Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

コロナ禍で見直す環境ビジネス 2021

Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Anzeige

コロナ禍で見直す環境ビジネス 2021

  1. 1. 東アジアの政治と経済Ⅱ第14回 コロナ禍で見直す環境ビジネス 2021年1月13日 ディレクトフォース 三竿郁夫 Ikuo Misao @ 2020 IA工房
  2. 2. 自己紹介 (三竿郁夫)  現職 • IA工房代表 (タイに日タイ連携/旅行会社設立) • INDEE Japan コンサルティングパートナー • Optimal Plus コンサルティングパートナー • ディレクトフォース 企業支援アドバイザー • 国連環境計画日本協会 国際協力委員会委員 • NPOブルーアース理事, DF環境部会副座長 • 日中文化経済交流発展基金会 AEBCプロジェクトリーダー • 二松学舎大学非常勤講師 • DF(ディレクトフォース) アカデミー事業部大学講師 • ホームページ作成・SNS管理・スマホ教室 (@NPO, 自治会) 企業支援 環境 人材育成 デジタル時代 アジア連携 地球環境 @ 2019 IA工房
  3. 3. コロナ禍で見直す環境ビジネス 1. コロナ禍後の社会変化 2. コロナ禍の生活環境 と地球環境 3. アジアの環境問題 4. アジア連携の必要性 5. ポストコロナの環境ビジネス @ 2019 IA工房
  4. 4. @ 2020 IA工房 1.コロナ禍後の社会変化 ~有識者の予測~ 4
  5. 5. @ 2020 IA工房 1.コロナ禍後の社会変化 ~環境への関心~ 5 地球環境への関心が高まってきている
  6. 6. 1.コロナ禍後の社会変化 ~日本の弱点~ 6@ 2020 IA工房
  7. 7. 2. コロナ禍の生活環境 〜アンケート〜 アルバイトに行かなくなった ︎ 電車や飛行機に乗らなくなった ︎ 買い物に出かけることが少なくなった ︎ サークル活動が減った ︎ レストランや居酒屋に行かなくなった ︎ コロナ禍でこんな活動の変化が! 2019 @IA工房 7 CO2削減に貢献しているかもしれない
  8. 8. 2. コロナ禍の生活環境 〜アンケート〜 テレワーク(アルバイトも)を活用する ︎ 海外への旅行は敬遠する ︎ 徒歩や自転車での移動を増やす ︎ 清潔な生活に気を配る ︎ 環境・災害関連ボランティアに参加する ︎ 地球環境保全に熱心な会社に就職する ︎ コロナ禍終焉後の自分の新生活様式の予想! 2019 @IA工房 8 これは地球環境保全に貢献?
  9. 9. 2019 @IA工房 9 地球環境・生活環境の有機的つながり 生活環境 人口増加 旅行・出 張 便利さ・贅 沢 消費願望 地球環境 廃棄物増大 エネルギー 資源枯渇 資源・エネルギーの需給 大量生産とグローバル物流 活動地域の拡大 長期的・俯瞰的視点に気付かされた CO2濃度増大 大気・水汚染 冷暖房 美食 健康願望 第一次産業と人工生態系 森林破壊 生態系破壊 感染症誘発 IT 化 に よ る 加 速 2. コロナ禍の生活環境と地球環境
  10. 10. 3.アジアの深刻な環境問題 ~大気汚染の例~ 10@ 2020 IA工房 2040年大気・室内汚染による世界の死者は? • 7.5万人 • 75万人 • 750万人
  11. 11. 3.アジアの深刻な環境問題 ~大気汚染の例~ IEA(国際エネルギー機関)は、 2040年の大気、室内汚染による世 界の死者は、750万人になると推 計した。 世界の都市のPM2.5濃度 <リアルタイムデータ参照 > http://aqicn.org/map/jp/#@g/20.398/1 14.6094/4z 11@ 2020 IA工房
  12. 12. 3.アジアの深刻な環境問題 ~廃プラスチックの例~ 12@ 2020 IA工房 年間100万トン以上海に廃プラスチックを流 出させている国は?
  13. 13. 世界各国から海に流出する廃プラスティック量 3. アジアの深刻な環境問題〜廃プラスティックの例〜 これもアジアが主要国 ただ先進国が後進国にゴミを 輸出してきたことを忘れてはいけない 2017年日本の廃プラ輸出 143万t @ 2020 IA工房 13
  14. 14. 3.アジアの深刻な環境問題 〜エネルギー政策の例〜 • 石炭火力発電比率の高い国は? • 原子力発電比率の高い国は? • 風力発電比率の高い国は? @ 2020 IA工房 14
  15. 15. 出典 : IEA “Key World Energy Statistics 15 国によってエネルギー需給の状況が違う @ 2020 IA工房 3.アジアの深刻な環境問題 〜エネルギー政策の例〜 石炭 原子力 風力
  16. 16. 4. アジア連携の必要性 〜グローバルな視点 / 地域性と多様性~ 16 地球環境課題 • 大気・水・土壌汚染 • 地球温暖化 • 異常気象 • 森林破壊・砂漠化 • 生物の多様性の減少 • 安全な水の不足 • 廃棄物(プラスティック) • 廃棄物(放射線物質) @ 2020 IA工房 地球規模、中期レンジ、不特定多数
  17. 17. 17 4. アジア連携の必要性 〜地球の惑星限界〜 @ 2020 IA工房
  18. 18. 4. アジア連携の必要性 ~例 : CO2濃度~ 2019 @IA工房 18 2020年3月 9月 コロナ禍でCO2の使用量が少し減っても温暖 化への流れは大きく変わってはいない
  19. 19. 4. アジア連携の必要性 2019 @IA工房 19 地球環境・生活環境の有機的つながり 生活環境 人口増加 旅行・出 張 便利さ・贅 沢 消費願望 地球環境 廃棄物増大 エネルギー 資源枯渇 資源・エネルギーの需給 大量生産とグローバル物流 活動地域の拡大 地球環境保全にはグローバルな施策が必要 CO2濃度増大 大気・水汚染 冷暖房 美食 健康願望 第一次産業と人工生態系 森林破壊 生態系破壊 感染症誘発 IT 化 に よ る 加 速
  20. 20. @ 2019 IA工房 4. アジア連携の必要性 ~ エネルギー消費の主要地 ~ 20(Google Map) 地球上の消費エネル ギーの増加分の大半 がアジアの国々の増 加による
  21. 21. 21 4. アジア連携の必要性 〜人類の成長限界〜 天然資源 食料 粗死亡率 @ 2020 IA工房 X • 文明=>大量消費? • 資源の枯渇 • 後進国の人口増加 • 贅沢の追求
  22. 22. 22 4. アジア連携の必要性 ~ 環境連携 アジアの統合~ (出典 :国立環境研究所) @ 2019 IA工房 環境課題に対する 国際連携は複雑で 難しい
  23. 23. 23 4. アジア連携の必要性 ~アジアの低炭素化~ (出典 :国立環境研究所)@ 2019 IA工房 ロードマップは作 れてもリーダーシ ップは誰が取るの か?
  24. 24. 24 5. ポストコロナの環境ビジネス~ 低炭素化連携の構図 ~ @ 2019 IA工房 (出典 :アジア低炭素化センター) 北九州市の主導の例
  25. 25. 25 5. ポストコロナの環境ビジネス ~ 中国の動き ~ @ 2019 IA工房 https://www.youtube.com/watch?v=76mR4U9IlHM(出典 :CCTV) 環境に優しく持続可 能なものに(習近平)
  26. 26. 26@ 2019 IA工房 (出典 :環境省) 5. ポストコロナの環境ビジネス ~日本と中国の連携~ 中国の大気汚染に関 する日本の支援
  27. 27. 27@ 2019 IA工房 出典 :環境省 5. ポストコロナの環境ビジネス ~日本と中国の連携~ 中国側が認める日本 の環境技術
  28. 28. 28 5. ポストコロナの環境ビジネス ~アジアスーパーグリッド~ https://www.youtube.com/watch?v=VjSPBTfWSbI @ 2019 IA工房 「アジアスーパーグリッドによってアジア各国の送電網 がつながると、太陽光、風力の発電が変動しても各国が 融通しあえるので、変動を吸収できる」 (自然エネルギー財団トーマス・コーベリエル理事長)
  29. 29. 5. ポストコロナの環境ビジネス ~ SBエナジーとNewcom ~ 29 (出典: SBエナジー) 2017年10月、SBエナジー(東京都港区) とモンゴルのNewcom社との合弁会社であ るClean Energy Asia社はゴビ砂漠で出力 50MWの風力発電プロジェクトで営業運転 を開始。 @ 2019 IA工房
  30. 30. 5. ポストコロナの環境ビジネスの経営者 〜再生エネルギー〜 30 ( https://www.youtube.com/watch?v=gvaev3bPVIg ) @ 2019 IA工房 再生エネルギーにかける想い 「エネルギーは誰かがやってくれる? 自分でやる。」 磯野謙氏: 自然電力株式会社
  31. 31. 31 鶴巻日出夫氏 : 株式会社FOMM @ 2019 IA工房 災害対策にかける想い 「このEVは、水害に対応できるEVを作りたかった。」 ( https://www.youtube.com/watch?v=iRgz8W-RWdc ) 5. ポストコロナの環境ビジネスの経営者 〜電気自動車〜
  32. 32. @ 2019 IA工房 日本企業にかける想い 「グローバル市場で成功する日本企業を10,000社つくる」 (出典:GIC) https://www.youtube.com/watch?v=VKMf FsUIaBc 兒嶋裕貴氏: Digimaを運営 5. ポストコロナの環境ビジネスの経営者 〜海外進出支援〜
  33. 33. 参考 : DXイノベーションの本質 ~ IoE (Everything)~ 33@ 2020 IA工房 プロセス IoP (Process) 物 IoT (Things) 人 IoP (Person) Ciscoが提唱するIoE (Things, Person, Process)
  34. 34. 参考:DXイノベーションの本質 ~ 環境ビジネス~ 34@ 2020 IA工房 プロセスIoP (Process) 物 IoT (Things) 人 IoP (Person) • イノベーションリ ーダーの育成 • 環境関連人材の育 成・活用 • 個人・企業のエネ ルギー消費の見え る化と削減目標 • 国連の環境予測と開発目標 • 国家レベルの環境活動目標と 実績の管理 • 国家間の連携による目標達成 • 企業間の連携による技術支援 • 資源の需給 • 環境測定器の標準化 とデータ収集 • 汚染削減機器のデー タ • 省エネ機器のデータ 環境環境保全の難しさ • 地球規模の問題の把握 • 中期レベルのリスク想定 • 活動目標の設定の妥当性 • 活動の効果の評価 • グリーン経済の推進 • 生活環境変更への抵抗 • 人口自然増加の抑制 環境課題に関連するIoEデ ータを統合的に収集しAIを 活用して計画・実施を図る
  35. 35. “コロナ禍で見直す環境ビジネス”まとめ 1. 大気汚染・廃棄物・温暖化等のアジアの環境問題や自然災害(コロ ナ禍も含む)のようなグローバルな課題が増えてきた。 2. その課題解決のために、アジアの国々の連携の必要性が増してき た。(アジア連携の時代) 3. 日本には、アジア連携のための優れた環境技術があり、アジア連携 はスタートしている。 4. 深刻になりつつある地球環境課題の本質を掴み、時間軸の目標を 明確にして行動に移せるイノベーションリーダーが必要とされている。 @ 2019 IA工房
  36. 36. ご静聴ありがとうございました 三竿郁夫 (080-3088-2978) Line : ikuomisao Facebook : ikuomisao Google : ikuomisao @ 2019 IA工房 < 各種講座資料 > • アジアの環境問題と日本への期待 • デジタル時代の企業変革 • ウェルネス-健康づくりのイノベーション • アジア連携とイノベーション人材 • ものづくりでのAI活用 • デジタル時代のファンづくりと集客 • 日本の製造業が息づくほほ笑みの国タイ • データセンターの省エネ • 2次エネルギー水素 Slideshare

×