Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

OSC名古屋 企画検討会資料

148 Aufrufe

Veröffentlicht am

2/9 OSC2020 名古屋の企画を考えてみよう会 の際のイントロダクション資料

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

OSC名古屋 企画検討会資料

  1. 1. OSC名古屋 企画検討会資料 SHIMADA Hirofumi, @shimada@inari.opencocon.org @shimada@mstdn.maud.io
  2. 2. OSC名古屋の歴史 ● NetBSDのえびじゅんさんががまとめています http://www.re.soum.co.jp/~jun/OSC2019nagoya.pdf ● 2001〜2003  オープンソースのつどい(名古屋大学) ● 2008〜2010  名古屋市立大学開催 ● 2011〜2015  名古屋国際センター開催 ● 2016〜    吹上ホール開催
  3. 3. 参加者数推移(名古屋) 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 0 100 200 300 400 500 600 700 800 https://www.ospn.jp/visitors/ より抜粋して作成
  4. 4. 参加コミュニティ数の推移 ※企業・協賛団体を除く 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 0 10 20 30 40 50 60 NetBSD観光ガイドより抜粋して作成
  5. 5. 名古屋・中部エリアでの 大きなOSS/IT関係イベント ● NGK : 大規模LT大会 1月にNGK2020Sがあった ● NT名古屋 : ものづくり関係の展示など。昨年9月に 開催があった ● OSC名古屋 : OSSやインフラ系中心
  6. 6. 気になる点 ● 会場が広くなったが、参加者は国際センター開催時代より 少ない – コミュニティが分散したため? ● 昨年、参加コミュニティ数が急減している – 名古屋の勉強会系合同コミュニティのエントリーがなかったた め? ● 地元の企業・学校さんが少ないように感じられる ● 地元のスタッフで継続的に活動されている方が、数人しか いない – ノウハウが継承されていない、新しい人が入ってくる場所がない
  7. 7. 2017年〜:ポスター制作 ● 2016年開催の閑散ぶりを見た、島田とあひるが始 めた ● 名古屋工業大の学生さんにお願いし、ポスターと シールを制作 ● そこで誕生したのが、OSC名古屋のキャラクターで あるリリー
  8. 8. リリー (Lily) 名前の由来: 名古屋市の花であるユリにちなんでいる。 “昭和25年4月の「緑の週間」にちなんで、 新聞社と共催で、一般公募、選定したもの” http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/ 0000001784.html
  9. 9. 2019年:ブース企画 ● 事務局の宮原さんになんかやるよう言われたが、名 古屋側にこれができる体制がないため、とりあえず できることから始めよう、ということでいくつか行っ た ● ブースのジャンル表示、コンシェルジュブース、ブー ス紹介LTなど ● どういう企画なら通せるかを調査
  10. 10. これなら通せる ● ブース企画:別に印刷などを依頼して、追加で何か お願いすることは可能 ● Webサイト、メールなどでの告知はできる ● 招待講演などをしたい場合、希望を伝えれば講師 を探してくれる ● パネルディスカッションなどで複数枠を取る等
  11. 11. 名古屋は恵まれている開催地 ● やや落ち目とはいえ、参加者数や層は、国内の OSCでも良いポジションを維持できている
  12. 12. 名古屋近辺の特性 ● 各コミュニティ・企業さんは活発なはずである ● 社会人は、名古屋以外のイベントに出張することが多い – 地元のイベントにそれほどこだわりがない? – 新幹線ですぐ東京・大阪に行けるため? ● OSC参加者・関係者は忙しい人が多く、なかなか企画 をお願いしづらい – 他都市(札幌,京都など)のような、がっつり準備する企画、ま た実行委員会方式は名古屋ではやりづらい ● 学生さんの層でなかなか縁が見つからない
  13. 13. OSC名古屋を 今後も持続して開催するために ● 企画・参加する皆様に負荷をかけないよう留意しつ つ、 ● できそうな、ゆるい企画を考えて ● ちょっと違った面白いOSCができる という流れを作ることが できればと思います。
  14. 14. “フリーソフトウェアの 活動というのは、 できることをやればいい” – 小江戸らぐ(前編):頑張らない勉強会 より引用 http://jibun.atmarkit.co.jp/lcom01/rensai/first/05/02.html
  15. 15. このあとの流れ ● 休憩 ● 自己紹介タイム
  16. 16. セミナー企画 どんなセミナー・パネルディスカッション等が求められ ているか、聞きたいか... (聞く・話す系) ブース企画 ブースを出す側・見る側にとって、こんなことしたら楽し い、ということがあれば... やってみたいハッカソン・ブース企画等があれば... (体験する・参加する系) ポスターの立案 今年のリリーにやってほしいこと、方向性など

×