Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
NARO
※ 農研機構(のうけんきこう)は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構のコミュニケーションネーム(通称)です。
第3回「デジタル地図」の
活用に関する検討会
2020年2月20日
「デジタル地図」を活用した農地情報の
管理に...
2
「デジタル地図」の様々な活用
• 基幹システムを中心に様々な活用が期待される
• 行政のみでなく、生産現場、研究、ICT・Webベンダー等
3
「デジタル地図」の構築・活用に向けて
• 三つの提案
オープンデータとして公開することで、行政の効率化だけでなく、
様々な活用が可能になると考えます。筆ポリゴンについても、活用
させて頂いてます。
新たに構築される「デジタル地図」についても...
4
「デジタル地図」の様々な活用
• それぞれの提案に関る範囲
OSS
オープン
スタンダード
オープンデータ
5
オープンデータとは?(復習)
• 行政では“オープン・バイ・デザイン”が推奨
• オープンデータ化を前提に企画、設計を行う
• 内閣官房IT室「オープンデータ基本指針」( R1.6.7 )
• すべてオープンデータ化する必要がある?
• そ...
6
オープンデータの活用例
• 「作業機付きトラクターの公道
走行」に関る道路情報の提供
• 国道、県道、市道の情報
• 都市計画マップは利用できず
• システム内でのみ閲覧
• 地理院タイル(ベクタ)+筆ポ
リゴンを使用
• 別目的で作成した...
7
オープンスタンダードの採用について
• 相互運用性、継続性確保のために重要
• しかし、“オープンスタンダード”の定義は様々
• 例えばEUの定義の要約
• 非営利団体が策定し保守、その策定過程が基本的に開かれている
• その仕様文書は無料...
8
デファクトスタンダードへの対応
• “7つの原則”を担保できれば、利用も可能
• 要件を満たさない場合、使用をさけるべき
• たとえばShapefile
• 不完全な状態でデータが流通する恐れがある
• 複数ファイルフォーマットのため
• ...
9
FOSS4Gの利用例
• 農林水産省での利用事例
• GIS利用の導入として、手軽に利用できる
• Leafletを使った農村集落の可視化サイト
• QGISを使用した統計情報の分析・可視化マニュアル
Leafletを利用した「地域の農業を...
10
FOSS4Gの利用例
• 国土地理院における活用事例
• FOSS4Gの利用による最新技術へ対応
• ソースコードの公開による活用の推進
Mapbox GL JSを利用して開発された地理院地図Vector
Githubでのソースコードの公...
11
FOSS4Gの利用例
• AIによる地物判読などにも利用
• UN GLOBAL PULSEでの利用例
https://www.unglobalpulse.org/microsite/pulsesatellite/
• 留意点
• 入手、...
12
その他補足的意見
• ドローンによる空中写真撮影の活用
• 撮影範囲は狭いが、適時性は大きな武器
• スマート農業の要素技術として導入も進んでいる
• 欧州のジオタグ付き写真のように、現地確認での活用
• デジタル地図更新の参考情報しての...
13
その他補足的意見
• ジオコーディング・逆ジオコーディング
• 技術としては確立されている
• 農地では入手可能なデータが一様でない
• 筆ポリゴン、農地台帳、地番図等
• どのデータで、何が可能なのか、検証が必要
• 更新についても留意...
14
ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足
• 愛知県半田市で予備的に確認
• オープンデータとして公開されている
• 全国農地ナビの農地ピンと整合性はある
半田市の全体図 農地ナビでの表示
地番データの表示
15
ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足
複数の筆に一つの地番
• いくつかの課題が想定される
• 利用可能なデータを元に、対応方針、解決方法の検
討が必要
• ジオコーディング・逆ジオコーディングをブラック
ボックス化しないこと...
16
ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足
• データの内部構造にも留意が必要
• 地番と住居表示で内部構造が違う
地番の場合の属性テーブル 住居表示の場合の属性テーブル
17
ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足
• 市町村によってデータの構造も違う
• 複数ファイルにより構成される場合もある
• 印刷前提の地図データの課題
大字データ
地番(点)データ
筆界データ
引出線データ
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

第3回「デジタル地図」を活用した農地情報の管理に関する検討会発表資料(naro・岩崎)

641 Aufrufe

Veröffentlicht am

第3回「デジタル地図」を活用した農地情報の管理に関する検討会発表資料、マイナーチェンジバージョン。当日使えるかどうかは不明(汗

Veröffentlicht in: Wissenschaft
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

第3回「デジタル地図」を活用した農地情報の管理に関する検討会発表資料(naro・岩崎)

  1. 1. NARO ※ 農研機構(のうけんきこう)は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構のコミュニケーションネーム(通称)です。 第3回「デジタル地図」の 活用に関する検討会 2020年2月20日 「デジタル地図」を活用した農地情報の 管理に関する検討会とりまとめ 骨子案への提案 農研機構農業環境変動センター 環境情報基盤研究領域 ユニット長 岩崎 亘典
  2. 2. 2 「デジタル地図」の様々な活用 • 基幹システムを中心に様々な活用が期待される • 行政のみでなく、生産現場、研究、ICT・Webベンダー等
  3. 3. 3 「デジタル地図」の構築・活用に向けて • 三つの提案 オープンデータとして公開することで、行政の効率化だけでなく、 様々な活用が可能になると考えます。筆ポリゴンについても、活用 させて頂いてます。 新たに構築される「デジタル地図」についても、オープンデータと なることで、農業者、研究者、ICTベンター等、様々な主体からの利 用が期待できます。 オープンデータとして デジタル地図の公開 “§3(2)7つの原則”を担保するために、オープンデータとしての 公開や、基幹システムの構築にあたり、オープンスタンダードを採 用する事が必要だと考えます。 デジタル技術革新に応じたシステム更新にあたっても、複数のシス テムから利用でき、データの継続的活用が可能なオープンスタン ダードが有効だと考えます。 オープンスタンダード の採用 「デジタル地図」は多様な場面での利用の推進により、その価値が増 すと考えます。そのためには、プロプライエタリソフトウェア注1)、 オープンソースソフトウェア(OSS)を問わず、様々なツールでの先進 的利用事例の蓄積が求められます。特にQGIS、Leaflet、Mapbox GL JS等 のFOSS4G注2)よばれるGISは、国や自治体での活用事例も多く、利用事 例の蓄積に効果的だと考えます。 オープンソースソフト ウェア(OSS)等を 活用した利用の推進 注1)ソフトウェアの入手、使用、改変、複製などに制限があるソフトウェア 注2)Free and Open Source Software for Geospatial の略
  4. 4. 4 「デジタル地図」の様々な活用 • それぞれの提案に関る範囲 OSS オープン スタンダード オープンデータ
  5. 5. 5 オープンデータとは?(復習) • 行政では“オープン・バイ・デザイン”が推奨 • オープンデータ化を前提に企画、設計を行う • 内閣官房IT室「オープンデータ基本指針」( R1.6.7 ) • すべてオープンデータ化する必要がある? • そもそも非公開の情報は必要ない • 個人情報、国や公共の安全・秩序に支障をおよぼすもの等 • まず、公開されているデータのライセンスを変えること • 1★オープンデータ 誰もが データのことです* ✤自由に使える ✤再利用できる ✤再配布できる * https://www.slideshare.net/yamatech/ss-54596195
  6. 6. 6 オープンデータの活用例 • 「作業機付きトラクターの公道 走行」に関る道路情報の提供 • 国道、県道、市道の情報 • 都市計画マップは利用できず • システム内でのみ閲覧 • 地理院タイル(ベクタ)+筆ポ リゴンを使用 • 別目的で作成したサイトを流用 • 必要に応じ、必要な情報を提供 https://www2.wagamachi-guide.com/tsukuba/rule.asp https://habs.dc.affrc.go.jp/spatial_data/maff_fude_road/#14.46/36.03989/140.11576 https://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/kodosoko.html 作業機付きトラクターの公道走行について
  7. 7. 7 オープンスタンダードの採用について • 相互運用性、継続性確保のために重要 • しかし、“オープンスタンダード”の定義は様々 • 例えばEUの定義の要約 • 非営利団体が策定し保守、その策定過程が基本的に開かれている • その仕様文書は無料か最低限の課金で入手、複製、配布が可能 • ロイヤリティフリーで利用可能であること • その標準の再利用には制限が無いこと • 上記を満たさなくとも、 “実質的なオープンスタンダード”もある • 「地図タイル」、GTFS等はGoogleの独自仕様 • 優れているとも限らない • 地理空間情報でも利用されない、廃れた、標準もある • 目的に応じた標準の選択が必要 • 重要視すべき点 • 適切な競争の担保、開発・利用コストの検討、技術的先進性・革新性の 評価、国際的視点、etc…
  8. 8. 8 デファクトスタンダードへの対応 • “7つの原則”を担保できれば、利用も可能 • 要件を満たさない場合、使用をさけるべき • たとえばShapefile • 不完全な状態でデータが流通する恐れがある • 複数ファイルフォーマットのため • ユーザのリテラシーを上げるのは困難 • 文字コード、座標系、ファイルサイズ、etc… • 一次データは、頑健なファイル形式での公開が必要 • OGC GeoPackage、ESRI File GDB、SpatiaLite等 • どうしても必要があれば形式変換したデータを再配布 ArcGIS ヘルプより引用 http://resources.arcgis.com/ja/help/main/10.2/#/na/005600000013000000/
  9. 9. 9 FOSS4Gの利用例 • 農林水産省での利用事例 • GIS利用の導入として、手軽に利用できる • Leafletを使った農村集落の可視化サイト • QGISを使用した統計情報の分析・可視化マニュアル Leafletを利用した「地域の農業を見て・知って・活 かす」での農村集落界の表示 QGISによる「地域の農業を見て・知って・活かす DB 」の活用手引き(東北農政局統計部) http://www.machimura.maff.go.jp/shurakudata/rcom_map/rcom_map.html https://www.maff.go.jp/tohoku/stinfo/deta/attach/pdf/index-1.pdf
  10. 10. 10 FOSS4Gの利用例 • 国土地理院における活用事例 • FOSS4Gの利用による最新技術へ対応 • ソースコードの公開による活用の推進 Mapbox GL JSを利用して開発された地理院地図Vector Githubでのソースコードの公開と活用事例(九州Q地図) https://github.com/gsi-cyberjapan/gsimaps https://maps.qchizu.xyz/#15/33.593298/130.415804/&base=std&ls=std%7C00fukuoka50000- merge&blend=0&disp=11&lcd=00fukuoka50000-merge&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1&d=vl https://maps.gsi.go.jp/vector/#16.461/35.673518/139.752375/&ls=vpale&disp=1
  11. 11. 11 FOSS4Gの利用例 • AIによる地物判読などにも利用 • UN GLOBAL PULSEでの利用例 https://www.unglobalpulse.org/microsite/pulsesatellite/ • 留意点 • 入手、利用は無償だが、開発、構築等にはコストかかる サポートも別。トータルコストを考慮する必要がある。 • 地方自治体等では、“無料ソフト”として導入が制限され る場合もある。
  12. 12. 12 その他補足的意見 • ドローンによる空中写真撮影の活用 • 撮影範囲は狭いが、適時性は大きな武器 • スマート農業の要素技術として導入も進んでいる • 欧州のジオタグ付き写真のように、現地確認での活用 • デジタル地図更新の参考情報しての利用も期待 • 撮影画像の処理にコストがかかる • 効率的な画像オルソ化処理、現地確認の自動化技術等の開発が必要 • マルチGNSSによる高精度測位 • 受信機の低価格化、民間事業者の参集により、ここ数年のう ちに一般化が見込める • ただし、「精密」ではあっても、「正確性」は別 • 「デジタル地図」活用に応用する場合、手順書等が必要 • 国土地理院による「マルチ GNSS 測量マニュアル」があるが、測量 用のため、要求精度が高い
  13. 13. 13 その他補足的意見 • ジオコーディング・逆ジオコーディング • 技術としては確立されている • 農地では入手可能なデータが一様でない • 筆ポリゴン、農地台帳、地番図等 • どのデータで、何が可能なのか、検証が必要 • 更新についても留意が必要か? • 筆ポリゴンID • 何のIDなのかを明確にする • 現況のみか、時系列変化も含めるのか? • 時系列変化を含む場合、何を“同じ筆”とするか • 分筆、合筆、形状変更、地殻移動、etc…
  14. 14. 14 ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足 • 愛知県半田市で予備的に確認 • オープンデータとして公開されている • 全国農地ナビの農地ピンと整合性はある 半田市の全体図 農地ナビでの表示 地番データの表示
  15. 15. 15 ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足 複数の筆に一つの地番 • いくつかの課題が想定される • 利用可能なデータを元に、対応方針、解決方法の検 討が必要 • ジオコーディング・逆ジオコーディングをブラック ボックス化しないことも重要か? 一つの筆に複数の地番 適切でない地番の付与 × ×
  16. 16. 16 ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足 • データの内部構造にも留意が必要 • 地番と住居表示で内部構造が違う 地番の場合の属性テーブル 住居表示の場合の属性テーブル
  17. 17. 17 ジオコーディング・逆ジオコーディングについて補足 • 市町村によってデータの構造も違う • 複数ファイルにより構成される場合もある • 印刷前提の地図データの課題 大字データ 地番(点)データ 筆界データ 引出線データ

×