Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
HR Meetup Tokyo_vol.2
"The War for Talent"
Mercari, Inc.
ISHIGURO Takaya
https://www.mercari.com/jp/
自己紹介
Takaya Ishiguro
t:@takaya_i
f:/takaya.ishiguro
-前職ドコモでは営業、採用育成、人事制度を担当した後に、新規事業
会社設立、その後新規事業をプロデュース。
-2015年よりメルカリにjoi...
株式会社メルカリ 概要
■ 会社設立日: 2013年2月1日
✓ サービスローンチ:
• 日本:2013年7月
• 米国:2014年9月
■ オフィス: 東京、仙台、 San Francisco、London
■ 従業員数:約350名(日米合計...
日本最大のフリマアプリ
JP: 30 million DLs
US: 12 million DLs
4
主要KPI
ダウンロード数
流通額
出品数
4,200万DL
(日本3,000万DL、米国1,200万DL)
月間100億円超
1日50万品以上
5
メルカリのHR Group Mission
1. 当社にとって価値のある優秀なメンバーを集めること
○ Be Professional – プロフェッショナルであれ
メルカリは卓越した能力を持った個人が考え抜きベストを尽くす組織です。メンバーは...
今日のお題
「ブランディングはじめの一歩」
7
その1
「CS(=カスタマーサポート)採用」
8
9
はじめの一歩
◯◯◯◯様
メルカリでHRを担当しております石黒と申します。
先週の広報寺子屋ではご挨拶させていただき、ありがとうございました。
CAREERHACKの記事化材料として、
当社としてご協力できそうなお話を2-3ほどご相談させていただきたいと考え...
例えば以下の様な内容(もしくは松尾様がご興味を持たれそうな範囲)で
一度ご相談のお時間をいただけませんでしょうか。(あくまで一例です)
1)新たなメンバーの採用(数ヶ月以内に予定あり※先日お話したものです)、とそのキャリア
チェンジに関するスト...
石黒さま
ご連絡ありがとうございます。最近発表があったヤマトとの提携には痺れました…!
いただいた5つの素案、どれも企画化できそうです。
下記、インラインで失礼します。
1)
(中略)
5)創業2年で70名超のCS(カスタマーサポート)体制の作...
13
二週間後
14
他にも露出を増やし
15
タイムリーにMeetupも開催
16
露出が増え
17
声をかけてもらえるようになり
18
気がつけばメンバーが自主的に
その2
「メルカリって大人のベンチャー!?」
19
当時の課題
若いメンバーの応募が少ない…
20
若いメンバーを取り上げてもらう露出を
21
まとめ
• (お金より)頭をつかう
• (露出を)集中するタイミングを考える
• ブランディングをサボらない
• 積み上げたものは簡単に無くならない
• とにかく手数をうつ
22
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

1

Teilen

Herunterladen, um offline zu lesen

20160822 hr meetup tokyo vol.2_ishiguro

Herunterladen, um offline zu lesen

The First Step in Building a Brand for Hiring

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

20160822 hr meetup tokyo vol.2_ishiguro

  1. 1. HR Meetup Tokyo_vol.2 "The War for Talent" Mercari, Inc. ISHIGURO Takaya https://www.mercari.com/jp/
  2. 2. 自己紹介 Takaya Ishiguro t:@takaya_i f:/takaya.ishiguro -前職ドコモでは営業、採用育成、人事制度を担当した後に、新規事業 会社設立、その後新規事業をプロデュース。 -2015年よりメルカリにjoin -メルカリではHRで採用/制度企画を担当 2
  3. 3. 株式会社メルカリ 概要 ■ 会社設立日: 2013年2月1日 ✓ サービスローンチ: • 日本:2013年7月 • 米国:2014年9月 ■ オフィス: 東京、仙台、 San Francisco、London ■ 従業員数:約350名(日米合計) ✓ 半数以上の従業員はカスタマーサポート 3
  4. 4. 日本最大のフリマアプリ JP: 30 million DLs US: 12 million DLs 4
  5. 5. 主要KPI ダウンロード数 流通額 出品数 4,200万DL (日本3,000万DL、米国1,200万DL) 月間100億円超 1日50万品以上 5
  6. 6. メルカリのHR Group Mission 1. 当社にとって価値のある優秀なメンバーを集めること ○ Be Professional – プロフェッショナルであれ メルカリは卓越した能力を持った個人が考え抜きベストを尽くす組織です。メンバーは常に オーナーシップを持って自由闊達に仕事をし、専門的能力をレベルアップしていきます。 1. メンバーが思い切り働ける環境をつくること ○ All for One – 全ては成功のために メンバーの力を結集してチームで最高のプロダクトを創ります。チームはどのような成果を あげており、それに個人としてどのように貢献しているかというチームワークを非常に重視 しています。 1. 思い切りやったことに対して、適正に評価すること ○ Go Bold – 大胆にやろう 世の中にインパクトを与える多くのイノベーションを生み出します。破壊的創造を目指し大 胆にチャレンジし、数多くの失敗から学んでいきます。 6
  7. 7. 今日のお題 「ブランディングはじめの一歩」 7
  8. 8. その1 「CS(=カスタマーサポート)採用」 8
  9. 9. 9 はじめの一歩
  10. 10. ◯◯◯◯様 メルカリでHRを担当しております石黒と申します。 先週の広報寺子屋ではご挨拶させていただき、ありがとうございました。 CAREERHACKの記事化材料として、 当社としてご協力できそうなお話を2-3ほどご相談させていただきたいと考えています。 当社は1100万DL、六本木ヒルズへのオフィス移転、ヤマト運輸様との連携など、 リリースが続いております状況ですが、 一方でその裏側のストーリーなどをうまく露出できていない部分も多分にございます。 また、代表の山田や取締役の小泉「以外」のメンバーの露出を積極的に増やしていきたいと考え ております。 10 メールしました(1/2)
  11. 11. 例えば以下の様な内容(もしくは松尾様がご興味を持たれそうな範囲)で 一度ご相談のお時間をいただけませんでしょうか。(あくまで一例です) 1)新たなメンバーの採用(数ヶ月以内に予定あり※先日お話したものです)、とそのキャリア チェンジに関するストーリー 2)エンジニアの開発体制(おそらく当社のこの辺りはまだ取材事例が少ないと思います) 3)JP-US両拠点での開発・デザインを進める体制(今年辺り日本発海外のスタートアップとし て旬のネタではないでしょうか) 4)副業推奨!21時にはほぼ在籍がない(帰宅している)スタートアップ(当社は本当に帰るの が早いです!) 5)創業2年で70名超のCS(カスタマーサポート)体制の作り方(珍しい切り口かと思いますが、 CSに光を当てるのはある種の注目を集めやすいかと思います) 何分ご多忙かと存じますので、タイミングを見てご返信いただけますと幸いです。 ご質問などございますようであれば何なりとよろしくお願いします。 11 メールしました(2/2)
  12. 12. 石黒さま ご連絡ありがとうございます。最近発表があったヤマトとの提携には痺れました…! いただいた5つの素案、どれも企画化できそうです。 下記、インラインで失礼します。 1) (中略) 5)創業2年で70名超のCS(カスタマーサポート)体制の作り方(珍しい切り口かと思いますが、 CSに光を当てるのはある種の注目を集めやすいかと思います) →個人的には一番気になるポイントです。あまりフォーカスされないCS職もWEB業界を支える 職種ですのでできればこのネタでまず行ければ。なぜ仙台だったのか、スタートアップにおける 地方の捉え方なんかにも迫れればいいですね 12 返信がきました
  13. 13. 13 二週間後
  14. 14. 14 他にも露出を増やし
  15. 15. 15 タイムリーにMeetupも開催
  16. 16. 16 露出が増え
  17. 17. 17 声をかけてもらえるようになり
  18. 18. 18 気がつけばメンバーが自主的に
  19. 19. その2 「メルカリって大人のベンチャー!?」 19
  20. 20. 当時の課題 若いメンバーの応募が少ない… 20
  21. 21. 若いメンバーを取り上げてもらう露出を 21
  22. 22. まとめ • (お金より)頭をつかう • (露出を)集中するタイミングを考える • ブランディングをサボらない • 積み上げたものは簡単に無くならない • とにかく手数をうつ 22
  • MasayaChonan

    Aug. 24, 2016

The First Step in Building a Brand for Hiring

Aufrufe

Aufrufe insgesamt

2.500

Auf Slideshare

0

Aus Einbettungen

0

Anzahl der Einbettungen

1.661

Befehle

Downloads

6

Geteilt

0

Kommentare

0

Likes

1

×