッサワイナリーなどの観光も楽しく、食事も最高で、英語が使える...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

AO脊椎フェローレポート田中

1.113 Aufrufe

Veröffentlicht am

  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

AO脊椎フェローレポート田中

  1. 1. AO Spine Fellowship (from 1 Jan 2011 to 25 Feb 2011)岡山大学 整形外科 田中雅人Okayama University Masato Tanaka 今回,オーストラリア(アデレード)のロイヤルアデレード病院で,4週間の研修を行ったので報告いたします。アデレードは南オーストラリア州の州都で、人口は約120万人の都市です。この都市は整然とした美しい町であり、気候も温暖で日本と同じような四季があります。私が訪れた1-2月は夏でしたが、日本の夏に比較すると暑すぎもせず、非常に過ごしやすい印象でした。写真は脊椎ユニットのチーフの Freeman 教授と筆者です。 ロイヤルアデレード病院は南オーストラリア州のナンバーワンでかつ最大の病院です。脊椎ユニットの主なティーチングスタッフは Frazer 名誉教授、Freeman 教授、Hall 先生および Yau 先生で、さらにフェローが2名、レジデントが1名で治療を行っています。優れたICU を備えており、広範囲から脊損患者が搬送されていました。回診は写真のようにリハビリ医師や PT と一緒にスーツ姿で行われていました。
  2. 2. 回診は週に2回、月曜と木曜に行われ、さらには木曜には研修医を中心としたスタッフからのプレゼンテーションが毎週なされていました。私も約30分間の時間で日本の脊椎事情について講演を行いました。また偶然にも千葉大学の江口先生と2週間だけ研修期間が重なる幸運を得ることができ、より有意義な時間を過ごすことができましたことをこの場を借りましてお礼申し上げます。私は Masa(マサ)、江口先生は Gucchi(グッチ)と呼んでもらっていました。日本と違ってファーストネームで呼び合うのが、大切なこともあらためて感じました。 ロイヤルアデレード病院の主な手術は,変性疾患と脊椎外傷でしたが、変形矯正や脊椎腫瘍など難易度の高い多種多様な手術も多くこなしていました。関連病院のセントアンドリュー病院、小児病院を含めるとほぼ毎日が手術日でした。週に 20 例程度の手術に、第一か第二助手で参加することが可能で、有意義な日々を送ることができました。
  3. 3. 次に印象に残った手術や症例について述べたいと思います。1.Frazer 教授の腰椎前方固定術 Frazer 教授はキモパパインの研究や数々の論文でご存じの方は多いと思います。現在も Spine の編集委員で、学術的にも技術的にも優れた脊椎外科医であり、また人格者でも あります。腰椎前方固定術は1時間程度と素早くかつ安全に行っており、自身のオリジ ナルの開創器も考案されていました。2.Freeman 教授の Scheuermann 病の骨切り術 Freeman 教授は物静かな紳士であり、ロンドンのクィーンズ病院で長年脊椎の手術を行った後、本病院の教授に就任したようです。側彎手術などの変形矯正の手術も積極的にこなしていました。我が国ではほとんどみることのない Scheuermann 病の骨切り術が非常に印象的でした。
  4. 4. 3.Hall 先生の頚椎椎弓形成術 Hall 先生は以前に日本に研修に来たことがあるということで、非常に親日家でした。ま た海外の脊椎外科医には珍しく頚椎椎弓形成術を積極的に行っていました。てきぱきと したメスさばきで、プレート併用で平林法変法を行っていました。オープンサイドをケ リソンパンチで骨切除していたので、日本ではハイスピードドリルを使用することが多 いと説明しました。4.Rau 先生の頚椎固定術 Rau 先生は脳 Freeman 教授と同様にロンドンのクィーンズ病院で長年脊椎の手術の研 鑽を積んだ脳神経外科医です。中国系の先生でしたので、非常に気配りが細やかでアジア的であり、われわれの方が恐縮するような場面も少なからずありました。非常にアグレッシブな脊椎外科医であり、頚椎の手術も日本と変わらないレベルでの手術が行われていました。
  5. 5. フェローの先生 脊椎のフェローは Mike と Simon の二人でしたが、研修生活をうまく乗り切るには彼らと仲良くなるのがとても重要だと痛感しました。おかげさまで親切にしてくれて、一緒に昼ご飯を食べたりもしました。彼らは1年契約ですが、身分は開業医(GP)よりも高く、収入もそれなりにあるようでした。Simon はイギリスからやってきた脳神経外科医でした。 食生活 昼食はだいたいサンドイッチを食べていました。これはアメリカやイギリスもほぼ同様のようで、夕食が豪勢であるのは好対照でした。アデレードはおいしいレストランが多く、シーフードやインド料理はかなり美味と感じました。さらにはオーストラリアワインも非常においしく、赤のスパークリングワインは絶品でした。下図は Tim 先生夫妻との食事風景です。さらに Hall 先生はなんとワイナリーのオーナーでもありました。
  6. 6. オーストラリアの人々は、貿易上の重要性もあってか多くは親日で、日本人を歓迎する雰囲気があります.病院のスタッフもとても親切で気軽に声をかけてくれました。カンガルー島、ハーンドルフ、バロッサワイナリーなどの観光も楽しく、食事も最高で、英語が使えるという非常に恵まれた環境で留学できますので、ぜひオーストラリアのロイヤルアデレード病院での研修を考えてみてください。最後になりましたが、今回の AO spine fellowshipに関して,私を温かく迎えてくださいました Freeman 教授をはじめ、ご協力いただきました AO 関係者の方々に深謝いたします。

×