Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

Sas University Editionを使おう(インストール編)

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Wird geladen in …3
×

Hier ansehen

1 von 15 Anzeige

Sas University Editionを使おう(インストール編)

Herunterladen, um offline zu lesen

GUIベースの統計パッケージって、データ数多くなったら動作が重くて使い物にならなくなりませんか?

SASで快適な分析ライフを!

GUIベースの統計パッケージって、データ数多くなったら動作が重くて使い物にならなくなりませんか?

SASで快適な分析ライフを!

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (19)

Anzeige

Ähnlich wie Sas University Editionを使おう(インストール編) (20)

Weitere von Shibaura Institute of Technology (20)

Anzeige

Aktuellste (20)

Sas University Editionを使おう(インストール編)

  1. 1. SAS University Edition を使おう (インストール編) Mac版、Linux版もありますが、ここでは Win/VM Ware版に特化して説明します
  2. 2. SAS University Editionって?  SAS:定番の統計解析パッケージ  大型コンピュータしかない時代からある  定評があるソフトなので、計算結果が信頼できる  Excelの分析ツールは・・・  University Edition:大学関係者向け・無料  サイトライセンス系のようにVPNで大学に繋ぐ必要なし  大学をやめても利用可能  大学向けとあるが、非営利なら特にうるさく言われない  計算はちょっと遅い(否・動作が重い←ココが重要)  自分のPC内にHTTP鯖を立ててブラウザ経由で実行  オーバーヘッドがかなりある
  3. 3. SASのいいところ:CUIベース  慣れるまで少し敷居があるが、慣れるとすごく楽!  加えて、「かゆいところに手が届く」感がすごくある  分析用の(簡単な)プログラムを書いて実行する  データ数が大きくなっても重くならない:数万データでも平気  SピーSSのようにGUI操作でもたつかない  類似の作業はプログラムの再利用・コピペが可能  GUIのように毎回所定の場所をクリック・・・不要  変数を少しずつ変えて重回帰→簡単!  別データで類似分析→簡単  データのフォーマットが一括指定可能  SピーSSのように個別に入力しなくていい
  4. 4. 必要スペック:ちょっと高め  メモリ:多め推奨(出来れば4GB以上)  SASを動かすだけだとそこまで要らないが  同時にWordやExcel、PowerPointも動かしますよね?  64ビットOSを推奨:32ビットだとメモリ上限3GBなため  CPU:速いほうがいい  Corei5のノートでの体感速度が「小山が院生時代にMMX PentiumマシンでSASを動かしていたぐらい」  ・・・と言ってもわからないかな?  計算でちょっと待たされるので、速いマシンの方がいいでしょう
  5. 5. 使えるようになるまで(1)  SAS University Editionでググってページを見つける  http://www.sas.com/en_us/software/university-edition. html にアクセスすればOK  How to Download SAS® University Editionに従う  仮想化システム:VM Ware PlayerをDL&インスコ  別にもう一つの方でもいいですが、私はこっちに慣れてるので・・・  当然、もうPC内にあれば不要  VMware 用のSAS® University Edition をDL  1.5GB(解凍したら3G超)なので、時間と容量に注意  DLしたZIPファイルを解凍  10分程度はかかるので注意
  6. 6. 使えるようになるまで(2)  解凍したフォルダ名を SASUniversityEditionに 変更,その下にmyfolders というフォルダを作成  VMWare Playerへの登録  VMWare Playerを起動 1. 仮想マシンを開く→解凍し たフォルダを指定 2. SAS University Editionと いうファイルが一つだけ見 えてるのでそれを選択 3. SAS-University-Editionが 出ればOK 1 2 3
  7. 7. 使えるようになるまで(3)  共有フォルダを指定 1. SAS-University-Editionの文字を 右クリック→設定 2. 仮想マシン設定画面でオプション のタブをクリックし、共有フォルダ をクリック 3. フォルダの共有を常に有効にし、 フォルダの追加を選択 4. フォルダ選択ウィザードが出るの で次へをクリック 5. フォルダの指定を要求されるので、 さっきのmyfoldersを指定 1 3 5
  8. 8.  VMWare Playerを起動  仮想マシンを開く→解凍したフォ ルダを指定  SAS University Editionというファ イルが一つだけ見えてるのでそれ を選択  次回以降は左側のメニューに登 録されるので、そこから選べばOK
  9. 9. 使えるようになるまで(4)  初起動時のみ  toolsをDLしろ→素直にYes  その後はそのまま放置  これまた結構時間がかかる  起動途中:右上  完全に起動後:右下  画面に出るIPアドレスが重要  今回の例:192.168.218.128  終了時  Player→パワー→シャットダウン  絶対にウィンドウをいきなり閉じ ないこと!
  10. 10. 使い方  ブラウザにさっきのIPアドレス を入力  原理上はLAN内のどのマシンで もOKなはずなので、早いデスク トップを使うのもいいかもしれない  ようこそ画面(右上)が出るの で、SAS Studioを始めるをク リック→右下画面に  たまに更新があるかもしれない  あとはテキトーに使える・・・が、 次スライド以降で少し補足
  11. 11. データフォルダについて  共有フォルダとして作った myfolders(SAS上ではマイフォ ルダと表記)の下のフォルダは 全て認識される  myfoldersの下にフォルダを作 り、分析で使うデータ&SASプ ログラムを全て保管する  右例:マイフォルダの下に yauctionと言うフォルダを作り、 data1.csvというファイルを格納  一連の作業はWindows上で行う
  12. 12. SASプログラムについて  データと同様に、フォルダ無いに置 けば存在は認識  SASプログラムをWindowsでエディタで 書いてOK  中身は自動更新されないことに注意  Windows上で書いたものを反映させる には更新が必要  更新させたいとき 1. 右ウィンドウのSASプログラムの横の ×をクリックして消す 2. 左ウィンドウからSASプログラムを指定 して読み込む 1 2
  13. 13. SASプログラムでのフォルダ指定と実行  今回の例だと・・・ /folders/myfolders/yauction/data1.csv  SASプログラム上ではこう書いています infile "/folders/myfolders/yauction/data1.csv"  ファイルは全て/folders/myfolders/ の下に入ること に注意  実行は人が入ってるアイコンをクリック
  14. 14. サンプルプログラム・・・のようなもの  発表スライドはこちら  http://www.slideshare.net/yu hsukek/digraj2014  DiGRAJ夏期研究大会2014 で使ったヤフオクデータを読 み込む→ちゃんと読めたか打 ち出すだけのプログラム  いくつかおまじない  DLM=‘,’  データ区切りがカンマ  firstobs=2  データは2行目から DATA test; infile "/folders/myfolders/yauction/data1.csv" DLM=',' firstobs=2; input hprice nbid ptime sprice extend post; proc print; run;
  15. 15. こうなります  右:実行結果  エラーがある場合にはロ グを見て直すこと  これ以上は今回の範囲を 超えるので、ここまでにし たいと思います

×