Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
中小規模サービスの
Apacheチューニング
株式会社スピカ
國府田勲
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
2
自己紹介
國府田勲
株式会社スピカ
代表取締役
インフラエンジニア
数百万人 数千万人 100万人
http://qiita.com/kou
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
1. はじめに
– 前提となるシステム構成
2. チューニングの進め方
– 監視の実施
– ボトルネックの調査
– チューニングの実施
3. チュ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
1. はじめに
4
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• 前提となるシステム構成
–OS
• Linux
–Apache
• バージョン 2.2
• 動作モード prefork MPM
–構成
• W...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
2. チューニングの進め方
6
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
7
2. チューニングの進め方
Plan
Do
Check
Action
Plan
監視しボトルネック箇所を特定する
Do
チューニングを実施する...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• 監視の目的
– ベースラインの確立
– 性能劣化の検知
– ボトルネックの大まかな特定
– チューニング結果の確認
8
2. チューニングの進...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• 監視項目
– ネットワークの利用状況
– システムの利用状況
– プロセスの利用状況
– アプリケーションの応答・処理時間
9
2. チューニ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• 死活監視とリソース監視の両方が統合されて
いる
• 保持されるデータ期間が比較的長いこと
• 日付・時間を指定して動的なグラフ作成がで
きるこ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
DIY型
SaaS型
11
2. チューニングの進め方 / 監視の実施
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
12
2. チューニングの進め方 / 監視の実施
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• 各種ログのチェック
– エラーや設定上限値に関する情報が出力されていないか
確認する
• モニタリングコマンドの実行
– vmstat
– f...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
14
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
vmstatのチェックポイント
[kouda@nb-app]~% vmstat 1
pr...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
15
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
vmstatのチェックポイント
[kouda@nb-app]~% vmstat 1
pr...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
16
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
vmstatのチェックポイント
[kouda@nb-app]~% vmstat 1
pr...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
17
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
freeのチェックポイント
bash-4.2# free -m
total used f...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• mod_statusの確認
– Apacheに用意されているモニタリングモジュール
– Apacheのプロセスの稼働状況をモニタリングすること...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
19
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
# mod_statusモジュールを有効にする
LoadModule status_mo...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
20
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
21
2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
チェックポイント
• Scoreboardがアルファベット埋め尽くされている
• 接続数...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
22
2. チューニングの進め方 / チューニングの実施
Apacheチューニングとは効率を高めること
(+)
不足を補う
• CPU割当を増やす...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
• 実施時の注意点
– 同時に複数箇所を変更しない
• 効果の切り分けができないため
– 変更情報は記録しておく
• 後日、統計値と突き合わせて分...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
24
2. チューニングの進め方 / チューニングの実施
ボトルネックA対策前
ボトルネックA
ボトルネックB
ボトルネックA対策後
ボトルネック...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
3. チューニング事例
25
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
26
3. チューニング事例
prefork MPMの概要
httpd親プロセス
httpd
子プロセス
httpd
子プロセス
httpd
子プ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
Timeout
説明
• リクエストを受け取ってから処理完了までの待機時
間
• デフォルトは300秒
チューニング方針
• 時間を短くする
• ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
KeepAlive
説明
• 1回のTCP接続で複数のHTTPリクエストを処理する
• デフォルトはOn
チューニング方針
• On/Offはサイ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
HostnameLookups
説明
• ログファイルに記録する際に接続元IPアドレスを逆
引きする
• デフォルトはOff
チューニング方針
•...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
mod_deflate
説明
• HTTPで圧縮転送を行うモジュール
• 適用範囲を指定して利用する
チューニング方針
• テキストコンテンツに適...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
31
3. チューニング事例 / 初期設定
# mod_deflateモジュールを有効にする
LoadModule deflate_module ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
不要モジュールの削除
説明
• Loadしないことで使用メモリが削減できる
チューニング方針
• 利用していないモジュールを削除する
• Load...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
33
3. チューニング事例 / 初期設定
削除前
削除後
bash-4.2# ps axu | grep -e RSS -e httpd
USE...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
MaxClients/ServerLimit
説明
• サーバプロセスの上限数を設定する
• プロセス数≒最大同時接続数
チューニング方針
• t...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
MaxClients数の算出方法
• psコマンドでhttpdの1プロセスあたりのRSS(物
理メモリ使用量)を計測する
• 下記の数式を満たすよ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
36
3. チューニング事例 / 個別設定
bash-4.2# ps axu | grep -e RSS -e httpd
USER PID %C...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
MinSpareServers/MaxSpareServers
説明
• 待機プロセス数を定義
• Min〜Maxの間となるようにプロセス数が維持...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
MaxRequestsPerChild
説明
• 子プロセスが処理するリクエスト数
• この数値を超えると子プロセスが終了する
• デフォルト:1...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
worker MPMに切り替える
説明
• 各子プロセスがマルチスレッドで処理するため消費
メモリが少なくなる
チューニング方針
• サードパーテ...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
40
3. チューニング事例 / 個別設定
worker MPMの概要
httpd親プロセス
httpd
子プロセス
httpd
子プロセス
ht...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
Apacheチューニングは万能ではありません
• スケールアップ
• スケールアウト
• アプリケーション側のチューニング
などの手段を検討しまし...
Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved.
42
エンジニア募集中
エンジニア募集中!
あらゆるジャンルで募集してます
詳細はWantedlyで
https://www.wantedly.c...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

中小規模サービスのApacheチューニング

4.958 Aufrufe

Veröffentlicht am

中小規模のWEBサービスをApacheで運用している方がはじめてApacheチューニングする際にみていただくと良いと思います。

Veröffentlicht in: Internet
  • Als Erste(r) kommentieren

中小規模サービスのApacheチューニング

  1. 1. 中小規模サービスの Apacheチューニング 株式会社スピカ 國府田勲
  2. 2. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 2 自己紹介 國府田勲 株式会社スピカ 代表取締役 インフラエンジニア 数百万人 数千万人 100万人 http://qiita.com/kou
  3. 3. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 1. はじめに – 前提となるシステム構成 2. チューニングの進め方 – 監視の実施 – ボトルネックの調査 – チューニングの実施 3. チューニング事例 – 初期設定 – 個別設定 4. 質疑応答 3 アジェンダ
  4. 4. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 1. はじめに 4
  5. 5. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • 前提となるシステム構成 –OS • Linux –Apache • バージョン 2.2 • 動作モード prefork MPM –構成 • WEBサーバ1-2台程度 • データベース1台 5 1. はじめに WEBサーバ DBサーバ
  6. 6. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 2. チューニングの進め方 6
  7. 7. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 7 2. チューニングの進め方 Plan Do Check Action Plan 監視しボトルネック箇所を特定する Do チューニングを実施する Check 改善したか確認する Action 改善していなければ再度実施 チューニングもPDCAが重要
  8. 8. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • 監視の目的 – ベースラインの確立 – 性能劣化の検知 – ボトルネックの大まかな特定 – チューニング結果の確認 8 2. チューニングの進め方 / 監視の実施 定常的な監視を行う
  9. 9. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • 監視項目 – ネットワークの利用状況 – システムの利用状況 – プロセスの利用状況 – アプリケーションの応答・処理時間 9 2. チューニングの進め方 / 監視の実施
  10. 10. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • 死活監視とリソース監視の両方が統合されて いる • 保持されるデータ期間が比較的長いこと • 日付・時間を指定して動的なグラフ作成がで きること 10 2. チューニングの進め方 / 監視の実施 チューニングの観点からみた 監視ツール選択のポイント
  11. 11. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. DIY型 SaaS型 11 2. チューニングの進め方 / 監視の実施
  12. 12. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 12 2. チューニングの進め方 / 監視の実施
  13. 13. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • 各種ログのチェック – エラーや設定上限値に関する情報が出力されていないか 確認する • モニタリングコマンドの実行 – vmstat – free – top など 13 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 監視ツールで大まかな傾向を把握し 詳細はサーバ上で確認する
  14. 14. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 14 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 vmstatのチェックポイント [kouda@nb-app]~% vmstat 1 procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu----- r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st 1 0 0 9445900 284288 2531212 0 0 0 8 8 4 26 1 73 0 0 0 0 0 9445768 284288 2531220 0 0 0 0 1841 981 15 1 84 0 0 0 0 0 9445960 284288 2531228 0 0 0 92 2181 1197 29 1 71 0 0 0 0 0 9445532 284288 2531232 0 0 0 0 2020 979 24 0 76 0 0 2 0 0 9445672 284288 2531240 0 0 0 0 2365 1285 32 1 66 0 0 1 0 0 9445784 284288 2531244 0 0 0 0 852 469 8 0 92 0 0 1 0 0 9446068 284288 2531248 0 0 0 4 1424 798 11 1 88 0 0 procsチェックポイント • rがCPUコア数以上 • 何らかの理由で処理待ちが発生している • bが発生している • ディスクやネットワークのI/O待ちがある • ファイル書き込みや外部DBへの問い合わせ待ちがないか 確認
  15. 15. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 15 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 vmstatのチェックポイント [kouda@nb-app]~% vmstat 1 procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu----- r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st 1 0 0 9445900 284288 2531212 0 0 0 8 8 4 26 1 73 0 0 0 0 0 9445768 284288 2531220 0 0 0 0 1841 981 15 1 84 0 0 0 0 0 9445960 284288 2531228 0 0 0 92 2181 1197 29 1 71 0 0 0 0 0 9445532 284288 2531232 0 0 0 0 2020 979 24 0 76 0 0 2 0 0 9445672 284288 2531240 0 0 0 0 2365 1285 32 1 66 0 0 1 0 0 9445784 284288 2531244 0 0 0 0 852 469 8 0 92 0 0 1 0 0 9446068 284288 2531248 0 0 0 4 1424 798 11 1 88 0 0 swapチェックポイント • si/soで数値が出力されている • swapが発生しているのでメモリ増設が必要
  16. 16. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 16 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 vmstatのチェックポイント [kouda@nb-app]~% vmstat 1 procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu----- r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st 1 0 0 9445900 284288 2531212 0 0 0 8 8 4 26 1 73 0 0 0 0 0 9445768 284288 2531220 0 0 0 0 1841 981 15 1 84 0 0 0 0 0 9445960 284288 2531228 0 0 0 92 2181 1197 29 1 71 0 0 0 0 0 9445532 284288 2531232 0 0 0 0 2020 979 24 0 76 0 0 2 0 0 9445672 284288 2531240 0 0 0 0 2365 1285 32 1 66 0 0 1 0 0 9445784 284288 2531244 0 0 0 0 852 469 8 0 92 0 0 1 0 0 9446068 284288 2531248 0 0 0 4 1424 798 11 1 88 0 0 cpuチェックポイント • us+syの数値が100近い • CPUが性能限界 • waの数値が大きい • ディスクやネットワークでのI/O待ちが発生している
  17. 17. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 17 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 freeのチェックポイント bash-4.2# free -m total used free shared buffers cached Mem: 1997 1153 844 158 53 933 -/+ buffers/cache: 167 1830 Swap: 964 0 964 チェックポイント • buffers/cacheのfreeが0に近い • 利用できる残りのメモリ量が少ない
  18. 18. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • mod_statusの確認 – Apacheに用意されているモニタリングモジュール – Apacheのプロセスの稼働状況をモニタリングすることがで きます 18 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
  19. 19. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 19 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 # mod_statusモジュールを有効にする LoadModule status_module modules/mod_status.so # 詳細情報出力オプション(デフォルトOff) ExtendedStatus On # ハンドラー設定 <Location /server-status> SetHandler server-status Order deny,allow Deny from all Allow from .your.office </Location> mod_status有効化
  20. 20. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 20 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査
  21. 21. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 21 2. チューニングの進め方 / ボトルネックの調査 チェックポイント • Scoreboardがアルファベット埋め尽くされている • 接続数に対して子プロセス数が足りていない mod_statusのチェックポイント
  22. 22. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 22 2. チューニングの進め方 / チューニングの実施 Apacheチューニングとは効率を高めること (+) 不足を補う • CPU割当を増やす • メモリ割り当てを増やす (ー) 無駄を減らす • 使っていないものを省く • 重要度の低いことはやめ る 効率を高める方法
  23. 23. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. • 実施時の注意点 – 同時に複数箇所を変更しない • 効果の切り分けができないため – 変更情報は記録しておく • 後日、統計値と突き合わせて分析する際に必要 – ボトルネックの原因は複合的に発生する • あるボトルネック箇所をクリアすると、他の部分がボト ルネックとなる 23 2. チューニングの進め方 / チューニングの実施
  24. 24. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 24 2. チューニングの進め方 / チューニングの実施 ボトルネックA対策前 ボトルネックA ボトルネックB ボトルネックA対策後 ボトルネックBが 顕在化する 目標を達成するまで根気よくやり続ける
  25. 25. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 3. チューニング事例 25
  26. 26. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 26 3. チューニング事例 prefork MPMの概要 httpd親プロセス httpd 子プロセス httpd 子プロセス httpd 子プロセス httpd 子プロセス 親プロセスが子プロセスを管理 1子プロセス1接続を処理
  27. 27. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. Timeout 説明 • リクエストを受け取ってから処理完了までの待機時 間 • デフォルトは300秒 チューニング方針 • 時間を短くする • 60秒以下がオススメ 27 3. チューニング事例 / 初期設定
  28. 28. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. KeepAlive 説明 • 1回のTCP接続で複数のHTTPリクエストを処理する • デフォルトはOn チューニング方針 • On/Offはサイト特性による • OnにするときにもKeepAliveTimeoutや MaxKeepAliveRequestsを設定する • AWSのELB配下の場合はOnにする 28 3. チューニング事例 / 初期設定
  29. 29. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. HostnameLookups 説明 • ログファイルに記録する際に接続元IPアドレスを逆 引きする • デフォルトはOff チューニング方針 • Onにしない • DNSの逆引きは時間がかかる • どうしてもやりたい場合はlogresolveなどで後で行う 29 3. チューニング事例 / 初期設定
  30. 30. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. mod_deflate 説明 • HTTPで圧縮転送を行うモジュール • 適用範囲を指定して利用する チューニング方針 • テキストコンテンツに適用する • 画像ファイルには適用しない • 圧縮率はサーバのCPUリソースと相談して決める 30 3. チューニング事例 / 初期設定
  31. 31. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 31 3. チューニング事例 / 初期設定 # mod_deflateモジュールを有効にする LoadModule deflate_module modules/mod_deflate.so # 圧縮レベル(低圧縮1〜高圧縮9) DeflateCompressionLevel 5 # 適用コンテンツを指定 AddOutputFilterByType DEFLATE text/html text/plain text/xml mod_deflate有効化
  32. 32. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 不要モジュールの削除 説明 • Loadしないことで使用メモリが削減できる チューニング方針 • 利用していないモジュールを削除する • LoadModule行をコメントアウト • ただし、自信がないときは削除しない 32 3. チューニング事例 / 初期設定
  33. 33. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 33 3. チューニング事例 / 初期設定 削除前 削除後 bash-4.2# ps axu | grep -e RSS -e httpd USER PID %CPU %MEM VSZ RSS TTY STAT START TIME COMMAND root 9 0.0 0.3 121924 6148 ? Ss Nov21 0:02 /usr/sbin/httpd -k start apache 181 0.0 0.2 121924 5188 ? S 02:14 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 182 0.0 0.2 121924 5148 ? S 02:14 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 183 0.0 0.2 121924 5376 ? S 02:14 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 184 0.0 0.2 121924 5248 ? S 02:14 0:00 /usr/sbin/httpd -k start bash-4.2# ps axu | grep -e RSS -e httpd USER PID %CPU %MEM VSZ RSS TTY STAT START TIME COMMAND root 9 0.0 0.3 176400 6856 ? Ss Nov21 0:02 /usr/sbin/httpd -k start apache 10 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 11 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 12 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 13 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start 6.1MBから5.2MB程度まで削減
  34. 34. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. MaxClients/ServerLimit 説明 • サーバプロセスの上限数を設定する • プロセス数≒最大同時接続数 チューニング方針 • topやpsコマンドなどで使用メモリ量を調査し、大ま かに決定する • CPU、メモリ使用量をみながら微調整する 34 3. チューニング事例 / 個別設定
  35. 35. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. MaxClients数の算出方法 • psコマンドでhttpdの1プロセスあたりのRSS(物 理メモリ使用量)を計測する • 下記の数式を満たすようにMaxClients数を調 整する 35 3. チューニング事例 / 個別設定 サーバの物理メモリ量>httpd1プロセスあたり のメモリ使用量×MaxClient数+他のプロセスが 利用するメモリ使用量
  36. 36. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 36 3. チューニング事例 / 個別設定 bash-4.2# ps axu | grep -e RSS -e httpd USER PID %CPU %MEM VSZ RSS TTY STAT START TIME COMMAND root 9 0.0 0.3 176400 6856 ? Ss Nov21 0:02 /usr/sbin/httpd -k start apache 10 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 11 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 12 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start apache 13 0.0 0.2 176536 6088 ? S Nov21 0:00 /usr/sbin/httpd -k start RSSの数値を確認 KB単位
  37. 37. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. MinSpareServers/MaxSpareServers 説明 • 待機プロセス数を定義 • Min〜Maxの間となるようにプロセス数が維持される チューニング方針 • WEB専用サーバであれば MinSpareServers=MaxSpareServers=MaxClientで良 い 37 3. チューニング事例 / 個別設定
  38. 38. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. MaxRequestsPerChild 説明 • 子プロセスが処理するリクエスト数 • この数値を超えると子プロセスが終了する • デフォルト:10000 • 0にすると無制限となる チューニング方針 • 子プロセスがメモリ肥大化しない場合は0 • 制限値を設定しておくと安心 38 3. チューニング事例 / 個別設定
  39. 39. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. worker MPMに切り替える 説明 • 各子プロセスがマルチスレッドで処理するため消費 メモリが少なくなる チューニング方針 • サードパーティーモジュールがスレッドセーフであれ ば採用 39 3. チューニング事例 / 個別設定
  40. 40. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 40 3. チューニング事例 / 個別設定 worker MPMの概要 httpd親プロセス httpd 子プロセス httpd 子プロセス httpd 子プロセス httpd 子プロセス 1子プロセスが複数接続を処理
  41. 41. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. Apacheチューニングは万能ではありません • スケールアップ • スケールアウト • アプリケーション側のチューニング などの手段を検討しましょう 41 最後に どうしても目標が満たせない場合
  42. 42. Copyright © Spika Inc. 2016 all rights reserved. 42 エンジニア募集中 エンジニア募集中! あらゆるジャンルで募集してます 詳細はWantedlyで https://www.wantedly.com/companies/spika/info

×