Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

受託開発時におけるAWSクラウド活用術

13.630 Aufrufe

Veröffentlicht am

2014年10月30日 「AWS Cloud Roadshow 2014 札幌」のセッションで使用したスライドです。

Veröffentlicht in: Software
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

受託開発時におけるAWSクラウド活用術

  1. 1. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 受託開発時における AWS クラウド活用術 2014-10-30 札幌事業所
  2. 2. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 2 自己紹介 (株)アグレックス 札幌事業所 ・AWSグループ マネージャー ・2010年~AWSユーザー ・AWS Certified Solution Architect (Associate) SysOps Administrator (Associate) JAWS-UG 札幌支部 代表 好きなAWSサービス : Cost Explorer 古山 浩司 (Hiroshi Koyama) (AWS User Group Japan)
  3. 3. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 1985開設 ~現在80人 3 AGREX(札幌事業所)とは 東北/ 関東/関西 2300人 BPO (Business Process Outsourcing) SS (Software Solution) SI (System Integration) データ入力から電話対応、 DM発送まで一括受託 独自のデータベースと 便利なソフトを融合 お悩みごとに オーダーメイド対応 札幌事業所の主要業務 =SI + AWS環境構築・運用 (2013~) APN スタンダード コンサルティング パートナー (2014登録) 3つの事業を効果的に組み合わせた ワンストップサービスを提供 約30社のお客様 (2014年8月現在)
  4. 4. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 4 今日お話しすること AWSで思い浮かぶのは、ユーザー企業の華やかな成功事例… でも、受託開発チームだってAWSを使えば良いことは色々あります。 という一見地味 (でも道内IT業界にとってはわりと大事な) お話しです。 1. いわゆる受託開発における開発環境 2. サービス型受託開発の基盤 3. 開発プロジェクトでAWSを利用する際のTips
  5. 5. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 5 1. 受託開発における開発環境
  6. 6. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 6 受託開発プロジェクト プロジェクト A 開発用環境
  7. 7. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 7 開発用環境のジレンマ 時間 (days) 維持コスト (¥/day) 本番稼働 ▲ 開発 スタート ▲ 不具合 発覚 無駄な コスト ▲ 追加開発 もし、に備えて 捨てられない
  8. 8. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 8 プロジェクト毎に増える一方! プロジェクト A プロジェクト B プロジェクト C プロジェクト D プロジェクト E プロジェクト F プロジェクト G プロジェクト H
  9. 9. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 9 オンプレでの解決策 仮想化基盤 VM VM VM VM A用 領域 B用 領域 C用 領域 … Step.2 集合住宅化 Step.1 ルームシェア これで十分か…?
  10. 10. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 10 オンプレでの限界 共同生活ゆえの微妙な関係 ・自分勝手はNG (Ver.UP、設定変更、再起動、占拠) ・プライバシー (セキュリティ) 運命共同体のリスク ・いつかは必ず壊れる…しかも一斉に。 ・複雑怪奇になっていて、復旧は相当難儀。 貧弱な環境 ・開発効率はどうなる? ・テスト出来ても、それで本当に大丈夫? ・少なくとも「ステージング」としては用を成さない 仮想環境で集積度を上げたとしても、 分かっていても、「無い袖は振れない。。」
  11. 11. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 11 AWSで解決!
  12. 12. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 12 AWSなら、費用は「使った分だけ」 時間 (days) 維持コスト (¥/day) ▲ 開発スタート ▲ 追加開発 停止しておけば (ほぼ)コスト0 スケールダウン で節約! ▲ 本番稼働 必要時のみ スケールアップ large medium small
  13. 13. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 13 AWSなら、費用は「使った分だけ」 時間 (days) 維持コスト (¥/day) ▲ 開発スタート ▲ 追加開発 ▲ 本番稼働 自動ON/OFFで さらにコストダウン!
  14. 14. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 14 AWSなら、いつでも、すぐに、好きなだけ 案件A 案件B 案件C ▼ 開発 本番 ▲ AP with DB AP DB DB Load Balancer AP ・初期コストゼロ ・最小限の維持コスト ・セルフサービス ・無限のリソース ・破棄コストゼロ だからこそ可能に!
  15. 15. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 15 ”開発環境 on AWS” がもたらす変革 リッチな開発環境 ・従来諦めざるをえなかった、理想の姿 ・本番を忠実にシミュレートしたテスト ・セキュリティも担保しやすい メンテナンスフリー ・物理的な劣化を気にする必要なし ・ライセンス関連もAWS任せでOK SI的「三現主義」 ・数多くの実験による裏付け ・失敗を恐れる必要なし ・やりたいことは存分に!
  16. 16. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 16 2. サービス型受託開発基盤
  17. 17. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 17 アプリもインフラも、開発~運用までフルマネージドサービス サービス型受託開発…たとえば
  18. 18. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. A社用 18 顧客指向なデモ環境 B社用 C社用 標準デモ クローンして 各社専用デモ環境 見込顧客 A 見込顧客 B 見込顧客 B 業態別にカスタマイズ⇒ 商談中のフィードバックを都度反映⇒ オプションON/OFFの変更⇒ AMI
  19. 19. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 開発環境 19 全てはAWS内で完結 ステージング環境 本番環境 デモ環境 micro 商談 開発 テスト 本番 small micro micro medium large
  20. 20. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 20 多種多様な部品 …等々 開発者視点の絶妙な粒度で作られたサービス群
  21. 21. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 21 受託開発 + サービス への進出 オンプレミスの時代、 ”サービス” ビジネスは「装置産業」 ⇒ 資金、物量、人、等のリソースを有する、 限られた人々のみに許されたビジネス AWS=最強のレバレッジ装置! AWSによって、 無限のリソースがあらゆる人々の手中に。 環境構築や運用はAPIで自動化。 ⇒ 地方の開発者にとっては、またとないチャンス!
  22. 22. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 22 3. AWSを利用する際のTips
  23. 23. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 23 開発用途に最適なt2ファミリー CPU性能のベースラインを抑えて低コストとする代わり、 ・短時間なら1コア相当のフルパワーを発揮 (バースト) ・余力は自動的にチャージされ(クレジット)、バーストの原資に CPU利用率 クレジット残高 アイドル フルパワー 制限中 ベースライン
  24. 24. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 24 VPN / DX(専用線) で外界から隔離 DMZ ↑ private subnet DX(専用線) 外部への 唯一の経路 VPN 安い 速い
  25. 25. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 25 AWSアカウントにはMFA(多要素認証)を適用 Step1:ログインパスワード Step2:6桁認証コード(30秒間有効) ログイン成功!
  26. 26. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 26 (参考) MFAデバイス ハードウェアMFAデバイス http://onlinenoram.gemalto.com/ - アカウント毎に1個必要 バーチャルMFA Google認証システム - 無料 - 複数アカウントOK トークン 1個 $12.99 カード型 1個 $19.99
  27. 27. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 27 プロジェクト別のコスト分配は、タグ付けで pj-code別に把握できる CSVも可 リソースに タグを付与
  28. 28. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 28 まとめ AWSのメリットは開発プロジェクトでも ・AWSはユーザー企業だけのものではない。 ・直接的コストのみならず、間接的効果も計り知れず。 (品質、性能、作業効率、…etc.) ・セキュリティや信頼性も実質的にオンプレ以上。 ”サービス” 進出を狙うなら ・まずは開発プロジェクトでAWSを体験。 ・スピード感や、制約からの解放感を味わえるはず。 ・開発者のモチベーション起爆剤になること確実。 ・AWSがあれば、首都圏/地方、大手/中小、関係なし!
  29. 29. THANK YOU

×