Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Ruby svn to git

55 Aufrufe

Veröffentlicht am

第86回 Ruby関西 勉強会での発表資料です。

Ruby本体の開発のメインリポジトリがsubversionからgitに変わったので、その話をします。
k0kubunさんのブログの[令和時代のRubyコア開発](https://k0kubun.hatenablog.com/entry/ruby-core-2019)を見ておくとわかりやすいかもしれません。(このブログ記事からの抜粋と関連する話をする予定です。)

Veröffentlicht in: Internet
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

Ruby svn to git

  1. 1. Ruby svn to git Kazuhiro NISHIYAMA 第86回 Ruby関⻄ 勉強会 2019/05/11 株式会社Ruby開発 Powered by Rabbit 2.1.8
  2. 2. ⾃己紹介 ⻄⼭ 和広 Ruby のコミッター twitter, github など: @znz 株式会社Ruby開発 www.ruby-dev.jp 1/14
  3. 3. svn から git へ 参考: 令和時代のRubyコア開発 - k0kubun’s blog https://k0kubun.hatenablog.com/ entry/ruby-core-2019 Ruby のコア開発が Subversion から Git に移⾏ 2/14
  4. 4. 歴史 バージョン管理システム以前 news (nntp) とかメーリングリスト (ML) と か CVS : ruby-cvs ML の名前の由来 Subversion : 安定版のメンテナンスは まだこちら Git : 開発版はこちら (安定版も 2.7 から) 3/14
  5. 5. 歴史 (CVS → Subversion) 連携しているものもほぼない時代 すんなり移⾏ ruby-cvs ML の名前はそのまま svn → git の時は特に話題になることもなく 同様にそのままに 4/14
  6. 6. 歴史 (Subversion → ?) svk を⼿元で使っている⼈もいた Mercurial などには移⾏せず Git が主流に svn も git-svn 経由で使う⼈が増えた 5/14
  7. 7. なぜ移⾏? バージョン管理システムの主流が Git git-svn を使っている⼈が多かったが ⾊々と面倒だった GitHub で貢献者が出なかった (Co-authored-by も git-svn が挟まる とダメだった) 6/14
  8. 8. GitHub ではなく cgit プロプライエタリなものは使わないポリ シーの⼈ (Eric Wong) がいた 独⾃ hook の都合でいきなり GitHub 移 ⾏は⼤変そうだった 7/14
  9. 9. Git化に必要だった作業達 コミットフックの Git 対応 Ruby リポジトリ内の tool/* スクリプト 公式の issue tracker の Redmine RubyCI や ci.rvm.jp などの CI や bot cgit の⽤意、運⽤、アナウンス 8/14
  10. 10. GitHub で運⽤している他 プロジェクトとの違い GitHub 上でのマージボタンは使わない 同期が⼀⽅向のため 開発版ブランチが trunk (master では ない) これも変更すると影響があるので変えるな らまた別途 9/14
  11. 11. 制限事項 git push -f は禁⽌ trunk 以外へのブランチへの push は禁 ⽌ (安定版ブランチはまだ svn からのミラ ー) マージコミットはしない 移⾏直後に1個⼊れてみたらいくつか懸念点 があったので当面は使わない 10/14
  12. 12. よかったこと git-svn の複雑さに悩まなくてよくなっ た git.ruby-lang.org が日本からだと github.com より速い https://github.com/ruby/ruby/ graphs/contributors に貢献者がのる ようになった 11/14
  13. 13. GitHub はミラー GitHub は Subversion 時代と変わらず ミラー cgit とずれて push -f されることもある ⼿元のがおかしくなったら「git fetch - f」とか「git checkout -B trunk origin/trunk」とか clone し直しとか 12/14
  14. 14. GitHub pull request も可能 GitHub 上でのマージはしないが、コミッタ ーがマージして push できる 議論が必要なものは bugs.ruby- lang.org のチケットで 13/14
  15. 15. まとめ Ruby 本体のレポジトリは Subversion から Git に 安定版は次の 2.7 から 連携ツールもほぼ移⾏完了 GitHub はミラーだが pull request も 可能 14/14Powered by Rabbit 2.1.8

×