Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

大学教育

914 Aufrufe

Veröffentlicht am

1組Aグループ(2回目)
2014年7月1日実施

Veröffentlicht in: Bildung
  • Als Erste(r) kommentieren

大学教育

  1. 1. 大学はアクティブラーニングを 増やすべきである。 Aグループ
  2. 2. ~目次~ 1, 三角ロジック① 2, アクティブラーニングとは? 3, ラーニングピラミッド 4, 三角ロジック② 5, 反駁 6, まとめ
  3. 3. 主張 (claim) 論拠 (warrant) 根拠 (data) アクティブラーニングの 授業を増やすべき ラーニングピラミッド 能力やスキルの定着 三角ロジック①1
  4. 4. 大学とは? 学問をする 教養を身につける 専門知識を深める 部活やサークルをする
  5. 5. 私たちのグループの定義では、 就職を見据えた、 実践的な学習を行う場所
  6. 6. アクティブラーニングとは? 教員による一方的な講義形式の教育とは異なり、 学修者の能動的な学修への参加を取り入れた 教授・学習法の総称。 ~引用:文部科学省 用語集~ はじめに・・・ 2
  7. 7. ⇒認知的、論理的、社会的能力、 教養、知識、経験 アクティブラーニングの 具体的な項目  グループティスカッション、 ディベート、グループワーク 発見学習、問題解決学習、 体験学習、調査学習等 身に着く 能力は・・・
  8. 8. ラーニングピラミッド3
  9. 9. アクティブラーニングを導入している大学 事例1(創価大学経営学部) http://keiei.soka.ac.jp/active-learning/
  10. 10. アクティブラーニングを導入している大学 事例1 (内容) http://keiei.soka.ac.jp/active-learning 1.グループワーク 2.プレゼンテーション 3.ディベート 4.フィールドワーク
  11. 11. 生徒の声 自分たちで一から作るプレゼンは試行錯 誤しながらでしたが、チームの皆と協力 し、一人ひとりがリーダーとして取り組 んだこの経験は、三年になった今も、大 変に活かされています。 本当にグループというのは当たり前ですがチーム ワークが大 事ですし、情報を得ることの大切さも 改めて実感しました。研究、ディスカッション、 プレゼン作りなど、全ての作業をグループのメン バーで自由に進めていきます。自由だからこそ、 チームワークが重要です。
  12. 12. 講義:知識の伝達 一般的な アクティブラーニング 知識の定着・確認を目的とした 演習・実験等 高次の アクティブラーニング 知識の活用を目的としたPBL、 創生授業等 資料出所:『アクティブラーニングで学生が成長するのか』
  13. 13. 関学での取り組み (三田アカデミックコモンズ)
  14. 14. 根拠 (data) 論拠 (warrant) 主張 (claim) アクティブラーニングの 授業を増やすべき 総合大学の授業の出席率と参加率 海外の大学と比較 (同じ総合大学、経済の授業) 参加率が上がる + 責任感を持つようになる 三角ロジック②4
  15. 15.  主体的な参加が必要な授業を経験している学生が増加。  「ディスカッションの機会を取り入れた授業」 (54.2%)  「教室外で体験的な活動や実習を行う授業」 (39.1%)  「プレゼンテーションを取り入れた授業」 (57.6%) といった、学生の主体的な参加が必要な授業 (アクティブ・ラーニング=能動的学修型授業)で、 経験割合「よくあった」+「ある程度あった」が 08年度比でそれぞれ7ポイント前後増加している。 根拠 (data)
  16. 16. 文部科学省 平成2年
  17. 17. ハーバード大学 「ピアインストラクション」 大教室の授業でも教員が学生に 対して 質問を投げかけ、それに対して 学生同士が 議論しながら進める。 →学生の理解度が大きく上昇した。
  18. 18. スタンフォード大学  「講義」のみの授業を廃止した。 ノーベル賞受賞の教授が行う講義を 受けた同校の物理の平均点が41点で あったのに対し、 大学院生と一緒に問題を解く アクティブな学びに切り替えた結果、 平均点71点という大幅な上昇を示した。
  19. 19. マサチューセッツ工科大学  教養物理の授業に学生同士の 議論などアクティブな要素を 取り入れた結果、 成績下位者だけでなく 中位、上位でもまんべんなく 成績の向上が見られた。
  20. 20. 反駁 1,外国のように日本の大学でも、 アクティブラーニングを実施す ることが出来るのか。 ・
  21. 21. ~国公立~ 東京大学 秋田大学 室蘭工業大学 新潟大学 岡山大学 京都工芸繊維大学 宮崎大学 九州工業大学 金沢大学 秋田大学 三重大学 ~私立~ 福岡工業大学 金沢工業大学 産業能率大学 立教大学 創価大学 立命館大学 宮崎産業経営大学 流通科学大学 函館大学 創価大学 東日本国際大学 武蔵大学 主なアクティブラーニング実施大学 (一部) 参考:http://www.keinet.ne.jp/gl/11/04/report_1104.pdf#s' 再反駁1
  22. 22. 小樽商科大学 2014年度より実施。
  23. 23. 反駁 2,講義の授業を聴くことも、 メリットがあるのではない のか。 ・ 5
  24. 24. ただ座って先生の講義を 聴いているときの脳の活動 は、眠っているときと同じ である。by ハーバード大学 エリックマズール教 授 再反駁2
  25. 25. ハーバード大学 「ピアインストラクション」 大教室の授業でも教員が学生に 対して 質問を投げかけ、それに対して 学生同士が 議論しながら進める。 →学生の理解度が大きく上昇した。
  26. 26. アクティ ブラーニ ング 増加 ディスカッション やプレゼン等 スキルや能力の上昇 実社会で役立つ 出席必須 集団の意識 参加率や責任 の向上 まとめ 6
  27. 27. 大学生の学びの体制を変えるためにも アクティブラーニングを 増やすべきだ ! まずは関学から!!!
  28. 28. from Agroup

×