Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

デザインから取り組むWebアクセシビリティ

Webアクセシビリティは、デザインとかけ離れて存在だと思っていませんか? アクセシブルなサイトを作るとつまらない見た目のサイトになるのかといえば、そんなことはありません。デザイナーが心がけている「シンプルに設計する」という考え方はアクセシブルなデザインを実現するために必要です。

JIS X8341-3 や WCAG のような Web アクセシビリティの規格とは異なる側面から、どのようにアクセシブルなサイトを設計するのかを、ヒントや事例をみながらを解説します。

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

デザインから取り組むWebアクセシビリティ

  1. 1. デザインから取り組む Webアクセシビリティ 長谷川恭久今こそ取り組むウェブアクセシビリティ2014年12月8日
  2. 2. Webアクセシビリティ 障害者も考慮したデザイン Webアクセシビリティ 障害者へ手厚くケアをする
  3. 3. 自分のペースで 自分のやり方で 自分の欲しいタイミングで
  4. 4. Webアクセシビリティ 自分のやり方でアクセスできる
  5. 5. 利用者の目的を理解
  6. 6. 利用者が 求めているもの 配信側が 出したいもの
  7. 7. 答えを言わない 機能で説明しない 「私は」という主語を意識する
  8. 8. 利用者の目的に絞った設計
  9. 9. 利用者の目的に絞った設計 混乱を避けられる レイアウトがシンプルになる 一連操作が分かりやすくなる ディフォルトでアクセシブル
  10. 10. 訪問者にとって意味のある順序か コアコンテンツを明確にする 重複したコンテンツはないか
  11. 11. 利用者の目的をより明確に 解決しなければならない問題の減少
  12. 12. 絞った最適化 別の方法を提供する 全利用者のニーズをきちんと満たす
  13. 13. 過剰なヘルプはヘルプではない 利用者の目的が何かを知る デザインもアクセシビリティも最初が肝心
  14. 14. 長谷川恭久 mail@yasuhisa.com @yhassy http://www.yasuhisa.com

×