Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

データサイエンティストの憂鬱と退屈

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige

Hier ansehen

1 von 12 Anzeige

データサイエンティストの憂鬱と退屈

Herunterladen, um offline zu lesen

このブログをスライドにしたやつ
http://shoe116.hatenablog.com/entry/2016/04/04/084113

このブログをスライドにしたやつ
http://shoe116.hatenablog.com/entry/2016/04/04/084113

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Andere mochten auch (15)

Anzeige

Aktuellste (20)

データサイエンティストの憂鬱と退屈

  1. 1. データサイエンティストの 憂鬱と退屈 @shoe116
  2. 2. 今日の予定 1. 自己紹介 2. データサイエンティストの憂鬱 1. 顧客が本当に必要だったもの 2. 顧客と価値の進捗 3. 日本人と確率と統計 3. データサイエンティストの退屈 4. まとめ
  3. 3. 1. 自己紹介 • なまえ:しゅう (@shoe116) • お仕事:黄色いゾウさんと愉快な仲間たちのお世話 • これまで:広告システム→ データサイエンティスト屋 • 言語:Python, Java > JavaScript > Scala, C++ • 興味:No music, no life. No idol, no life. • 課外活動:お歌を歌ったり、戯言を並べたり • https://shoe116.tumblr.com/
  4. 4. ストレングスファインダー @shoe116最上もがさん ニセモノの恋
  5. 5. 2. データサイエンティストの憂鬱 1. 顧客が本当に必要だったもの 2. 価値の進捗の話 3. 日本人と確立と統計 データ分析を生業にする人」
  6. 6. 2.1 顧客が本当に必要だったもの
  7. 7. 2.1 顧客が本当に必要だったもの - 要件定義は基本的に必ず失敗する - できる限り手早く片付けて、致命的でない失敗をしたい - データサイエンティストに与えられる「要件」 - 売上(もしくはそれに類するKPI)を上げたい - PDCAサイクルを回したい - データを見て何か提案して欲しい(最悪かつ最頻)
  8. 8. 2.2 顧客と価値の進捗 「データ分析を生業にする人」
  9. 9. 2.2 顧客と価値の進捗 -顧客は待たされるのが嫌い -「速い」ことにはそれだけで価値がある -お通し的な、とりあえずの価値を見せるのが困難 -「データ収集とデータ加工」がつらい -家計簿、つけられますか? -レシートをなくす、もらえない、数値がずれる -家計簿をつけただけではお金はたまらない
  10. 10. 2.3日本人は確率と統計に疎い -完全に教育課程の問題 -普通の人にとって、ほとんどのサイコロの出る目は 「同様に確からしい」 -理系しかやらない、しかも高校後半まで習わない -理系の学生ですら、センター試験で捨てて良い -分析結果の説明が難しい -ベン図が伝わったら相当ラッキー -簡潔に言うと、数値の見方から説明するハメにな る
  11. 11. 3. データサイエンティストの退屈 -分析自体の価値を知ることは非常に困難 1. データ分析の価値 = 意思決定が生む価値 2. その意味で、データサイエンスは占いに近い -データ分析が役立つ主なシーン 1. 自分じゃ答えを出せない、もしくは出したくない 2. 自分の判断の正しさを客観的に示したい 3. その意思決定が、それほど重大でない
  12. 12. 4. まとめ 1. データサイエンティストが憂鬱なのも退屈なのも、 あなたのせいではないし、僕のせいでもない 2. 根本的な問題は、データサイエンティストのお仕事 内容と、たぶん日本の教育課程 3. みなさん、明日も頑張りましょう

×