Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

中国の知識経済

3.402 Aufrufe

Veröffentlicht am

「知識経済」は2017年中国での市場規模が8000億円だ(オンライン教育を除く)と言われており、サービスリリースからの期間が短く、資金調達が頻繁で行われ、関連市場が多く、プレイヤーが多く存在しているというのが市場の概要である。勉強会では、どのような背景で知識経済が生まれ、どのようなプレイヤーが参入し、そして現在のビジネスモデルについて解説します。

Veröffentlicht in: Business
  • Login to see the comments

中国の知識経済

  1. 1. 中国の“知識経済” Code Repubulic 勉強会Vol.1 邱 開洲 YJ Capital https://www.coderepublic.jp/ http://yj-capital.com/
  2. 2. 中国出身、2009年より来日。 早稲田大学経営システム工学科卒業後、ヤフー株式会社に入社。 入社後は広告営業部門に所属し、広告代理店に向け、 デジタルマーケティングのコンサルティングを担当。 2016年より百度プロジェクトの立ち上げ、インバウンドや越境ECな ど中国向けビジネスのマーケティング支援業務に従事。 2017年よりYJキャピタルに参画。 邱 開洲 キュウ カイシュウ Facebook@kaizhou qiu Twttier@kyu_kaishu
  3. 3. 1 概要 2 歴史と背景 3 分類 4 サービス紹介 目次 CONTENTS 5 ビジネスモデル 6 日本展開
  4. 4. DEDAO XIMALAYA ZHIHU Live FENDA QIANLIAO 爆発的に成長中の知識シェアアプリ User規模 (推測) 6000万6000万 3000万 参考データ:iResearch、极光数据、稀牛数据 NA600万 LastRound 調達金額 B+ラウンド NA Cラウンド 10億円 Dラウンド 100億円 A+ラウンド 20億円 PreBラウンド 2億円 サービス リリース 2015年12月 2016年12月 2016年5月 2016年5月 2016年3月 累積調達 (推測) NA (Aラウンド 10億円+) 70億円+ 200億円+ NA 15億円+
  5. 5. 知識経済とは 有料コンテンツ 知識経済 e-learning e-Learningと比較した特徴 ・豊富なコンテンツ:人生、感情、家庭関連etc ・多様な表現方法:テキスト、音声、動画、Live ・短時間で学べる 情報の幅 大 小 対象ユーザー 多少 コンサル オフライン教育 出版 オンライン 情報サービス 定義:知識をマネタイズすること。 または、有償知識、知識シェアも言われる。
  6. 6. 2015.03 2015.12 2016.03 2016.03 2016.04 2016.052016.052016.072016.122016.12 2017.02 2017.03 近い将来 発展の歴史 2015年3月Tech情報メディアの果壳が “在行”というスポットコンサルのサービスを提供。 同年12月知識シェア、本の解説を聞くサービス“得到(Dedao)”がリリース。 2016年は知識経済が爆発し、複数社から参入。 ・Tecent系列の“千聊”がWechat公式アカウントで展開 ・中国版Quora知乎の“值乎1.0”がLive機能を追加 ・XimalayaFMの“123”知識Festivalを開催 ・LinkedIn 系列のビジネス系SNS “赤兔”が赤兔2.0へ ・“在行”のメンバーが独立し、Q&Aのオーディオ版FENDAを創出 ・中国版TwitterのWeiboが“微博问答”機能を追加 2017年起業メディア36Krの“开氪”、読書シェア豆瓣( Douban )の“豆瓣時間”が続く
  7. 7. リリースが大量発生した背景 物質的欲求→知的好奇心 Cloudの発展 モバイル決済手段の普及 既存サービスに対する不満 知識類Talk Showで有名となった 羅氏が複数の著名人を巻き込んで、 Dedaoを開始し、話題となった きっかけ社会的背景 “子供が飯を食べられないと親が飯を噛んで食べさせるように、 皆さんが本を読む時間がなければ、 僕が代わりに読んでエッセンスをまとめてあげます。" ※ ※中国でTV番組がYoutube等で配信されているビジネス動画チャンネル
  8. 8. 様々な企業の新規事業として始まった 元々の事業内容 ニュースメディア ビジネス系SNS FMラジオ 知恵Q&A Talk Show Liveチャット スポットコンサル プレイヤー 元々持っていたリソースを活用していることが特徴
  9. 9. 分類 コンテンツ幅 テキスト オーディオ アーカイブ Live 複合小 大 動画 アーカイブ Live
  10. 10. 設立 2014年6月 ユーザー数 600万程度 株主:罗振宇、柳传志等(個人) 顺为资本(VC)、启明创投(VC)、中国文化产 业基金(VC)、红杉中国(著名VC) 特徴 ・著名人が中心にコンテンツ提供 ・ガッツリ勉強に向いている ・本の解説に注力し、年間サービスが多い ・オーディオLIVE+インタラクティブチャット ・学習管理機能ある ・AIによる推奨機能ある ・物販のモールがある 本を聞く 予約購読 モール 電子書籍 Random 発見 今日の学習 知識手帳 購入済 MyAccount Dedaoー本の解説を中心にしたサービス
  11. 11. デモ
  12. 12. 設立 2015年12月 ユーザー数 700万+(2017.03) 講師数:80万+(2017.03) 株主:創業者、高榕资本、金沙江创投 特徴 ・オンライン教育の授業に近しい ・体系的な勉強に向いている ・表現形式が豊富 テキスト、画像、スライド、音声 50カテゴリ以上 ・録画型とLive型 ・リアルタイムの交流が可能 ・1授業0~1000円 推奨 婚姻 家庭 自分の コース 厳選 テーマ 無料 エリア My Account Lycheerー音声とチャットを利用したe-Learning
  13. 13. デモ
  14. 14. 設立 2012年8月 ユーザー数 6000万程度 株 主 : 創 業 者 、 城 市 传 媒 、 阅 文 集 团 、 WestSummit Capital、深港产学研科技SIG海 纳亚洲、KPCB凯鹏华盈中国、Sierra Ventures 特徴 ・元々はFMラジオコンテンツの提供 ・無料コンテンツが多く、広告モデルに近い ・“軽い勉強”に向いている ・コンテンツのカテゴリは網羅的 ・(機能)展開領域は幅広い 朗読、モーメンツ、FAQ モール、ゲーム、イベント ・UGC録音投稿への誘導がうまい My Account 発見聞く HP カテゴリ 推奨 プレミアム Live ラジオ Ximalayaー 網羅的な音声知識シェアサービス
  15. 15. デモ
  16. 16. ビジネスモデル Platform 質問者 閲覧者 回答者 回答 ・出版 ・TV出演 。。。 コンテンツ制作ツール トレーニング等 無料~有料 ・IP手数料 ・制作関連 ・回答料 ・閲覧料R/S ・サコン代 ・Q&A手数料10% ・サロン手数料 オンラインサコン 広告 出稿 ・広告出稿料 視聴・DL 0円~数千円・件 質問 0~10万円・個 スポットコンサル 0.5~50万円・件 回答 閲覧料 15円 回答 オンラインサコン代 ・閲覧料R/S ※スポットコンサルに適用不可 ・閲覧料R/S コンテンツ コンテンツの2次利用 ▍コンテンツ提供者を中心とするモデル •コンテンツ提供者とのレベニューシェア •コンテンツ制作のトレーニングと代理 •IP創出、マーケティング •ツール提供 ▍消費者を中心とするモデル •リアルタイムFAQ •閲覧・視聴・DL •オンライン授業 •スポットコンサル ▍二次消費者を中心とするモデル •広告 •コンテンツの二次利用 •コミュニティ参加の有料化 •オフライン製品への転換(出版など) ・ゲーム、EC等も開始 広告主
  17. 17. プライヤー 事業内容 形式 マルチメディア n対n 幅 ヤフー知恵袋 Q&A型知識メディア テキスト Newspicks 著名人によるPicks テキスト シナプス オンラインサコン テキスト タイムバンク 著名人と話せる権を販売 対面 ビザスク スポットコンサル 電話/対面 Schoo オンライン動画教育PF 動画 myTuner FMラジオアプリ 音声 PostCast 音声の知識シェア 音声 Askme 匿名Q&A テキスト Sarahah 匿名Q&A テキスト 日本での既存プレイヤー × ○ ○ × △ △ × △ △ × △ △ × × △ ○ × × △ × × ○ △ ○ × ○ ○ × ○ ○
  18. 18. 今から ・タイムラインから情報収集 ・情報が溢れて検索が面倒 ・検索で手に入らない情報を お金を払っても知りたい ・Cloud、モバイル決済手段などの普 及 ・テキスト、動画、音声等 情報の表現方法が多様化 今後の予測 昔 ・ネット上の情報は無料で手に入る ・検索も無料でできる 日本でも可能性があり、Startupの勝ち筋は マルチメディアの対応とN対Nの実現を最小カテゴリで試行錯誤

×