Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

App center analyticsを使い倒そう

3.869 Aufrufe

Veröffentlicht am

「JXUGC #24 春の App Center 祭り」発表資料
https://jxug.connpass.com/event/72491/

Veröffentlicht in: Technologie
  • Unlock Her Legs is your passage way to a life full of loving and sex... read more ... ■■■ http://t.cn/AijLRbnO
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

App center analyticsを使い倒そう

  1. 1. App Center Analyticsを使い倒そう JXUGC #24 春の App Center 祭り Atsushi Nakamura
  2. 2. About Me Copyright 2017 @nuits_jp 中村 充志 / Atsushi Nakamura • リコージャパン株式会社 金融事業部所属 • Enterprise系のITアーキテクト • JavaからC#へ渡り歩く • 趣味はXamarin • Blog http://www.nuits.jp • Blog(英語) https://blog.nuits.jp • Twitter @nuits_jp
  3. 3. App Center Analyticsを使い倒そう Today’s Goal
  4. 4. 1. App Center Analytics の概要 2. Custom Events を使い倒す Today’s Goal Xamarin.Forms NavigationOverview Slide 4
  5. 5. App Center Analyticsを使い倒そう Analytics概要
  6. 6. App Center Test Copyright 2017 @nuits_jp Build Distribute Craches Analytics Push Notifications
  7. 7. App Center Analytics 概要 App CenterのAnalyticsではユーザーの行動解析のために つぎの4つの、機能群を提供しています。 Copyright 2017 @nuits_jp No. 機能分類 説明 1 Overview アプリケーション利用者の利用状況の確認 2 Custom Events カスタムイベント情報の収集と確認 3 Log Flow Analytics SDKの登録情報のリアルタイム監視 デバッグなどに利用 4 Export to Azure Microsoft AzureのApplication Insightsへ、データをエ クスポートして分析可能
  8. 8. Slide 8 App Center Analytics 概要 Copyright 2017 @nuits_jp
  9. 9. Slide 9 App Center Analytics:Overview① Copyright 2017 @nuits_jp
  10. 10. App Center Analytics:Overview② Copyright 2017 @nuits_jp No. 機能 項目 説明 1 Active Users Monthly 月別のアクティブユーザー数 2 Weekly 週別のアクティブユーザー数 3 Daily 日別のアクティブユーザー数 4 Engagement Daily sessions per user 1ユーザーの1日の平均セッション数 5 Total sessions 期間内の総セッション数 6 Average sessions per day 一日の平均セッション数 7 Session duration セッション別接続時間 8 Average session length 平均セッション時間 9 Devices and OS Device model distribution 機器別の利用者数・比率 10 OS distribution OSバージョン別の利用者数・比率 11 Countries and Languages Countries 国別の利用者数・比率 12 Languages 言語別の利用者数・比率 13 Active Users per Version Active Users per Version アプリバージョン別利用者数 14 Latest Version アプリケーションの最終バージョン 15 Adoption 最終バージョンの移行率 https://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/analytics/overview
  11. 11. Slide 11 App Center Analytics:Custom Events① Copyright 2017 @nuits_jp
  12. 12. Slide 12 App Center Analytics:Custom Events② Copyright 2017 @nuits_jp
  13. 13. App Center Analytics:Custom Events Copyright 2017 @nuits_jp No. 機能 項目 説明 1 Event Page Count イベント発生数 2 Trend 前回期間からのカウントの変更トレンド 3 Users イベントを発生させたユーザー数 4 User change 前回期間からのユーザー数変更トレンド 5 Per user ユーザーごとの平均発行数 6 Detail event view Users イベントを発行させたユーザー数の推移 7 Count イベント発行数の推移 8 Count per user ユーザーごとのイベント発行数の推移 9 Count per session セッションごとのイベント発行数の推移 10 Properties カスタムしたログプロパティhttps://docs.microsoft.com/en-us/appcenter/analytics/event-metrics
  14. 14. Slide 14 App Center Analytics:Log Flow Copyright 2017 @nuits_jp
  15. 15. Slide 15 App Center Analytics:Export to Azure App Center Analyticsで収集した情報をAzureのApplication Insightsにエクスポート する機能 Copyright 2017 @nuits_jp
  16. 16. App Center Analyticsを使い倒そう Analyticsを使い倒す4つのステップ Copyright 2017 @nuits_jp
  17. 17. 1. App CenterへApplicationの追加 2. ApplicationへNuGetからパッケージの適用 3. App Center SDKの初期化(キー登録) 4. EventTrackingコードの追記 Analyticsを使い倒す4つのステップ Copyright 2017 @nuits_jp Slide 17
  18. 18. App Center Analyticsを使い倒そう 「どこで」「どう」トラッキングしますか? Copyright 2017 @nuits_jp
  19. 19. 「どこで」トラッキングするか? MVVM編 候補として、すぐ思い当たるのはつぎの2か所でしょう。 1. ViewからViewModelのプロパティの更新またはCommandの実行 2. ViewModelからModelのメソッド呼び出し ユーザー操作の詳細な分析を行うにはView・ViewModel間が適切でしょう。 Copyright 2017 @nuits_jp Binding & Comman d Call NotificationNotificatio n
  20. 20. Slide 20 「どう」トラッキングする? Reactive Property 編 当然 • ViewModelのプロパティは全てReactiveProperty • ViewModelのICommand実装は全て ReactiveCommand or AsyncReactiveCommand ですよね? という訳で、それらをSubscribeしてEventTrackingすると一貫性を保って、簡潔 に実装できます。 Copyright 2017 @nuits_jp
  21. 21. Slide 21Copyright 2017 @nuits_jp 実際に見てみよう!
  22. 22. Slide 22 サンプルアプリ Xamarin.Formsアーキテクチャサンプルアプリ Blue Monkey https://github.com/ProjectBlueMonkey/BlueMonkey Copyright 2017 @nuits_jp
  23. 23. Slide 23 AOPとは AOP:Aspect Oriented Programing AOPとはOOPとは直行する概念で、OOPでは実現が面倒なケースをシンプルに 解決する概念です。 AOPではアプリケーションの中心的な関心事(Core Concern)と、横断的な関心 事(Cross Cutting Concern)を分けて実装して、組み合わせることで横断的な関 心事の実装課題の解決を図ろうというものです。 中心的な関心事: • Expense一覧の閲覧 • Expenseの追加など 横断的な関心事: • Custom Eventのトラッキングなど Copyright 2017 @nuits_jp
  24. 24. Slide 24 AOPイメージ Copyright 2017 @nuits_jp View Model View 例外処理 ロギングトランザク ション管理 認証処理 ・・・ アスペクト Expense検索 Expense登録
  25. 25. Slide 25 Xamarin で AOP するには問題が… ただし、XamarinでAOPをやろうとするとiOSがネックになります。 AOPライブラリの多くは、System.Reflection.Emitなどを利用した動的コード生 成に依存しています。 しかし、iOSでは動的コード生成が許されていません。 ではだめなのか? Copyright 2017 @nuits_jp
  26. 26. Slide 26 Xamarin で AOP するには問題が… ただし、XamarinでAOPをやろうとするとiOSがネックになります。 AOPライブラリの多くは、System.Reflection.Emitなどを利用した動的コード生 成に依存しています。 しかし、iOSでは動的コード生成が許されていません。 ではだめなのか? 動的コード生成がだめなら 静的コード生成すればいいじゃない? Atsushi Nakamura(1976~) Copyright 2017 @nuits_jp
  27. 27. App Center Analyticsを使い倒そう まとめ Copyright 2017 @nuits_jp
  28. 28. Slide 28 App Center Analytics まとめ App Center Analyticsではつぎの機能を提供しています。 1. Overview 2. Custom Events 3. Log Flow 4. Export to Azure App Center Analyticsを利用する際は 1. イベントのトラッキング箇所を十分検討しましょう。候補はViewModelもし くはModelの入り口のメソッド 2. ViewModel には ReactiveProperty の採用を検討しましょう 3. Custom EventsのトラッキングにはAOPの採用を検討しましょう Copyright 2017 @nuits_jp
  29. 29. ThankYou! Any Questions?

×