Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

2019年春リリース予定!Hinemos ver.6.2の全体像

1.993 Aufrufe

Veröffentlicht am

Hinemos World 2018の公開資料です。

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

2019年春リリース予定!Hinemos ver.6.2の全体像

  1. 1. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 2019年春リリース予定! Hinemos ver.6.2の全体像 NTTデータ先端技術株式会社
  2. 2. 2© 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 1. Hinemosの実現する運用アナリティクス 2. Hinemos ver.6.2 新たな取り組み 3. Hinemos ver.6.2 継続した取り組み 4. Hinemos ver.6.2 動作要件 5. まとめ アジェンダ
  3. 3. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 3 Hinemosの実現する 運用アナリティクス
  4. 4. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 4 これまでの運用アナリティクスのターゲット ハードウェア ファームウェア/BIOS関連 CPU情報 メモリ情報 ディスク情報 OS OS種類 OSバージョン 適用パッチ 設定情報 仮想環境 仮想化技術の種類 仮想化ソフトウェア名 バージョン クラウド環境 クラウドの種類 インスタンス情報 リソース情報 ログ ログファイル NWパケット センサデータ パフォーマンス リソース値 応答時間 ログ件数 収集・蓄積 見える化 ・ 分析 自動化 パフォーマンス・ログ情報を中心に インフラリソースからアプリケーションレイヤの運用改善を実現
  5. 5. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 5 見える化・分析 将来予測監視 変化監視 今は正常 だが 1ヶ月後に 異常 次の値を予測し 予想以上の変化を検知 予測値超えが多発し 急降下 相関係数分析 収集値統合監視 時刻 障害 相関が崩れたタイミングで アラートを通知 障害発生前に異常を検知 Web サーバ Web サーバ Web サーバ Web サーバ Web サーバ 一台の障害は警告レベル 全台の障害は危険レベル ・・・ ・・・ Process End ・・・ ・・・ ・・・ Process Start ・・・ プロセスが停止しても 時間内に再起動すれば 正常レベル アプリケーションログ パフォーマンス・ログ情報から未来の異常までいち早く検知
  6. 6. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 6 見える化・分析 様々なメッセージやバイナリデータを使ってその場で分析 ■Javaスタックトレース java.lang.NumberFormatException: For input string: "1.1" at java.lang.NumberFormatException.forInputString(Unknown Source) at java.lang.Integer.parseInt(Unknown Source) at java.lang.Integer.<init>(Unknown Source) at ExceptionPrintDemo.formatInt(ExceptionPrintDemo.java:7) at ExceptionPrintDemo.main(ExceptionPrintDemo.java:14) ■Oracleアラートログ Sat Feb 07 12:35:53 2015 create tablespace TEST_SPACE datafile size 5m autoextend on Completed: create tablespace TEST_SPACE datafile size 5m autoextend on Sat Feb 07 12:38:40 2015 alter database datafile '/u01/app/oracle/oradata/CDB122/0/datafile/o1_mf_test_spa_bfc20s53_.dbf' resize 8m ■Linuxシステムログ Jun 29 17:38:11 Tiger shutdown[30243]: shutting down for system halt ・先頭パターン ・終端パターン ・区切り文字 NW パケット 管理 DB Hinemosエージェントが 収集・監視 Hinemosクライアントから 簡単取得 HinemosさえあればNWパケットも簡単収集・監視でき 使い慣れたツールで分析・解析が可能に ログメッセージ NWパケット アプリケーション・ミドルウェアに合わせたログフォー マットで、簡単検索・内容把握が可能に
  7. 7. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 7 自動化 クラウドインフラの制御 動的に変化するクラウド環境の構成管理 システム構成が動的に変化しても、自動で追随、運用を継続 クラウドの利点を最大限に活用するシステム運用を実現 Blue-Green Deployment 継続的な監視とジョブ運用が可能 Hypervisor VM VM ベアメタル DRサイト運用 ①通常時 DB同期 制御 障害検知 クラウド上にインスタンス構築 ②災害時
  8. 8. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 8 自動化 運用業務の自動化 システム監視 性能管理 ジョブ管理 運用自動化 運用レポート 環境構築 構成変更追随 パッケージ管理 Hypervisor VM VM オンプレミス クラウド環境 ベアメタル 仮想化環境 構築自動化・業務自動化・運用自動化 をシームレスに実現 作業コストを削減するとともに作業ミスを撲滅 ハイブリッドクラウド 対応 Runbook Automation 対応 システム管理 運用業務 計画化が難しく 運用コスト増に
  9. 9. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 9 運用が振り回される導入パッケージの脆弱性問題 ◆不定期に発生する高い脆弱性問題 ◆脆弱性問題の対応の課題 ・クリティカル度によって 即時・即日の判断が求められる 緊急性 計画困難 一定頻度 ・不定期かつ内容により判断が 必要となり計画化が難しい ・一定量の工数の確保が確実に 必要となる 日時 タイトル 2018/8/23 Apache Struts 2 の脆弱性 (S2-057) に関する注意喚起 2018/8/9 ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2018-5740) に関する注意喚起 2018/7/23 Apache Tomcat における複数の脆弱性に関する注意喚起 2018/5/22 ISC BIND 9 の脆弱性に関する注意喚起 2018/4/17 Spring Frameworkの脆弱性(CVE-2018-1271)について 2018/4/13 Spring Data Commonsの脆弱性に関する注意喚起 2018/4/10 Spring Frameworkの遠隔コード実行の脆弱性(CVE-2018-1270)の対応について 2018/1/17 ISC BIND 9 の脆弱性に関する注意喚起 ◆定期に確認が必要な脆弱性問題 定期・不定期に発生する脆弱性問題には必ず対応が求められる
  10. 10. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 10 脆弱性対応のためのパッケージのバージョンアップ作業 リスク 判断 対象特定 事前評価 構成変更 脆弱性アナウンス 結果確認 作業の迅速化と信頼性の向上に向けたステップが必要 最新の構成情報 から 対象サーバ特定 検証環境にて 作業手順を評価 確認 本番環境にて 構成変更を 実施 作業評価と サービス影響を 確認 パッケージ更新後の構成情報が次の特定対象に 迅速な特定 作業ミス回避 様々な実行契機 作業漏れの回避
  11. 11. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 11 パッケージ管理の運用コスト削減の肝 迅速な対象特定と結果確認が実現できると運用コスト削減に繋がる ◆環境変更の操作自体は機能・ツールが充実 ◆環境の分散・サイロ化が構成情報の管理を複雑化 パッケージの配布 NEW 設定ファイルの置換配布 差分チェック host=node001 ip=192.168.0.2 パッケージの更新 host=node001 ip=192.168.0.1 あるDCの環境2000台を1回の実機確認にかかる稼動 1台3分とし、2000台に実施 3分×2000台 = 6000分 = 100時間 ≒ 4.1日 エクセル&人手の作業での限界
  12. 12. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 12 運用コスト削減に向けた情報管理とアクション連携 ハードウェア ファームウェア/BIOS関連 CPU情報 メモリ情報 ディスク情報 OS OS種類 OSバージョン 適用パッチ 設定情報 仮想環境 仮想化技術の種類 仮想化ソフトウェア名 バージョン クラウド環境 クラウドの種類 インスタンス情報 リソース情報 ミドルウェア バージョン 適用パッチ 設定情報 OSパッケージ バージョン 適用パッチ 設定情報 ログ ログファイル NWパケット センサデータ パフォーマンス リソース値 応答時間 ログ件数 アプリケーション バージョン 適用パッチ 利用ライブラリ システム 構成情報管理 ・現在の構成 ・変更履歴 自動取得 パッケージの配布 NEW 設定ファイルの置換配布 差分チェック host=node001 ip=192.168.0.2 パッケージの更新 host=node001 ip=192.168.0.1 + シームレスなアクション連携
  13. 13. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 13 Hinemos ver.6.2 新たな取り組み
  14. 14. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 14 Hinemosの実現する攻めの運用の強化
  15. 15. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 15 構成情報の収集・蓄積 パッケージ・プログラムを収集し、履歴管理と変更時アラートが 可能になります。 Linuxパッケージ情報: RPM/deb Windowsパッケージ情報: プログラム 個別インストール情報: プロセス情報 自動取得 変更履歴の保持 変更時アラート Hinemosエージェントによる 低負荷な情報収集 syslog 構成情報が変わったタイミングで ユーザに通知が可能です。 変更履歴を保持することで、過去時点 での構成情報を確認できます。 PKG01 PKG02 PKG03
  16. 16. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 16 構成情報の検索と対象特定 最新の構成情報からパッケージ名やバージョン情報で対象機器を 絞り込み、見える化・アクションが可能になります。 機器 パッケージ情報 ノード1 RedHat,Tomcat 5,Apache ノード2 RedHat,Tomcat 5,Apache ノード3 Windows,SQL Server ノード4 Windows,IIS ノード5 AIX,Java パッケージ情報を一覧表示 ノードマップで強調表示 ノード1 ノード2 ノード3 ノード4 ノード5 RedHat AND Tomcat 5 ◆GUI上での検索一覧表示 管理対象 検索条件 ・RedHat And ・Tomcat 5 ◆ノードマップによる見える化 ◆CSVファイル出力 ◆リポジトリ登録
  17. 17. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 17 構成情報の事前評価と構成変更 検証環境 本番環境 プロセス 停止 バージョンアップ パッチ適用 プロセス 起動 サービス 状態確認 パッケージ / パッチ ファイル転送 RBA(RunbookAutomation)による定型化と自動化 切替 検証環境では、RBAにより定型化されたパッケージの バージョンアップ手順と影響がないかを評価確認します。 本番環境では、評価済みRunbookの適用にあたり、 環境の要件に合わせた適用契機で実施します。 深夜起動 メンテナンス 日起動 システム連動 定型化 証跡取得 承認 RBA化した手順を検証環境で評価してから本番環境に適用という 一連の流れを簡易に行えます。
  18. 18. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 18 構成情報管理の効果的なユースケース セキュリティ配信サービスと組み合わせることで、機械的なター ゲットの抽出と安全な環境変更作業が実現できます。 セキュリティ アラート セキュリティ 配信サービス 対象特定 事前評価 構成変更 結果確認
  19. 19. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 19 Hinemos ver.6.2 継続した取り組み
  20. 20. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 20 ジョブ管理分野の改革 日本独自の進化 ソフトウェア市場では珍しく日本製品が高いシェア オープンソース・ソフトウェアで非進化 ほとんど存在しない プロプライエタリ・ソフトウェアの停滞 機能別パッケージ コアライセンス クラウド対応の遅れ(動作環境・クラスタ対応) ジョブ定義の資産化による移行困難性 積み重ねてきた歴史が複雑な定義に バージョンアップを積み重ね悪循環 他運用管理製品からの 移行サービスの強化 他運用管理製品から 移行可能とする機能強化 ◆ジョブ管理ソフトウェアの現状 ◆ジョブ管理ソフトウェアの問題 Hinemosへ移行しマルチプラットフォームで 低コストなジョブ管理を実現
  21. 21. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 21 ジョブ管理の多彩な機能拡充の歴史 他社製品からのジョブ定義移行も実現できる多彩な機能拡充を実施 バージョン 主な機能追加・改善 Hinemos ver.3.2 • ジョブのアクセス制御 • ジョブセッション管理の改善 • 起動コマンドの制約緩和 Hinemos ver.4.0 • 「Hinemos ジョブマップ(TM)」機能 • Hinemosエージェント通信機構の改善 (Webサービス化) • ジョブ機能の性能改善(表示/登録の高速化、 同時実行数の向上) Hinemos ver.4.1 • ジョブ種別(参照ジョブ) • 実行契機(ファイルチェック) • ビュー(スケジュール予定) • エージェント単位の多重度実行制御 • 編集モード • 内部時刻リセット • 日跨ぎ対応(48時間カレンダ) • スケジュールの繰り返し実行対応(最小実行 間隔を5分へ) • ジョブ終了方法の改善(実行中のジョブに対 し、シグナル送信で終了可能に) • ジョブ実行優先度 • ジョブの状態の詳細化 • ジョブの待ち条件の改善(先行ジョブのリ ターンコードを利用可能に) • ジョブ機能の性能改善(表示/登録の高速 化) バージョン 主な機能追加・改善 Hinemos ver.5.0 • ジョブの繰り返し実行 • ジョブのテスト実行 • Hinemosエージェント停止時のジョブス テータス遷移(危険に遷移) • コマンドの標準出力/標準エラー出力を通知 に利用可能 • コマンドにノードプロパティを利用可能 • ジョブの実行時間を表示 • ノード変数をジョブ変数に利用可能 • ジョブの条件改善(「セッション開始後の時 間」を追加) • ジョブスケジュールの繰り返し間隔の改善 Hinemos ver.6.0 • RBA対応 • Hinemos時刻の追加(運用時刻の設定) • スクリプト配布機能 • 承認ジョブの追加 • 監視ジョブの追加 • OS環境変数定義 • ランタイムジョブ変数の追加 • 順次リトライの動作改善 Hinemos ver.6.1 • 実行時間予測による終了遅延検知 • セッションを跨いだイベント連携 • 待ち条件のIf-Else対応 • 条件指定の繰り返し実行 Hinemos ver.6.2 • キュージョブによるジョブ同時実行制御 Hinemos ver.6.2新機能
  22. 22. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 22 同時実行制御キュー 同時実行制御キューを使って、ジョブを跨った同時実行制御が可 能になります。 ・単一ジョブから複数ジョブを跨った同時実行数の制御が可能 ・制御したい単位にキューを作成して、ジョブ定義から指定するだけ ・エージェント単位の同時実行制御を組み合わせも可能 ・他社製品からの移行もよりシンプルな形で実現 ジョブA ジョブB ジョブネットX ◆ジョブ定義例 ◆ジョブ同時実行制御イメージ ⇒ 全てキューQを指定 A A B X B A B X AキューQ 同時実行数4 待ち条件を満たすと キューへ
  23. 23. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 23 Hinemos ver.6.2 動作要件
  24. 24. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 24 Hinemosの基本構成 管理DB 運用管理サーバ (Hinemosマネージャ) 管理対象システム (Hinemosエージェント) 運用管理端末 (Hinemosクライアント) 設定追加・変更 結果の表示 稼動監視 ジョブ実行指示 ログ送信 トラップ送信  Hinemosは3つのコンポーネントから構成
  25. 25. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 25 Hinemos ver.6.2の動作環境 コンポーネント 動作環境 提供方法 Hinemosマネージャ RHEL/CentOS 7 GitHub RHEL/CentOS 6 ご契約者向けサイト Windows Server 2016, 2012R2 ご契約者向けサイト Amazon Linux2 GitHub Hinemosエージェント RHEL/CentOS/OracleLinux 7, 6, 5 GitHub Windows Server 2016, 2012R2, 2012, 2008R2, 2008 GitHub Windows 10, 8.1, 8, 7 GitHub Amazon Linux/Amazon Linux2 GitHub Solaris 11,10 HP-UX 11i v3, AIX 7.2, 7.1 ご契約者向けサイト SLES 15, 12, 11 GitHub Ubuntu 16.04 LTS GitHub Android 4.1, 5.0, 5.1, 6.0 GooglePlay Hinemosクライアント (リッチクライアント) Windows Server 2016, 2012R2, 2012, 2008R2 GitHub Windows 10, 8.1, 8, 7 GitHub Hinemosクライアント (Webクライアント) Internet Explorer, Firefox, Chrome ※サポート対象ブラウザ GitHub V6.2.0対応予定
  26. 26. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 26 Hinemos Windows版マネージャ • データベースは、Windowsにおいて信頼性が高いSQL Serverを採用 • スクリプトは、PowerShellを採用 • Hinemosマネージャの起動・停止・異常時はWindowsイベントログ にメッセージを出力 • タスクトレイで状態確認や再起動などが可能 Windows Server JVM Program SQL Server PowerShell RHEL / CentOS JVM Program PostgreSQL bash Windows版マネージャ Linux版マネージャ  ALL Windows環境で安定運用するためWindows対応をリリース
  27. 27. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 27 HinemosのVM・クラウド環境の動作サポート  様々なVM・クラウド環境上でHinemosの動作をサポート Amazon Web Services(AWS) Microsoft Azure(Azure) BizホスティングCloudn(Cloudn) Managed Cloud Platform(MCP) BizホスティングEnterpriseCloud(BHEC) IIJ GIO(IIJ GIO) ニフクラ(NIFCLOUD) Google Cloud Platform(GCP) IBM Cloud VMware vSphere vCenter/ESXi Hyper-V KVM XEN クラウド環境VM環境 新しいVM・クラウド環境にも 随時対応します オンプレミス環境からVM・クラウド環境に移行した場合でも 安心してHinemosが使えるように動作サポートを推進します。
  28. 28. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 28 バージョン互換性  Ver.6よりバージョン互換性の対応を進めます。 ver.6.2 マネージャ ver.6.0 エージェント 接続可能 Ver.6.0エージェントの 機能範囲で利用可 Ver.6.1エージェントの 機能範囲で利用可 新バージョンの新機能を利用したい場合に 管理対象サーバに導入したHinemosエージェントをそのままで Hinemosマネージャのみのバージョンアップで対応できます。 ver.6.2 エージェント ver.6.1 エージェント Ver.6.2エージェントの 機能が全て利用可
  29. 29. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 29 Hinemosのパフォーマンス システム規模 サーバ数  1マネージャ辺りで管理できるサーバ数は10,000台規模 ※あくまで製品リリース時の特定条件における評価結果です。実際の運用の際に性能評価・サイジングを実施することを推奨します。 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 10000 v3.0 v3.1 v3.2 v4.0 v4.1 v5.0 v6.0 v6.1 v6.2 v3.0 v3.1 v3.2 v4.0 v4.1 v5.0 v6.0 v6.1 v6.2 監視対象サーバ数 100 100 300 1000 2000 10000 10000 10000 10000 メモリ量削減 ディスクI/O数削減
  30. 30. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 30 Hinemosのパフォーマンス システム規模 ジョブ数  1マネージャ辺りで管理できるジョブ数は100,000ジョブ規模 ※あくまで製品リリース時の特定条件における評価結果です。実際の運用の際に性能評価・サイジングを実施することを推奨します。 0 10000 20000 30000 40000 50000 60000 70000 80000 90000 100000 v3.0 v3.1 v3.2 v4.0 v4.1 v5.0 v6.0 v6.1 v6.2 v3.0 v3.1 v3.2 v4.0 v4.1 v5.0 v6.0 v6.1 v6.2 ジョブ登録数 5000 5000 10000 20000 100000 100000 100000 100000 100000 画面描画・操作レスポンス の向上
  31. 31. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 31 まとめ
  32. 32. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation 32 まとめ • 運用改善を実現し続けるHinemos • Hinemos ver.6.2は2019年春リリース予定 春にまた お会いしましょう
  33. 33. © 2018 NTT DATA INTELLILINK Corporation

×