Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

aozorahackと青空文庫の現状とこれから (OSC 2016 Tokyo/Spring)

2.540 Aufrufe

Veröffentlicht am

OSC 2016 Tokyo/Springのaozorahackセッションで使用した発表資料です。

Veröffentlicht in: Technologie
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (2019 Update) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/swezscz } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/swezscz } ......................................................................................................................... Download Full doc Ebook here { https://tinyurl.com/swezscz } ......................................................................................................................... Download PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/swezscz } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/swezscz } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/swezscz } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

aozorahackと青空文庫の現状とこれから (OSC 2016 Tokyo/Spring)

  1. 1. aozorahackと 青空文庫の 現状とこれから 2016/02/27 株式会社達人出版会 / aozorahack 高橋征義
  2. 2. 自己紹介 ● 高橋征義 ● 株式会社達人出版会代表 ● 一般社団法人日本Rubyの会代表 ● OSS的には主にRubyで活動 ● Re:VIEWコミッタ ● textlint試用中
  3. 3. 本日のお話
  4. 4. 本日のお話の流れ ● aozorahackと青空文庫(+本の未来基金) ● 現状のしくみと課題 ● 理想形 ● OSCなので、というわけでもないけどOSS化 ● 理想の実現に向けて ● さらなる展開と今後 ● まとめ
  5. 5. aozorahack と青空文庫 (+本の未来基金)
  6. 6. それぞれ独立して活動 青空文庫 本の未来基金 aozorahack
  7. 7. それぞれ独立して活動 ● 青空文庫 「青空文庫は、誰にでもアクセスできる自由な電子 本を、図書館のようにインターネット上に集めよう とする活動です。」 ● 本の未来基金 「青空文庫の今後の活動支援等の原資として、広く 賛同者から寄付を募り、「本の未来基金」を創設し ます。」 ● aozorahack 「青空文庫をハックしたい人、募集中。」
  8. 8. aozorahackの組織形態 ● 青空文庫をハックしたいプロジェクトの集まり ● 代表とかは置いてない ● 平たく言うと「青空文庫関連のリポジトリのための Organization(github的な意味で)」 ● 難しく言うと「技術コミュニティのコミュニティ= メタコミュニティ」 ● 各プロジェクトの運営はプロジェクト(リポジ トリ)ごとにお任せ ● 何かあったら本の未来基金と連携 ● aozorahack.orgは本の未来基金が提供 ● 青空文庫の運営にも基本関わってない
  9. 9. 青空文庫 本の未来基金 aozorahack 資金・ サポート 協力 技術
  10. 10. 現状のしくみ と課題
  11. 11. ⚠注意⚠ 現状はもろもろ未定で、この発表 で話した内容が実現するかどうか はまったくの白紙です。 単純に「こうなるといいなあ」と いう理想(願望)を反映させたも のだとご理解ください。
  12. 12. 青空文庫とは 何なのか
  13. 13. 青空文庫≒図書館? ● ある意味ではそうだけど、それだけではない ● 入力をする人がいる ● 校正をする人がいる ● 書誌情報とURLをリンクさせる ● ⇒一種の「出版(者|社)」でもあるのでは ● 新しいコンテンツを「創作」していなくても publishingはしている ● 新しい翻訳作品が公開されたりもする
  14. 14. 青空文庫≒図書館+出版(者|社) ● 図書館的な機能 ● 著作権切れ等の自由に配布できるコンテンツを公開 する ● ⇒静的ファイルの配信サービス的なもの ● 出版(者|社)的な機能 ● 入力・校正の状態を管理する ● 入力済み・校正済みのファイルを管理する ● ⇒機能としてはCMS的なもの
  15. 15. 現状のしくみ
  16. 16. 現状のしくみ 公開コンテンツ (静的ファイルツ) 入力・校正管理 (CMS+状態管理) 公開Webサーバ (レンタルサーバ) 管理用Webサーバ (自前物理サーバ) 図書館部分 出版部分
  17. 17. 現状のしくみ 公開コンテンツ (静的ファイルツ) 入力・校正管理 (CMS+状態管理) 公開Webサーバ (レンタルサーバ) 管理用Webサーバ (自前物理サーバ) ←現状はそんなに  問題はなさそう ・静的ファイルのみ ・サーバ管理不要 ・アクセスは余裕あり
  18. 18. 現状のしくみ 公開コンテンツ (静的ファイルツ) 入力・校正管理 (CMS+状態管理) 公開Webサーバ (レンタルサーバ) 管理用Webサーバ (自前物理サーバ) ←こっちが問題
  19. 19. 現状のしくみ DBファイル �� � 耕作員 点検グループ 公開サーバへ HTML生成 バッチ 管理用アプリ
  20. 20. 現状の課題
  21. 21. 現状の具体的な課題 ● サーバの代替機がない ● データ等のバックアップがあってもそこ からリストアする先が確保されていない ● サーバの監視がない ● 異常があるかどうかを検出するしく み・事象発生時の一次対応等のワーク フローがない ● 技術的な活動に難がある(らしい) ● (ここは詳しくないのでパス)
  22. 22. aozorahack からみた課題
  23. 23. aozorahackからの課題 ● 手が出せない ● 仕様が公開されていない ● 実装も公開されていない ● 全体として1つのアプリとして制作され ているので改修するとしても全体に手を 入れる必要がありそう ● 個人情報も抱えているのでいきなりもろ もろ大公開、みたいなことはできない ● 要するにhackできない�
  24. 24. ここまでのまとめ ● 青空文庫 ● 物理サーバは変えないとまずそう ● 監視とかもされていないのもまずい ● そういう話を進められる人がいない ● aozorahack ● 青空文庫本体がhackできないのは うれしくない – 青空文庫のコンテンツはhackできるけど
  25. 25. まとめて解決 していきたい
  26. 26. 理想形
  27. 27. 理想形 ● 青空文庫で使われているアプリ ケーションやサービスがOSS になる ● 青空文庫の開発プロセスが OSSのバザール開発的になる ⇒開発コミュニティによる開 発・運用が行われるようになる
  28. 28. これが理想形の理由 ● 特定の企業・サービス・人に依 存しなくて済むから ● 青空文庫は大抵の企業やサー ビスや個人よりも長い寿命が 期待されている –移行コストを最小限にする ● 青空文庫ぽい気がするから
  29. 29. aozorahackの理想形 ● 青空文庫開発・運用コミュニティ(の一 部)になる ● 全部になる必要はない ● 青空文庫そのものに関わらない人たち も巻き込みたい ● 青空文庫以外への応用もぜひやるべき ● 実際にはしばらく過渡期が続く ● 気長に進めるしかない
  30. 30. 理想の実現に 向けて
  31. 31. まずやること ● サーバ移転する ● せめて監視入れる ● aozorahackが手を入れられ る部分を作る ● 「出版部分」と「図書館部 分」を切り分ける ● 「図書館部分」をハックする
  32. 32. サーバの移転 ● VPSかクラウド ● 物理的な管理はしなくて済むように ● 諸事情により国内に置きたい ● 実作業等は本の未来基金+高橋が 協力する方向で検討していただい ているところ
  33. 33. 監視 ● 普通に監視サービスを使う? ● あとバックアップとかも
  34. 34. 現状のしくみ DBファイル �� � 耕作員 点検グループ 公開サーバへ HTML生成 バッチ 管理用アプリ
  35. 35. 機能の切り分け ● DBのサブセット(公開DB)を作る ● 公開用データのみを入れる – テーブル単位、あるいはカラム単位で削る – 個人情報等は入ってないようにする ● 常にDB本体と同期をとる
  36. 36. 機能の切り分け ● 公開DBから公開コンテンツを生成でき るプログラムを用意する ● 図書カードとか作品別作家リストとか ● 現状の生成プログラムでほぼいけるはず 公開DB HTML
  37. 37. 新しいしくみ DBファイル �� � 耕作員 点検グループ 公開サーバへ HTML生成 バッチ 管理用アプリ 公開DB
  38. 38. さらなる展開 ● aozorahackで公開コンテンツ生成プ ログラムをOSSで作り直す ● 機能の追加・拡張 ● 見た目の修正 ● JSONとかも 公開DB HTML
  39. 39. 今後の展開に向けて ● 工作院プロジェクト ● aozora.json ● aozoraflow ● pubserver ● specs ● aozora2html
  40. 40. 理想形 ● 青空文庫の開発プロセスが OSSのバザール開発的になる ⇒開発コミュニティによる開 発・運用が行われるようになる ⇒「文化」の導入
  41. 41. 文化の醸成 和田卓人「組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術」 http://www.slideshare.net/t_wada/test-strategy-and-tactics
  42. 42. 文化の醸成 ● OSSは「技術」でもあり「文化」でもある ● 後者も導入できないと失敗しやすい ● 青空文庫を技術的に支えるために、OSSの 技術と文化を輸入したい ● 長い時間をかけてこれから文化を育ててい きたい ● そのための下地作りを本の未来基金と行 い、aozorahackに渡していければ理想的
  43. 43. まとめ ● 青空文庫入力・校正管理サーバはお引っ越しする (予定) ● 公開版DBを用意する(予定) ● 青空文庫の公開用HTMLの生成プログラムはOSS にしたい(願望) ● ついでにHTML以外もいろいろ吐き出せると便利 そう(妄想) ● その他いろいろ活動しましょう(希望) ● 続きはハッカソンで!

×