Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Power platform day summer '20 Power Automate のエラーに向き合ってみよう

Power Automate を触ってみてフローのエラーに悩まされたことはありませんか?
・Syntax Error
・Data Type Error
・Null field
そんなフローのエラーを解決しながら、業務レベルでも使えるエラーに対応したフローの作り方をご紹介!

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

Power platform day summer '20 Power Automate のエラーに向き合ってみよう

  1. 1. Power Platform Day Summer '20 Power Automate のエラーに向き合ってみよう 2020/7/4 https://power-platform.connpass.com/event/178495/ #JPPUGSummer20 #JPPUG #PowerPlatform
  2. 2. About Me takumaru1219@taku_ma_ru 馬場 拓真(Baba Takuma)  株式会社セカンドファクトリー  出身地 青森  工場勤務 3年くらい  IT業界 3年くらい  ブログ Power Platform 流 https://www.powerplatform.work  興味 Power Platform, LINE, Bot Framework
  3. 3. 今日の内容 1.Power Automateの概要 2.Power Automate のエラーについて 3.エラーに対するデザインパターン 4.エラーを分析する
  4. 4. Power Automate とは
  5. 5. Power Automate とは 業務フローを自動化するサービスで Power Platform の1つ Power Platform Power Apps Power Automate Power BI Power Virtual Agents Microsoft の RPA
  6. 6. 自動化された フロー ボタンフロー スケジュールされ たフロー 業務プロセスフ ロー UIフロー イベントによってトリガーされたら 1 つまたは複 数のタスクを自動的に実行するフローを作成しま す。 モバイル デバイスでいつでも、どこからでも繰 り返しタスクを実行します。また物理的なボタ ンも含まれます。 スケジュール上で1つ以上のタスクを実行する フローを作成します。 望む結果を得るためにユーザーが従うべき一連の 手順を定義します。 RPA
  7. 7. 1フロー = 1トリガー + 複数アクション トリガー • メールを受信した時 • Teams にメッセージが投稿された時 • データベースにレコードが追加された時 • ボタンが押された時 • HTTPリクエストを受けた時 • アンケートを受信したとき 等々 アクション • メールを送信する • Teamsにメッセージを投稿する • データベースにレコードを追加する • ファイルを作成する • 時刻を取得する • LINEにメッセージを送信する • 承認申請を実行する • RPAを実行する 等々
  8. 8. コネクター 300 以上のサービスをデータソースとして利用可能 (Premium接続、プレビュー版を含む 2020/07/02 時点)
  9. 9. フローの基本は ○○実行された(起きた)時 に 複数の××を実行する 勤怠閉めを忘 れる… 月末 or 月初め に Teams でメッ セージを投稿する 情報収集がめ んどくさい… 更新情報を取得し、更新したら LINEで知らせる
  10. 10. フローのテンプレート Power Automate では あらかじめ多くのテンプレートが用意されている
  11. 11. UI Flows Power Automate の機能の1つで RPA が可能 API や 既存のコネクタにないアプリケーションやレガシーなシステムやデスクトップ操作を自動化する技術 自動化したい動きをクリックや入力で行う事で簡単に自動化できる Power Automate から見たときは コネクタの1つ
  12. 12. Microsoft Learn コンテンツ Power Platform の概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/introduction-power-platform/ Power Automate に関する入門情報 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/get-started-flows/ Power Automate のボタンの概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/get-started-power-automate-buttons/ Power Automate でより複雑なフローを構築する方法の説明 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/build-more-flows/ 管理センターを使用して、Power Automate で環境とデータ ポリシーを管理する https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/administer-flows/ Power Automate 環境の計画と管理 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/plan-manage-environment/
  13. 13. Power Automate のエラーについて
  14. 14. Power Automate のエラー 基本のエラー • 原因の多くが記述の仕方もしくは、 フローの組み方 • 基本を押さえると多くのエラーは 対応可能 Syntax Error Semantic Error Data Error 等々 コネクター依存のエラー • コネクターによって原因は異な る • コネクターによって対処法が異 なる 401 Authorization Required 403 Forbidden 404 Not Found 502 Bad Gateway 等々 Power Automate のエラーは 大きく分けると以下の2つに分けられる
  15. 15. Power Automate のエラー 実行前に知ることのできるエラー 実行しないとわからないエラー 1. 記述によるエラー 2. ロジックの構成によるエラー 1. ロジックの構成によるエラー 2. データに関するエラー
  16. 16. Syntax Error Syntax Error は フローの構文エラーで実行前にエラーが発生します。 主に式を記載するときに発生します。 よくある間違い concat(“takuma”,”baba”) guid concat(‘Takuma’,’baba’) guid()
  17. 17. Power Automate のエラー 実行前に知ることのできるエラー 実行しないとわからないエラー 1. 記述によるエラー 2. ロジックの構成によるエラー 1. ロジックの構成によるエラー 2. データに関するエラー
  18. 18. Semantic Error Semantic Error は 構文は問題ないため、フローの実行後にエラーが発生します。 主にフローの構成に問題があります。 本来 メッセージを投稿する(V3)より前 に存在する必要がある Message が存 在しない。
  19. 19. Data Error Data Errorは 構文は問題ないため、フローの実行後にエラーが発生します。 主にデータが存在しない場合か、データの型が間違っている場合に発生します。 JSONの解析に期待したデータ型が来なかった場合
  20. 20. Data Error { "type": "object", "properties": { "contents": { "type": "array", "items": { "type": "object", "properties": { "value": { "type": "integer" } }, "required": [ "value" ] } } } } { “contents”: [ { "value":1.5 } ] } 今回の値 JSON解析のスキーマ integer は 整数の場合のみ有効 今回のように少数点が存在する場合は number を使う
  21. 21. Data Error JSONの解析に期待したデータが存在しなかった Required properties are missing from object: value.
  22. 22. Data Error { “contents”: [ { } ] } 今回の値 JSON解析のスキーマ { "type": "object", "properties": { "contents": { "type": "array", "items": { "type": "object", "properties": { "value": { "type": "number" } }, "required": [ "value" ] } } } } 絶対に存在する場合のみ required を付ける。絶対ではな い場合は required をスキーマから削除する。 (デフォル トではついている) { "type": "object", "properties": { "contents": { "type": "array", "items": { "type": "object", "properties": { "value": { "type": "number" } } } } } }
  23. 23. エラーに対するデザインパターン
  24. 24. Parallel パターン 実行の構成と並列処理を使ってエラーの処理を行う
  25. 25. Parallel パターン 実行の構成と並列処理を使ってエラーの処理を行う • 構成を変更するだけでフローが作成可能 • 単純なフローや短いフローに向いている • 複雑なフローや条件分岐が多いフローには向かない 終了を忘れると失敗 として処理される点 に注意が必要
  26. 26. Try / Catch / Finally パターン Try : 通常の処理を記述する Catch: エラーが発生した場合の処理を記述する Finally: エラーが発生してもしなくても必ず行う処理を記述する スコープを利用する
  27. 27. Try / Catch / Finally パターン スコープとは スコープの中に複数の処理をまとめられ、見た目をスッキリさせることができる。 また、エラーをスコープ単位でまとめることができる。
  28. 28. Try / Catch / Finally パターン 失敗したとき 成功したとき
  29. 29. Try / Catch / Finally パターン それぞれの実行の構成 1. 複雑な処理でもスコープ単位でエラーや処理をまと められるので服須のエラー対応処理を記載する必要 がない 2. 基本的にどんなフローでも有効 3. ただし、構成が少し冗長ではあるため、作成時間は 多く取られる可能性がある
  30. 30. エラーを分析する
  31. 31. エラーを分析する Power BI レポートで 最大過去 30 日までを分析可能 Flow per user plan相当のライセンスが必要
  32. 32. まとめ Power Automate のエラーは怖くない! コネクタ起因のエラーは各種サービスのドキュメントを確認しましょう! それでも解決しない場合は SNS や サポートに問い合わせてみるといいかも。
  33. 33. Microsoft Learn コンテンツ Power Platform の概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/introduction-power-platform/ Power Automate に関する入門情報 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/get-started-flows/ Power Automate のボタンの概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/get-started-power-automate-buttons/ Power Automate でより複雑なフローを構築する方法の説明 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/build-more-flows/ 管理センターを使用して、Power Automate で環境とデータ ポリシーを管理する https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/administer-flows/ Power Automate 環境の計画と管理 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/modules/plan-manage-environment/
  34. 34. 日本向けユーザーグループ

×