Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

マンガで紹介する産業連関表

2.648 Aufrufe

Veröffentlicht am

20年以上前に作成されたものですが産業連関表への理解を深めていただく上で一助になればと紹介とさせていただきます。マンガで産業連関表の意味などを説明しています。
何分作成されたのが20年前ですので、背景事情などに変化はありますが、産業連関表の意味や意義としては、あまり変化している訳ではありませんので、参考にはなると思います。

Veröffentlicht in: Wirtschaft & Finanzen
  • Als Erste(r) kommentieren

マンガで紹介する産業連関表

  1. 1. 姦まじめ愚こ 工つの数字ヵゞ~多く を言吾る。 景気の重力き、 経烹斉 ・ 産業構造の重力向、 生産のフk準、 才肖費の重カきなどなど、 未ム達を耳又り巻〈 さまざ`まな環境の変イヒ鬱こっしゝて丶 多〈の言葉で`言吾るより、 ヱっの数字で`示しプこ方カゞ、 よ り正石崔で`説尋尋白句な‡湯合ヵゞ多しゝよう で丶す。 国ヵゞ~政策を立案しブこり、 実施するときもこ(ま、 各手重の必ゝ要な統言十テ`~ータ を才舌用する、 企業ヵゞ事業を希テう‡易合、 しゝろし〝ろな統言†テ〝ータ を未'曼用 し丶 〝戦田各を浄東る〟` 学木交の‡受業&こぉし〝て、 日本ゃ外国の基礎白旬な糸充言†数イ直を勉弓童する'・・。 妻詳常麟こ玄佳弁なテ~ー夕杉まど しゝろしゝろな‡湯面&こ弓ーつ琶長り出されます。 しヵ〟し、 未ム達番ま、 それらの数字鬱こっしゝて、 どのよう鬱こイ停られてし〝るのヵゝ、 まプこ、 どうしゝうふうゐ二見るのヵゞ`正しし〝のヵゝ、 さら膠こ&ま、 そもそも統言†ヵ寶あることを矢ロってしゝるのヵゝなど、 改めて考ぇてみる と、 しゝ《っヵゝの疑Fm『や反省ヵゞ` 生まれてくるので`姦まなしゝで'しようカゝ。 糸充言†としゝう もの騒ま、 决してとっつき&こくしゝもので~&まありません。 本書を言売んで丶し〟ブこプご姿ナれ(ま、 楽しみなヵヾら通産糸充言†のェ`ソセンスを 王里解してしゝナこプご`Gナること と,思、しゝます。 本書ヵゞ丶 皆様の通産統言†&こヌ寸する 理角牢の一且力ゥこなれ(童'幸しゝ&こ存じます。
  2. 2. 予田 野田家の長男。 西 丿ーー雷器株式会ネ土ーこ 勤めるサラリ一マ ン。 会社でーまラク` ビー音B【こ戸斤属して 隆、 菫、 誠の母棄見。 専業主 女帯ブどヵ`、 そろそろ何ヵ`イ士事 〝 【こ京尤こうカ`と考えてL丶る。 芋 卿誓。退藻 }訃〝 n , とも すーナ "〝 ,。' 咎{ , 。 ハ 野田家の主。 通商産業大臣官房調 査統言†音Bの王見役職員。 通産統言†調 査ーこっL丶ての案内役。
  3. 3. よし おヵ ヵず ひ」 野田家の;欠男。 中 丶 計 丶 学2年生。 学校で 吉岡一彦 , 【ま自動車同好会ーニ 一 一 "一 戸斤属してL、る〝 隆の同僚。 同しフグ … ビー音Bーこ戸斤属してL丶 逸』 る業見友でもある。 予田 里予田家の長女。 女子大学の2回生。 趣味ーまショ`ン ピンク'とコ`丿レフ。 田イ七‡土子 葦 西丿ーー電器株式会ネ土ーこ 〝 } 勤める。L。 隆のマ 含 、 達也 寶』 のボ一イフレンド〝 亭 〝 昆 商ネ土ーこ勤めるサラリ ~† 昆』 一マン〝 』〟
  4. 4. 第ー章 鉱工業生産‡旨数 ~統言縄~ヵゝら景気動向を読む~ ・・・・・・・ "7 第2章 工業統言†調査 ~誠の文ィヒ祭~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・gg 第3章 そのー 商業統言†調査 ~薫のノヾ}スデ~ープレゼント~ ・・・・ ー・65 その2 サ一ビス統言†調査 ~謎の面男~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ .-gェ 第4章 統言†調査員 ~幸子の就職~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・.ェェg 第5章 産業連関表 ~隆の経営診断~ ............... .・ ・・・・・ '・ェ47 牛
  5. 5. 産業連関表 ~隆の経営診断~
  6. 6. 雌`つはんば脚煎 ^ ゝ ク蠍 〟嚢 蟲販出ァ{各 畩 ごん {ハ'八%の減 なんだが ' . , . ..
  7. 7. い つたいど,つい,つ ー49
  8. 8. 滋んだい しゃ 社でも,」の問題を 放っておく,」とは できない .... -. げん じょぅ ぶん せき 現状扮析と つ〈 作り '」ん ヮ」 わ 縄ゥ後の俄が社の い ー ~ん 垢お、 カ 対応を考)乙よ,っ ー印
  9. 9. 離の縄- & 一{鵬っ都
  10. 10. はや は鱗」L 丶 舌 丶丶】 早 野 一一一一ロ ヵ しやぃん ねんせぃ 社〕貝一一年生の ベ んコ、ょ〟っか ぃ
  11. 11. 勲 ‡ 率ヘ聾 ーず 〝一 ス*〟ロ } 隷・ 〟〟 禮んヵ ゝ'[彡彡彰雹 〟 嚢 `のし 浴 `・(一ず 橿ん 丶L 〟“ヒ丶隷 退 一〝ス部へ い 〟ー当の石井が 帝、〝顧し 橿っっゝつ
  12. 12. き かく '雫 ぁん さくせい 〈止画素案を作成し
  13. 13. け ぃ ^さぃ ベん離」ょ、寸 経繍周の勉強なんて )丿〝《 丿〝 〈《葵丶 ー55
  14. 14. ハ〟 ` ー一臓 .' ー`丶亀罰則 〝'難 ~醐聯朧 なん 〝 何 で も 〝bい しゅ〟つ 来週ま き かくぁん 〈止画案を でに
  15. 15. 丶丶 円ー どゝっい てぃしゅっ 提出し ぉ離 田心 つ て 麦 薫ー ~'2 { 耽〟'ヮ,"ェ 抄埃 一' 一n== ・'〟 “"' 隷 . 藩 )〟J ゝ管ー '鸞丶‡ 寸 . ァu野' ー〇ー' }丿ー一丿〟 隷 吠〝-一 ー` ,. 摯n…“〟縲… 〟 A・. ぃ ~ 冴 `・壷鮑.・”・}『^'・` ~ ~フ ' .ー ー~ 〟 ~ ・."・,譬 L=杓 'ゝ鸞 .・讐 ーーヮ 翼ー閤'・ー~ -^ ' 曝 管 ~' 滞ニ=乙襦=ーニ隷 " 管轟= き かくぁん ,つ〈止画案を よゝフと るんだ傘・ い” 】, '
  16. 16. さゝ,,ょ 繍 丿さ ー寸 けんじょ一っぷんせき 産業の現状分析や き ざょつ ゝ ゝ ー けル`ぇ嬲 ぷんせき 〈止業の経{呂分析を するのに さん ざ」ょ、っ れん かん ひょ一っ 産業連関表を ヵつよ、つ ほ丶つほ丶つ 活用する方法がある!・ ー馳
  17. 17. 州表 。 佇 柚 b a t t = " t = 0 ーnp"t一 ー59
  18. 18. ぷっ びん 物ロ離やサーピスの とりひき 取引を っ'つ 通じた さんぎょ】ゥ さんゞ」ょ」つ 瞳僕と産業の 関惚が ゎかるんだ=〝 さんさょ〟n さん富ょ」「 産業と産業は せい さん 生産において かん れん しょ`つ く量 だい つ< 車一ムロ』迫るにも た す丶つ さんざよ一つ タク数の産業が '小〈 》}、ゴ 複ムmして かんせい せ~ひん 製ロ叩が縄九成する せいさん は 盲ゅ一つ'」、寸 か 生産波及効果と 一一繍縄,つんだ'・
  19. 19. もーつひとっの棚では せさ ゆ かんが 石油を考-乙てみれば ゎかる さん鬱」ょ`っ き かい 産業機械 せき ゆ せぃひん 石油製n叩は かく さんざ〝ょ-っ せ ぃ さん 各産業の生産湖 だナでなく ど、つ ー6ー
  20. 20. と'つ ゆ ガソリンや灯油はもちろん とく せき ゅ せぃひん 特に石油製ロ叩を げんりょ-っ 源喇とする 都市ガスなども エネルギー瀞である だから もし げんゆ かかく 原油価格が ね ぁ 値上 せいさん 生産 はんばい 販縄[ル がりしたら ゆ そ、つ しょ一つ ひ つ〟つ 覆消萱を通じて '」れを か かく は 書ゆ一ゴ一」、つ か 个 価格波及効果と 一一一一= ,つ
  21. 21. せぃ さんかつ ど、つ ,〟」のよゝっな生産活動や 価棚の棚瞰を尉る 階られ橿のが ーー。裁なんだ ひょぅ 表を鵬めるだけで し ぉま.乙の知りたい,」とは 纈く て誓 目的で 需要音BP弓(買L丶手) (何をどれぐらい使ったか) 、、ゝ はん ろ ,」`つせぃ ョコヵ販路構成 (ど'」へどれぐらい也冗り渡したか) ,」れでおま)乙の かぃしゃ せぃ` u 縄ィく ^離社の製m脚が属する 傲胤』繭遼尉鵜識の 〉りん み 欄を見れば さんさょ`つぜんたい ど、つ,」〟つ 産業全体の動向と せいひん ウチの製ロ叩との ひかく 比較ができるんだね 野63
  22. 22. かいLや ウチの〈=社と に ぼんぜんたい ひ かく 日本全体を比較 すると・・・そ,っか'・ ゎかったぞ=" 鞄把纈ぁるか〟り 産業別だけでなく ち いき, ぷんせき 地域胱の分析や かぃかぃ かんけぃ "繍んせき 海外との関係の分析もでキ」る
  23. 23. さい きん そ)ついゝ乙ばョ坂近 一ァ一一スコ】トで 藻 見ヵけないねm〝 ー65
  24. 24. 〝t奮t賃ゝ藻(麦^〝警嬲^〟費繍ぃ`賽讐【〈〝繍〉ノ〝丸讐 〈 ' 〝ー〈・ . “ ・ " 〝 ・ 'v〟) - ( 〟' ・ ' 』^`麦'{薄麦董奏浴~†管〟襄〝翼摯馨輩=〝喜 羞
  25. 25. げんさい わ Lゃ 現在の我が社の 凸んだいてん み 問題占縄を見りめる ,」とに '」 の鮒卸挫識の LゆL 、王也ョがぁる ー67
  26. 26. [、ょ一っかぃ ぜんたぃ 業界全体としては わる そゝっ亜繍くないのに と、ヮしゃ せぃ せき 当社の成績が わる なぜ亜繍いのヵ ーとい,つ 丶 と」ワ Lや 〟つり ぁげ "離ん 当社の離[ル上の一一分の 一 は でんし ぷひん 離毛子部=離ですが はんろ げんざい か でん 現在{家離亀は かぃ がい せぃ さん い〕ょう 姥の販路をーー。表で }栂外生産がどんどん 嚼ん純ぉります 我が社はほかの ので はんろ 販路 さまざまな{[ルり あるにもかかゎらず かでんむ {衆離弔向けへの ひ じょ一寸 さ蓋c 先が 攻ェィホが非{吊に {=同
  27. 27. げん&」ぃ 見土ま そのためには 畑詳灯縄】繍〟「離^〟ぃ さら 、 】耐か〈{」』〟繍(`っ〟」〈 ` . , 繍. 』 地蠍環境問題の 野 `〝-、 '〝' ヵん ィ丶 、 ゝ .) .-'",`〟 観占mヵらも L よ`つ か 省ェ、糸ルギー化が じゅ籠 ょ`つ か だい 重要な課題と なっておりますので 〉」」7野つ ェ、ネルギー効率應 ' ` 〝 ど〟つにゅ一 鵬の首帯入 ・・・・ " き かぃはつ と、つ L 発のための投資を ひょ」つ しめ )」 ' ' 一 ." ぉ'】^^ 、 ーー。表に一ホされた 』鮒ぃm,」とか 』】』 ヘいきん て毒 ` よ、つ,」丶つせい 〉〝 〟 〝 才丶 丶 平均的な勤用構成 重要てあると由縄します'. げん か '」`つせぃ (原価構成)と ひかく 比較すると わ しや 我が社 せ い ッて(つ ヮ忙ーブ ち 製離福壮衣置を 社に 貯咽けて購濾し ー69
  28. 28. 董っ てん さまざまに諾展させ じつ よ丶つ 、 {央用まて いくらでも もっていける,」とが みんなにも理解 できたろ,つ円〟 の ていしゅぅあん 野冊くんの提出案を はつ てん もとに 発展させて かんが 考.乙てみる,」とを づ董】 蓑、 だい 嬲火の離鱗題としよゝつヮ・ 箋」‡丶つ かぃ ぎ `、 〈ゥ日のム=議がムタに ならなかったのは の だ 野田くんの ー70
  29. 29. の だ 野田くん 縄ゥのす繍」かった わね)'
  30. 30. け つ ヮ」ん ロ 粧婚 篇 菫 ーー'〝"一'ーーーーーー ーーーー ー ーm = N 靴 【【" ' " 叫 , . `】 剛 〕 ー '丶 ーー 〈 岬 '
  31. 31. /どーフした?' ーフま 丶 ・ 〈野 つ たんだろヮ・
  32. 32. 産業連関表 〟「J 。ゝ ]し ・ )い 昆 綿謝閤`ば帰隷勤 財 喘て机暁 ぃ`離鱗鱗L離自 離 投掘〟経 〔付 一丁 【〟 ス 止 嬲ヵ 、藁 一丁 ( 〝`ゝノ て 丶 さん繍ょ`「 げん縄ょ`〝縄んせ牽 腔馴偶`ヒ鵬喚加 M 椒跡加椰 鐘撲の鵬漱扮晰ゃ 嗣魁聰游尉嶋腋 副 の構〕{{一縄誠 ハ 〈止業の経{呂分析を 』崖争、、 '-` ロ F 用出も汗止L 生のコ〟 濃度ロロ 年 費{^生とて するのに ー」`决〝丶財刑旺城 ー なか 辻 〟 さ^g繍`「〝ん號〟繍〟「 `丶) 咀且 浴隷 ぐ 、' 内…】' 】,。 ヵ 丶つ ほ`つほ、つ〟) ら 離 離 胸識』{一縄 朧 要訳離卸 遮僕連農表を 鯛 サ 腋 て 事 納 者 守 剛 士〔ル 鵬 珈〈繍す 活用する方法ヵある'〟 ぃゃ 、鱗怖ノ濃凄 脆 {〟離販tびぼ 一ロ ) ^. 褥 イ て 弟而 葦, すの u 0 ~ 〈 、 ^ 生 p 寸 ,F 、曰 。 `、 .〝 き繍離離軸趾鱗 {離 繍系離]鱗 …仲他喇働雌の てす`m離伽棚鵬 士灯〟 丶 管、`ど て 、 離財は軸 、國な ぃの}縄皿てり 曼よ 〝 」 } サオー 未 ,フ ォ ) 離ヵ は )フ げ お も ・ 貝 ( し < よ要漸に抗ぃ輸 にた財各菌と広 の必 と碗と 、 〉L各た〝 科に て事も(縄[」寸 内一ハ 、れ出〕 、` 朋Lるを _、幌珈 国吐とさ産魍鱗 岡対作れ{併.一 、 本表 る {}住 ・ 基{疋 齡に澱,」胸轣喋 日醜見自ル生从な測 ) 丶ー J 丶 に 丶畔ー の 栖ぉィL嬲』{、 ば 丶向離は顧果 丶 な タ ) れ 入 計 。 幌 齔 方 兒 表 の 効 は拙の入そ購{家す儚繍典ォの'_関縄鼻済 蝶輔車投 、ならま〈観,ァ(車計経 』汁 、動(し,っかり域くタ胴惹済な 略跚自掘{瑳m諜繍離離離『]離離鱗 乙 〝丶 と」 桂糸 丶 ぉ す 丶はをを,」各はあ漏,」 コ ら国 ”〝 文業ーぇ斗〉 。 、ー 、な 、ョ、) 、測 ` {〝“ 櫛〈止帆鮒ャすは掘は畑濃縄嬲は予 〉 ` 系 》 應七 」 禅 ィ ま … て 表 耳表 ぉ ゝ」 表 来 〟 ,繍 済]〟】繍蝶滸タし併れ関の閲ての関将 { 丿 蠅塚』什材 、〉終 さ 車 ス 車 れ 、」 車 、 `繍 る原車出日掘離.縄 ビ 〟さ 。離」析 { / 国者あ 、動憧 、鴨』什 ー 』汁〕ホす{)仙ハ〟 要 ら彗 れが サ がま 状
  33. 33. 夕麦生警BF管 す"生産4勿'ゐず販〝躇構成 (産出'攫 ずす 璽〝 産業連関表の構`ロ 内生音BF弓 中Fョ司需要 ^.〝 ,, `. ..`〝 .鳳_材粋及すm粧仲加`価値 のす構成.{投.入)}縄 P'守 才妄 番兎 資本壱戒未毛弓ー当 〈控緯令)補助金 国内生産客頁D+ E 阨離吶ゃサ膏ピスの 升一〝 ぴ嚢` 取引を 通じた 轟丶んー〟ー丹 奮」孔雛】羹丹 鯉僕と産業の 関係が ゎかるんだ="

×