Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
情報を活用し情報社会に参画するため
にデータベースを科学的に理解する
第6回全国高等学校情報教育研究会
13年8月13日火曜日
情報科
はじめに
13年8月13日火曜日
情報科
Only One Thing...
13年8月13日火曜日
情報科
This is very simple.
13年8月13日火曜日
情報科
私の目指すもの
先進的な授業実践
スタンダードな授業実践
全国の高等学校で取り組めるもの
13年8月13日火曜日
情報科
今日の話題はほんのちいさな話題
社会と情報
この話題
13年8月13日火曜日
情報科
今回の発表の問題意識
13年8月13日火曜日
情報科
昨年度のこの場での発表で……
13年8月13日火曜日
情報科
「社会と情報」でも
「データベース」の学習を
13年8月13日火曜日
情報科
昨年度の発表で残していた課題
関係データベースの設計
29
関係データベースの設計
30
実習∼データベースの設計をしてみよう
■
次の表を正規化してみよう次のような成績表を前頁の例にならって正規化してみよう
生徒番号 年 組 番 氏名...
情報科
データベースを学ぶ意義
13年8月13日火曜日
情報科
学習指導要領では
(4)望ましい情報社会の構築
ア 社会における情報システム
イ 情報システムと人間
望ましい情報社会の構築のために、
どのような情報システムが必要か?
13年8月13日火曜日
情報科
情報システムのしくみと成り立ち
ネットワーク
学習
済
データベース
存在を認識させたい
13年8月13日火曜日
情報科
データベースは身近な存在
http://www.hogehoge.com/
Webサービス
Webサービス
情報端末内部
App
App
13年8月13日火曜日
情報科
情報システム開発の工程
プログラミング
内部設計
外部設計
要件定義
テスト
運用
上流工程
への関わり
13年8月13日火曜日
情報科
技術的な深入りは不要
SQL DBMS
必ずしも扱う必要はない
13年8月13日火曜日
情報科
理解させたいデータベースの概念
 問い
合せ
検索
再利用
DATA
DATA
DATA
DATA
関連付け
結合
13年8月13日火曜日
情報科
実世界のモデル化
実世界
モデル化
設計
ものの見方・考え方
13年8月13日火曜日
情報科
教科書通りで大失敗
13年8月13日火曜日
情報科
教科書通りの順序
設計(正規化)
テーブルの作成
関係演算
13年8月13日火曜日
情報科
失敗の原因その1
正規化の先に何が待っているかがわからない
生
徒
いま何をやっているのか
まったくわからない
モチベーション低下
13年8月13日火曜日
情報科
失敗の原因その2
??
設計中心に授業を組んでしまった
生
徒
これまでには
全くない概念
一年間の流れを
無視してしまった
13年8月13日火曜日
情報科
失敗の原因その3
ツールの不具合に本質が見えなくなった
生
徒
ちゃんとやってるのに
何でうまくいかへんの?
もうええわ、こんなん
情報の授業とちゃうわ
13年8月13日火曜日
情報科
「見通し」で理解促進
13年8月13日火曜日
情報科
順序の入れ換え
設計(正規化)
テーブルの作成
関係演算
関係演算
設計(正規化)
テーブルの作成
13年8月13日火曜日
情報科
関係演算でデータから情報を取り出す
データ
情報
関係演算
データから情報へ
13年8月13日火曜日
情報科
この年の総括
関係演算
設計(正規化)
テーブルの作成
見通しが立った
手順をなぞる学習
そもそも必要か?
13年8月13日火曜日
情報科
2012年度の実践
13年8月13日火曜日
情報科
流れの再構築
実世界と情報の活用
関係モデル
関係演算
13年8月13日火曜日
情報科
「私たちの生活と情報システム」
13年8月13日火曜日
情報科
情報システムとデータベース
書籍情報
蔵書情報
利用者情報
貸出状況
これまでの取り扱い
どのようなデータが
扱われているか
データベースが
働いていることを強調
13年8月13日火曜日
情報科
情報システムとデータベース
「連携」に重点を
注文番号 伝票番号
「配送中」 「配送中」
注文番号 伝票番号
で照会
注文番号⇄伝票番号
13年8月13日火曜日
情報科
図書館に必要な情報は?
どんな本? どの本がどの書庫に
誰が借りた どの本を誰に貸した
Book
貸出 検索
13年8月13日火曜日
情報科
コンビニで必要な情報は?
購入
誰が買ったか
いつ買ったか
何を買ったか
13年8月13日火曜日
情報科
蓄積された情報からわかることは?
誰が買ったか
いつ買ったか
何を買ったか
この店舗ではどのような商品がよく売れるか?
この店舗ではどの時間帯にどのような商品がよく売れているか?
この店舗ではどのような年齢層にどのような商品が人気か?
...
情報科
バーコードにひもづいた情報
49012345678904
照合
商品名 メーカー
金額 値引き情報
13年8月13日火曜日
情報科
ポイントカードにひもづいた情報
照合
Point Card
1234-5678-9012345-0
氏名 住所
生年月日 申し込んだサービス
現在のポイント 購入履歴
13年8月13日火曜日
情報科
関係モデル
13年8月13日火曜日
情報科
「関係」とは?
データ
我孫子くん
たのしい牛乳
ヘクシコーラ
藤本くん
22歳
ネイジ
20歳
手塚くん
すくな∼いお茶
ヘクシMEX
鳥龍茶
21歳
赤塚くん
佐藤園
ヨントリー
29歳
13年8月13日火曜日
情報科
「関係」とは?
我孫子くん
藤本くん
手塚くん
赤塚くん
客名
22歳
20歳
21歳
29歳
年齢
たのしい牛乳
すくな∼いお茶
ヘクシMEX
鳥龍茶
品名
ヘクシコーラ
ネイジ
佐藤園
ヨントリー
メーカー
13年8月13日火曜日
情報科
「関係」とは?
客名 年齢 品名 メーカー
手塚くん 29 すくな∼いお茶 佐藤園
赤塚くん 20 たのしい牛乳 ネイジ
藤本くん 21 鳥龍茶 ヨントリー
我孫子くん 22 ヘクシMEX ヘクシコーラ
関係モデル=データを表形式で管理...
情報科
「関係」を考える演習
商品Aは1,000円、商品Bは1,500円、
商品Cは2,000円、商品Dは2,500円だ。
例題
13年8月13日火曜日
情報科
「関連」を読み取らせる演習
社員ID 氏名 部門コード 年齢
1001 佐藤 聡志 B01 35
1002 鈴木 錫夫 B02 37
1003 高橋 孝男 B03 29
1004 田中多奈美 B01 23
1005 伊藤唯斗志 B03 ...
情報科
関係モデルを考えさせる演習
Book
貸出 検索
図書館に必要なフィールドは?
関係同士をどのように関連させる?
13年8月13日火曜日
情報科
関係演算
13年8月13日火曜日
情報科
関係演算でデータの取り出し
データベース学習ツールを利用
13年8月13日火曜日
情報科
結果
13年8月13日火曜日
情報科
生徒の声から
生
徒
日々の生活で、至るところでデー
タですが使われていること知りま
した。普段の生活で少し意識すれ
ば楽しそうだなと思った。
この単元では情報という授業の総
まとめのようなものだと感じまし
た。やっぱり情報とは、様々な...
情報科
データベース学習の方向性
実世界と情報の活用
関係モデル
関係演算
13年8月13日火曜日
情報科
データベース学習による効果
情報活用の
実践力
情報の科学
的な理解
情報社会に
参画する態度
それぞれの要素を含んでいる
13年8月13日火曜日
情報科
おわりに
知恵 実践
充実
13年8月13日火曜日
情報科
一緒に探求してみませんか?
13年8月13日火曜日
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

情報を活用し情報社会に参画するためにデータベースを科学的に理解する

409 Aufrufe

Veröffentlicht am

Veröffentlicht in: Bildung
  • Als Erste(r) kommentieren

情報を活用し情報社会に参画するためにデータベースを科学的に理解する

  1. 1. 情報を活用し情報社会に参画するため にデータベースを科学的に理解する 第6回全国高等学校情報教育研究会 13年8月13日火曜日
  2. 2. 情報科 はじめに 13年8月13日火曜日
  3. 3. 情報科 Only One Thing... 13年8月13日火曜日
  4. 4. 情報科 This is very simple. 13年8月13日火曜日
  5. 5. 情報科 私の目指すもの 先進的な授業実践 スタンダードな授業実践 全国の高等学校で取り組めるもの 13年8月13日火曜日
  6. 6. 情報科 今日の話題はほんのちいさな話題 社会と情報 この話題 13年8月13日火曜日
  7. 7. 情報科 今回の発表の問題意識 13年8月13日火曜日
  8. 8. 情報科 昨年度のこの場での発表で…… 13年8月13日火曜日
  9. 9. 情報科 「社会と情報」でも 「データベース」の学習を 13年8月13日火曜日
  10. 10. 情報科 昨年度の発表で残していた課題 関係データベースの設計 29 関係データベースの設計 30 実習∼データベースの設計をしてみよう ■ 次の表を正規化してみよう次のような成績表を前頁の例にならって正規化してみよう 生徒番号 年 組 番 氏名 科目コード 科目名 担当 教科コード 教科名 点数 A001 2 1 1 伊藤 太郎 S101 現代文 富田 1 国語 80 A001 2 1 1 伊藤 太郎 S501 化学 鈴木 5 理科 96 A002 2 2 9 佐藤 花子 S102 古典 山本 1 国語 50 A002 2 2 9 佐藤 花子 S502 物理 浜田 5 理科 48 A003 2 4 34 山田 一郎 S101 現代文 富田 1 国語 83 A003 2 4 34 山田 一郎 S502 物理 浜田 5 理科 90 上のテーブルを分割したテーブルの定義を書いてみよう まず、実際に分割したテーブルを作り、それをもとに定義を書いて見よう à テーブル同士のリレーションも記述すること à 分割したテーブル テーブル【生徒】 生徒番号 年 組 番 氏名 A001 2 1 1 伊藤 太郎 A002 2 2 9 佐藤 花子 A003 2 4 34 山田 一郎 テーブル【履修】 生徒番号 科目コード 点数 A001 S101 80 A001 S501 96 A002 S102 50 A002 S502 48 A003 S101 83 A003 S502 90 テーブル【科目】 科目コード 科目名 担当 教科コードS101 現代文 冨田 1S102 古典 山本 1S501 化学 鈴木 5S502 物理 浜田 5 テーブル【教科】 教科コード 教科名 1 国語 5 理科 テーブルの定義 【 生徒 】 主キー フィールド名 データ型 ○ 生徒番号 文字列 年 数値 組 数値 番 数値 氏名 文字列 【 科目 】 主キー フィールド名 データ型 ○ 科目コード 文字列 科目名 文字列 担当 文字列 教科コード 数値 【 成績 】 主キー フィールド名 データ型 ○ 生徒番号 文字列 ○ 科目コード 文字列 点数 数値 【 教科 】 主キー フィールド名 データ型 ○ 教科コード 数値 教科名 文字列 手順をなぞる学習 を脱却できていない 社会の中の情報 考えさせる仕掛け 13年8月13日火曜日
  11. 11. 情報科 データベースを学ぶ意義 13年8月13日火曜日
  12. 12. 情報科 学習指導要領では (4)望ましい情報社会の構築 ア 社会における情報システム イ 情報システムと人間 望ましい情報社会の構築のために、 どのような情報システムが必要か? 13年8月13日火曜日
  13. 13. 情報科 情報システムのしくみと成り立ち ネットワーク 学習 済 データベース 存在を認識させたい 13年8月13日火曜日
  14. 14. 情報科 データベースは身近な存在 http://www.hogehoge.com/ Webサービス Webサービス 情報端末内部 App App 13年8月13日火曜日
  15. 15. 情報科 情報システム開発の工程 プログラミング 内部設計 外部設計 要件定義 テスト 運用 上流工程 への関わり 13年8月13日火曜日
  16. 16. 情報科 技術的な深入りは不要 SQL DBMS 必ずしも扱う必要はない 13年8月13日火曜日
  17. 17. 情報科 理解させたいデータベースの概念  問い 合せ 検索 再利用 DATA DATA DATA DATA 関連付け 結合 13年8月13日火曜日
  18. 18. 情報科 実世界のモデル化 実世界 モデル化 設計 ものの見方・考え方 13年8月13日火曜日
  19. 19. 情報科 教科書通りで大失敗 13年8月13日火曜日
  20. 20. 情報科 教科書通りの順序 設計(正規化) テーブルの作成 関係演算 13年8月13日火曜日
  21. 21. 情報科 失敗の原因その1 正規化の先に何が待っているかがわからない 生 徒 いま何をやっているのか まったくわからない モチベーション低下 13年8月13日火曜日
  22. 22. 情報科 失敗の原因その2 ?? 設計中心に授業を組んでしまった 生 徒 これまでには 全くない概念 一年間の流れを 無視してしまった 13年8月13日火曜日
  23. 23. 情報科 失敗の原因その3 ツールの不具合に本質が見えなくなった 生 徒 ちゃんとやってるのに 何でうまくいかへんの? もうええわ、こんなん 情報の授業とちゃうわ 13年8月13日火曜日
  24. 24. 情報科 「見通し」で理解促進 13年8月13日火曜日
  25. 25. 情報科 順序の入れ換え 設計(正規化) テーブルの作成 関係演算 関係演算 設計(正規化) テーブルの作成 13年8月13日火曜日
  26. 26. 情報科 関係演算でデータから情報を取り出す データ 情報 関係演算 データから情報へ 13年8月13日火曜日
  27. 27. 情報科 この年の総括 関係演算 設計(正規化) テーブルの作成 見通しが立った 手順をなぞる学習 そもそも必要か? 13年8月13日火曜日
  28. 28. 情報科 2012年度の実践 13年8月13日火曜日
  29. 29. 情報科 流れの再構築 実世界と情報の活用 関係モデル 関係演算 13年8月13日火曜日
  30. 30. 情報科 「私たちの生活と情報システム」 13年8月13日火曜日
  31. 31. 情報科 情報システムとデータベース 書籍情報 蔵書情報 利用者情報 貸出状況 これまでの取り扱い どのようなデータが 扱われているか データベースが 働いていることを強調 13年8月13日火曜日
  32. 32. 情報科 情報システムとデータベース 「連携」に重点を 注文番号 伝票番号 「配送中」 「配送中」 注文番号 伝票番号 で照会 注文番号⇄伝票番号 13年8月13日火曜日
  33. 33. 情報科 図書館に必要な情報は? どんな本? どの本がどの書庫に 誰が借りた どの本を誰に貸した Book 貸出 検索 13年8月13日火曜日
  34. 34. 情報科 コンビニで必要な情報は? 購入 誰が買ったか いつ買ったか 何を買ったか 13年8月13日火曜日
  35. 35. 情報科 蓄積された情報からわかることは? 誰が買ったか いつ買ったか 何を買ったか この店舗ではどのような商品がよく売れるか? この店舗ではどの時間帯にどのような商品がよく売れているか? この店舗ではどのような年齢層にどのような商品が人気か? 13年8月13日火曜日
  36. 36. 情報科 バーコードにひもづいた情報 49012345678904 照合 商品名 メーカー 金額 値引き情報 13年8月13日火曜日
  37. 37. 情報科 ポイントカードにひもづいた情報 照合 Point Card 1234-5678-9012345-0 氏名 住所 生年月日 申し込んだサービス 現在のポイント 購入履歴 13年8月13日火曜日
  38. 38. 情報科 関係モデル 13年8月13日火曜日
  39. 39. 情報科 「関係」とは? データ 我孫子くん たのしい牛乳 ヘクシコーラ 藤本くん 22歳 ネイジ 20歳 手塚くん すくな∼いお茶 ヘクシMEX 鳥龍茶 21歳 赤塚くん 佐藤園 ヨントリー 29歳 13年8月13日火曜日
  40. 40. 情報科 「関係」とは? 我孫子くん 藤本くん 手塚くん 赤塚くん 客名 22歳 20歳 21歳 29歳 年齢 たのしい牛乳 すくな∼いお茶 ヘクシMEX 鳥龍茶 品名 ヘクシコーラ ネイジ 佐藤園 ヨントリー メーカー 13年8月13日火曜日
  41. 41. 情報科 「関係」とは? 客名 年齢 品名 メーカー 手塚くん 29 すくな∼いお茶 佐藤園 赤塚くん 20 たのしい牛乳 ネイジ 藤本くん 21 鳥龍茶 ヨントリー 我孫子くん 22 ヘクシMEX ヘクシコーラ 関係モデル=データを表形式で管理する 13年8月13日火曜日
  42. 42. 情報科 「関係」を考える演習 商品Aは1,000円、商品Bは1,500円、 商品Cは2,000円、商品Dは2,500円だ。 例題 13年8月13日火曜日
  43. 43. 情報科 「関連」を読み取らせる演習 社員ID 氏名 部門コード 年齢 1001 佐藤 聡志 B01 35 1002 鈴木 錫夫 B02 37 1003 高橋 孝男 B03 29 1004 田中多奈美 B01 23 1005 伊藤唯斗志 B03 29 部門コード 部門名 B01 総務部 B02 営業部 B03 開発部 1 多 佐藤聡志さんの部門はどこ? 13年8月13日火曜日
  44. 44. 情報科 関係モデルを考えさせる演習 Book 貸出 検索 図書館に必要なフィールドは? 関係同士をどのように関連させる? 13年8月13日火曜日
  45. 45. 情報科 関係演算 13年8月13日火曜日
  46. 46. 情報科 関係演算でデータの取り出し データベース学習ツールを利用 13年8月13日火曜日
  47. 47. 情報科 結果 13年8月13日火曜日
  48. 48. 情報科 生徒の声から 生 徒 日々の生活で、至るところでデー タですが使われていること知りま した。普段の生活で少し意識すれ ば楽しそうだなと思った。 この単元では情報という授業の総 まとめのようなものだと感じまし た。やっぱり情報とは、様々なこ とを伝えたり、聞いたり、読み取 るということなんだなと思いまし た。 13年8月13日火曜日
  49. 49. 情報科 データベース学習の方向性 実世界と情報の活用 関係モデル 関係演算 13年8月13日火曜日
  50. 50. 情報科 データベース学習による効果 情報活用の 実践力 情報の科学 的な理解 情報社会に 参画する態度 それぞれの要素を含んでいる 13年8月13日火曜日
  51. 51. 情報科 おわりに 知恵 実践 充実 13年8月13日火曜日
  52. 52. 情報科 一緒に探求してみませんか? 13年8月13日火曜日

×