Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
IT企業向けのDrupal構築アドバイス 
~図書館での事例から考察~ 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
2014年10月2日 
株式会社アイキューム 
井村 邦博
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
自己紹介 
• 氏名:井村邦博 いむら くにひろ 
• 経歴: 
• 2000年に大学図書館システムのパッケージをJavaServletで開発し、2013年ま 
でに全国約100校に導入。東京...
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
現在の所属 
• 株式会社アイキューム 代表取締役 
• 「Library & Drupal」ということで図書館業務システム全 
般とDrupalの案件を実施 
• 図書館で必須となる日本語検...
Drupalを利用した図書館での事例 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
4
Drupalって何? 
3年前に、図書館様からDrupalでの図書館ホームページ案 
件のお仕事をいただく 
最初の感想 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
• 何それ、よく判らない、今どきPHP 
• CMSは知っているけど...
Drupalを調べてみよう 
調べながらやってみようか、Amazon、Googleで検索 
あれ「見つからない」。。。 
当時は日本語文献、情報がかなり少ない。 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
書籍は2冊ぐらい。 
しかし...
Drupalできるかな 
開発者1名と私で、コツコツ進める。 
基本、英語文献とサンプル、人に聞く。 
その結果、理解すればするほど、Drupalはよく出来てい 
ることが判った。 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
7
システムの構築内容 
1. 図書館のホームページをNucleus(オープンソースの 
CMS)から、Drupalに移行 
2. 図書館ポータルサービス(貸出延長、予約、施設予約、 
購入依頼など)をDrupal上で開発 
3. 検索システムをD...
事例紹介1(ホームページ) 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
主な要件 
• 画面構成をシンプルに 
• レスポンシブ・ウェブデザイン 
• 日英対応 
• 機能の統合、整理 
• SSO(Single Sign On)連携...
アドバイス-CMSの画面設計 
画面構成をシンプルに、レスポンシブ・ウェブデザイン、機能の 
整理・統合 
最初はCMSを知らないディレクターによりデザインファーストで画 
面設計。50ページを超す下層を含む画面案が作成される。 
結果、上手く...
アドバイス-CMSの画面設計 
Drupalでは部品を配置するイメージで画面設計 
! 
・各ページに部品をどのように配置するかを考える 
・部品の統一、整理を意識する 
・同じコンテンツでも見せ方を変えて表現 
・表示するコンテンツを意識した...
アドバイス-モジュールの利用 
• 日英対応 
Drupalは標準は多言語対応しているが、各言語毎にコンテンツを入 
力する。 
モジュールを追加することにより、コンテンツ入力時に日英の切り 
替えが容易になる。また、日英で共通の項目は片方だけ...
アドバイス-将来への拡張性 
今後開発していく機能を考えた最終系をイメージする 
Drupalは、メニュー、コンテンツの見せ方を変更するの 
は容易。入力しているコンテンツには影響がない。 
小さく初めて、大きくしていくことが可能。 
アジャイ...
事例紹介2(図書館サービス) 
主な要件 
• 図書館ポータル機能(貸出状況照会、予約、購入依頼、複写依頼、 
施設予約など) 
• 図書館業務システムと連携 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
ホームページと同じ要件 
• ...
アドバイス-ロジックとUIの分離 
図書館ポータル機能をDrupalモジュールで開発 
貸出の延長、予約、図書の購入申込み、複写申込みは、図書館シ 
ステムとの業務連携が必須。 
図書館システム側では各機能を利用するAPIを実装。 
Drupa...
アドバイス-機能に集中して開発 
Drupalのモジュール開発は機能のコーディングに集中 
開発者はデザインが苦手だが、Drupalのモジュール開発 
は、HTMLタグを書く必要がない。 
また、多言語対応もDrupal側で対応。 
生産性の劇...
事例紹介3(検索システム) 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
主な要件 
• Drupal6からDrupal7 
• Apache Solr 1.4から4.1 
• 約220万のデータのハンドリング 
• バグ対応 
ホーム...
アドバイス-システムのマイグレーション 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
Drupal6からDrupal7、Apache Solr1.4から4.1に 
• Drupalの6と7ではモジュールの互換性が低いが、機械的に置き換え...
アドバイス-パフォーマンス 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
• パフォーマンス 
• Drupal上に約220万の目録データを登録。検索はSolrだが、詳細表示は 
Drupalのデータを取得する。 
• 1台のサーバで4...
アドバイス-システムの運用 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
! 
• DrupalのファイルとMySQLのデータをコピーすれば、簡単に 
同じ環境を構築できる 
• Drupalはコマンドライン管理ツール、自動実行機能があ...
開発者観点でのDrupalのメリット 
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
• デザインとプログラムの分離。 
• モジュールを使えば、簡単に機能が実現。開発することよりモジュール 
を見つけること。 
• パフォーマンス、セキ...
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
日本での課題 
• 日本語情報の少ないため学習コストが高い 
• 日本のコミニティの発展に期待と協力 
• 英語のリーディングができれば、改善される 
• ビジネス事例の紹介が少ない 
• D...
Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 
終わりに 
10/1、Drupalバージョン8のβ1がリリースされました。Drupal8で 
は、さらなる日本語化対応や最新のWeb技術に対応しており、日本 
でも利用が進むと考えています。 ...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

It企業向けのdrupal構築アドバイス slideshare

5.571 Aufrufe

Veröffentlicht am

IT企業向けのためのDrupal構築アドバイスを図書館の事例から紹介しました

Veröffentlicht in: Business
  • Als Erste(r) kommentieren

It企業向けのdrupal構築アドバイス slideshare

  1. 1. IT企業向けのDrupal構築アドバイス ~図書館での事例から考察~ Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 2014年10月2日 株式会社アイキューム 井村 邦博
  2. 2. Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 自己紹介 • 氏名:井村邦博 いむら くにひろ • 経歴: • 2000年に大学図書館システムのパッケージをJavaServletで開発し、2013年ま でに全国約100校に導入。東京大学様を初め大規模な導入から2名ぐらいの小規 模な図書館を経験。パッケージの開発から初め、導入、保守、営業と社内の組 織をつくながら業務改善を実施。 • 3年目から製品のエバンジェリスト的な活動も実施。各種勉強会、論文執筆、 カンファレンスで発表。 • 2014年2月末に退職直後に「大学図書館システムについて」のSlideShareが公 開から1週間で2600Viewを越える。 2
  3. 3. Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 現在の所属 • 株式会社アイキューム 代表取締役 • 「Library & Drupal」ということで図書館業務システム全 般とDrupalの案件を実施 • 図書館で必須となる日本語検索系のソリューションに強 い(Solr、Drupal+Solr Solrはオープンソフトウェア の検索エンジンです) 3
  4. 4. Drupalを利用した図書館での事例 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 4
  5. 5. Drupalって何? 3年前に、図書館様からDrupalでの図書館ホームページ案 件のお仕事をいただく 最初の感想 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 • 何それ、よく判らない、今どきPHP • CMSは知っているけど、過去にあまり良いイメージは なかった 5
  6. 6. Drupalを調べてみよう 調べながらやってみようか、Amazon、Googleで検索 あれ「見つからない」。。。 当時は日本語文献、情報がかなり少ない。 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 書籍は2冊ぐらい。 しかし、英語文献、情報はとても、とても多い。 6
  7. 7. Drupalできるかな 開発者1名と私で、コツコツ進める。 基本、英語文献とサンプル、人に聞く。 その結果、理解すればするほど、Drupalはよく出来てい ることが判った。 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 7
  8. 8. システムの構築内容 1. 図書館のホームページをNucleus(オープンソースの CMS)から、Drupalに移行 2. 図書館ポータルサービス(貸出延長、予約、施設予約、 購入依頼など)をDrupal上で開発 3. 検索システムをDrupal 6からDrupal 7に移行および機能 強化 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 8
  9. 9. 事例紹介1(ホームページ) Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 主な要件 • 画面構成をシンプルに • レスポンシブ・ウェブデザイン • 日英対応 • 機能の統合、整理 • SSO(Single Sign On)連携 • 今後開発していく機能を考え た最終系をイメージする 9
  10. 10. アドバイス-CMSの画面設計 画面構成をシンプルに、レスポンシブ・ウェブデザイン、機能の 整理・統合 最初はCMSを知らないディレクターによりデザインファーストで画 面設計。50ページを超す下層を含む画面案が作成される。 結果、上手く行かなかった。静的なHTMLとCMSの違い。 ・機能を整理してデザインされていなかった ・イメージで進めており、あとで修正も可能と考えていた ・スマフォでのイメージが考慮されていなかった Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 10
  11. 11. アドバイス-CMSの画面設計 Drupalでは部品を配置するイメージで画面設計 ! ・各ページに部品をどのように配置するかを考える ・部品の統一、整理を意識する ・同じコンテンツでも見せ方を変えて表現 ・表示するコンテンツを意識した設計 ファンクションファーストによる実施 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 11
  12. 12. アドバイス-モジュールの利用 • 日英対応 Drupalは標準は多言語対応しているが、各言語毎にコンテンツを入 力する。 モジュールを追加することにより、コンテンツ入力時に日英の切り 替えが容易になる。また、日英で共通の項目は片方だけ入力すれば よい。 ! • Web技術の標準的なものはモジュールで解決 SSO連携(Shibboleth)、画像ビューワー、メニュー、Google Map、 Google Analytics、JQuery対応など。 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 12
  13. 13. アドバイス-将来への拡張性 今後開発していく機能を考えた最終系をイメージする Drupalは、メニュー、コンテンツの見せ方を変更するの は容易。入力しているコンテンツには影響がない。 小さく初めて、大きくしていくことが可能。 アジャイル的な開発で、モックアップを作る感覚で機能 が実現できる。 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 13
  14. 14. 事例紹介2(図書館サービス) 主な要件 • 図書館ポータル機能(貸出状況照会、予約、購入依頼、複写依頼、 施設予約など) • 図書館業務システムと連携 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 ホームページと同じ要件 • レスポンシブデザイン • 日英対応 • SSO連携 14
  15. 15. アドバイス-ロジックとUIの分離 図書館ポータル機能をDrupalモジュールで開発 貸出の延長、予約、図書の購入申込み、複写申込みは、図書館シ ステムとの業務連携が必須。 図書館システム側では各機能を利用するAPIを実装。 DrupalはフロントエンドのUI機能(レスポンシブ・ウェ ブデザイン対応など)を実現し、ビジネスロジックとの 完全な分離。開発効率の向上と開発できる人の幅が広が る。 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 15
  16. 16. アドバイス-機能に集中して開発 Drupalのモジュール開発は機能のコーディングに集中 開発者はデザインが苦手だが、Drupalのモジュール開発 は、HTMLタグを書く必要がない。 また、多言語対応もDrupal側で対応。 生産性の劇的な向上。画面遷移が決まれば、2,3日 で1機能を開発できた。 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 16
  17. 17. 事例紹介3(検索システム) Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 主な要件 • Drupal6からDrupal7 • Apache Solr 1.4から4.1 • 約220万のデータのハンドリング • バグ対応 ホームページと同じ要件 • レスポンシブデザイン • 日英対応 • SSO連携 17
  18. 18. アドバイス-システムのマイグレーション Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 Drupal6からDrupal7、Apache Solr1.4から4.1に • Drupalの6と7ではモジュールの互換性が低いが、機械的に置き換えて対応 可能だった。作業はアメリカの開発者が実施していたが、システムを十分 に理解しなくても可能であった。 • 我々はデバッグや置き換え漏れの対応。 • Apache Solr連携部分は我々で対応。 Drupal・Solrはオープンソフトウェアだからできた。 18
  19. 19. アドバイス-パフォーマンス Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 • パフォーマンス • Drupal上に約220万の目録データを登録。検索はSolrだが、詳細表示は Drupalのデータを取得する。 • 1台のサーバで4Core、32Gメモリのサーバ上にDrupalとSolr、MySQL が動作 • メモリキャッシュ、MySQLチューニング、Solrチューニングを実施 パフォーマンスはクリアー 19
  20. 20. アドバイス-システムの運用 Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 ! • DrupalのファイルとMySQLのデータをコピーすれば、簡単に 同じ環境を構築できる • Drupalはコマンドライン管理ツール、自動実行機能がありメ ンテナンスは楽 • Coreモジュールと開発モジュールが分離されており、アップ デートが容易 運用的コストが低い 20
  21. 21. 開発者観点でのDrupalのメリット Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 • デザインとプログラムの分離。 • モジュールを使えば、簡単に機能が実現。開発することよりモジュール を見つけること。 • パフォーマンス、セキュリティがデフォルトで優秀。 • 他のオープンソフトウェアの連携が容易 Apache Solr, デザインテンプレートのBootstrap, JavaScriptフレー ムワークのAngularJSなど 開発者談「スクラッチの開発が馬鹿らしい」 21
  22. 22. Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 日本での課題 • 日本語情報の少ないため学習コストが高い • 日本のコミニティの発展に期待と協力 • 英語のリーディングができれば、改善される • ビジネス事例の紹介が少ない • DBCJの活動 • スクラッチよりも開発工数が低く、日本でも使われている案件がある 22
  23. 23. Drupalビジネスコンソーシアム 第2回説明会 終わりに 10/1、Drupalバージョン8のβ1がリリースされました。Drupal8で は、さらなる日本語化対応や最新のWeb技術に対応しており、日本 でも利用が進むと考えています。 日本のビジネス分野でもDrupalで「できること」が沢山あります。 ソフトウェア開発の明るい将来としてDrupalを考えてみてはいかが でしょうか。 Drupalが業界全体の発展に寄与できればと思います。 23

×