Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

UXデザイン・UXリサーチってだいぶ広まったよね?

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige

Hier ansehen

1 von 78 Anzeige

UXデザイン・UXリサーチってだいぶ広まったよね?

Herunterladen, um offline zu lesen

2022年3月24日 TECH Street のスライドです。
とくにここ数年、多くの企業が「UXデザイン・UXリサーチ」に取り組むようになりつつあります。「UXデザイン・UXリサーチ」の最近のムーブメントとして、以下のトピックをとりあげながら、業界動向を知るとともに、あらためて “正しい” UXデザイン・UXリサーチを学びます。

・“正しい” UXデザイン・UXリサーチへの理解が広まった
・ちゃんとUXデザイン・UXリサーチに取り組む会社が増えてきた
・プロダクトマネジメントの分野でUXデザイン・UXリサーチへのニーズが高まった
・ユーザーインタビューのマッチングプラットフォームサービスが勃興
・行政による「デザイン経営」の推進
・ユーザーインタビューの会話サンプル無料ダウンロード

2022年3月24日 TECH Street のスライドです。
とくにここ数年、多くの企業が「UXデザイン・UXリサーチ」に取り組むようになりつつあります。「UXデザイン・UXリサーチ」の最近のムーブメントとして、以下のトピックをとりあげながら、業界動向を知るとともに、あらためて “正しい” UXデザイン・UXリサーチを学びます。

・“正しい” UXデザイン・UXリサーチへの理解が広まった
・ちゃんとUXデザイン・UXリサーチに取り組む会社が増えてきた
・プロダクトマネジメントの分野でUXデザイン・UXリサーチへのニーズが高まった
・ユーザーインタビューのマッチングプラットフォームサービスが勃興
・行政による「デザイン経営」の推進
・ユーザーインタビューの会話サンプル無料ダウンロード

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (20)

Ähnlich wie UXデザイン・UXリサーチってだいぶ広まったよね? (20)

Anzeige

Weitere von Yoshiki Hayama (17)

Aktuellste (20)

Anzeige

UXデザイン・UXリサーチってだいぶ広まったよね?

  1. 1. UXデザイン・UXリサーチってだいぶ広まったよね︖ 2022年3⽉24⽇(⽊) ⽇本ウェブデザイン株式会社 / HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 ⽻⼭ 祥樹 @storywriter 1 Zoomの チャットで いっしょに 盛りあがってね Twitterの ハッシュタグは #テックストリート 画⾯キャプチャ 投稿OK︕ UXデザイン勉強会 vol.3
  2. 2. Zoomの「チャット」で盛りあがろう︕ 2 チャット Q&Aに 投稿したものは 質疑応答で 答えます Zoom のチャットへ どんどん書いてね︕ (Twitter感覚で) 「すべてのパネリスト および出席者」 で送信︕ https://www.menti.com/mwog53wgk1 Q&A
  3. 3. Zoomの「チャット」で盛りあがろう︕ 3 オラオラオラオラオラ オラオラオラオラオラ オラオラオラ 練習 ・・・と投稿してみよう!!
  4. 4. ⽻⼭ 祥樹 @storywriter 4 ⽇本ウェブデザイン株式会社 代表取締役CEO 使いやすいプロダクトをつくる専⾨家 HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 Web業界に22年、AIシステムのプロダクトマネージャーとUXデザインを4年 主な実績など 2009年 ⽇経パソコン 企業サイトランキング2009 ⽇本の主要企業696サイト中、ユーザビリティ/アクセシビリティ分野で第3位 2011年 Webユーザビリティランキング2011 企業サイト編 ⽇本の⼤⼿企業150サイト中、第4位 主な専⾨分野 ユーザーエクスペリエンス、⼈間中⼼設計、情報アーキテクチャ、アクセシビリティ、ライター
  5. 5. 5 メンタルモデル ユーザーへの共感から⽣まれるUXデザイン戦略 Amazonで購⼊ http://amzn.asia/3cgueBZ コンピュータ・IT > インターネット・Web開発 > Web開発 最⾼「1位」 コンピュータ・IT 総合 最⾼「9位」
  6. 6. 6 “UX(ユーザーエクスペリエンス)” という⾔葉が⽇本に⼊ってから20年以上たちました。 “UXデザイン・UXリサーチってだいぶ広まったよね︖”
  7. 7. 7 な ・ ・ ・ ・ な ん だ っ て !!
  8. 8. 8 本⽇は “UXデザイン・UXリサーチ” の 最近のムーブメントを追いながら “正しい” UXデザイン・UXリサーチを あらためて理解しましょう。
  9. 9. 今⽇は教材テーマに「資格取得」を使います 9 資格試験(英検、TOEIC、簿記、情報処理技術者試験・・・)は わりと多くの⼈が経験があるエピソードで、伝わりやすいので、 これをテーマに進めます。
  10. 10. 10 “正しい” UXデザイン・UXリサーチへの 理解が広まった 最近のムーブメント 1
  11. 11. 11 正 し い U X デ ザ イ ン か そ ん な も ん は こ の 世 の 中 に あ り は し な い
  12. 12. 12 “正しい” UXデザイン・UXリサーチが何か という話はむずかしいのですが・・・ 10年くらい前は “UXへの誤解”は多かった。
  13. 13. 13 UXデザインって かっこいい画⾯を つくることでしょー
  14. 14. 14 誤 解 っ ・ ・ ・ ・ ! 圧 倒 的 誤 解 っ ・ ・ ・ ・ !
  15. 15. 体験してみましょう 15 まず体験してみましょう。 資格試験(TOEIC、ITパスポートなど)を取ろう、 と思う⼈の⼼理にはどういうものがあるでしょうか。 思いつくままに書き出しましょう。(60秒) Zoomの チャットで教えてね
  16. 16. どんな案が出ましたか︖ 16 どうでしょうか。 いろんな案がでたと思います。
  17. 17. 体験してみましょう 17 では次の質問です。 あなたが資格勉強アプリをつくるとしたら、 どんな機能があれば そのユーザーのモチベーションを⾼められそうでしょうか︖ 思いつくままに書き出しましょう。(60秒) Zoomの チャットで教えてね
  18. 18. もう⼀度 体験してみましょう 18 最初の質問を少しだけ変えます。あなたが過去に 資格試験(TOEIC、情報処理技術者など)を受けたとき、 そのきっかけは何でしたか。気にしたことは何でしたか。 事実を書き出しましょう。(60秒) Zoomの チャットで教えてね
  19. 19. もう⼀度 体験してみましょう 19 では、あなたのモチベーションを⾼める 資格勉強アプリをつくるとしたら、どんな機能があれば あなたのモチベーションを⾼められそうでしょうか︖ 思いつくままに書き出しましょう。(60秒) Zoomの チャットで教えてね
  20. 20. 20 1回⽬と2回⽬で 感覚が少し異なったのに 気がつきましたか
  21. 21. こういうことが起きていたはず 21 1回⽬では「きっと」こうだろう、というイメージ。 2回⽬では、あなたが「じっさいにした」こと。 おそらく、2回⽬のほうが、リアルだったと思います。 会社の推奨だから 1回⽬ 2回⽬ 休⽇がつぶれて 嫌だった 会社の出世に 必要だった
  22. 22. 確証バイアスとの戦い 22 ⼈間には先⼊観(確証バイアス)という認知の働きがあります。 体験してみましょう。 先のワークで考えた「資格を取る⼈の⼼理」を思い出してください。 たとえば、「資格を取る⼼理」 について、 あなたがユーザーインタビューした結果が次だったとしましょう。
  23. 23. ユーザーインタビュー 23 資格を取ろうと 思ったきっかけは︖ 会社で 勧められたから 査定が 良くなるから
  24. 24. ユーザーインタビューの発話録 24 「資格をとろうと思ったのは、会社で、査定にプラスになるから。たくさ ん持っていれば、昇格につながるし、履歴書にも書ける。受験料が 5100円もするし、参考書も3000円するけど、昇格のためならね。 ⽇曜⽇が⼀⽇つぶれて、疲れるけど、体系的な知識も⾝につくと思 うし。もともと新しいことを学ぶのは好きなんです。公的資格なら、社 内でも評価されるし、世の中でも評価されると思う。受験料も仕⽅ ないかなと思います」
  25. 25. あなたの仮説はあたっていましたか︖ 25 どうでしょうか。 あなたの仮説はあたっていましたか︖ Zoomの チャットで教えてね
  26. 26. あなたの仮説はあたっていましたか︖ 26 あなたは今「仮説あたった」と思っていますね︖
  27. 27. あなたの仮説はあたっていましたか︖ 27 じつは今、 この場にいる全員が「仮説あたった」と思っています。
  28. 28. ⼈間は先⼊観に合う情報に意識がいってしまう 28 「確証バイアス」は⼼理学の⽤語で、 「⼈間は先⼊観に合う情報に意識がいってしまう」 という認知のはたらきです。 あなたには、次の部分がとくに残っているはず。
  29. 29. 確証バイアス︓「社内の評価のため」 29 「資格をとろうと思ったのは、会社で、査定にプラスになるから。たくさ ん持っていれば、昇格につながるし、履歴書にも書ける。受験料が 5100円もするし、参考書も3000円するけど、昇格のためならね。 ⽇曜⽇が⼀⽇つぶれて、疲れるけど、体系的な知識も⾝につくと思 うし。もともと新しいことを学ぶのは好きなんです。公的資格なら、社 内でも評価されるし、世の中でも評価されると思う。受験料も仕⽅ ないかなと思います」
  30. 30. あなたの仮説はあたっていましたか︖ 30 「社内の評価のため」と仮説をもっていた⼈は、こう感じているはずです。 仮説 あたった︕
  31. 31. 「資格をとろうと思ったのは、会社で、査定にプラスになるから。たくさ ん持っていれば、昇格につながるし、履歴書にも書ける。受験料が 5100円もするし、参考書も3000円するけど、昇格のためならね。 ⽇曜⽇が⼀⽇つぶれて、疲れるけど、体系的な知識も⾝につくと思 うし。もともと新しいことを学ぶのは好きなんです。公的資格なら、社 内でも評価されるし、世の中でも評価されると思う。受験料も仕⽅ ないかなと思います」 確証バイアス︓「コスト(費⽤・時間)を⼼配」 31
  32. 32. あなたの仮説はあたっていましたか︖ 32 「コスト(費⽤・時間)を⼼配」と仮説をもっていた⼈は、こう感じているはずです。 仮説 あたった︕
  33. 33. 「資格をとろうと思ったのは、会社で、査定にプラスになるから。たくさ ん持っていれば、昇格につながるし、履歴書にも書ける。受験料が 5100円もするし、参考書も3000円するけど、昇格のためならね。 ⽇曜⽇が⼀⽇つぶれて、疲れるけど、体系的な知識も⾝につくと思 うし。もともと新しいことを学ぶのは好きなんです。公的資格なら、社 内でも評価されるし、世の中でも評価されると思う。受験料も仕⽅ ないかなと思います」 確証バイアス︓「体系的な知識を学びたい」 33
  34. 34. 「資格をとろうと思ったのは、会社で、査定にプラスになるから。たくさ ん持っていれば、昇格につながるし、履歴書にも書ける。受験料が 5100円もするし、参考書も3000円するけど、昇格のためならね。 ⽇曜⽇が⼀⽇つぶれて、疲れるけど、体系的な知識も⾝につくと思 うし。もともと新しいことを学ぶのは好きなんです。公的資格なら、社 内でも評価されるし、世の中でも評価されると思う。受験料も仕⽅ ないかなと思います」 確証バイアス︓「望む仕事に就きたい(就職・転職)」 34
  35. 35. 「資格をとろうと思ったのは、会社で、査定にプラスになるから。たくさ ん持っていれば、昇格につながるし、履歴書にも書ける。受験料が 5100円もするし、参考書も3000円するけど、昇格のためならね。 ⽇曜⽇が⼀⽇つぶれて、疲れるけど、体系的な知識も⾝につくと思 うし。もともと新しいことを学ぶのは好きなんです。公的資格なら、社 内でも評価されるし、世の中でも評価されると思う。受験料も仕⽅ ないかなと思います」 確証バイアス︓「⼈⽣の教養を深めたい」 35
  36. 36. 資格を取るきっかけとなるユーザー⼼理 36 資格を取るきっかけとなるユーザー⼼理は、⼤きくわけると5種類あります。
  37. 37. 37
  38. 38. すべての⼼理をもらさずにいられたか︖ 38 では、こういう問いならどうでしょう。 「すべての⼼理をもらさずに思い浮かべられましたか︖」
  39. 39. 仮説はかならずあたる(確証バイアスにより) 39 中途半端にあたる。それゆえに、むしろ他の⼼理を⾒失う。 仮説 あたった︕ 他の⼼理は︖ 仮説 あたった︕
  40. 40. あらためて質問です 40 資格勉強アプリをつくるとしたら、どんな機能をそろえれば すべてのユーザーのモチベーションを⾼められそうでしょうか︖
  41. 41. 最後の質問です 41 そのアイデアすべてを、あなたは最初から思いつくことができたでしょうか︖
  42. 42. 推測にもとづいてつくられたプロダクトはどうなるか︖ 42 いちばん最初の質問を思い出してください。 「資格試験(TOEIC、ITパスポートなど)を取ろう、 と思う⼈の⼼理にはどういうものがあるでしょうか」 あなたが会社でユーザーについて議論するとき、 そんな議論をしていないでしょうか。 そうやってつくられたプロダクトは、どうなるでしょうか︖
  43. 43. 43 ユーザーを理解する専⾨技術を “UXデザイン” や “UXリサーチ” といいます。 「なにをつくればいいのかを知るための技術」とも ⾔い換えることができます。
  44. 44. 44 ユーザーを理解する専⾨技術を “UXデザイン” や “UXリサーチ” といいます。 「なにをつくればいいのかを知るための技術」とも ⾔い換えることができます。 ユーザーを知るための 専⾨技術だとッツ!! 最強じゃ ねぇかヨォオオオオ 〜〜〜〜ッツ!? こいつを 習得したらッツ!!
  45. 45. “UXデザイン” や “UXリサーチ” の位置づけ 45 典型的なウォーターフォールシステム開発のフローを浮かべたとき “UXデザイン” や “UXリサーチ” は要件定義フェーズの「前」にやるのが、もっとも効果が発揮しやす い。外部設計フェーズでやるのは “UXデザイン” ではなく “UIデザイン” です。 要件定義 外部設計 内部設計 製造 テスト リリース “UXデザイン” や “UXリサーチ” ここでやるのは “UIデザイン”
  46. 46. ユーザーを理解するには、ユーザーに会うこと 46 ユーザーを理解するもっとも基本的な⽅法は「ユーザーに会って、話を聞き、⾏動を 観察する」ことです。 まずユーザーに会いにいきましょう。
  47. 47. 47 ちゃんとUXデザイン・UXリサーチに取り組む 会社が増えてきた 最近のムーブメント 2
  48. 48. 10年くらい前によく⾒かけた求⼈票 48 UXデザイナー急募︕ 必須スキル Photoshop Illustrator
  49. 49. 10年くらい前によく⾒かけた求⼈票 49 UXデザイナー急募︕ 必須スキル Photoshop Illustrator
  50. 50. 50 そ れ は ひ ょ っ と し て ギ ャ グ で 言 っ て る の か !?
  51. 51. 51 どうしてあなたの肩書は 「デザイナー」じゃなくて 「UXデザイナー」なんですか︖
  52. 52. 52 頭 が ど う に か な り そ う だ っ た … 異 動 だ と か 職 種 転 換 だ と か そ ん な チ ャ チ な も ん じ ゃ あ 断 じ て ね え も っ と 恐 ろ し い も の の 片 鱗 を 味 わ っ た ぜ … あ … あ り の ま ま 今 起 こ っ た 事 を 話 す ぜ ﹁ お れ は あ る 朝 会 社 に 出 社 し た と 思 っ た ら 机 に 新 し い 名 刺 が お い て あ っ た ﹂ な … 何 を 言 っ て い る の か わ か ら ね ー と 思 う が お れ も 何 を さ れ た の か わ か ら な か っ た … ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ !
  53. 53. 最近の求⼈票(アタマプラス) 53 引⽤: https://herp.careers/v1/atamaplus/GbMuRAeSoVAA インタビュー ユーザーの⾏動観察 ユーザビリティテスト
  54. 54. 最近の求⼈票(メルペイ) 54 引⽤: https://apply.workable.com/mercari/j/19F4666EA4/ ユーザーインタビュー フィールド調査 ユーザビリティテスト ダイアリー調査
  55. 55. 55 UXデザイナーやUXリサーチャーの職種に 求められるスキルセットが “的確に” になってきた “ちゃんと” UXデザインに取り組んでいる 企業は増えている。
  56. 56. 56 “UXデザイナー” と名乗らずに “UXリサーチャー” と名乗る⼈も出てきている。
  57. 57. 57 プロダクトマネジメントの分野で UXデザイン・UXリサーチへのニーズが⾼まった 最近のムーブメント 3
  58. 58. リーンスタートアップからUXリサーチのニーズ⾼まる 58 エリック・リースの 「The Lean Startup (2011年)」 からはじまる流れで、ス タートアップの成功確率を上げる⼿法として 「ユーザーで仮説検証する(= UXリ サーチ)」 のニーズが⾼まった。
  59. 59. プロダクトマネジメントが洗練されながら広がる 59 リーンスタートアップの考えをとりいれつつ、プロダクトマネジメントの概念が洗練され ながら広がり、プロダクトのメーカー(いわゆる事業会社)がUXリサーチに本格的 に取り組むようになった。
  60. 60. 60 つ ま り …… 事 業 会 社 を 中 心 に U X デ ザ イ ナ ー や U X リ サ ー チ ャ ー の 採 用 ニ ー ズ が 爆 増 …… !! !!
  61. 61. 古参の “UXデザイナー” が続々と事業会社へ転職 61 これまでウェブ制作会社やコンサルにいたベテランのUXデザイナーが、続々と事業 会社へ転職し、事業会社のUXデザイナーや、プロダクトマネージャーとして活躍す るようになっている。
  62. 62. 62 圧 倒 的 ・ ・ ・ ・ ! 売 り 手 市 場 ・ ・ ・ ・ !
  63. 63. 63 ひ と り の U X デ ザ イ ナ ー も 採 用 で き ま せ ん で し た !! !! ⼈事担当者
  64. 64. 64 ユーザーインタビューの マッチングプラットフォームサービスが勃興 最近のムーブメント 4
  65. 65. そもそもどうやってユーザーに会うか︖ 65 意外と気軽にコンタクトできない。いまだに難しい組織が散⾒される。 ちょっと話 聞かせて くださいな よろこんで︕ 勝⼿なこと してもらっちゃ 困る︕ ユーザー 社内の誰か
  66. 66. マッチングプラットフォームでユーザーを探す 66 ユーザー調査のマッチングプラットフォームサービスがいくつかスタートしています。 メリット • 低コスト、短期間で協⼒者を⾒つけることができる。 デメリット • 調査設計のノウハウが⾃分にないと、うまく運⽤できないことがある。 • ⾃社プロダクトのユーザーが⾒つからないケースも多い。 unii リサーチ https://unii-research.lifull.net/ ZERONE https://zerone.cc/
  67. 67. 67 ⾏政による「デザイン経営」の推進 最近のムーブメント 5
  68. 68. ⾏政による「デザイン経営」の推進 68 経済産業省と特許庁は「デザイン経営」宣⾔を2018年5⽉に公開。 「デザイン」 の⼒を経営に活かしてイノベーションにつなげる取り組みを推進している。 「デザイン経営」宣⾔ https://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/2018052 3002-1.pdf
  69. 69. 69 ユーザーインタビューの会話サンプル 無料ダウンロード おまけ
  70. 70. ユーザーインタビューの会話の全⽂サンプル 70 インプレスさんのメディア Think IT の、⽻⼭の連載 「UXデザインはじめの⼀歩 ー インタビュー技術を磨こう︕」 にて、インタビュー発話録の全⽂サンプルを無料配布 しています。 https://thinkit.co.jp/series/9588
  71. 71. 71 まとめ
  72. 72. 本⽇にとりあげたトピック 72 • “正しい” UXデザイン・UXリサーチへの理解が広まった • ちゃんとUXデザイン・UXリサーチに取り組む会社が増えてきた • プロダクトマネジメントの分野でUXデザイン・UXリサーチへのニーズが⾼まった • ユーザーインタビューのマッチングプラットフォームサービスが勃興 • ⾏政による「デザイン経営」の推進 • ユーザーインタビューの会話サンプル無料ダウンロード
  73. 73. 73 U X デ ザ イ ン と は 心 の 所 作
  74. 74. 74 U X デ ザ イ ン が し た い で す …… 安 藤 先 生 … !!
  75. 75. 75 ユーザーを理解する専⾨技術 “UXデザイン” や “UXリサーチ” のニーズは どんどん⾼まっています。 ぜひ⾝につけていきましょう︕
  76. 76. 76 ありがとうございました ⽻⼭ 祥樹 (⽇本ウェブデザイン株式会社) Twitter: @storywriter
  77. 77. ⽻⼭のプレゼンのアレ が、 LINEスタンプになりました︕ スタンプ名︓ハーミィ(CSS編) 作者名︓⽻⼭ 祥樹 https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja Web・CSSネタ 全40種類
  78. 78. 質疑応答 78

×