Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

CI/CD専用モニタと心理的安全性

1.992 Aufrufe

Veröffentlicht am


2018/11/08に開催されたCI/CD Test Night #2でLTした発表資料です。
https://testnight.connpass.com/event/103068/

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

CI/CD専用モニタと心理的安全性

  1. 1. CI/CD専用モニタと 心理的安全性 2018/11/08 CI/CD Test Night #2 中島進也
  2. 2. Profile • 名前:なかしょ(中島 進也) • Twitter:@nakasho_dev • ブログ:なかしょの技術日誌 http://nakasho-dev.hatenablog.jp/ • 最近の興味 TDD、アジャイル開発、Xamarin、Chatbot、Tizen • 主な参加コミュニティ JXUG、.NETラボ、Cogbot、Teratail、TestNight ※本資料は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するもの ではありません。 2
  3. 3. CIの価値とは? • リスクを軽減する • 繰り返しが多い手作業を削減する • いつでも、どの環境にもデプロイで きるソフトウェアを生成する • プロジェクトの可視性を改善する • ソフトウェア製品に対する開発チー ムの自信を深める 3 継続的インテグレーション入門:P.51 「CIの価値とは?」より抜粋
  4. 4. CIの価値とは? • リスクを軽減する • 繰り返しが多い手作業を削減する • いつでも、どの環境にもデプロイで きるソフトウェアを生成する • プロジェクトの可視性を改善する • ソフトウェア製品に対する開発チー ムの自信を深める 4 継続的インテグレーション入門:P.51 「CIの価値とは?」より抜粋 こちらばかり意識し ている人が多いよう な印象 Pushしたから後はCI がDeriveryしてくれ るだろう
  5. 5. CIの価値とは? • リスクを軽減する • 繰り返しが多い手作業を削減する • いつでも、どの環境にもデプロイで きるソフトウェアを生成する • プロジェクトの可視性を改善する • ソフトウェア製品に対する開発チー ムの自信を深める 5 継続的インテグレーション入門:P.51 「CIの価値とは?」より抜粋 今日の話はこちら側
  6. 6. 6 プロダクトチーム用の CI/CD専用モニタありますか?
  7. 7. 7 参考:Pivotal Labsに聞く、日本企業とエンジニアが共にハッピーになる方法 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1802/28/news016.html こういうの こういうの
  8. 8. なぜCI/CD専用モニタが必要か? • チーム全員がプロダクトの状況を一目で理解できる • タスクが動作していることを確認することで前に進んでいる ことを意識でき自信を持てる • 全てのタスクが正常だと安心できる • 何か問題が発生した際はチームの誰かがすぐに気づける • CI/CD専用モニタを通じてコミュニケーションが生まれる ⇒チームの心理的安全性が高まる 8
  9. 9. 心理的安全性とは? • サイコロジカル・セーフティ (psychological safety)という英語を和訳し たものであり、ビジネスと強い関連性を持 つ心理学用語 • 他者の反応に怯えたり羞恥心を感じること なく、自然体の自分を曝け出すことのでき る環境や雰囲気のことを指す • 本来の自分とは大きく異なる仕事用の人格 を演じることなく、チームに所属する全て のメンバーが普段通りのリラックスした状 態で活動に参加することを可能にする 9 参考:心理的安全性(https://bizhint.jp/keyword/101187)
  10. 10. 10 可視性を高めるためには Pipelines表示がおススメ
  11. 11. 11 Concourse Pipeline 参考:https://runtime.ci.cf-app.com/teams/main/pipelines/cf-deployment
  12. 12. 12 Jenkins Pipeline 参考:https://www.praqma.com/stories/jenkins-pipeline/
  13. 13. 13 Azure Pipelines 参考:https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/devops/pipelines/
  14. 14. まとめ • CI/CDによる自動化も大事だけれど、その先にある最高の開 発チームを作るという目的を忘れずに。 • プロダクトの状況はチームメンバ全員が常に分かるようにす べき。 • そのためにCI/CD専用モニタを常設しよう。 • 可視性を高めるためにはPipelines表示がおススメ。 14
  15. 15. ご清聴ありがとうございました。 なかしょ(中島 進也) @nakasho_dev 15

×